みなさんこんにちは!旅狼かいとです!

この記事では、学生旅行で沖縄へいく大学生へ、絶対にハズせないオススメスポットやアクティビティをご紹介します!

さらに、「自分たちでプランニングをしたい!」というみなさんの声にお答えして、後半ではお得かつ魅力的なホテルやオプショナルツアーもお届け!

とりあえず沖縄にいくことは決めたけど、どうしよっか。
という方って、結構多いと思うんです。

そんなあなたへ、行き先と宿泊先の両方が知れる記事をご用意しました!

春休みや夏休みといった長期旅行はもちろん、卒業旅行でも参考にできる情報となっていますよ!

もちろん、「すべてまとめてツアーにしたい!」という方々にも参考になる記事にしていますので、沖縄への学生旅行を考えているみなさんはぜひここの情報をつかっていってくださいね!

  

スポンサーリンク

沖縄本島のオススメスポット5選

まず最初にご紹介していくのは、沖縄の観光スポットです!

美しい海はもちろんですが、やはり観光地としての沖縄も魅力たっぷり!

ここではそんな沖縄本島でのハズせない旅行先をご紹介していきます。

1.美ら海水族館

画像引用先:美ら海水族館

沖縄に行くなら絶対に一度は行っておきたい」と言われるのが、美ら海水族館ですね!

水槽を下から眺めることができる「アクアルーム」や約200種のカラフルな熱帯魚が泳ぐ「熱帯魚の海」をはじめとする各エリアが、マンタやエイ、クマノミ、さらにはマナティーなどなど日本の水族館ではなかなかみることのできない珍しい海の生き物の宝庫となっており、その規模は世界で見ても最大級!!

中でも最大の見どころは、「黒潮の海」と呼ばれる超ド級の水槽で泳ぐジンベエザメですね!!

美ら海といえばジンベエザメ、沖縄といえばジンベエザメと言えるほどの代名詞ですから、沖縄での思い出づくりにここは絶対にハズせないですよ!!

美ら海水族館の観光案内

開館時間

3月〜9月:8:30~20:00(入館締切:19:00)

10月〜2月:8:30~18:30(入館締切:17:30)

エリアによっては30分〜1時間早く閉館します。

休館日:12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)

料金

8:30~16:00(通常料金)

大人:1880円

高校生:1250円

小・中学生:650円

6歳未満:無料

16:00~入館締切(4時からチケット)

大人:1310円

高校生:870円

小・中学生:430円

6歳未満:無料

アクセス

那覇空港から、
車で約2時間(高速道路利用)
空港直結バスで約3時間

車の場合

沖縄美ら海水族館の最寄りの駐車場は北ゲート駐車場(P7立体駐車場)。
「P7(水族館駐車場)」の看板が目印。

P7が満車の場合、閉鎖中の場合はP3・5・6が最寄りとなる。

海洋博公園の駐車場は全て無料。

また、「沖縄美ら海水族館」では検索できない機種あり。

その場合は「海洋博記念公園」または「海洋博公園」で要検索。

バスの場合

那覇空港バス乗り場から各社随時発着。

名護バスーミナル乗り場からも直行バスあり。

2.国際通り

“沖縄本島で観光する人のほとんどが訪れる”と言っても過言ではないのが国際通りです!

沖縄随一の繁華街・お土産通りとなっており、ちんすこうやシークワーサー〇〇、サーターアンダギーなどのお菓子類からシーサーなどの伝統工芸品まで、王道の沖縄土産はココに行けば何でも揃います!

また、通りにはアーケード地区となっている市場もあります。

特に、”沖縄の台所”と呼ばれる「第一牧志公設市場には沖縄ならではの野菜や豚肉などの食料品やお土産が並んでおり、陽気な店員さんたちとの会話を楽しみながら買い物ができたり、食事どころでソーキそばをはじめとする沖縄名物を堪能することができますよ!

僕も沖縄へ行くたびに必ず立ち寄っているのですが、いつ行っても、誰と行っても楽しめることを保証します!!

