今回はイギリスロンドンにあるベイカーストリート(Baker Street)ハイド・パーク(Hyde Park)のご紹介です!

そしてタイトルにもある通り、ベイカーストリートとハイドパークは「シャーロックホームズ」とは非常に馴染み深い関係にあります。

つまり、ベイカーストリートとハイドパークへの訪問は「シャーロキアン」からすれば聖地巡礼とも言えるでしょう!

ということで、この2つの観光名所とシャーロックホームズについて、さっそくみていきましょう!

 

スポンサーリンク

ベイカーストリート(Baker Street)

まずはベイカーストリートから。

 

シャーロックホームズ(Sherlock Holmes)

「まずはベイカーストリートから。」と言っても、それは「まずはシャーロック・ホームズについてから。」ということになりますよね!笑

ですので、まずはホームズについてざっとご紹介。

 

日本語では「ベイカー街」とも呼ばれるこの通りは、世界的にも有名な推理小説『シャーロック・ホームズシリーズに大変馴染みのある場所。

日本では、マンガとアニメで展開中の『名探偵コナン』でも、ホームズについてコナン(新一)が発言していたり「ベイカー街」が舞台の映画が公開されていますね!

 

『シャーロック・ホームズ』シリーズはアーサー・コナン・ドイルが手がけた推理小説。

第1作は『緋色の研究』ですね!

そこで、以降”名助手”でありほとんどの作品の語り手を担うことになるワトスン(「ワトソン」ではなく「ワトスン」の訳の方多い印象です)と出会い、探偵としての地位を確立していきます。

 

ホームズの特徴といえば、鋭すぎる観察眼と推理力ですね!!

ちょっとした仕草や出で立ちなどの些細な情報から相手がどんな人物かを推理してみせるその姿に憧れた”シャーロキアン”は少なくないはず!

僕もその一人です。笑

 

ちなみに、「シャーロックホームズの熱烈なファン」を「シャーロキアン」と呼びますが、これはアメリカでの呼び方だそう。

イギリスでの呼び方は「ホームジアン」だそうで、本場の呼び方に従うのなら「ホームジアン」が正しいんです!

これは初耳。。笑

 

と、話をホームズに戻します。

人外の思考力を持ち合わせているホームズですが、
ボクシングはプロ級、拳銃の腕前も完璧、さらには「バリツ」という日本式の武術(これは作品固有の設定)も会得しているという完璧っぷり。

確かに、人間性に多少問題はあるかもですし、麻薬中毒みたいな描写もありますが、
最近の作品では「何かしらの欠点を持ち合わせている」みたいな設定が多いですから、一昔前の作品に触れるというのはやはり新鮮な経験になりますね〜

created by Rinker
新潮社
¥497 (2019/10/24 00:48:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

ちなみに多くの方が推しているのは、第1作の『緋色の研究』から読むのではなく最初の短編集『シャーロックホームズの冒険』から読むこと!

まずは短編から「ホームズの世界」に入ることがおすすめだそうですよ!

created by Rinker
新潮社
¥605 (2019/10/24 00:48:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

そんな私立探偵であるシャーロック・ホームズが住んでいたのがここベイカー・ストリートという設定な訳です。

彼の住所は作中で「Baker Street 221B」と書かれているのですが、ホームズの時代(=作中の時代)にその住所は存在しておらず、結局リアル世界でのモデルは不明のままだそう。

ただ、『シャーロックホームズの冒険』に収録されている短編『ボヘミアの醜聞』において、ホームズの下宿先の2階へ昇るための階段が17段であることが記されていることから、
同じく2階への階段が17段のベイカー・ストリート239のビルにシャーロック・ホームズ博物館が建てられました。

そういう意味では”一応”ここが221Bという扱いになるのでしょう。笑
(入り口横の看板に「221B」と書かれています!)

博物館です!

 

地下鉄

加工したやつだけど

「ベイカーストリート=シャーロックホームズ 」というイメージがかなり強いと思いますが、ベイカーストリートにはまだご紹介しなければいけないことがあります!

それが地下鉄について!

現在も使われている地下鉄ベイカー・ストリート駅は、
なんと現存する世界最古の地下鉄駅の1つなのです!

世界で初めて開通した地下鉄路線のうちの1つがこのベイカーストリート駅!

これはびっくり。

現地にいた時は知らなかった情報です。。

事前に調べていくのはやはり重要です。

 

マダム・タッソー蝋人形館

ベイカーストリートの人気観光地としてはマダム・タッソー蝋人形館もあります!

