トム・ソーヤーの冒険

普段本を読まない人でも、この題名を聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか??

少年トムが仲間達とともに大冒険を繰り広げる物語…というイメージが先行していますが、実はもっともっと日常を描いた物語なのです!

ただそれが1800年代のアメリカの田舎町の様子ということで、現代の子供たちからしたら“小さくも大きな冒険譚”というわけなのです!

一般的には児童向けの小説ですが、21世紀の現代を生きる10代後半~20代前半の人たち、そして大人たちにもぜひ読んでほしい一冊!

今回はそんな『トム・ソーヤーの冒険』についてご紹介していきます!

   

スポンサーリンク

『トム・ソーヤーの冒険』の作品概要

題名

トム・ソーヤーの冒険(The Adventures of Tom Sawyer)

作者

マーク・トウェイン(Mark Twain)

作品ジャンル

娯楽小説

出版

光文社古典新訳文庫、ほか

『トム・ソーヤーの冒険』は多くの出版社から出版されていますが、その訳は出版社それぞれで異なります。

こればかりは個人の好き嫌いなので、気になる方は立ち読みで読み比べてきてください!

個人的にオススメなのは、今回ご紹介している光文社古典新訳文庫のものです!

   

    

『トム・ソーヤーの冒険』のあらすじ

主人公は、ミシシッピ川のほとりの自然豊かな小さな町で弟と叔母と暮らす少年トーマス・ソーヤー(トム)。

『トム・ソーヤーの冒険』は、そんなトムが、時に学校の友達たちといたずらをしかけ、時に気になる女の子とのやりとりに喜怒哀楽し、そして時に親友のハックルベリー・フィン(ハック)をはじめとする仲間たちとともにさまざまな冒険を繰り広げる物語です。

この「冒険」という言葉から想像するに、『トム・ソーヤーの冒険』はトムたちが子供たちだけで大海原へと旅立ったり、道の洞窟を大冒険する、といった文字通りの“大冒険”というイメージを与えがちですが、
実際はトムたちが暮らす村でのお話や、村から少し離れた場所での「数日間の家出」やたまたま道に迷ってしまい「冒険になった」というお話が中心であり、「10歳くらいの子供たちからすれば大冒険なお話」という“非日常な日常”を描いた物語になっています。

ですが、今の日本の小学生(のみならず世界中の子供たちもかな笑)からしたら相当やんちゃなことをしているのは間違いないので、この“絶妙な非日常さ具合”が、とてもほほえましく感じられ、そして現代を生きる僕たちに教訓を与えてくれる内容となっています

舞台は1840年頃のアメリカ合衆国ミズーリ州セント・ピーターズバーグ(ミシシッピ川流域の架空の町)という設定で、『トム・ソーヤーの冒険』の大部分は、作者マーク・トウェイン自身が少年時代に経験した出来事や友人の身に実際に起きたお話で、作中に語られているいくつもの「迷信」は、すべて当時の子供たちが信じていた迷信だそう。

ちなみに、主人公トムはトウェインの3人の友人を融合させたキャラクターとしても知られていますね!

   

    

『トム・ソーヤーの冒険』を読んで

評価・感想

おもしろさ

評価:5/5

トムたちが繰り広げる“小さな大冒険“、ほほえましい日常、そんな日々に刺激を加える事件。

絶妙に飽きないようにさまざまな場面で話が展開しつつ、そのどれもが楽しめ、繋がっている。

『トム・ソーヤーの冒険』という物語に素直に入り込み、純粋に物語を楽しむ気持ちがあれば非常におもしろい作品と感じるはずです。

読みやすさ

評価:5/5

さすがは元々少年・少女を対象にした文学なだけあって、非常に読みやすいです。

小難しい言葉や言い回しはほぼ皆無であり、上の「おもしろさ」でも語ったように、日常を描きながらも飽きにくいよう、構成にも工夫がなされているように感じました。

これから読書を習慣にしたいと考えている人、今までさまざまな本を読んだが飽きてしまった、といった人たちにはとてもオススメできる、読書入門書にはピッタリの一冊です!