国際通りの観光案内

開店時間

お店によって開店時間はさまざま。

9:30か10:00に開店が多く、11時にはほぼすべての店が開店している。

第一牧志公設市場

8:00~21:00

(通常休日:毎月第4日曜日(12月を除く)・正月・旧正月・旧盆ほか)

アクセス

沖縄都市モノレール(ゆいレール)「県庁前駅」下車 徒歩5分

3.首里城

栄華を極めた琉球王朝のシンボルがこの首里城ですね!

「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界文化遺産にも登録されている朱色のお城はどの地域にも見られない琉球王国ならではの様式で、首里城正殿や守礼門などは絶好のフォトスポットとしても有名です!

また、首里城公園は高台にあるので、見晴らしの良さも魅力となっていますよ!

ここで記念撮影すれば、沖縄の記念ページに残ること間違いなし!!

※令和元年10月31日の火災により復元工事を進めている首里城。
現在は、復元中だからこそ見られる遺構の公開が行われています。

首里城の観光案内

開園時間

無料区域(歓会門、木曳門、久慶門)

8:30~18:00

有料区域(奉神門・世誇殿・東のアザナ)

9:00~17:30(最終受付は17:00)

首里杜館の休場日

7月の第1水曜日とその翌日
※この日は、レストラン、売店、地下駐車場を利用できない

料金

大人:400円

高校生:300円

小・中学生:160円

6歳未満:無料

アクセス

モノレール・バスの場合

沖縄都市モノレール(ゆいレール)「首里駅」下車後 徒歩約15分で守礼門

市内線(9・13番)、市外線(25・97・125番)「山川バス停」下車 徒歩約15分で守礼門

首里駅からは守礼門前まで向かうバスあり。

自家用車・レンタカーの場合

  • 那覇空港から国道331号線へ出て、那覇市内中心部へ。
  • 国道58号線に入り、泊交差点を右折。
  • 県道29号線を直進して首里方面へ。

駐車場は首里杜館の地下駐車場(県営)が最寄り。

一回利用料
大型車:970円
小型車:320円

その他、周辺に民間のパーキングも多数あり。

4.青の洞窟

青の洞窟は、本島中部の真栄田岬にある人気のマリンスポットです。

その名の通り「青く光る洞窟」なのですが、、

そのワケは、海水が流れ込んだ白い石灰岩質の洞窟に光が射し込むことでその光が反射しているから。

どうせ名ばかりだろ」と思ったそこのあなた!

実際に行って潜ってみると本当に青く輝いているので、これは一見の価値ありですよ…!
(僕がそうでした。笑)

ちなみに、青の洞窟へはシュノーケリングか体験ダイビングのプラントセットになっていることがほとんど。

個人的には、まずは青の洞窟はシュノーケリングで楽しみ、本格的な体験ダイビングは他のところでやるという流れがオススメですね!!

青の洞窟の観光案内

アクセス
青の洞窟でのシュノーケリングならasoview!(アソビュー)で予約しよう!

5.古宇利島

名護市の屋我地島から古宇利大橋を渡った先にある古宇利島(こうりじま)

恋島(くいじま)」という名前が由来と言われており、実際、島には旧約聖書の「アダムとイブ」と似た伝説が残っていることでも知られています。

本島有数の透明度を誇る海でのシュノーケリングや沖縄の生活感が色濃く残る島の散策はもちろんですが、古宇利島の最大の見どころは北側にあるティーヌ浜に立つ「ハートロック」と呼ばれる岩ですね!

その名の通りハートの形に見える岩があり、島の伝説と合わせてカップルには大人気のフォトスポットとなっていますよ!

ちなみに、古宇利島へと渡るための古宇利大橋は全長1,960mもあり、こちらもちょっとした名スポット。

海の上をずーっと通る橋って、そうそうないですからね!!

