今回取り上げるのは、イギリスのマンチェスターです。

マンチェスターといえば、真っ先に思い浮かぶのはフットボール(サッカー)でしょう!

プレミアリーグ(イングランド1部リーグ)は世界でも圧倒的な人気を誇りますが、その中でも常に話題の中心にあるのが、マンチェスターを本拠地とする2チーム「”赤の”マンチェスター・ユナイテッド」と「”青の”マンチェスター・シティ」ですよね!

今回は、前半にマンチェスター・ユナイテッドと本拠地オールドトラフォードの、後半にマンチェスター・シティと本拠地エティハドスタジアムの紹介をしたいますし、
エティハドではシティvsリヴァプールの観戦の様子も書かせていただいていますよ!

また、マンチェスターは19世紀の産業革命期において急速に工業都市として発展し、今日ではイギリス国内においてロンドンに次ぐ金融の街としても知られているのです。

加えて、町の起源は古代ローマ時代にまで遡るほど、歴史を持つ町でもあるマンチェスター。

まさに、「新古入り混じるフットボールの町」なのです!

 

スポンサーリンク

マンチェスター(Manchester)について

マンチェスターの歴史

マンチェスター(Manchester)はロンドンから3時間ほどの、ブリテン島のほぼ中心部に位置します。

イングランドの中では北部の地域で、イギリス一とも謳われる自然が溢れる湖水地方への入り口にあたります。

マンチェスターの歴史は、1世紀、この地に古代ローマ帝国によって砦が築かれたことが始まりとされています。

「マンチェスター」の名前の由来は、ケルト語の地名”mamm”をラテン語風に読み替えた「マムシウム(Mamcium)」と、古英語の「ケステル(ceaster)」を組み合わせたものであると考えられており、”Mamcium(mamm)”は「胸の形をした丘」、”ceaster”は「町」を意味しています。

都市として機能し始めたのは10世紀ごろと考えられており、一年中湿度が高めな気候を活かした羊毛工業、さらには、毛織物工業が発展していきます。

そして19世紀、紡績機に蒸気機関が導入されたことで綿工業が最盛期を迎え、産業革命期の大英帝国の中心的役割を担うようになります。

しかし20世紀に入り綿工業が衰退していくにつれ、マンチェスターの勢いも衰えていきます。

栄枯盛衰を味わったマンチェスターですが、二度の世界大戦を経た今日では、イングランド北部の教育やメディア、芸術・大衆文化の中心地となっていることに加え、多くの金融機関も居を構えています。

これによって若者や多くの民族が多く集まる町として活気が戻り、現在では経済的にはロンドンに次ぐイギリス第二の都市となっています。

 

文化

一年を通じて比較的降水量があり、加えて冬の冷え込みも厳しいことから、室内でのカルチャーが早くから発達したのがマンチェスターの特徴だと言われています。

その代表例が音楽の分野。

管弦楽団などのクラシックはもちろんのこと、ポップス、ロック、テクノと様々な分野で著名なミュージシャンやバンドを数多く輩出しており、一時は「マンチェスター」という音楽ジャンルが生み出されたほど!

と言っても、僕が知っていたのは「オアシス(Oasis)」くらいでしたが。。笑

 

フットボール(サッカー)

マンチェスターで外せないのが、冒頭でも触れたフットボールですね!

全世界にファンを要し、多くの著名人もファンであることを公言するマンチェスター・シティ(Man City)マンチェスター・ユナイテッド(Man United)という二大サッカークラブを擁しています。

両チームのサポーターも、両者が激突するダービー・マッチの際は町が二分されると言われるほど、”アツい”ことで有名ですね!

ちなみに、先ほどからサッカーのことを「フットボール(football)」と呼んでいますが、これはイギリス英語の表現にならったものですよ!

 

蜂のシンボル

マンチェスターの街を歩いていると、いたるところにのマークを見かけるはずです。

これはマンチェスターの町のシンボルで、「知恵を持ち寄り、協力しあう」といった意味が込められているそうです。

町にこういう意味を持つシンボルがあり、それを実際に使っているというのは素敵ですね~

 

 

PROGRIT

 

マンチェスターを観光しよう!