東京にも同じ名前の蝋人形館があり、その本館・本店とも言える場所。

かなりリアルな著名人たちの人形が並んでおり、ロンドンのマダムタッソーは朝から行列ができるそうですよ!

今回はシャーロックホームズについてを中心に書いていますし、僕自身が訪問していませんので多くは語らずこのご紹介だけにいたします。

引用先:VELTRA ロンドン 現地オプショナルツアー

Madame Tussaud’s London

 

実際に行ってきた写真

では、実際に行ってきて見た写真をご紹介していきます!

 

まずは駅から。

ベイカーストリート駅(Baker Street station)は5つもの線が通るロンドンでも大きな駅の1つです。

ベイカールー線(Bakeloo Line)、ジュビリー線(Jubilee Line)、サークル線(Circle Line)、ハマースミス&シティー線(Hammersmith & City Line)、メトロポリタン線(Metropolitan Line)
の5つです。

 

地下鉄の表示が後ろのレンガと合間っておしゃれですよね!

こちらはホームズの顔。

このホームズ、これと同じ形の小さなホームズたちが集まって書かれたモザイク画なんです!

ちなみにこのこと、現地では気づかず調べて知りました。笑

しかもジュビリー線(Jubilee Line)のホームには、シャーロックホームズのストーリーの挿絵がタイルに描かれているそうですよ!

 

外に出るとホームズの銅像がお出迎え!

この銅像側の出口から右へ進んでもう一度右へ曲がるとベイカーストリート(Baker Street)とシャーロックホームズ博物館、左にまっすぐ進むとマダムタッソーがあります。

今回は博物館の方へ行きます。

あえて曲がらず渡ってみる。
こっちへそのまま進むとハイドパークへ向かいます。
奥に見える緑の丸屋根がマダム・タッソーです!
“Baker Street”の文字!テンション上がる!
Baker Street!
路地を見るとおしゃれなマンション(?)も!
ホテル、ホームズにあやかってますね〜
ロンドンと東京のコラボレーション?!何屋さんなんだろうか
博物館です!
左の警部さんの上、よく見ると”221B”とあります!

  

  

ハイドパーク(Hyde Park)へ!

ではでは、ハイドパークへ移動します!

地図を見てもらうとわかるのですが、ベイカーストリートの南北にはそれぞれ大きな公園があります。

北の方が「リージェンツパーク(The Regent’s Park)」、南が「ハイドパーク(Hyde Park)」ですので、徒歩で移動する場合はお気をつけくださいね!

 

では、移動の様子を写真でご紹介していきます!

川、なのかわかりませんが、小さな運河のようなものがあり、そこに舟が!
中で泊まれそうなのがまたいいですね〜

 

こちらは工場ですが、なんとなく雰囲気が好きだったのでパシャリ。

だんだんと暗くなってきてしまっています!

スリラーパーク、的な?笑
これはまた、なんとも雰囲気のあるマンションです!!
教会です!
近くから

 

ハイドパークの目の前に来ました!

すると伝統の赤い電話ボックス!!

けど、一箇所にこんないるかい?笑

 

 

ハイドパーク(Hyde Park)

ではではハイドパークについてご紹介します!

ハイドパークはロンドンにおける公園のNo.1地名度を誇ると言ってもよい公園で、ロンドンに8つ存在する王立公園の1つでもあります。

ちなみに他の王立公園は、
バッキンガム宮殿の東側に位置する「セント・ジェームズ・パーク(St James’s Park)
バッキンガム宮殿の北側に位置する「グリーンパーク(The Green Park)
ハイドパークの西側の「ケンジントン・ガーデンズ(Kensington Gardens)
ベイカーストリート北の「リージェンツ・パーク(The Regent’s Park)
グリニッジ天文台がある「グリニッジ・パーク(Greenwich Park)
王立公園最大の広さをもつ「リッチモンド・パーク(Richmond Park)
そして、ロンドン郊外の「ブッシー・パーク(Bushy Park)
です。

敷地内で最も古いとされるのが「イーバリー卿」の荘園跡であり、この荘園の面積が1ハイドであることから「ハイドパーク」という名前になったそうですよ!

同じ王立公園であるケンジントン・ガーデンズとはサーペンタイン・レイク(The Serpentine)を挟んで隣り合っており、ハイドパークとともに春から夏にかけては花々が咲き誇り、サーペンタイン・レイクをボートに乗って移動できるそうです!

その緑の多さから「ロンドンの緑の肺」とも呼ばれており、レンタサイクルや乗馬体験ができたり野外フェスが開かれたり、あるいはテニスやサッカー(イギリスでは「フットボール」ですね!)ができたりと、
ロンドンっ子の憩いの場として大変人気です!