斬新さ

評価:3/5

ここの評価は非常に悩みました。

舞台は1800年半ばのアメリカの田舎の村といえど、あくまで「日常を描いている」ということに変わりはありません。

そういう意味では、斬新さは感じられないでしょう。

しかし、実際に作者マーク・トウェインの体験に基づいているというところから、“妙なリアル感”を感じることもまた事実

「ありそうでないお話」という感覚を与えてくれる物語だと感じました。

キャラクター性

評価:5/5

主人公のトムや、中心人物であるハック、そしてトムと恋仲のベッキーなど、良い意味で“10歳くらいの子供たちらしい”実にイキイキとしたキャラクターたちによって物語が展開しているように感じました。

少年・少女ならではの単純さやヤキモチが実にかわいらしく、懐かしく思える場面さえありました。

このあたりは、学生世代の若者や大人たちにも読んでほしい一因でもありますね!

イメージのしやすさ

評価:4/5

上述の通り、非常に読みやすい作品のため場面描写のイメージもしやすいでしょう。

ただ、舞台が1800年代半ばのアメリカの田舎ということで、若干日本人には馴染みのないシーンが登場します。

その部分で少しイメージのしにくさを感じる人もいるだろうという判断で、評価は「4」としています。

メッセージ性

評価:4/5

それほど教訓じみたことは書いていませんが、出来事からトムが感じたことや語り手の言葉から、たま〜にとても刺さることが述べられます

これがまた、現代人の僕たちだからこそ深く感じ入ることでもあるんですよね〜

また、たまに出てくるからこその説得力、というのも感じましたね。

    

印象的なことば

 自分でも意識しないうちに、トムは人間の行動原理に関わる重大な法則を発見したのだった。すなわち、大人でも子供でも何かを欲しくてたまらない気持ちにさせるには、それを手に入れにくくしてやりさえすればよい、ということである。(中略)「労働」とは人がやらねばならぬことであり、「遊び」とは人がやらなくてもよいことである。
(中略)
 イギリスでは、夏のあいだ、裕福な紳士たちが四頭立ての乗り合い馬車を駆って、決まった経路を30キロなり50キロなり走らせると聞く。その特権を行使するのに相当な額の金がかかるからである。しかし、もしもこの行為に対して労賃が支払われるとなれば、それあ労働ということになり、紳士たちはやめてしまうにちがいない

p46~47

[超訳]

相応な金額を支払うことで「遊び」として「手に入れにくいもの」と感じさせれば、人はそれが「ほしい」と感じるのが常だ

だが、もし同じもの・同じことでも賃金が支払われる「労働」だとしたら、人は本当にそれが欲しいと思うだろうか?(きっと思わないだろう。)

現代の人々が欲しがっているものは、大抵はその程度のものではないだろうか。

  

昔からの習慣というものは、往々にして、正当化の根拠が薄弱なものほど廃止が難しいようである

p89~p90

    

 (森でのロビン・フットごっこを終えて)

 トムとジョーは元どおりに服を着て、ロビン・フッドの小道具を草むらに隠し、いまの世の中に無法者がいなくなってしまったことを嘆き、失ったものの代わりに現代文明は何を得たと言えるのだろうか、というようなことを論じあいながら森をあとにした。シャーウッドの森で無法者として一年暮す方がアメリカ合衆国大統領として一生暮らすよりずっといいや、というのが二人の一致した意見だった。

p148

[超訳]

現代の便利な世の中は、時に息苦しいときもある。

最先端であることがすべてとは限らないのではないか?

   

 女学生の作文に共通する特徴は、センチメンタルにこねくりまわしたメランコリーであり、美辞麗句の無節操な羅列であり、さんざっぱら使い古された言い回しや決まり文句の押し売りである。しかも、どの作文も判で押したように、鼻につく安っぽい「御教訓」をもって締めくくられている。作文のテーマが何であろうと、なけなしの知恵をしぼって理論をねじまげ、道徳的・宗教的な御教訓につなげてしまう。それがいかに空々しいものであろうと、学校の作文からこうした御教訓が姿を消すことはなく、その現実は今日も変わっていない。おそらく、この世が続くかぎり、未来永劫変わることはないだろう。わが国土のどこへ目を向けようとも、若い女学生が御教訓を用いずして作文を締めくくることの許される学校など存在しない。しかも、最も軽薄で最も信仰心の薄い女生徒にかぎって、誰よりも長々と言葉を尽くして神への忠誠を語る。まったく、胸焼けしそうだ。まことに、身も蓋もない真実ほど食えぬものはない

p317~318

[超訳]