ではでは、マンチェスターの見どころを、実際にマンチェスターを観光したときの様子とともにご紹介していきます。

写真が多めの項目もあるので、そこはギャラリーだと思って見ていってください!

 

マンチェスター観光の基礎情報

まずは情報から。

マンチェスターそのものは大きな町ですが、観光として訪れた場合は、多くの見どころが町の中心部に集中しているため比較的観光しやすいのが特徴。

また、市内を無料で巡回するシャトルバスや、市街地と郊外を結ぶ路面電車も利用しやすく、移動にも不便がないこともGOODですね!

ただし、言葉の部分は若干注意が必要。

マンキュニアン(マンチェスター人の愛称)」特有の発音や言葉の使い方を理解するのは、英語に慣れていない人にとっては非常に難しいことと思います。

僕も市場で苦戦したのが、いまでも忘れられない思い出です。笑

とは言っても、マンキュニアンの多くは気軽に接することができ親しみやすい方々と言われていますので、フットボールパブなどで臆せず会話を楽しんでみるなんかもアリですよ!
(これは僕の次なる目標です。。!)

 

オールドトラフォード(Old Trafford)

オールドトラフォード(Old Trafford)夢の劇場(The Theatre of Dreams)の異名を持つ、マンチェスター・ユナイテッドの本拠地、ホームスタジアムです!

サッカーファン、フットボールファンなら一度は訪れたい場所ではないでしょうか!!

試合がない日でも基本無休のオフィシャルショップが併設されているほか、スタジアムツアーも開催されており、ベンチや控え室を実際に見学することができます。

スタジアム内にある博物館への入場も可能となりますので、サッカーファンでなくとも、マンチェスターに来たら見に来ておきたい観光名所ですね!

 

オールドトラフォードへ!

オールドトラフォードについては、ここでまとめて写真をご紹介します。

まずはロンドンからマンチェスターへ!

ロンドンからは電車で約3時間。
ユーストン駅を出発し、マンチェスターのピカデリー駅に到着します。

車内で朝食。

マンチェスターに到着後、オールドトラフォードへ直行しました!

当時の僕は相当にオールドトラフォードへ行きたかったのでしょうね…!

手前にあるのはクリケット場です。
来ました!オールドトラフォード!!

マンチェスター・ユナイテッドは、1878年にマンチェスターの鉄道員が中心となって設立されたチーム。
創立当初のチーム名は、「ニュートン・ヒース・ランカシャー&ヨークシャー・レイルウェイズFC(Newton Heath LYR FC)」でした。

1885年にプロサッカークラブへと転向、1902年に「マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United Football Club)」という現在の名称に変更されます。

1900年代前半、チームは低迷期に入りますが、戦後の1950年代にマット・バズビーが監督に就任するとチームは復活を遂げます。

チームの基礎を築いたマット・バズビー。
このマット・バズビーがチームを率いていた時代に、現在のユナイテッドの愛称「赤い悪魔(Red Devils)」が定着したそうで、こういった文化の面でもマット・バズビーの功績は非常に大きいと言われています。
1960年代後半のユナイテッドの黄金期を支えた3人。
左から、ジョージ・ベストデニス・ローボビー・チャールトン
ミュンヘンの悲劇を悼むモニュメント。

約25年もの長きに渡りユナイテッドを指揮したマッド・バズビーでしたが、退任の時は誰しも来るもの。

しかし、後任人事はうまくいかず、バズビー退任後15年ほど、ユナイテッドは再び低迷期を迎え、うち1年は2部に所属していた時期もありました。

そんな低迷期にピリオドを打ち、再び世界の覇権を握ったのがアレックス・ファーガソンの時代ですね!

サー・アレックス・ファーガソン
写真引用:Wikidedia アレックス・ファーガソン

ファーガソン最大の功績は、若手選手とベテラン選手の融合、そして、強烈な”個”を持つ選手たちを上手に導いていったことでしょう。

僕たちの世代なんかは絶頂期のユナイテッドを知っていますからね〜〜!!

