今回ご紹介するのは、花の御寺”こと「長谷寺(はせでら)」になります。

奈良県桜井市初瀬に位置するこのお寺は、その字名の通り四季折々の花々を愛でることができるのが大きな魅力の一つです。

特に、春の時期に最大の見頃を迎える牡丹の名所として古くから親しまれており、この牡丹に加えて長谷寺が建つ初瀬山は、『万葉集』で多くの詩に詠まれ、『源氏物語』や『枕草子』にも登場するなど、古くから信仰を集めていました。

さらには「美」のご利益があるとも言われており、多くの意味でまさに”美しい”寺院なのです!

そんな長谷寺へ紅葉の時期に訪問してきましたので、その様子も含めてこの記事をお届けしていきます!

 

スポンサーリンク

長谷寺の歴史

長谷寺は初瀬山の中腹に本堂が建つ真言宗豊山派(ぶざんは)の総本山の寺院で、山号を豊山、院号を神楽院と称し、全国に約240ほどある他の「長谷寺」と区別するために「大和国長谷寺」や「総本山長谷寺」と呼ばれることもあります。

また、西国三十三所観音霊場の第八番札所となっており、日本でも有数の観音霊場として知られています。

長谷寺は奈良時代に創建されたとされていますが、その詳細は今日でも不明です。

お寺に残る伝承によると、天武天皇の時代の朱鳥元年(686年)、僧侶道明が初瀬山の西の丘(現在本長谷寺が建つ場所)に三重塔を建て、約40年後の神亀4年(727年)に、僧侶徳道が東の丘(現在本堂が建つ場所)に本尊十一面観音像を祀って開山したとされています。

9世紀中頃には、朝廷からの監督を受けるかわりに経済的援助などの保護を受ける官寺(かんじ)に認定され、三綱(さんごう)が置かれていたと考えられています。

(三綱 :仏教寺院において寺院を管理・運営し、僧や尼たちを総括する「上座(じょうざ)」「寺主(じしゅ)」「都維那(ついな・維那とも)」の3つ僧職の総称で、所司(しょし)とも呼ばれます。)

実際、10世紀以降の長谷寺の再建は朝廷が関わる国家事業的な位置付けにされたという記録もあるほか、平安時代中期以降は観音霊場として貴族からの人気を集め、平安摂関政治の代表的存在とも言われる藤原道長も長谷寺を参詣した歴史があります

また、長谷寺はもともと東大寺の末寺でしたが、平安時代中頃に興福寺の末寺となり、16世紀以降に、覚鑁(かくばん・興教大師とも)によって興され頼瑜(らいゆ)によって大成された新義真言宗の流れをくむ寺院となりました。

その後、豊臣秀吉によって新義真言宗総本山の根来寺(ねごろじ)を追われた僧侶たちが長谷寺に入山し、専誉(せんよ)によって現在の真言宗豊山派が開かれました。

 

 

“花の御寺”長谷寺の伝説とご利益

長谷寺最大の見どころといえば、一年を通じてさまざまな花が咲き誇る境内でしょう!

その様子から花の御寺(はなのみてら)とも呼ばれる長谷寺は、『源氏物語』や『枕草子』、『更級日記』といった数々の古典文学にも登場し、中でも『源氏物語』第二十二帖『玉鬘(たまかずら)』のエピソードに登場する「二本の杉(ふたもとのすぎ)」は、現在も境内に残っているほど。

春は牡丹や桜、夏は紫陽花や蓮、秋は紅葉や金木犀、冬は寒牡丹や山茶花など、ここではあげきれないほどの花々に飾られます。

中でも春に見頃を迎える牡丹が、長谷寺の、そして長谷寺が立つ初瀬山の代表的な花となります。

例年4月中旬~5月上旬に見頃を迎え、境内には150種・7,000株もの牡丹が咲き誇るのですよ!

