みなさんこんにちは!旅狼かいとです!

2018-19年末年始フランス・スペインの旅、今回がひとまず最後の投稿となります。

マドリードを本拠地とし、その人気を市内で二分しつつも両者が世界的ビッグクラブというサッカーチームが、「レアル・マドリード」と「アトレティコ・マドリード」です。

それぞれ、「レアル」「アトレティコ」と呼ばれていますね!

今回はその片腕であるレアル・マドリード(Real Madrid)のホームスタジアムサンティアゴ・ベルナベウ(Estadio Santiago Bernabéu)のスタジアムツアー、そして、レアル・マドリードの生試合観戦の様子をお届けします!

何を隠そう、今回のスペイン訪問の最大の理由は、このレアル・マドリードの試合観戦にあったのですから!

ここまでたどり着くためにバルセロナ、マドリードの街並みを巡ってきたと言っても過言ではありません。

もちろん、バルセロナもマドリードもできうる限り楽しみ尽くしましたが…!

ともあれ、今回のスペイン訪問”最大のイベント”の様子をご紹介していきますよ!

 

👇マドリード市内の観光情報はこちらから!!👇

  

スポンサーリンク

レアルマドリード(Real Madrid)について

まずはレアルマドリードのチームについて、簡単にご紹介しておきましょう。

「王立」や「王朝」を意味する言葉”Real”を冠するレアル・マドリード(Real Madrid Club de Fútbol)は、スペインリーグ(リーガ・エスパニョーラ / Liga Española)の1部リーグ「ラ・リーガ サンタンデール (La Liga Santander)」で最多の33回を誇り、ヨーロッパNo.1を決めるUEFAチャンピオンズリーグでも最多の13回の優勝、すなわち欧州制覇を果たしている名門中の名門。

愛称は、「白い巨人」を意味する「エル・ブランコ(El Blanco)」、あるいは「銀河系軍団」という意味の「ロス・ガラクティコス(Los Galacticos)」。

日本での一般的な表記は「レアル・マドリード」で、略称は「レアル」ですが、サッカー選手やサッカーに詳しい実況者・解説者の方々はマドリー」と呼ぶことも多いです。

歴史的な観点から都市同士の対立もあると言われるバルセロナとの伝統の一戦「エル・クラシコ(El Clásico)、そしてアトレティコ・マドリードとの「マドリードダービー(El Derbi Madrileño)は、いつでも世界中から注目を集める試合となっていますね!

2000年に会長に就任したフレンティーノ・ペレスの経営により世界一収入のあるフットボールクラブと言われていますが、その分なのか、チーム内におけるペレス会長の権力が絶大であり、会長の好みがチームづくりにも少なからず影響しているとも言われるほど。

ライバルであるバルセロナが下部組織からの引き上げを重視する傾向があるのに対し、レアル・マドリードは他のクラブから選手を引き抜く傾向があり、ペレスが会長になってからはその傾向が強まったと言われています。

一サッカーファンとしては、毎年の移籍期間で話題を届けてくれるのは面白いのですけどね!

もちろん、下部組織の中心チームにあたる「カスティージャには優秀な若手選手が多く在籍し、トップチームに昇格・定着出来なかった選手でも他のチームでは中心選手として活躍していることがよくあります。

ですので、「え、この人もレアル出身なんだ!」みたいなことが結構あるのも特徴と言えるかもしれませんね。

逆に言うと、レアル・マドリードの下部組織からトップチームで活躍するためには、どれほどの茨の道を征かなければならないかがよくわかりますね。

レアル・マドリード(・カスティージャ)には、2019年6月にレアル・マドリードへの移籍を発表した久保建英選手と、下部組織からレアルで成長を続ける中井卓大選手という二人の若き日本人選手も所属しています。

二人の今後の活躍を祈るばかりですね!!

 

 

本拠地サンティアゴ・ベルナベウ(Estadio Santiago Bernabéu)について

続いて、ホームスタジアムであるサンティアゴ・ベルナベウ(Estadio Santiago Bernabéu)についても軽くご紹介しておきましょう。

レアル・マドリードの本拠地のもともとの名前は、「エスタディオ・チャマルティン(Estadio de Chamartín)」でした。

しかし、スペイン内戦によってスタジアムが崩壊してしまい、再建後は「ヌエボ・エスタディオ・チャマルティン(Nuevo Estadio Chamartín)」という名前となります。

そして、1955年に現在の「サンティアゴ・ベルナベウ」という名前に改名されました。

実は、「サンティアゴ・ベルナベウ」というのは人物名なのです。

選手としてレアル・マドリードで活躍したサンティアゴ・ベルナベウは、引退後にスポーツ・ディレクターや監督など経てレアル・マドリードの会長に就任し、レアル・マドリードが今日の世界的ビッグクラブになる基礎となった黄金期を支えた人物なのです。

