みなさんこんにちは!旅狼かいとです。

屋久島ひとり旅を終え、今日から向かうのは日本三名泉の一つ「下呂温泉になります!

もちろん、ただ温泉へいくだけでは味気ないので、

途中、岐阜観光も挟みましたよ!

今日は、

岐阜城“あじさいの”三光寺モネの池“こと名もなき池

の3カ所を経て、下呂温泉へ行きました!

そんな様子をお届けしていきます!

屋久島ひとり旅最終日の様子はコチラ!

  

スポンサーリンク

岐阜城と金華山ロープウェイ

今日からは名古屋にいる弟との旅となり、移動は車です。

昨日の疲れもあってか(、そして夜更かしPS4の影響か笑)、

朝はとてもゆっくりしたスタート。笑

名古屋から下呂温泉へ向かう道すがら寄れるところに寄ろうということで、

最初に向かったのは岐阜城です!

岐阜城_金華山ロープウェイ

「とりあえず岐阜城あるから行こうぜ」

みたいなノリで来たので、正直事前知識はゼロに近かったのですが、、

岐阜城は「織田信長」と非常に関わりが深いお城なのですね!

岐阜城は金華山の山頂に立っているため、

城へ登るには登山を頑張るロープウェイに乗る必要があります。

今回はもちろん、、

ロープウェイを選択。

岐阜城_金華山ロープウェイ
屋久島で散々歩きましたし、もう完全にリラックスモードなので。笑

ロープウェイというのもかなり久々で、

記憶が正しければ数年前のスペイン・モンセラットまで遡るかも。。
(このときも弟と一緒でした。笑)

もう随分と旅をしていなかったなぁ、、と思いながら、ロープウェイは登っていきます。

ロープウェイ内ではガイドさんの金華山、そして岐阜城の解説を聞くことができるので、

ここで事前知識をつけてお城へ向かうことができました!

ロープウェイから降りると、「展望台」の文字が。

ちょうど天気が明るくなったタイミングだったで、先に展望台へ向かいました。

岐阜城_金華山ロープウェイ_展望台からの風景
これでも天気はかな〜り粘ってくれていたと思います…!
岐阜城_金華山ロープウェイ_展望台からの風景
岐阜市内を一望。なんだかとても居心地良く感じました。。

そして、お城へ。

岐阜城_ビュースポット
多分ビュースポットにしているのだと思うが。。電線。笑

思ったよりも小ぶりな岐阜城。

実はこの天守は実物の城ではなく、コンクリートによって再現された模造天守なのだそう。(知らんかった。笑)

岐阜城_下から見る

城内には城の歴史や織田信長についての展示が並んでいますよ!

岐阜城と織田信長
岐阜城_天守の部屋
龍があしらわれた天井。華美ですね〜!

天守閣からは展望台以上に高いところからの風景を一望することができます!

岐阜城_天守閣からの風景
岐阜城_天守閣からの風景
展望台ではみることができなかった360度すべての風景を楽しむことができますよ!

もともと「稲葉山城」という名前だった城を戦国武将の斎藤道三が整備し、「井口」と名付けたこの場所。

織田信長が斎藤龍興(たつおき)から井口を奪取した際に、「岐阜」という名前に改名したものが、今日にまで残っているという歴史なのだそうですよ!

ポルトガル人宣教師「ルイス・フロイス」が訪れたことでも知られており、

信長は戦時にもこの岐阜城を重要視していたと考えられています。

お土産たち。

信長ファン・戦国時代好きな人は、この岐阜城かなり楽しめるのではないかと思います!

   

岐阜城・金華山の観光案内

営業時間

3/16~10/16

ロープウェイ:9:00~18:00

岐阜城:9:30~17:30

※4/4のみ1時間の短縮営業

10/17~3/15

ロープウェイ:9:00~17:00

岐阜城:9:30~16:30

※元旦(1/1)のみ、ロープウェイ:5:00~17:00、岐阜城:6:30~16:30

各季節、期間限定でナイター営業も実施中。

詳しくはコチラの公式サイトから。

料金

金華山ロープウェイ

大人(中学生・12歳以上):往復1100円、片道630円

小人(11歳〜4歳):往復550円、片道300円

大人一人につき4歳未満一人無料

岐阜城入城料

大人(16歳以上):200円

小人(4歳以上、16歳未満):100円

  

“あじさいの山寺”こと三光寺

岐阜城をあとにして次に向かったのが、

“あじさいの山寺”こと三光寺です!