教育現場では「テイ」として行わなければいけないほとんど意味のないことがまだまだ溢れている。

そしてそうした教育体制・教育形態は、この先も変わることはないだろう。

また、そうした「形だけのこと」は、うわべだけで本心で行っていない生徒にかぎって上手なことが多い。

これもまた、悪しき風習である。

   

(トムは団員の制服の格好良さに惹かれて禁酒少年団に入隊した。ここでは酒を飲んではいけないし、タバコは吸ってはいけないし、汚い言葉も使ってはいけなかったのだが、トムは日に日にそれらがしたくてたまらなくなり、結局やめてしまうことになる)

 その結果、新しい発見があった。すなわち、何かをしないと約束することは、まさにそのことをしたくてどうしようもない気持ちにさせる最も確実な方法である、と知ったのである。
(中略)
 もう、酒を飲もうと汚い言葉を吐こうと勝手である。ところが、意外なことに、どっちもやりたくなくなってしまった。要するに、やってよいと言われたら、欲望は萎え、魅力も消失してしまうのである

p328~329

   

 (トムとベッキーは鍾乳洞の中で皆とはぐれてしまい、長いあいだ真っ暗な道をさまようことになる)

 こうして、二人はふたたび歩きつづけた。あてもなく、ただやみくもに。とにかく歩くこと、歩きつづけることしかできなかった。少しのあいだ、希望がよみがえったように見えた。なんの根拠があるわけでもない。齢(よわい)を重ね挫折を重ねて心の弾性を失ってしまわないかぎり、希望というものは本来よみがえるようにできているという、それだけのことである。

p449

[超訳]

「希望を捨てない」という気持ちさえ持ち続ければ、希望は消えないものなのである。

何事も「気持ち」というのは、重要なことである

   

 (トムとひとり浮浪児として自由に暮らすハックルベリー・フィン(ハック)は、殺し屋が残した洞窟に残した大金を運よく見つけ、村一番の大金持ちになる。それをきっかけにハックは、以前からよくしてくれていたダグラス未亡人に引き取られ、とてもよい暮らしを送ることになる。しかしある日、ハックはダグラス未亡人の家から逃げ出してしまう。そんなハックをトムが見つける。)

 「その話は勘弁してくれよ、トム。おれ、がんばったけど、だめなんだよ。無理なんだよ、トム。おれには向いてねえや。ああいうの苦手なんだ。ダグラスのおばさんは良くしてくれるし、親切だけど、(中略)毎朝、きっちり同じ時間に起きろって言うし、顔洗えって言うし、薪小屋で寝かしてくれって頼んでもだめだって言うし。(中略)何から何まで時間が決まってて最悪だよ、もうとってもがまんできねえ」

 「だけど、誰でもみんな、そうやってんだよ、ハック」

 「そんなの関係ねえよ。おれ、『誰でもみんな』じゃねえもん。おれはがまんできねえ。窮屈すぎて最悪だよ。(中略)トム、おれ、あの金さえなけりゃ、こんな面倒にはならずにすんだのによ。おれの分、おまえにやるよ。おれにはときどき10セントくれりゃいいから。それも、しょっちゅうはいらねえよ。だって、何でも簡単に手にはいったら、何も欲しくなくなるだろ

p506~508

[超訳]

ロビン・フッドごっこと似ている。

現代はなんでもお金の力で解決できてしまい、特に欲しいものはお金さえあれば手に入ってしまうことがほとんどである。

しかし、それは本当に良いことなのだろうか?

お金で手に入るもの以上に、もっと大切にしなければいけないことがあるのではないか?

そして何より、世の中の決まり事や習慣・風習を何でもかんでも「みんながやっているから」と押しつけること、それを受け入れてしまうこともまた、本当に良いことなのだろうか?

    

スポンサーリンク

『トム・ソーヤーの冒険』のまとめ

ということで、今回はマーク・トウェインの『トム・ソーヤーの冒険』をご紹介してきました!

とても読みやすく、時には思わずにやけてしまい、時には次の展開がどうなるかドキドキする。

教訓や現代への問いかけもありますし、何より、長きにわたって世界中で読まれているロングセラーの名著でもある。

まさに読書を習慣づけたい人の最初の一歩にピッタリな作品になります。

もちろん、すでに読書に慣れているという人にとっても、実りある時間になること間違いなしです!

ぜひみなさん、『トム・ソーヤーの冒険』をお手にとってみてくださいね!!