そんな彼に因んでつけられた名前。欧米では人物名を施設の名前にすることが多いですよね!スタジアム然り、空港然り。

それだけ個人に敬意をしっかりと払う傾向が強いということなのでしょうね〜

そんなサンティアゴ・ベルナベウ、現在3年をかけての全面改装が計画されており、2019年の夏以降に着工し2022年中の完成を予定しています。

アリーナ型スタジアムへの転換、開閉式屋根の設置、そしてスタジアム内と周辺地区の再編が柱なのだそう。

レアル・マドリードの新たなホームスタジアムの姿、いつ見ることができるのか楽しみですね~!!

 

👇バルセロナについての観光情報、サッカー情報についてはこちらから!

 

 

サンティアゴ・ベルナベウ スタジアムツアー

ではでは、ここからは実際に足を運んだ際のサンティアゴ・ベルナベウの姿、そして、レアル・マドリードの試合観戦の様子をご紹介していきますよ!

まずはスタジアムツアーからです。

ちなみに、ここからはほとんど写真の掲載のみとなっていきますのでギャラリー感覚でご覧いただければと思います!

地下鉄駅から出るとすぐ目の前にスタジアムがあります!
ツアー専用の入り口から入場です。
まずは最上階からスタジアム全体を俯瞰します!
空も綺麗だ…!
ピッチ上の点々はハトでした、多分。
試合前の番組でしょうか!
ベンチ!
ちなみにスタジアムのまわりにはビルが立ち並んでいました。
商業地区、というかんじです。

お次は、「レアル・マドリード・ミュージアム」とも言える展示室。

レアル・マドリードの歴史を知ることができる展示や、今まで獲得してきた数々のトロフィーを観ることができます。

まずは、今まで獲得してきたタイトルの一覧。
かなり昔の優勝カップですね。
このようにズラリと並んでいます!
歴史・伝統・強さ。これらを併せ持つことの”証明”ですね〜
20世紀最高のクラブに贈られたトロフィー。
他と比べてかなり控えめですが、”世紀”を代表するチームということだから、、これって実は凄まじくない??笑
2018-19シーズンの所属選手一覧です。
ここからは、レアル・マドリード在籍中にヨーロッパや世界の規模で個人タイトルを取った選手たちのギャラリー。
LA SAETA RUBIA“、「金髪の矢」という愛称で親しまれ、サンティアゴ・ベルナベウ元会長とともにレアル・マドリードの最初の黄金期を支えたアルフレッド・ディ・ステファノのトロフィー。
こちらはシルバー、ブロンズの棚。
年間最優秀選手に贈られるバロンドール。こちらはクリスティアーノ・ロナウドのものです!
ちなみに”Ballon d’Or”はフランス語で「黄金の球」という意味なのですよ!
ロナウド、観たかったなぁ。。
2010~2015年以外は、サッカー専門誌「フランス・フットボール」が選ぶ「バロンドール」と、FIFAが独自に選ぶ「年間最優秀選手賞」の2つの表彰があります。近年は、同じ選手が選出される傾向にありますね。
こちらはモドリッチのバロンドール。
ワールドカップは凄かったからなぁ〜!
いよいよ最深部。チャンピオンズリーグエリア!
PK戦までもつれるマドリードダービーとなった2015-16の決勝。
2017-18決勝でリヴァプールを破り、三連覇を達成しましたね!
過去13回のチャンピオンズリーグ優勝トロフィー「ビッグイヤー」が飾られています。
やはり他とは違う派手さですね〜
輝いている…!
最後は直近で優勝したクラブワールドカップのトロフィー。
この地味さ、どう見ても重きを置いてませんよね。笑

室内の展示場を抜けて向かうのは、再びスタジアム。

バックスタンドからメインスタンド側に移動していきます。

そして、ピッチサイドまで行くことも可能ですよ!

この高さからの観戦もいいなぁ。
メインスタンド側から見ると、席に”REAL MADRID C.F.“の文字が見えます。
ベンチに座ることもできますよ!
もちろん僕も座りました!
ベンチの座り心地はかなり良かったですが、意外とピッチは見にくい…。
夜の生観戦までお別れです!
最後はインタビュー室。

スタジアムツアーはここまで!

試合がない日なら、ピッチサイドに降りたあと、ロッカールームに行くことが可能です。

レアルファンなら必見ですね!