ライアン・ギグスやリオ・ファーディナンド、ポール・スコールズにマイケル・キャリックをはじめとする時代を引っ張っていた選手たち、そして、ウェイン・ルーニーやクリスティアーノ・ロナウドなどの若手選手。

どこを見てもワクワクする布陣でした!

ちなみに、現在サッカーの世界で7“といえば「クリスティアーノ・ロナウドの番号」というイメージが強いですが、その原点とも言えるのが、マンチェスター・ユナイテッドでの”7番”でしょう。

ユナイテッドでは伝統的に、「栄光の7番」と呼ばれる背番号7が特別な番号として扱われています。

“真の”エース、といったところでしょうか。

“5人目のビートルズ”ジョージ・ベスト、”キング”エリック・カントナ、”貴公子”デイヴィッド・ベッカムなど、知る人に語らせればいくらでも語れるだろう時代を代表するスター選手がつけてきた背番号です。

ロナウドもユナイテッドに移籍してきた当初から、この7番をつけ、これらレジェンドたちに引けを取らない活躍をみせました。

そんなユナイテッドの7番。
ロナウドが去った以降も多くのスター選手が着用していますが、なんとまったくもって活躍できていないのです…!

その結果、今では「栄光の7番」は「7番の呪い」とまで言われてしまうようになり、選手によっては”7″を提示されても渋るほどだとか。。

クラブの伝統というのは、そこまでに重いものなのですね〜

 

ちなみにロナウドの7番については、ユナイテッドからレアル・マドリードへ移籍した際に確立したと言えます。

レアルでは、はじめは9番をつけていましたが、当時の”レアルの象徴”ラウールから7番を継承し、今では”7″はすっかり彼の数字となっていますね!

ポルトガル代表でもルイス・フィーゴから7番を継承したことで、一層”7″の印象を強めましたね!

当時は”若手”だったクリスティアーノ・ロナウド。「クリロナ」という愛称ももはや懐かしいですね…!
写真引用:FOOTBALL CHANNNEL

 

ユナイテッドのお話に戻りましょう。

ファーガソン監督は27年という長期政権を敷きましたが、2013年5月に、退任とともに監督業からの引退を発表します。

そして、その後現在に至るまで、ユナイテッドは再び低迷・混迷期に入っています。

デイヴィッド・モイーズ、ライアン・ギグス(約一月の暫定監督のみ)、ルイ・ファン・ハール、ジョゼ・モウリーニョが監督に就任しますが、
獲得したタイトルは、ファン・ハール時代の国内のFAカップと、モウリーニョ時代のUEFAヨーロッパリーグの2つのみ。

ファーガソンの時代にユナイテッドに渡った香川真司は、まさにこの混迷に呑まれた”被害者”と言えるかもしれません。。
そのままファーガソンが指揮してくれていれば…と、日本人のサッカーファンなら誰しもが思ったでしょう。。
写真引用:日本経済新聞2012年7月12日

2018-19シーズン途中にモウリーニョは解任となり、現在(2019年6月時点)のオーレ・グンナー・スールシャールが監督に就任しましたが、チームを建て直すまでには至っていません。

来シーズン、そのまた次のシーズンくらいまでには、再び強い”赤い悪魔”が見れることを期待したいですね!

数々のスター選手やチームの栄光を辿れるパネルが並んでいます。
次は試合を観に来るぞ〜!

 

 

マンチェスターの市街地を散策 その1

郊外のオールドドラフォードから市街地に移動しました。

マンチェスターには、赤いレンガ(調)の建物が多かった印象です。
中世・近代の街並みに現代的な建物も混じっている。ここまで巡ってきたイギリスの都市とはまた違った雰囲気でした。
ここはまさに”マンチェスターの赤”ですね!
マンチェスターの市場と呼んでいたのはここです!手前のパイ屋さんが、まったく言葉を理解できなかったお店。パイは美味しかったですよ!
ショッピングセンターの敷地内で行われていました。
ショッピング街、のはずなのですが、シャッター街みたいになっていました。。笑
なんだろう、マンチェスターの新古の混ざり具合は、「整理されたカオス」って感じですね笑
映画館!のはず

 

フットボールミュージアム(National Football Museum )

マンチェスターといえばフットボール!サッカー!