一方冬場はクリスマスマーケットが開かれ、ヨーロッパの多くの公園同様、観覧車や遊園地が設置されています!

 

歴史的には、1851年の世界初の万博博覧会であるロンドン万博の会場となったのがここハイドパーク。
水晶宮(Crystal Palace)は有名ですよね!

観光的な見所は、公園の正門にあたる「グランド・エントランス」とサーペインタイン・レイクの南にある「ダイアナ妃記念噴水」ではありますが、ここを見に行くというよりは公園全体をぐるっと楽しむ方がハイドパークの良さを味わえそうな気がします!

 

物語の世界にも多く登場し、シャーロックホームズシリーズで登場するほか、ロバート・ルイス・スティーヴンソン『ジキル博士とハイド氏』では、ハイドが亡くなった場所となっています。

ちなみに、『ジキル博士とハイド氏』は「自分の悪性を切り離そうとしたジキル博士が、その悪性の具現であるハイドの行動によって精神を壊されていく」というお話。

二重人格の物語で有名で、僕も読んだことがあるのですが、ただの二重人格物語なんかじゃなく、「人の悪」みたいなものに注目したとても深い物語でした。

本をお探しの方もそう出ない方へもおすすめですよ^ ^

created by Rinker
KADOKAWA
¥440 (2019/10/24 00:48:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

ハイドパークの実際の様子

ハイドパークについても、実際に行った写真をご紹介します!

、、と、書きたかったのですが、なんと写真を見ながら自分が辿った道をGoogle Mapで確認したところ、なんとお隣のケンジントン・ガーデンズを歩いていました!!笑

ですので、「ケンジントン・ガーデンズの実際の様子」ということでお願いいたします、、笑

ただ、今回の留学の際に訪問したのは初日の夜にちょちょっと寄っただけであまり良い写真が取れていません。

十分に魅力をお伝えしかねると思いますのでご了承ください。。!

 

おそらく僕が公園に入ったのはランカスターゲート駅(Lancaster Gate)近くから。

ここには「イタリアン・ウォーター・ガーデンズ(Italian Gardens)」と呼ばれる小さな庭園があり、春から秋にかけてはベンチでゆっくりしたり噴水を見てまわったりと、人気の憩いの場みたいです!

あいにく2月の18時すぎでは人気はほとんどありませんでしたが。。 

Buckhill Lodge。
1852年に建てられたバロック様式の別荘。
実際に住めるそうで、明かりがついているということは人がいるのかな、、?
公園の敷地内に住むなんて、オシャレすぎる!!
庭園は、噴水が真ん中にある4つの小さな池が2×2の形で配置されており、その中心にも噴水があるという配置。
ベンチが置かれた建物。
明るい時間や暖かい季節なら、ここで読書なんていうのも”乙”ですね!
エドワード・ジェンナー(Edward Jenner)の銅像。
ジェンナーさんは、天然痘の予防において、それまでの人痘接種よりも安全性の高い種痘法を発明した「近代免疫学の父」と呼ばれるイギリス人医師だそうです。
なぜかブレブレ
オシャレだな〜と思って撮ったやつ!
この川のような運河のようなものが「サーペンタイン・レイク」です!

 

ケンジントン・ガーデンズは、実は「ピーターパン」発祥の地なんです!

ここケンジントン・ガーデンズで乳母車から落ち迷子になったピーターのネバーランドでの冒険の物語。

幼稚園で劇を演じたのを急に思い出しました。笑

ディズニー版や、ジョニー・デップが主演を演じた『ネバーランド』や少し前に公開された『PAN』などの映画が有名ですが、原作の小説も現在に到るまで根強い人気を保っているそうですね!

読んでみようかな〜

ピーターパンの銅像。
この銅像から湖に沿ってまっすぐ行くと「ダイアナ妃記念噴水」があります。
公園はこんな雰囲気
「サーペンタイン・レイク」です!
鴨!
白鳥!
かなり立派な白鳥の銅像です!
カフェやレストランが入っているところです!
葉が全く付いていない、、!
なんとなく、「イギリスっぽいな〜」と感じた木
こういう電灯、ヨーロッパっぽくないですか?

 

最後はちょっとおしゃれに。。笑

 

公園を出たところに二階建てバス!「赤バス」はロンドン名物の1つですね!

 

今回はそもそも「ケンジントン・ガーデンズ」をまわっていましたし、
どちらにしても魅力を堪能できなかったので、次は憧れのロンドンっ子になりきってゆっくりと公園を満喫したいものです〜〜

ちなみに晴れてるとこんな感じみたい!