僕たちは一旦、夜の試合開始まで市街地へ戻りました。

 

サンティアゴ・ベルナベウ スタジアムツアーの基本情報

開館時間

月~土 10:00~19:00
日・祝 10:30~18:30

入場は閉館の1時間前まで。試合がある日はキックオフの5時間前まで。

休日 1/1、12/25

料金

€25
14歳以下 €18

チケット購入は、ゲート7にある窓口で可能。

サンティアゴ・ベルナベウへのアクセス

地下鉄10号線”Santiago Bernabéu“降車後、すぐ。

  

   

スポンサーリンク

 

レアル・マドリードの試合を生観戦!!

ではでは、生観戦のお時間です!

スタジアム内の様子はツアーの方を見ていただけばよいと思いますので、アップの様子から載せていきますね!

アップ〜試合開始まで

アップは席とは対角線上真反対のところでやっていました。
望遠の力、ここに。
キーパーのクルトワ。試合前の別メニュー、懐かしいなぁ。。
相手はレアル・ソシエダ。格下ではありますね。
カメラが捉えるのは選手だけではないのだぞ。
レアルが誇る天才司令塔トニ・クロース
パス成功率がおかしい。(もちろんいい意味でね!)
“バロンドーラー”ルカ・モドリッチ
豊富な運動量でチームを支える、まさに“チームの心臓”ともいえる選手です!
ルーカス・バスケス
いい意味で”レアルらしくない”頑張り屋タイプのサイドアタッカー。
キャプテンにして守備の要、セルヒオ・ラモス
ディフェンダーにも関わらず高い得点能力があるのも特徴ですね!
ダニエル・カルバハル
このランニングからもわかるように、右サイドを常に上下する不屈のサイドバックです!
ラファエル・ヴァラン
マドリーとフランスの未来を背負う若きディフェンスリーダーです!
警備員さん。
ベルナベウの安心安全を守る鉄壁の守護者。
まさかまさかの”ロベカル“ことロベルトカルロス
悪魔の左足」と恐れられた強烈な弾丸シュートが武器だったブラジル人サイドバック。
一つ前の時代の選手ですので、今の10代の皆さんは知らない方も多いでしょう…。
悲しみ。
ゴール裏の”マドリディスタ“たちも続々と集まってきました!
アナウンスも終わって、いよいよキックオフの時!
後列の手前から2番目、14番の選手がカゼミーロです!
中盤の底を務める潰し屋。守備におけるカバーリングに非常に定評があり、”カナリア軍団”ブラジル代表でも不動の地位を築いています。
いざ出陣!
ラモス
後ろにピントを合わせるやつ。これはたまたま。笑
今回の試合はカメラの練習にもすごくよかったなぁ。
ベンゼマとクルトワ。最前列と最後尾の選手が健闘を祈る。
試合前にクラブワールドカップの優勝報告。
マドリディスタは嬉しそう、、かな?
ラモスの顔!
やはり、クラブワールドカップはタイトルであってタイトルではないって感じなのでしょうね〜
黙祷でしたがここはシャッターチャンスでもありました。すいません。
レアル・ソシエダのサポーターの皆さん。これしかいないんかい!

 

レアル戦・前半

キックオフ!試合開始です!!

カリム・ベンゼマ!なんだかんだでマドリーのセンタートップを務め続ける不動の9番。あとはゴールさえ決まれば申し分ないんだけどな。。
マドリーの監督サンティアゴ・ソラーリ。シーズン途中に就任し一時はチームを立て直しましたが、ここのところは再び暗雲が立ち込めている雰囲気かな…。
早々に先制許してしまったマドリー。スロースターターではありますが、ここから巻き返したいところです。
クロースのフリーキック!
モドリッチ
カルバハル
ベンゼマ
ちなみに席からの眺めはこんなかんじ。
今回は奮発して、前から3列目というとんでもなく前の席を取りました!笑
ラモスが来たぞ。
相手のファウルなのにそこまで言うのかい!
“IPPON”目指して大喜利ができそうな写真だよね。笑
この後ろ姿!
いまいちシャキッとしてこないのが雰囲気で出てるんだよなぁ。。
前半は目の前でプレーしていたバスケスのプレーが多めです!
ベイルが怪我していなければ…と考えてはしまいます。。
バスケスにイエローカード。
身長差がちょっとかわいい。笑
お客さんもアツくなってきました!そうこなくっちゃね!!

ここで前半が終了!

0-1、レアル・マドリードは1点ビハインドで折り返しとなります。

モドリッチもうまくいってない感じ。。
ホームにしては、確かにマドリーに厳しめの笛でしたね。
Policía

 

スポンサーリンク

 

レアル戦・後半

選手たちがピッチに戻ってきました!

後半の開始。レアルの巻き返しはあるのでしょうか…??

Hala Madrid!!

Vamos Madrid!!