もう何度も言っていますが、これはイギリスという国からも認められていると言っても過言ではないのです。

それが表れているのが、ここフットボールミュージアム(National Football Museum )

ポイントは”国立”であること。

つまり、国の運営というわけですね。

イギリスの国営博物館は基本的に入場料無料
、、だったのですが、まさかの2019年から入場料を取っていました!!

、、、ともあれ、ご紹介しますね。笑

イングランド・イギリスのフットボールの歴史を知れたり展示品があるだけでなく、サッカーそのものについても多く触れることができます。その数なんと14万点以上!

博物館内では、サポーターによる大歓声やスタジアムで録音されたサポートソングもBGMとして流れており、実際のスタジアムの臨場感を感じることもできます。

サッカーファンの方は必見ですし、そうでない方も息抜きに見てまわってみてくださいね!

プレミアリーグのトロフィー、かな?一人だったので入るの渋りました。。
当時の監督を〇〇マンにしたパロディー絵画。個人的には、ここ結構好きでしたね〜

 

フットボールミュージアム開館情報

開館時間

基本10:00〜17:00
年末年始、クリスマスなどは閉館

料金

16〜64歳 £10
5〜15歳 £5
5歳未満 無料
65際以上(提示必要) £8
学生(提示必要) £8
その他、家族料金、団体料金有り

フットボールミュージアム公式サイト 料金についてはこちら!

 

マンチェスター大聖堂(Manchester Cathedral)

マンチェスター大聖堂(Manchester Cathedral)は、中世の時代にマンチェスターの領主であったロバート・グレスレット男爵が自分の邸宅の隣に建てた教会が始まりとされる、イギリス国教会の教会です。

現在の姿はヴィクトリア朝時代のゴシック様式。中世の時代からある教会ではありますが、当時からの建物部分はゼロ。

というのも、マンチェスター大聖堂は数々の”破壊”の被害を受けてきた歴史を持つからなのです。

中でも大きなものは、第二次世界大戦時の空爆と1996年の爆破テロ。

この二つはマンチェスター大聖堂に甚大な被害をもたらしたものの、その度に再建を繰り返してきたのです。

そんな歴史を持つこの教会でのミサは、特別なものなのでしょう。。

内部の見学は「寄付歓迎」というスタイルで可能(一応は無料、ということだと思います)。

教会にふさわしい表現かはわかりませんが、まさに「不屈の教会」ですね!

多くの口コミにあるのですが、基本的に扉が閉まっており、人の出入りもほとんどないこのマンチェスター大聖堂。

僕はそんな雰囲気に圧されてしまい、中に入りませんでした。。

まったくもー、です。笑

もちろん、扉が閉まっていても人の出入りがなくても、開館時間であれば入場できますよ!

左下の植木鉢に描かれたハチが、マンチェスターの象徴たるハチです。

 

マンチェスター大聖堂の開館時間

月〜木曜日 8:30〜18:30
金、土曜日 8:30〜5:30
日曜日 8:30〜6:30

宗教行事等がある場合を除き、基本無休

マンチェスター大聖堂 公式ホームページはこちら!

 

マンチェスター市庁舎(Manchester Town Hall)

そびえ立つ時計塔が印象的なこの建物は、なんとマンチェスターの市庁舎!現在も議会や市庁舎の機能を有しています。

その姿といい役割といい、まさに「マンチェスターのビッグベン」ですよね!

ビッグベンが併設するウェストミンスター宮殿(国会議事堂)と同様のゴシック・リヴァイヴァル様式(ネオ・ゴシック様式)によって建てられており、その外観は宮殿のそれです。

それもそのはず。

マンチェスター市庁舎が建築されたのはウェストミンスター宮殿が完成した約10年後の19世紀後半。

この時代は、産業革命の恩恵にあずかったマンチェスターの最盛期。

その繁栄の証として、市庁舎には贅を尽くしたと言われています。

現在でもその姿は色あせることなく、マンチェスターの町のシンボルとなっています。

外観を眺めるだけでなく、実際に豪華絢爛な内装を見学することも可能ですし、平日には「彫刻の間」という偉人たちの銅像が並べられた部屋の見学も可能になるそうですよ!