古宇利島の観光案内

アクセス

沖縄自動車道、国道58号線を通り、屋我地島を経由し古宇利大橋を渡る。

・那覇空港から 約1時間30分
・那覇市街地から 約1時間20分
・名護市街地から 約30分
・美ら海水族館から 約30分

  

オススメの沖縄離島3選

ということで、まずは沖縄本島の見どころをご紹介していきました!

本島も素敵なところですが、、

やはり沖縄といえば、魅力あふれる離島の数々もまた、見どころですよね…!!

沖縄以外で育った日本人なら、「離島」という言葉にときめくのではないでしょうか!笑

ということでお次は、学生旅行で行きたい特にオススメの沖縄の離島をご紹介します!

1.石垣島

沖縄の離島と言われて最初に出てくるのは、やはり石垣島ですよね!

本島よりさらに美しい海はもちろんですが、石垣島ならではのマングローブや鍾乳洞といった陸地の自然も楽しむことができるのがポイント!

離島の中では利便性にも長けているので、「快適さと”離島”感の両立」をはかるにはまさに絶好の観光名所!

ビーチや展望台で朝日や夕日、さらには星空を一緒に眺めれば、それだけで最高の旅行になること間違いなしです!!

石垣島へのアクセス

羽田・成田・名古屋(中部国際セントレア)・関西・福岡・那覇から各社直行便が発着。

多良間島・石垣を結ぶ離島便、琉球エアーコミューター(RAC)もあり。

  

石垣島への航空券はエクスペディアがお得!

2.宮古島

世界で見ても有数の透明度を誇る沖縄の海ですが、その中でも頭ひとつ抜けていると言われるのが宮古島です!

石垣島に比べて手付かずの形で自然が残っており、「沖縄の離島でみんなでのんびりしたいなぁ~」という学生旅行なら宮古一択!

もちろん、本島+宮古島という”プチ贅沢”な旅行もオススメ!

本島で観光やアクティビティを楽しみ宮古島で最後にのんびり過ごす…

想像しただけでワクワクしてきてきませんか?!

宮古島へのアクセス

羽田・名古屋(中部国際セントレア)関西・那覇からANA・JALの直行便が発着。

多良間島・石垣を結ぶ離島便、琉球エアーコミューター(RAC)もあり。

  

宮古島への航空券はエクスペディアがお得!

3.西表島

画像引用先:ANA Travel Life

石垣島の西側にあり、八重山諸島の一つに数えられる西表島

県内では沖縄本島の次に大きい島となっており、最大の特徴は島の90%近くが亜熱帯の原生林に覆われているという点ですね!

東洋のガラパゴス”と称されるほどの大自然によって、天然記念物のイリオモテヤマネコをはじめとする希少な動植物が生息することで知られ、そんなジャングルの中でSUPやカヤックなどのアクティビティを体験できるのも、ありのままの自然が今なお息づく西表島ならではです!

他の人たちは体験してないような”特別なひととき”を送りたいあなたへオススメです!

西表島へのアクセス

石垣島の離島ターミナルから

大原航路:石垣島~大原港(西表島南側)
高速船で約35分、フェリーで約45分

上原航路:石垣島~上原港(西表島北側)
高速船で約40分、フェリーで約105分

  

西表島へはHISのツアーを活用しよう!

  

ハズせない!マリンアクティビティ3選

沖縄といえば海!!

そして、海といえばマリンアクティビティですよね!!

卒業旅行のピークとなる3月でも、ドライスーツを着てのシュノーケリングやダイビングならすでに海に入ることができる沖縄。

せっかくなら、大学の仲間たちや彼氏・彼女と海でわちゃわちゃしたいですよね!!

ということでお次は、沖縄だからこそより楽しめるマリンスポーツとオススメスポットをご紹介していきます!

1.体験ダイビング

沖縄でのアクティビティといえば「体験ダイビング」は絶対にハズせません!

青の洞窟でのダイビングやシュノーケリングはもちろんですが、一番は沖にでてのダイビングでしょう!