ではここで、なぜ長谷寺が牡丹の名所となっているのかをお話ししましょう。

日本が陽成(ようぜい)天皇の時代、唐は僖宗(きそう)という皇帝が国を治めていました。

僖宗皇帝には多くの后がおり、その中の第四皇后に馬頭夫人(めずぶにん)という、とにかく顔が馬に似ている女性がいました。(名前の通りやないかい。)

正直なところ容姿では他の后に劣っていた馬頭夫人ですが、情が深く非常に奥ゆかしい様子であったことから、皇帝は他の后に心を移すことがないほどに馬頭夫人を寵愛します。

当然、他の后たちはこの状況が面白くない。

そんなわけで、彼女たちはなんとかして皇帝の前で馬頭夫人に恥をかかせ二人の仲を裂いてやろうと一致団結。(女性は怖いなぁ。。)

他の后たちは、花が盛りを迎える明るい日中に宴を催し、馬頭夫人の顔を皇帝によく見せてやろうと画策します。

宴の知らせを聞いた馬頭夫人は焦ります。

というのも、花が盛りを迎えるまでは十五日しかなく、その間になんとかして皇帝に自分の顔の不十分なところを見せることなく宴を終える方法を探さなくてはならなかったのですから。

馬頭夫人はまず、医師に相談します。

しかし医師は、生まれつきの容貌を薬で治療することはできないと伝え、代わりに「素神(そしん)」という仙人がその願いを叶えてくれるだろうと言いました。

そこで、馬頭夫人は密かに素神を召し、自らの願いを伝えます。

すると素神は、そのような願いは仙術の及ぶところではなく神仏に祈るべきものであると答え、自分が知っている中でとりわけ威厳に満ちて優れた仏として、日本の長谷寺の観音さまを紹介しました。

仙人素神の言を信じるしかない馬頭夫人は、長谷寺の観音さまに七日七晩祈願しました。

すると、、なんということでしょう。

観音さまの霊験によって、馬頭夫人は絶世の美女へと大変身を遂げたのです。

結局、花が盛る中行われた宴では馬頭夫人の美貌を皇帝に見せることとなり、馬頭夫人は変わらず僖宗王の寵愛を受け続けることとなったのでした。

そして、馬頭夫人は自らを美貌へと変えてくれた長谷寺へ数々のお礼の品を送り、その中に牡丹の苗木が含まれていたことから、境内にたくさんの牡丹が植えられるようになったとされているのです。

と、こんな伝説が長谷寺の牡丹の所以となっているのです。
(ちなみに、最後の宴の部分は調べても全然記述がなかったため、ハッピーエンドにしようと僕が勝手に付け足した部分です。笑)

この伝説から、長谷寺には「美」のご利益がある他、上述の『源氏物語』の『玉鬘』や『蜻蛉日記』のエピソードから「縁結び」のご利益もあるとされています。

もちろん、本尊の十一面観音のご利益である、10種類の現世での利益(十種勝利)と4種類の来世での果報(四種功徳)も得ることができますよ!

ウィキ先生によると、、

十種勝利は
・離諸疾病(病気にかからない)
・一切如來攝受(一切の如来に受け入れられる)
・任運獲得金銀財寶諸穀麥等(金銀財宝や食物などに不自由しない)
・一切怨敵不能沮壞(一切の怨敵から害を受けない)
・國王王子在於王宮先言慰問(国王や王子が王宮で慰労してくれる)
・不被毒藥蠱毒。寒熱等病皆不著身(毒薬や虫の毒に当たらず、悪寒や発熱等の病状がひどく出ない。)
・一切刀杖所不能害(一切の凶器によって害を受けない)
・水不能溺(溺死しない)
・火不能燒(焼死しない)
・不非命中夭(不慮の事故で死なない)

四種功德は
・臨命終時得見如來(臨終の際に如来とまみえる)
・不生於惡趣(悪趣、すなわち地獄・餓鬼・畜生に生まれ変わらない)
・不非命終(早死にしない)
・從此世界得生極樂國土(今生のあとに極楽浄土に生まれ変わる)

だそうです。

 

 

長谷寺の様子!!

ではでは、実際に長谷寺へ行ってきた際の様子をご紹介していきましょう!

奈良の長谷寺へは近鉄長谷寺駅から徒歩15分ほどのところに位置します。

駅とお寺の間の道には料亭やお土産屋、そして和菓子屋さんが並んでいるので、この道から楽しむことができますよ!

いざ、入山です!
仁王門が見えてきました!
どこの門も迫力満点ですよね〜
参拝者を出迎えてくれる大きな灯篭が印象的です!