また、市庁舎の前には噴水が据えられた「アルバート広場」が広がり、サッカーの優勝パレードや野外コンサート、クリスマスマーケットなど、1年を通して様々なイベントが開催されています。

 

ミッドランドホテル(The Midland)

ミッドランドホテル(The Midland)は、1903年にミッドランド鉄道によって建設されたバロック様式のホテルで、重要文化財建築にも登録されています。

もちろん、現在でもマンチェスターを代表する現役のホテルですよ!

特徴的な赤茶色の建物は、「テラコッタ」という粘土を素焼きにした石材からつくられたもので、これは建設当時のマンチェスターの大気汚染に耐えるための対策だったようですよ。

また、隣接する「セントジョージハウス」は、マンチェスターで初めてのコンクリート建築物だそう。こちらもセットで見どころです!

 

マンチェスター中央図書館(Manchester Central Library)

マンチェスター中央図書館(Manchester Central Library)は、ヴィンセント・ハリスという建築家がローマ建築に着想を得て設計したとされる私立図書館。

外観からは、とても図書館だとはとても思えませんよね~!

重厚な存在感を感じさせる外観とは裏腹に、建物内は近代的な図書館なようです。

入場は自由に可能なので、ある種のタイムスリップ感を味わいに行くのも楽しそうですね!

 

開館時間(MANCHESTER CITY COUNCILより)
  • Monday 9am–8pm
  • Tuesday 9am–8pm
  • Wednesday 9am–8pm
  • Thursday 9am–8pm
  • Friday 9am–5pm
  • Saturday 9am–5pm
  • Sunday closed

 

マンチェスターの市街地を散策 その2

再び街を散策します。

ちなみに、すぐ上のミッドランドホテルマンチェスター中央図書館は路面電車(メトロリンク)の駅のすぐ近くです。

ヨーロッパの街並みは歩いているだけで楽しめるのが最高ですね!
こういう地下鉄への入り口でさえ、ちょっとオシャレに見える。笑
運河です!
マンチェスターの街には産業革命期につくられた運河が今でも残っており、製粉所のネットワークとともにユネスコの世界遺産候補に入っているそうですよ!今後もしかすると、、というわけですね!!
結構しっかりと水鳥がいらっしゃいました。。
高架のような。
駅っぽいですが、もともと駅だったものを、中央会議場とした場所みたいです。(Manchester Central Convention Complexという名前。)
路面電車(メトロリンク)を待ちながら、パイを食べる。行き先は。。。

 

 

エティハドスタジアム(Etihad Stadium)

ということで、路面電車に乗っての行き先は「エティハドスタジアム(Etihad Stadium)です!

エティハドスタジアムは、マンチェスターをユナイテッドと二分するチームマンチェスター・シティ」の本拠地です。

サー・アレックス・ファーガソンの指揮のもと世界的チームへと成長していった赤いライバルを横目に、長らく1部のプレミアリーグに定着することが一杯一杯という低迷期をさまよっていたシティ。

転機は2008年の夏。

UAEの投資グループがオーナー権を購入したことで、チームの財政に中東の”オイルマネー”が入ります。

これによって資金力が大幅に強化され、次々と有力選手を獲得して戦力をアップ。

ロベルト・マンチーニ、マヌエル・ペジェグリーニ、そして現在の”ペップ”ことジョゼップ・グアルディオラという世界的な監督の手腕も光り、わずか10年足らずで世界的な強豪クラブへと急成長しました。

財力にモノを言わせて選手を獲得していくスタイルを、当時は「成金」や「金萬クラブ」と揶揄する声も少なくありませんでしたが、今となってはサッカーの世界にオイルマネーだの中国の資本だのが入るのはごく当たり前の出来事。

結果が出た今だから言えることかも知れませんが、ある意味「現代サッカーの先駆者」となったとも言えるクラブですね!

 

エティハドで生観戦!

