~NO JOURNEY, NO LIFE ~

作者別: kaito

【秋の京都 紅葉めぐり】インスタ映え間違いなし!!侘び寂び感じる瑠璃光院

「瑠璃光院」は春と秋の特別拝観のみで公開されている書院です。紅葉や青紅葉といった季節ごとの彩豊かな木々が写経机に映り込んだ様子がネットで拡散され、たちまち京都随一の観光名所に!その幻想的な写り込みはもちろん、幽玄かつ静謐な書院そのものも日本の”侘び寂び”を感じられる素晴らしい空間でした。今回はそんな瑠璃光院の様子と観光情報をたっぷりとお届けです!

【秋の京都 紅葉めぐり】風光明媚な景勝地!嵐山をご紹介!!

今回は、京都の中でも屈指の人気を誇る嵐山エリアの観光地・見どころをご紹介!シンボル渡月橋を中心に据える嵐山・小倉山は、平安時代から愛されている景勝地。当然歴史あるお寺も多く、天龍寺、宝厳院、常寂光寺、厭離庵、祇王寺、大覚寺などなど、実に多くの観光スポットが満載です!もちろん、紅葉の名所としても一級揃いですよ!

ツタンカーメンの黄金のマスクからミイラまで!!エジプト考古学博物館

エジプト考古学博物館といえば、ツタンカーメンの黄金のマスクですね!他の展示物も、”大王”ことラムセス2世をはじめとする歴代ファラオのミイラ、今なお光輝く副葬品の数々、ヒエログリフがぎっしりと刻まれた石棺や石碑、玄室、歴史的に重要なパピルスなどなど、実にそうそうたる面々!古代エジプト文明のさらなる真髄に触れるなら、ここより他にないですね!

エジプトは古代遺跡だけじゃない!!イスラム教圏としてのカイロ

エジプトの観光地というと、古代エジプトの遺跡を代表するピラミッドやスフィンクス、ないしは巨大な神殿や葬祭殿だけだと思っていませんか?Non non! 首都のカイロは今なおイスラム世界の中心的都市であり、イスラームに関わる多くの歴史を持つことをお忘れなく!ということで、今回はシタデルをはじめとする世界遺産にも登録されているカイロの歴史地区の一端をお届けしますよ!

孤島に浮かぶ古代エジプトの女神イシスを祀る神殿!!フィラエ神殿

フィラエ神殿、こここそが、アスワン・ナイル川に浮かぶ島の上に建てられた神殿なのです!ゲームやアニメのキャラにも使われるエジプト神話の中心的存在である女神イシスを祀った神殿が中心に据えられ、イシスや息子のホルスをはじめとする神々を描いたレリーフは、当時の雰囲気を感じるには十分すぎるものでした!アスワンに行くのなら、フィラエ神殿は外せませんよ!

世界遺産に囲まれる美しきエジプト南端の町!!アスワン

ここアスワンは、観光都市としてはエジプト最南端にしてかの大神殿アブ・シンベルへの玄関口として知られています。しかし、アスワン市内・近郊にも世界遺産は溢れており、特、今なおエジプトの生命とも呼べるナイル川と密接に関わるアスワンハイダムや島に造られたフィラエ神殿などは見ごたえ抜群!ルクソールからぜひ足を伸ばしてほしい観光地です!

ファラオの威光集うエジプト最大の遺跡!!カルナック神殿

エジプトの巨大建築のハイライトとも言えるのが、このカルナック神殿です。複合神殿であるカルナックで一際圧巻なアメン大神殿は一日中いても見飽きることはなく、古代エジプト人の技術力の高さや信仰心を感じ、同時に、謎も感じられました。ナイル川の美しさと合わせ、古代エジプトに想いを馳せるにはうってつけの観光地ですよ!

神秘なる古代エジプトの信仰が集まる地テーベの中心地!!ルクソール神殿

カルナック神殿とともに、ルクソールの二大神殿であり古代エジプトの二大神殿でもあるルクソール神殿。建築王アメンホテプ3世と大王ラムセス2世、さらにはアレクサンダー大王ことアレクサンドロス3世によって建てられたと言っても過言ではない神殿は、ルクソール観光の玄関口、スタート地点に相応しい場所でした!

生者の町と死者の町!古代エジプトの中心地!!テーベ / ルクソール

「エジプト最大の見どころといえばピラミッド!」なんて思っているそこのあなた!確かにピラミッドはエジプトの”シンボル”ではある。ただ、”最大の見どころ”かと聞かれると悩んでしまうなぁ。だってエジプトには「ルクソール/テーベ」があるのだから!!古代エジプト最重要地とされるこの地を観光せずして、エジプト旅行とは言わせないぜ!

古代エジプト最大最強のファラオ・大王ラムセス2世の葬祭殿ラムセウム!!

スマホゲーム『FGO』でも人気を誇るオジマンディアスことラムセス2世。”大王”の異名を誇るこのファラオは、まさに神の化身のごとき体躯をもち、多くの戦を戦い抜き、数々の建築事業を打ち立ててきました。今回はそんなラムセス二世の葬祭殿であるラムセウムをご紹介!え、ピラミッドは?って??あー、オジマンとピラミッドは何の関係もないんだよね、実は。。笑

古代エジプト唯一の正統なる女性ファラオ!!ハトシェプスト女王葬祭殿

ルクソール西岸に現存する遺跡の中では随一の規模を誇る「デル・エル・バハリ」ことハトシェプスト女王葬祭殿。ハトシェプストは最初で最後の女性ファラオと紹介されます。「え?クレオパトラやニトクリスだっているじゃないか!」と思ったそこのあなた。この記事でその定義をご紹介していますよ!というわけで、さあ、お読みなさいっ!(笑)

古代エジプトを最も体感できる遺跡の一つ!!ラムセス3世葬祭殿

今回ご紹介するのは、「メディネト・ハブ」ことラムセス3世葬祭殿です!古代エジプトにおける「最後の偉大な王」と呼ばれるラムセス3世。そんな彼の葬祭殿は、エジプト屈指の保存状態を誇っています!壁画やヒエログリフなど、古代エジプトを感じるにはもってこいの遺跡でしたよ!!