仁王門の先にあるのが、「登廊(のぼりろう)」と呼ばれる階段廊下になります。

長歴3年(1039年)に、当時の春日大社の社司だった中臣信清が子の病気が治ったことに対するお礼に造ったもので、百八間、三九九段、上中下の三廊にわかれています。

手水舎の龍!なぜ龍かは、、わからん。笑
上から階段を見るのも良いですよ!
真っ赤な紅葉もいいけど、色づき始めの緑とのコントラストも好き。
登廊を登り終えると、本堂です!
この舞台のかんじ、結構好き。。
長谷寺の本堂は京都の清水寺と同じ「懸造り(かけづくり)」によってつくられています。
懸造りは、急峻な崖や山の斜面に建てるための日本が誇る古代からの技術ですね!
隙間からの風景がなんともおしゃれ!
本殿の舞台から!
色とりどりの木々に囲まれた五重塔は長谷寺でも随一の見どころです!
本堂自体はこんなかんじ。
引いた方が素敵かも。
ここにも提灯。提灯って、なんかいいよね。。
五重塔!美しいなぁ。。
礼堂とも呼ばれる長谷寺の本堂(舞台)をまたぎ奥を見ると、お釈迦様的な像が見えます!
本尊ではないはずなので、、長谷寺に関わった僧の像かもしれません。ちゃんと見ておけばよかったなぁ。。
フォトスポットになりそうな場所でしたよ!
こちらは本尊が安置されている正堂と参拝する場所である礼堂の間の「相の間」。
こちらに燭台が置かれており、おみくじもありました。
本堂を後にし、五重塔の方へ向かいます!
ここでも灯篭ともみじのコントラストが!
木々の後ろに見えるのが御影堂だと思われます!
五重塔の方では、本堂から眺めることができた紅葉をより間近で見ることができました!
間から本堂。
五重塔です!
振り返ると本堂が見えます!
本堂から眺めていたのとは逆のアングルですね!
すらっと立った五重塔、いいなぁ。。

ちなみに、五重塔の横に長谷寺の”始まりの場所”とも言える「本長谷寺」があります。

事前に情報をチェックしていなかった僕は完全にスルー。笑

毎度毎度、最低限の情報はチェックしてから観光地へ行くべきだと思い知らされています。。

五重塔が立つ丘からの風景も素晴らしかったです!
下から見上げる本堂もよき。
登廊の横に牡丹が咲いていました!見れてよかった〜〜!
登廊を見下ろすアングル。
こちらは見上げるアングル。
この道も紅葉とのコントラストがいいかんじです!!
仁王門に戻ってきました!
お邪魔しました。
帰りの道で買った焼饅頭。やっぱ和菓子は最高だぁ。。

 

長谷寺の観光情報

入山時間

4月~9月

8:30~17:00

10月~11月、3月

9:00~17:00

12月~2月

9:00~16:30

2019年秋の十一面観音特別拝観は、10/12(土)〜12/1(日)です。

※その他、牡丹まつり期間(例年4月中旬〜ゴールデンウィークで開催)などで時間延長あり

料金

大人:500円

中・高校生:500円

小学生:250円

障害者手帳掲示の場合250円(同伴者1名に限り障害者割引適用)

特別拝観期間中に限り、入山料と特別拝観料を合わせた共通入山券が1300円で発行されます。

紅葉の見頃

色づき始め:11月中旬

見頃:11月下旬~12月上旬

アクセス

近鉄大阪線 長谷寺駅から徒歩15分

奈良交通バス 長谷寺参道口から徒歩10分

駐車料金

二輪:200円

普通車:500円(65台分あり)

 

 

長谷寺の公式インスタ!
写真家さんではなく、長谷寺の住職自らが写真を撮影し投稿していることでも有名です!

 

 

スポンサーリンク

長谷寺のまとめ

ということで、今回は奈良県の”花の御寺”こと長谷寺についてご紹介してきました!

少々駆け足での散策とはなってしまいましたが、登廊や本堂からの景色、そして五重塔の風景を楽しむことができました!

今回は紅葉の時期に行き、色づき始めの紅や橙、黄色の素晴らしいコントラストを堪能できましたが、どの時期に行っても美しい境内を眺めることができるのが長谷寺の魅力です。

ですので、奈良へ足を運んだ際はぜひ、長谷寺へ足を運んでみてください!

お寺と木々、そして花々に彩られた日本文化を感じることができますよ!