みなさんこんにちは、旅狼かいとです!

今回ご紹介するのは、嵯峨野・嵐山の中心地である渡月橋になります!

古くは和歌に、現代でも数々の名曲に歌われる嵐山のシンボルとも言える景勝地。

橋の下を流れる大堰川と、後ろにそびえる嵐山や小倉山との風景は京都だけでなく日本でも随一の見応えを誇り、まさに名所中の名所ですね!

そんな”古代からの名所”である渡月橋ついて、このブログ記事ではお届けしていきます!

 

スポンサーリンク

嵐山について

まずは嵐山についてざっくりとご紹介。

厳密に「嵐山」というと渡月橋の西側にそびえ立つ山を指しますが、観光地としての「嵐山」は「渡月橋周辺」という解釈となるのが一般的で、これには渡月橋の東側にあたる嵯峨(野)地区も含まれることも多いです。

嵐山は平安時代に貴族の別荘地とされた歴史があり、その影響もあってか嵐山を題材として多くの詩(歌)が詠まれています。

そんな、日本でも随一と言える素晴らしい景観は現代でも健在で、「日本さくら名所100選」並びに「日本紅葉の名所100選」に選ばれているように、春は桜の、秋は紅葉の名所としても非常に有名ですね!

もちろん、新緑と晴れ渡る空に囲まれた夏と、白銀の雪化粧を纏った冬も必見ですよ!!

  

渡月橋について

ではでは、今回のメインである渡月橋についてご紹介しましょう!

渡月橋は、平安初期の承和年間(834年〜848年)に僧・道昌が架橋したのが始まりとされ、
亀山上皇が橋の上空を移動していく月を眺めながら、「くまなき月の渡るに似る」と感想を述べたことから、「渡月橋」と名付けられたと言われています。

実は渡月橋、ものや場所にによって「大堰川(おおいがわ)に架かる橋」とも「桂川に架かる橋」とも紹介されているのですが、それは、渡月橋の下を流れる川が、渡月橋を境にして上流が「大堰川」と呼ばれ、下流が「桂川」と呼ばれているからなのです。

橋をまたいで川の呼称が変わるというのは、なんとも可笑しなお話ですよね〜

最近では、アニメ『名探偵コナン』の主題歌中にも名前が出てきて、若者の間でも地名度がググッと上がった渡月橋。

今回僕が訪問した紅葉の季節になると、紅、黄、緑と彩豊かに”秋の色”に染まる小倉山を背にした渡月橋が一層魅力溢れる風景となり、常に人気のある渡月橋の一年の中でも、一番の見応えとも言われます。

嵐山エリアは日中非常に混雑しますので、朝一に渡月橋を訪れることをオススメします!

ゆったりと川の水音に耳を澄ませながら、平安時代から続く渡月橋と小倉山の絶景を眺める。。

大変に”乙”な時間を過ごさせていただきました!

渡月橋へ実際に行ってみた!

ということで、そんな乙な時間を過ごした渡月橋の様子をお届けしていきましょう!

到着は朝の8時ごろ。
超人気の嵐山・渡月橋も、この時間ならまだ人がまばらです!
紅葉は、色づき始め、というところですね!
松の木もイイですね〜!
鳥たちも飛び交う素晴らしい朝。。
河原に降りて撮影!
嵐山と渡月橋!これですね〜〜!!
川の岩もうまく入れることができればいいのですが…!
スマホで撮るとこんなかんじ。気持ち色が濃くでますね。
この日の朝は雲もいい模様になっていましたね〜!
一眼の紅葉モード、で撮ったもののはず!笑
空・山・橋・川
川の音、水の音っていいですよね〜〜

嵐電とJRの駅側(渡月橋北側)から渡月橋を渡ります!

どの橋にもあるはずの名前書き。ここは特別な何かを感じてしまいます。。
この時間だと、普段から渡月橋を利用する方々がほとんどです。
橋から山を見る。
こちらは下流、桂川の方面です。
スマホ版。やはり気持ち鮮やかです。。

橋を渡り、阪急嵐山駅がある渡月橋南側に来ました!

こちらから見ると、また違った印象を抱きます…!
嵐山と渡月橋を写すとなるとこの角度。
この角度だと亀山(のはず!笑)が渡月橋の後ろに入ることになります。
木造なのは欄干部分のみ。他も木造に見えますが、鉄筋コンクリート製です

北側に戻ります!

保津川下りの終着点ですね!

ここからは夕方〜夜の渡月橋の様子です!

嵐山に太陽が沈んでいきます…が、うまく撮れていない。。
やはり午後になると人も多いですね。
河川敷でおもいおもいの時間を過ごす。。いいですね〜〜
南側に来ました。
橋の上の人の数!夕方でこれですから、日中はもっとすごいのでしょう。。
対岸を撮ってみる。

南側のベンチで日が沈むのをのんび〜りと見て、駅の方へ戻りました。

夜の嵐山もすごい人だかりです…!

渡月橋の観光案内

紅葉の見頃

色づき始め:11月中旬

見頃:11月下旬~12月上旬

イベント

毎年11月:嵐山もみじ祭

毎年12月上旬:嵐山花灯路

桜の見頃

3月下旬~4月上旬

観光のおすすめ時間

朝8時前後

お店が開いていないのでまだ食べ歩きなどはできませんが、ピーク時は渡月橋は人でいっぱいになります。

人の少ない時間帯で写真を撮ったり、落ち着いてゆっくりと雰囲気を楽しみたい方は、午前中のさらに前、朝の時間に訪問し、ここからお寺などを巡り始めると良いでしょう。

アクセス

嵐電(京福電気鉄道嵐山本線) 嵐山駅 徒歩2分

JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅 徒歩15分

阪急嵐山線 阪急嵐山駅 徒歩4分

  

スポンサーリンク

渡月橋のまとめ

というわけで、今回は嵐山の渡月橋についてご紹介してきました!

今回は秋の紅葉の早い時期での訪問でしたが、見応えは十分でした。

これが紅葉が見頃の時期になったらどれほどのものになるのだろうと、考えずにはいられません…!

他の時期ならばまた違った顔を見せてくれるでしょうから、春・夏・冬にもまた、嵐山・渡月橋には足を運びたいものですね〜!!

皆さんも京都へ行った際はぜひ、その時々で美しい風景を見せてくれる嵐山と渡月橋を訪問してみてくださいね!

そして、ご自身だけのお気に入りを見つけてみてくださいね!!

  

☝️渡月橋とともに嵐山を代表する風物詩です!!