沖縄本島からだと「慶良間諸島(ケラマ)」がイチオシです!

「ケラマブルー」と称される青さと透明度を誇り、世界中のダイバーから注目を集ているエリアなのです!

高確率でウミガメにも会えることでも知られており、慶良間にさえ行けば沖縄を海を存分に味わい尽くせることを保証します!!

  

慶良間での体験ダイビングをasoview!(アソビュー)で予約する!

2.パラセーリング

広大なビーチが広がる沖縄の海だからこそ楽しめるのが、「パラセーリング」でしょう!

吹き抜ける海風を肌で感じながら、眼下に広がる沖縄の海を堪能する最高のパノラマビューを体験することができますよ!

椅子に座って空に上がるので、安心感もバツグン!

あなたも、沖縄の海と水平線を空から楽しんでみませんか?

  

パラセーリングをasoview!(アソビュー)で予約する!

3.シーウォーク

画像引用先:SOTOASOBI LIFE

「ダイビングはちょっとハードル高いな。。」という方々にオススメなのが、こちらの「シーウォーク」です!

まるで宇宙船員のような大きなヘルメットを被ることで、顔が水に濡れることなく海中散歩を楽しめるというアクティビティになります!

水が苦手、、海がちょっと怖い、、
という方々でも、これなら安心して沖縄の海を楽しむことができますよ!!

  

シーウォークをasoview!(アソビュー)で予約する!

4.ホエールウォッチング

その名の通りクジラを観に行く「ホエールウォッチング」、実は沖縄の冬の風物詩といわれるマリンアクティビティなのです!

というのも、沖縄でのホエールウォッチングは1月上旬~4月上旬が見頃と、まさに卒業旅行にはぴったりの時期なのです!

水族館では味わえない海の大自然に生きる大迫力クジラを一緒にみれば、一生語り合える思い出をつくれること間違いなしです!!

  

ホエールウォッチングをasoview!(アソビュー)で予約する!

  

沖縄ならではの体験を…!

琉球王国として発展してきた歴史を持つ沖縄。

沖縄でしかできない体験も豊富にあります。

学生旅行だからこそみんなでお揃いのものをつくり、思い出を形として残しませんか??

シーサー作り

沖縄の守り神として知られるシーサー

そんなシーサーを自らの手で創り出すことができるのはまたとない機会!

形が出来上がっている可愛らしいシーサーに絵付け・色塗りをしていくお手軽なものから、粘土を使って成形からしていく本格的なものまで、「シーサー作り」と言ってもさまざま。

どんなシーサーを作りたいか、そしてみんなそれぞれがどんなシーサーを作るのか、友達やパートナーの知られざる新しい一面が見られるかもしれませんよ…!!

  

シーサーづくりをasoview!(アソビュー)で予約する!

ガラス作り・ガラス細工

沖縄は「琉球ガラス」が名産として知られており、シーサー作りとともに体験系アクティビティの双璧をなしているのがガラス作りになります!

ガラス作りの王道はグラス作りですね!

職人さんに手伝ってもらいながら”世界に一つだけのオリジナル作品”を作ることができますよ!

形として思い出が残り、しかもそれをずっと使っていられるなんて…!

なんて素敵なのでしょう!

ちなみに、琉球ガラスは耐久性も折り紙付。

僕は高校3年生のときにつくったグラスを25歳になる今でも使っていますよ!

  

ガラス細工をasoview!(アソビュー)で予約する!

三味線(三線)体験

三味線は、琉球王国が発祥とされる沖縄の伝統芸能の一つ。

厳密にいうと「三味線」は日本本州に伝来した際に名を変えたもので、沖縄(琉球)では「三線(さんしん)」と呼ばれます。

「やりたい!」と思ってもそうそう触れることができない伝統楽器ですから、この沖縄旅行の際に一度触れてみると、思わぬ興味・趣味の道が開けるかもしれませんよ…!

