今回は、以前東京で時間ができた際に訪れた皇居をご紹介します!

日本ならではの、そして日本の伝統・歴史を具現化したような地をご紹介できるのはとても嬉しく思います。

ということで、早速皇居について、書いていきますよ!

 

スポンサーリンク

皇居について

まずは、そもそも皇居とはどんなところなのかというお話から。 

現在「皇居」というと、第二次世界大戦後に「宮城」という名称が廃止された東京の江戸城跡一帯を指します。

英語表記は “The Imperial Palace“。

敷地内には、天皇の住居である「御所」、各種公的行事や政務の場である「宮殿」、宮内庁庁舎などがありますが、
これらは江戸時代までは京都にあり現在の東京の皇居は「御所」、「内裏(だいり)」、「禁裏(きんり)」などと呼ばれる「里内裏(さとだいり)」でした。

里内裏」というのは、もともとは「平安京の内裏以外の天皇の在所」、すなわち「天皇の別宅」のことでしたが、
院政期以降は「本来の天皇の皇居」と同等の扱われ方をされています。

まあ要するに、「皇居」ですね!笑

 

ともあれ、日本の長い歴史の間、「正式な皇居」として扱われてきたのは「京都の皇居」でした。

しかし、明治維新の際の東京行幸によって留守となり、以降現在に到るまで京都の皇居は「京都御所」と称されています。

京都御所の英名は “Kyoto Imperial Palace” と、当然東京の皇居とは区別されています。

  

ちなみに、
皇居の宮内庁管理部分の住居表示は
「郵便番号100-0001」「東京都千代田区千代田1番1号」であり、居住していなくても登録できる本籍として人気が高いそうですよ!笑

確かに0と1しか並ばない本籍、かっこいいですね!

僕は書類を提出するときとかこっちが意識してしまって変な汗をかいてしまいそうですが 。。笑笑

  

 

皇居の様子

では、僕が実際に足を運んで見てきた皇居のご紹介をしていきます!

ちなみに今回は「観光目的」ではなく、「空いた時間に行ってみよう!」と訪問したので、完璧にまわれていません。
(かなり不遜ですね!申し訳ない。。)

ですのでほんの一部のご紹介となっていること、はじめに述べておきます。

 

ということで、気を取り直して早速入っていきましょう!

 

平川門

僕は東京メトロ東西線の竹橋駅からすぐの「平川門」から入りました。

皇居の北に位置する門で、どうやらこれは裏門にあたるようですね!笑

正面から入りたいという方、宮内庁庁舎や現在の皇居が建つ「吹上御所」、あるいは「吹上御苑」へ行きたいという方は大手町駅で降りることをおすすめします!

いざ、皇居へ。
お堀をまたぐ橋ですね!
平川門
こちらが「平川門」
この松(?)の雰囲気がいかにも「日本っ!」って感じで大好きです!
これは松であってるのかな?
「和」を感じられるところですね

 

梅林坂

続いて見えてくるのは「梅林坂」!

本丸と二の丸をつなぐ坂道で、梅の木々が植えられていたことから名付けられました。

ここには紅梅と白梅あわせて約50本が植えられており、これらは昭和42年(1967年)に植えられたものだそうですよ!

梅林坂。梅が綺麗でしたよ!
1月の中頃でしたが、すでに白い梅の花が咲いていていました!
桃色の梅の花もちらほらと咲いており、とても綺麗な光景でした

 

汐見坂

お次は「汐見坂」!

かつてはなんと、ここから海がみえていたそうです!

「汐見」というのはここからきた名前だそう。

ここを登らずにお堀の方へ進むと、江戸幕府三代目将軍徳川家光が命じて造らせた庭園を復元した「二の丸庭園」があります。

今回はそちらはスルーし、そのまま登ります。笑

汐見坂、のはず!笑

 

皇居東御苑

汐見坂を登りきると視界が一気に広がります!

ここが「皇居東御苑」!!

ピクニックなんてしたら最高でしょうね〜〜!

皇居東御苑。ピクニックなんてしたら最高でしょうね!

奥へ進んでいくと、江戸城天守閣があった「天守台」があります。

そこからの眺めは本当に気持ちよかったな〜〜

江戸城天守閣があった「天守台」からの眺め。気持ちよかったな〜〜

 

ぐるっと回ったところで
「そろそろ帰ってこーい」
と友達からのLINEが。。

ということで来た道を戻ります!

お堀の壁も立派なものです。
汐見坂から見たお堀
お堀とビル群。このアンバランス感がむしろいいんですよね〜!
お堀とビル群がなんともアンマッチですが、それはそれで良いですね〜

 

 

スポンサーリンク

皇居のまとめ

そんなわけで、足早でしたが皇居について書いてきました!

そういえばですが、日本のお城は「お堀」なのに対しヨーロッパのお城は「城壁」ですよね!

皇居やお城から各国の文化の違いを見てみるのも面白そうですね!

 

「お堀」と「城壁」も、なんだか人間性の違いが感じられるというか、、

「お堀」のほうが、防衛機構を有していながら「拒絶感」というものを感じさせない気がします。

ちょっと曖昧ですが、、笑

ですが、
襖や障子などの日本の和室は、そうした「完璧には仕切らない」という感性からできたという話を聞いたことがあります。

 

今まで、海外に出ることで日本の良さを再確認してきましたが、もっと簡単に単純に、直接日本の歴史に触れるというのもいいなぁと、今回の皇居訪問で感じることができました!

日本のことも、実際に足で歩いてもっと知っていきたいものです。

 

ということで、皇居についてはここまで!

お堀に沿って歩道になっているということで、皇居をぐるっとジョギングやランニングしていたり、ちょっとした息抜きで皇居に足を運べる人たちがちょっと羨ましく感じました!笑

皆さんも皇居に足を運んでみてくださいね〜