オールドトラフォードでは観戦できませんでしたが、代わりにエティハドスタジアムでシティ戦を観戦しました!

しかも、マンチェスター・シティvsリヴァプールという超好カード!

チケットが取れたのはラッキーでした!

路面電車の駅からスタジアムへ!
試合前から盛り上がっています!
入場!
エティハドスタジアムです!いつ来てもどこに来ても、サッカーの会場は良いものですね〜〜!
リヴァプールの選手たちが先にアップしています。
ちなみに、当時はクロップ就任の1年目か2年目。ここまで強くなるとは想像していませんでした。。
シティの選手たちが出てきました!Come on City!
メッッチャ近くじゃん!
アップ終了!
入場です!
始まるぞ〜!

ちなみに、この試合の時は雨が降っていることもあり、アーセナルのエミレーツスタジアムのときほど、写真をとりませんでした。。

ハーフタイムにはピッチ上で催し物が。なんだろう、日本の野球感!
後半の終わりに近い時間になって、なんと晴れ間が、、!
あっという間の試合終了。うん、本当にあっという間でした。。
真ん中のスーツがペップ・グアルディオラ監督です!
結果は1-1のドロー。白熱の良い試合でした!

 

 

エミレーツスタジアムでのアーセナルvsバイエルンミュンヘンの様子はこちらから!👇

 

マンチェスターの夜

シティ対リヴァプールのアツい一戦を観戦後、市街地へ戻ります。

この試合観戦で上がったテンションそのままにパブへ!!
という勇気はなく、、まさかの某Mのハンバーガー屋さんで夕食。笑

夕食後はユースホステルへ向かいます。

夜の運河。写真では見にくいですが、良い雰囲気でした。
札幌?!
夜は暗いなぁ。。
イギリスは治安がいい、とはいえ、これはちょっとドキドキした。。
それでも楽しむ精神は忘れない!

 

翌朝、リヴァプールへ!

ということで、朝になりました!笑

yhaというユースホステルに宿泊しました。
お世話になりました。

早朝から行動を開始し、次なる町リヴァプールへ向かいます!

朝の運河!
おはようございました。。
通り道ということもあり、最後にマンチェスター大聖堂を再度見ておきます。
ヴィクトリア駅です!ロンドンから到着時に使ったピカデリー駅とは別の駅になります。
構内です!

ちなみに、マンチェスター-リヴァプール間の移動において、マンチェスターでは様々な駅から電車が発着しています。

👇個人での旅行の際は、各自のプランに合わせてご予約ください!

National Rail 公式予約サイト

 

👇リヴァプールについてはこちら!!

 

 

スポンサーリンク

マンチェスターのまとめ

今回は足を運びませんでしたが、マンチェスターには他にも、
マンチェスターアートギャラリー(マンチェスター市立美術館、Manchester Art Gallery)」などの美術館がたくさんあったり、

チェサムズ図書館(Chetham’s Library)ジョン・ライランズ図書館(The John Rylands Library)と言った非常に貴重な図書館があったりします。

チェサムズ図書館は、イギリス最古の図書館にして数々の歴史的資料や初版本が保管されており、さらにはカール・マルクスとフリードリッヒ・エンゲルスが『共産党宣言』の構想を練り、執筆したとされる図書館で、

ジョン・ライランズ図書館は、その見た目と荘厳な内装から「世界で最も美しい図書館」と謳われるマンチェスター大学の附属図書館です。

チェサムズ図書館訪問時は予約が必要です。

本がある空間が大好きなので、個人的にはこの2つの図書館は非常に気になりますね~!

まさかこれほどの素晴らしい図書館が1カ所のみならず複数あるとは。。
マンチェスターは「図書館の街」でもあるのですね!

やはり訪問前の事前情報収集は大切。

次回の訪問がより楽しみになりました!!

もちろん、今回ご紹介した見どころも忘れてはいけません。

特に2つのフットボールチーム!

次はユナイテッドの試合をオールドトラフォードで観たいなぁ。。!!

皆さんも、歩いているだけでも楽しめる、見どころ満載のマンチェスターの町を訪ねてみてくださいね!