ちなみに、『鬼滅の刃』に登場する鬼舞辻無惨に仕える「鳴女(なきめ)」が引いているのは「琵琶」になります。

三味線と琵琶、まったく知識がない人(俺)は同じように思いますが、言われてみれば全然違います。笑

大きさ、バチの形、弦の数が異なりますので、当然音も違います。

こうやって、ちょっとした豆知識に触れる機会にもなるかもしれませんね!

  

三線体験をじゃらんネットで探そう!

  

すべて自分たちで計画したい人向け!

ここまで、沖縄での学生旅行でハズせない観光スポットやオススメアクティビティをご紹介してきました!

ここからは、「プランづくり」「ホテル予約」「移動手段」について言及していこうと思います。

まずは、、

「せっかくの学生旅行、自分たちで計画を練るところからはじめたい!」
「旅行は準備するところからがおもしろいんじゃないか!」

そんな方々へ、沖縄での卒業旅行にオススメのホテルとレンタカー、そしてアクティビティのみを予約できるオプショナルツアーをご紹介していきます!

オススメホテル7選

学生の味方!コスパ重視

1.ライカムクリスタルホテル

ライカムクリスタルホテルは、一泊クイーンサイズベッドが2台、バスルームも大きいと、とにかく広々とした部屋ながら一人1000円代からという破格の安さを誇るホテルです!

沖縄市に位置するため、空港や国際通り、首里城などへは車で一時間弱かかってしまい、加えて周囲に何もない(イオンモールが徒歩15分)というのがネガディブポイント。

ですが、無料の駐車場もありますし、飲食物は持ち込んでしまえば問題ありません。

逆に、サンセットビーチ嘉手納基地、アメリカンビレッジなどへのアクセスはしやすくなりますので、「レンタカーを借りて沖縄本島を自分たちでまわる!」というプランなら、絶好のホテルなのは間違いなさそうですね!

  

ライカムクリスタルホテルをHotels.comで予約する!
2.スマイルホテル那覇シティリゾート

那覇空港から車で11分、国際通りへは徒歩10分という好立地でありながら、こちらも一人1000円代からという安さを誇るスマイルホテル那覇シティリゾート

部屋は若干手狭ですが、最大4つのシングルベッドが並んだ部屋も用意されているため、みんなでワイワイ・寝るときは一人一つのベッドで、と切り替えられそうですね!

ホテルへの車でもアクセスも便利ですので、値段を考えればかなりのコスパだといえそうです!

  

スマイルホテル那覇シティリゾートをHotels.comで予約する!
3.ネストホテル那覇
画像引用先:ネストホテル那覇

上述のスマイルホテル那覇シティリゾートより、さらに那覇空港・国際通りへのアクセスが良好でありながら、値段はほとんど変わらないというのが、こちらのネストホテル那覇になります!

こちらも、最大4つのシングルベッドを備えた部屋やファミリールームが完備されており、「お風呂に入って寝てみんなでワイワイすればいい!」という目的なら、十分すぎるホテルです!

  

ネストホテル那覇をHotels.comで予約する!

ビーチからすぐの好立地

4.恩納和風ホテル北海荘

沖縄本島随一のビュースポットとして知られる「万座毛」や有数のリゾートビーチとして知られる「万座ビーチ」へ徒歩でいける好立地でありながら、コスパ重視のホテルと同価格帯という料金設定が学生には嬉しいポイント!

それが、恩納和風ホテル北海荘になります!

近くにはコンビニがありアクセスも良好という声も多いのもプラスポイントですね!

お部屋は和洋室ということで、ソファと畳の部屋に敷布団というスタイル。

ベッドに比べてみんなでのんびりワイワイしやすそうです!

  

恩納和風ホテル北海荘をHotels.comで予約する!
5.みゆきハマバルリゾート

みゆきハマバルリゾートも、万座毛や万座ビーチがある恩納村に位置する和洋室ホテルです。

恩納和風ホテル北海荘より万座毛や万座ビーチへのアクセスは若干遠くなりますが、その分ホテルのプライベートビーチがあるという、「海の近くのホテルを探している」学生たちへはピッタリのホテルになっていますよ!