  

 

スポンサーリンク

ベイカーストリート周辺のまとめ

今回はホームズに馴染みがある場所ということで、ベイカーストリートとハイドパークをご紹介してきました!

ベイカーストリートはダイレクトにホームズゆかりの地ですが、ハイドパークの方は思ったより関連がなく、
そのぶん他の作品との関連が多いことがわかったのが発見でした!

『ピーターパン』や『ジキル博士とハイド氏』といった世界的に有名な作品に関わっているというのは意外です。

 

今回の訪問はほとんど計画を立てないで行ったものでした。

今までは事前に準備して万全の状態で観光するのが好ましいと考えていましたが、
今回まとめてみて、こうして足を運んだのちにわかることが多くあるとまた行きたくなるものですね!

この訪問は冬だったので、次は暖かい季節に行きたいものです^ ^

 

[ 番外編 ] リージェントパーク(The Regent’s Park)

番外編として、別日に行ったリージェントパーク(The Regent’s Park)をご紹介します!

英語の発音のまま「リージェンパーク」とも書かれるこの公園は上述の通り、ベイカーストリート駅の北に位置します。

ベイカーストリートとハイドパーク (ケンジントン・ガーデンズ)を訪問したのが2月末の曇り空の夜なのに対し、
リージェントパークは3月末の暖かな晴天の日だったこともあり、本編の写真たちとは随分印象が違います!笑

「ホームズゆかりの地」ということで番外編にしていますが、写真の見栄え的にはこの記事の中で一番の見所ですよ!笑笑

 

リージェントパークの紹介

まずはざっくりとリージェントパークをご紹介します!

リージェントパーク (The Regent’s Park) は、ロンドン北部にある王立公園 (Royal Park)で、総面積は約500エーカー(約2.0㎢)を誇ります。

公園の北東側には世界で最初の科学動物園であるロンドン動物園がおかれ、さらにその北側にはリージェンツ運河と呼ばれる運河が通っています。

ロンドン動物園には『ハリーポッターと賢者の石』の冒頭、ハリーがヘビと会話をするシーンで使われた爬虫類館がありますね!

リージェンツ運河はバーミンガムからロンドンのテムズ川までを繋ぐグランウンド・ユニオン運河の一部で、現在でも水上バスが運行されており、観光客に人気なほか、市民の交通手段の1つとなっています。

そしてリージェントパーク最大の見所が、30,000本以上のバラが咲き誇るクイーン・メアリーズ・ローズ・ガーデン(Queen Mary’s Rose Gardens)

例年6月中旬に見頃を迎える彩り豊かなバラを一目見ようと、毎年多くの人が訪れるロンドン屈指の名所です。

他にも、イギリス式庭園やイタリア式庭園といった様々な種類の庭園や夏にはボート遊びもできる湖、さらには、シェイクスピアの演劇などが上演されるオープン・エア・シアター(野外劇場)もあり、ふらっと立ち寄るだけでも楽しめますね!

もちろん、ロンドンの陽射しのもとくつろぎに来るのも問題なし!敷地の大部分が芝生に覆われているので、ピクニック感覚でのんびりしたいものですね!

 

公園の様子

では写真のご紹介です!

僕たちは”ふらっと”立ち寄ったタイプでしたが、快晴となったロンドンの空のもと、本当にゆったり歩きながら楽しむことができました!

僕が留学最終週ということでスペイン人の友達が「いいところに連れていってやるよ!」みたいなノリで連れてきてくれたのですが、彼には感謝したいものです^ ^

 

公園に到着!
本当にいい天気〜〜
アルビノかな?
こちらはつがいでしょか?
運河を渡って反対側へ。
大きな鳥が!
なんていう鳥なんだろう。。
とりあえず進みます。
このあたりは芝生でピクニックをしたりフリスビーで遊んだりしている人も!
座ってゆっく〜り、なんて人も多かったですね!
体は黒くて頭は白い。これも初めて見るような鳥だったなぁ。
ハトに紛れるカモ。笑
かなりたくさんいましたよ!
運河の折り返し地点!
何かの冬芽みたいですね。
うまく撮れない。。
うまく撮れないっ。。。!!
こういうのも一眼の方がよさそうですね〜
鳥の巣です!
水鳥の巣って水の上にあるんですね〜
カモにパンを与える。
小さくしてあげればいいのか。。笑
さっきの白黒かな?
足がなんかすごいな!
凛々しい。。
そろそろ一周かな!
舟だ!
春先でも使えるみたいですね!
勝手にGirls !
おぉ!これは、ハトの魔術師と呼ぼう。。!
橋から運河!
本当にいいところだったぁ〜〜!!