マルセロ
ディフェンスとは思えない攻撃参加が売りの左サイドバックですね!
こう見るとかなり長身なヴァランですね〜!
ティポー・クルトワ
世界最高レベルのゴールキーパーの一人ですね!
コーナーキックの守備。選手同士のコミュニケーションがいいですね〜
イスコがアップをはじめました!楽しそうだな〜!笑
ファンからも人気が高いイスコ。イマジネーションあふれる”クラッキ”です!
弟曰く、結構有名なトレーナーさんみたいです。
確かに、見たことはある、、気がする、、、ような、、、、笑
もう一人アップを開始。こちらはダニ・セバージョス
まだ22歳という期待の若手です!
てか22って、俺と同い年じゃんか。笑
レアル・ソシエダからはアドナン・ヤヌザイをご紹介!
マンチェスター・ユナイテッドやドルトムントにも所属していた選手で、香川真司選手とはそのどちらでもともにプレーしています。
マルセロはこうして見ると結構丸いんだなぁという印象ですね!
僕個人の話をすると、ラモスはディフェンダーとしてはかなり好きなタイプですね〜!
守備の力やリーダーシップ、ここぞというときの攻め上がりと決定力は素晴らしいですし、相手をイライラさせる”いやらしさ”も割と好きだったりします。笑
首のタトゥーもいいよなぁ。
ここでイスコ投入です!
イスコのファーストプレー!
ネイマールに次ぐ”ブラジルの至宝”と期待されるヴィニシウス・ジュニオール
クリスティアーノ・ロナウドが抜けた左ウイングの定位置を掴んだ若干18歳のドリブラー!
この試合でも、低調な攻撃陣の中で唯一奮闘していました。。
ここでバスケスが2枚目のイエローで退場!
1点ビハインドでさらに一人少ないという状況に…。
実は今回、こうして前を見ているモドリッチの写真がとても少なかった。。
解説者のどなたかがおっしゃっていたのですが、モドリッチが楽しそうにプレーしているかどうかでマドリーのチームの雰囲気や状態がわかるそう。
確かにこの試合、モドリッチはかなり下を向いていましたね。。
直前にペナルティーエリア内で倒されたプレーに抗議するヴィニシウス。
試合後にホテルでみたニュースで、「これは誤審だ」と言われていましたね〜
クルトワもかなり大きいですね。
股関節を痛めたらしい。。
クロースがここまで言うのは珍しいですね〜
クルトワのキック!
ソシエダが2点目を決めました!これは決定的…。
席の文字が見えるほどにガラガラに状態に。相変わらず強剛チームのファンは辛辣です。まぁそれゆえにチームも強くなるのかもしれませんがね〜!

試合はこのまま0-2で終了。

う〜ん、せめて1点は取って欲しかった…!

これはまた来い、っていうベルナベウからのメッセージなのかな。。

  

試合後の様子

試合後の様子ももちろんカメラに収めています。

両選手の試合後のやりとりとか、結構面白かったですよ!

カルバハルとモドリッチ。やっぱりスペイン語なのかな〜
フランス人コンビ。
モドリッチは終始こんな感じだったなぁ。。
なんだかんだ言ってこういうところをしっかりするのが、ラモスに好感がモテるところなんです!
ヤヌザイとクルトワ。ベルギー人同士積もる話もあるのでしょうなぁ。。
最後にラモスもロッカールームに下がっていきます。

こうした試合後のやり取りとか選手・監督の振る舞いって、中継だと意外と見れないものですよね。

生で観戦する醍醐味の一つは、テレビに映らないところのプレーややり取りですので、皆さんもぜひ最後まで見ていってくださいね!

 

最後に、試合後のスタジアムの様子です!

スタジアムの外には乗馬した警察官が…!
次はぜひとも勝利を!!

 

👇サッカー好きの方はこちらの記事も要チェック!!

  

 

 

スポンサーリンク

レアル・マドリード生観戦のまとめ

サンティアゴ・ベルナベウのスタジアムツアーに、レアル・マドリード戦の生観戦。

いかがでしたでしょうか??

中盤以降はほとんど写真となりましたが、その様子が少しでも皆さんに伝わっていれば嬉しいです。

何度も言いますが、サッカーファンなら一度は海外サッカーの生観戦をしましょう!

スタジアムの雰囲気、熱気、選手たちのプレーなどなど、どれをとってももうホントにたまりませんからっ!!

海外サッカーのチケットの購入方法も追々書こうと考えていますので、そちらも投稿し次第ぜひ参考にしてみてくださいね!

ではでは、フランス、そしてスペインからはひとまずお別れ。

次の国もお楽しみに〜〜

   

👇フランスでの年越しについてはこちらから!