  

みゆきハマバルリゾートをHotels.comで予約する!
6.ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

沖縄でも有数のリゾートビーチとして有名な万座ビーチに隣接する形で立つのが、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートになります!

万座ビーチホテル」としても知られる万座ビーチリゾート。

ANA系列のホテルですので若干お値段は張りますが、そのぶん滞在中の居心地は最高クラス!

せっかくなら、ちょっといいホテル泊まっちゃおう!
というあなたにオススメのホテルです!

 

万座ビーチリゾートをHotels.comで予約する!

コテージ

7.AJリゾートアイランド伊計島

AJリゾートアイランド伊計島は本島から突き出した形になっている伊計島に広がるリゾートホテルで、その一区画がコテージエリアとなっているのが特徴です。

伊計ビーチへ徒歩 17 分となっているほか、この伊計島とその周辺で海のアクティビティはすべてできてしまうのが最大のウリ!

常夏の沖縄で仲間たちとのんびり気ままに過ごしたいというプランならピッタリでしょう!

  

AJリゾートアイランド伊計島をHotels.comで予約する! 伊計島に泊まるならここでマリンスポーツを楽しもう!

レンタカーで沖縄を自由に散策しよう!

沖縄の道路は比較的運転しやすいことで有名です。

また、公共交通機関がモノレールのみと、移動の際はタクシーを使うのが基本的な移動手段となる沖縄にあって、レンタカーの存在は日本の他の地域に比べて非常に大切です。

何より、レンタカーなら沖縄の広大な土地を自由に動き回れるという点が最大のメリットでしょう!

那覇市中心部のコスパ重視のホテルなら、「地元の居酒屋さん」もあるので、「運転手だけお酒が飲めない…」なんて悲劇も避けられますよ!

  

沖縄のレンタカーはたびらいがお得!

オプショナルツアー

基本は自分たちでプランニングしたいけれど、細かな体験やアクティビティの予約は簡単に済ませたい!

そんな”イイトコドリ”をするために活用したいのが、現地でそのアクティビティのみをツアーとして予約するオプショナルツアーです!

僕も海外旅行・国内旅行を問わず、このオプショナルツアーはかなり活用しています!

  

沖縄でのオプショナルツアーをasoview!(アソビュー)で予約する!

  

ツアー旅行ですべてをお得にお気軽に!

お次はツアープランのご紹介!

ホテルの予約も移動手段もアクティビティの予約も、、すべて自分たちで予約するなんて面倒だーー!!わからん〜ー!!
という方々にオススメです!

出発の飛行機から移動手段、ホテルにアクティビティ、おまけにお土産購入まで、すべてをパッケージにしてくれているのがツアーになります!

お手軽に、だけど存分に沖縄を満喫するには最高の手段となります!

そんなツアーの中でも沖縄での学生旅行にオススメできるのは、HISのプランですね!

一口に「ツアー」といっても、その組み合わせは千差万別。

すべておまかせにしてしまうこともできれば、1日だけレンタカーで自由に。。などなど、豊富なプランがわかりやすく紹介されているのがHISの魅力です!

  

学生旅行のツアープランをHISで探そう!

  

スポンサーリンク

沖縄学生旅行 まとめ

ということで今回は「沖縄へ学生旅行するなら」というテーマのもと、沖縄のオススメの名所や観光地、アクティビティ、さらにはホテルやツアーをご紹介してきました!

一生思い出に残る学生旅行、だからこそ、よりよいものにしたいですよね。

ぜひ今回の記事を参考にして、みなさんだけの素晴らしいツアープランを立ててみてください!!

もちろん、この記事のコメントやSNSのDMに質問をくださればプランづくりのお手伝いもさせていただきます!

それでは、みなさんの旅行が安全で楽しく、思い出の一ページに残ることを祈ってお別れとさせていただきます。

よいたびを〜〜!!