全国的にはそこまで有名ではないかもしれませんが、

梅雨の時期の観光であれば、そして岐阜観光であれば屈指の名所として知られています。

その名の通り、境内に咲き誇るあじさいが見どころの三光寺。

毎年6月中旬ごろに満開ということで、ギリギリ見頃といえる時期に足を運ぶことができました!

あじさいの山寺_三光寺_紫陽花
こういうところがカメラの出番!
あじさいの山寺_三光寺_紫陽花
ぼかす方を変えるだけで印象も変わってきます。

またこの三光寺、近年注目されているのが「マネの池」と呼ばれるコイが泳ぐ池。

三光寺_マネの池の鯉たち

このあと向かったモネの池」こと「名もなき池に引っ張られたブームな気もしますが、、

コイたちが泳ぐ姿とその写真が癒しになると話題となっていますよ!

三光寺_マネの池の鯉たち
鯉は欧米人・オーストラリア人に近年人気だそうですからね!

ちなみに、三光寺の池は100円でエサを買えば餌やりOK。

この後のモネの池は水質維持のために餌やりはNGなので、また違った楽しみ方ができますよ!

三光寺_マネの池の鯉たち
必死になっているのを嗤う。人間の心って。。
三光寺_マネの池のコイたち
こちらを向いている頭に赤い丸があるコイ、この頭の模様が角度によっては「ハート」に見えると言われているコイのはずです!
三光寺_マネの池のコイたち
模様がさまざまで綺麗なんですが、、
三光寺_マネの池のコイたち
この野性味はどうしても笑ってしまう。笑
三光寺_マネの池のコイたち
三光寺_マネの池の紫陽花
池と紫陽花
三光寺_満開のアジサイ
「紫陽花」って漢字、すごく好きなんですよね〜
三光寺_満開のアジサイ
この時期ならではの風景、存分に楽しむことができました!

  

「モネの池」こと「名もなき池」

下呂温泉前最後に向かったのが、

モネの池、あるいは名もなき池と呼ばれるコイたちの池です!

数年前にSNSでバスったことをきっかけに一気に岐阜県随一の見どころとなった場所。

まさにインターネット時代ならではともいえる観光名所です。

実際に行ってみると、、こんな感じ。

モネの池_名もなき池_岐阜観光
ただの池のようですが、、
モネの池_名もなき池_岐阜観光
うまく撮るとこんなかんじに撮れる!
モネの池_名もなき池_岐阜観光
あとはスマホの力と編集の力ですね。笑

とはいっても、、

確かに水の透明度は凄まじいので、晴れていればもっと綺麗な池と鯉たちをみることができるはずです!!

モネの池_名もなき池_岐阜観光
モネの池_名もなき池_岐阜観光

三光寺を観光するなら梅雨時期だけど、

風景を楽しみたいなら晴れていないといけないというこのバランスの難しさ。笑

なかなか運も必要な岐阜旅行です。

モネの池_名もなき池_岐阜観光

ちなみに、モネの池は神社に併設する池となっています。

境内にまで来たのですから、お参りも忘れずに!

モネの池_名もなき池の神社_岐阜観光
モネの池_名もなき池の神社_岐阜観光
目が硬貨になっている。笑
モネの池_名もなき池の神社_岐阜観光
境内はとてもこぢんまりとしています
モネの池_名もなき池と神社_岐阜の風景
おじゃましました!
モネの池_名もなき池と山_岐阜の風景
ちなみに、、
モネの池の駐車場近くの風景。岐阜の山間の風景ですね!

  

下呂温泉到着!

モネの池から車で約2時間、、

やっとこさ今回の目的地、下呂温泉に到着しました!

下呂温泉の風景_温泉街と飛騨川
鉄橋と飛騨川の風景。
下呂温泉の風景_温泉街と飛騨川
これこそまさに、下呂温泉の風景です!

予定では17時ごろに着きたかったのですが、気づいたら19時。

まぁ、旅とはこんなものです。笑

下呂温泉_山形屋のお部屋
今回お世話になるのは「山形屋」さん。やっと羽を伸ばせます〜
黄昏時の下呂温泉の風景_湯煙温泉街と飛騨川
部屋からの風景!
黄昏時の下呂温泉の風景_湯煙温泉街と飛騨川
湯煙がとてもいい雰囲気!

さっそく温泉、、といきたいところではあるのですが、

まずは夜の温泉街の散策と夜ご飯を食べにいきます!

下呂温泉_山形屋のロビー
ロビーも素敵。旅館とかホテルはロビーの質でだいたいどの程度かわかる。
下呂温泉_山形屋
下呂温泉_カエルタイル
ゲロゲロ

食事は「せん田゛」さんでいただきました。

下呂温泉グルメ_せん田

下呂温泉街ではかなりの名店で知られています。

名物は「飛騨牛まぶし丼」!

下呂温泉グルメ_せん田_飛騨牛まぶし丼
これ、本当に絶品でしたよ!!
下呂温泉グルメ_せん田_馬瀬川でとれたどじょうの唐揚げ
馬瀬川でとれたどじょうの唐揚げ。馬瀬川は”鮎釣りのメッカ”として知られるほどの水質を誇る川です!

散策は夜の温泉街をぐるっと歩いてまわりました。

下呂温泉_夜の温泉街
時期の影響か天気の影響か、人はほとんどおらず。絶好のフォトタイムでした!
下呂温泉_夜の温泉街_チャップリン像
なぜか下呂温泉に喜劇王チャップリンの像。たんに「映画の話をしながら楽しく温泉街を巡ってほしい」という想いからつくられたそう。
下呂温泉_温泉街観光_いで湯大橋(下呂大橋)
いで湯大橋(下呂大橋)を渡っていきます!
下呂温泉_夜の温泉街_噴泉池
橋を渡って川沿いに降りると、源泉に入ることができる「噴泉池」があります!
露天風呂の究極形態みたいな場所になっており(笑)、水着着用で入浴することが可能です!確かに夜がチャンスですが、着替える場所などはないので注意。
下呂温泉_夜の温泉街と雨の風景
橋と温泉街
下呂温泉_夜の温泉街と雨の風景
雨によってボヤッとしているのが、逆に夜はいい雰囲気に。
下呂温泉_温泉街観光_いで湯大橋(下呂大橋)
再び橋を渡って戻ります。
下呂温泉_夜の温泉街と雨の風景
本日はこれにて見納め!

これでやっとこさ、旅館の温泉でゆっくりと休みました。

下呂温泉のお湯質なのか山形屋のお湯質なのなのか、

湯温は高め、なんとなくぬるっとした泉質だった気がします。

硫黄の匂いが強かった草津温泉とは全然違いましたね!

温泉街の雰囲気は「温泉がある町」という印象で、

こちらも「秘境の温泉街」というイメージだった草津温泉とは全然違った雰囲気でした。

同じ日本三名泉でもかなり印象が違うものなのだと、おもしろかったです。

草津温泉への旅行の様子はコチラ!

  

スポンサーリンク

下呂温泉・岐阜観光 1日目

ということで、今日は下呂温泉・岐阜観光の1日目の旅日記でした!

今日はこのままのんび〜り日本酒とおつまみを食べながらダラダラとしたいと思います。笑

温泉街に何泊かする湯治もいつかやってみたいなぁ〜、と本当に思います。。

ちなみに今回泊まっている山形屋さん、すごくいい雰囲気ですよ!

普通の温泉宿っちゃ温泉宿ではあるのですが、

部屋から飛騨川と温泉街を一望できる部屋はとても趣深く、

温泉のところにあるアイスバーも嬉しいポイントでした。笑

ホント、ここでもう何泊かしたいなぁ。。

   

👆翌日2日目の旅日記はコチラ!
今日の移動記録