今回お届けするのは、世界で最も有名な先史時代の遺跡と言っても過言ではない地であるストーンヘンジ(Stonehenge)」についてです!

神話や伝承が多く残るイギリス、ブリテン島の中でもとりわけ謎が多いストーンヘンジ。

まさにロマンの塊とも言える場所ですね!

今回はそんなストーンヘンジ、
そして、ストーンヘンジへ行く際に経由する町ソールズベリー(Salisbury)と、ソールズベリーのシンボルソールズベリー大聖堂(Salisbury Cathedral)をご紹介します!

 

スポンサーリンク

ストーンヘンジ(Stonehenge)について

まずはストーンヘンジ(Stonehenge)についてざっとご紹介します。

 

概要

ストーンヘンジはイギリス南部の町ソールズベリー(Salisbury)からアクセスでき、30kmほど離れたエーヴベリー遺跡群と合わせて1986年にユネスコの世界遺産に登録されています。

ストーンヘンジは、円陣状に並んだ直立巨石とそれを囲む土塁からできているストーンサークルです。

ストーンサークルなのにストーン”ヘンジ”とついたのには2つの説があります。

1つは、
横石が縦石に蝶番のように積んであることから、古英語で「蝶番」を意味する “hencg”(現代の英語では”hinge”)からとったという説。

2つ目は、
ストーンヘンジの構造が、二本の柱とそれに横木をのせてできていた中世の絞首台に似ていることから、「絞首台」「拷問具」を意味する “hen(c)en” からきているという説です。

遺跡などの名称に、2つ目のようなネガティブなイメージを連想させる名前をつけるのかはちょっと疑問ですが。。笑

ともあれ、このどちらかの理由から「ストーンヘンジ(Stonehenge)」と呼ばれるようになったと考えられています。

 

成り立ちと構成について

この巨石群は紀元前2500年から紀元前2000年の間に立てられたと考えられており、この場に何らかの建造物が建てられ始めたのは紀元前3100年頃にまで遡るそう。

石柱はただ置かれているのではなく、地面にくぼみを作ることで”ほぞ継ぎ”のようになっています。

これによって石柱が倒れないようにさせていた、ということですね。

さらに、夏至の朝には、太陽が「ヒールストーン」というストーンサークルから少し離れたところにある特定の岩の付近から昇るように見え、加えて、太陽の光がサークルの中心に当たります。

これは偶然では起こりえな現象だそうで、当時では考えられない建築技術と天文学の知識があったと考えられています。

また、ストーンヘンジの建設には多くの人員を要したとも考えられており、高度な技術と豊富な知識に加え、非常に発達した社会性を有するコミュニティが存在していたとの研究結果も出ています。

こういった紀元前や古代の時代の建造物は、このストーンヘンジに限らず本当に謎が多いですよね〜!

現代の人たちが思い浮かばないような方法・手段を古代の人々はとっていたようですが、古代の人たちにできてここまで文明が発達した現代の人たちが不可能ではないかというのもなんだかおかしな話ですね。

 

建設された目的や伝説について

ストーンヘンジが発見されてすぐの頃に(特に歴史家が中心となって)主張されたストーンヘンジの成り立ちには、かの有名な『アーサー王伝説』に紐付けられたり、デーン人が建てただのサクソン人が建てたと言われたりと様々な説が出ていたみたいですね。

ちなみにデーン人とサクソン人はどちらもゲルマン系で、デーン人は現在のデンマーク人の、サクソン人は現在のイングランド人とドイツ人の一部の基盤となった人種です。

 

中でも、ストーンサークルの中で重要な役割を担っているとされる「ヒールストーン」は長い間「修道士のかかと(Friar’s Heel)」とも呼ばれていました。

これは、悪魔が修道士に投げつけた石が修道士の踵にあたって地面に突き刺さり、それがそのままにされて現在に至ったというもの。

あんなに巨大な石が踵に当たったら間違いなく足が潰れると思うんだけど。。笑

「修道士のかかと」という言葉には、北欧神話の女神フレイヤとウェールズ語が絡んでいるという説もあったそうですね。

これは、「フレイヤ」と古ウェールズ語の「道」が合わさった「フレイヤ・ヒー・オル」(綴りが載ってなかった。。)、あるいは「太陽日」を表す語と合わさった“Freya Sul” が崩れたものだというものです。

その後今日に至るまで、遺跡の建設・使用の目的については研究が進められており、
太陽崇拝の祭祀場ケルト民族の祭祀であるドルイドの礼拝堂、さらには天文台埋葬場など、様々な説が唱えられていますが未だに決定的な結論はでておらず、説という説が出ては消え、出ては消えという状況。笑

まあこのあたりが”ワクワク”を掻き立てられる最大の要因であることは間違いないのですが、、!

 

 

ストーンヘンジの様子

では、ストーンヘンジの様子を実際に行ってきたときの写真とともにご紹介します。

ソールズベリーの町から出るバスは、夏場のピーク時は約30分おき、それ以外の時期は1時間おきに運行しています。

ソールズベリー-ストーンヘンジ往復のバス、ストーンヘンジ入場、オールド・セーレム(後述)入場のチケットがセットで販売されていますので、団体ツアー以外で訪問される方はこちらを利用するのが一番コスパが良いです。

30〜40分でストーンヘンジのビジターセンターに到着します。

 

写真はビジターセンターからのシャトルバスを降りたところからです!

おお!
なるほど〜ってかんじです笑

これが「ヒールストーン」のはず!

周りの風景をパノラマ。

ぐるっとまわって遠目から。

晴れてきた、、!

食事を挟みます。

 

昼食後はストーンヘンジの周りを少し散策しました。

柵があるところもありますが、柵などが特になかったり門のようになっているところは入っても問題ありませんでした。(少なくとも注意とかは受けなかった。笑)

どこまで続いているのだろう。。
こぶ。
果てしなく広がる。。
ちょっとおしゃれに。
「カントリーロード」ってかんじ!

再びストーンヘンジへ向かいます!

やはり晴れていると見栄えも変わります!
この道をまっすぐ進むとあるのがビジターセンター。歩いて10〜15分くらいだった気がする。
こっちがストーンヘンジへの道。

最後に”いい感じ”の写真!

 

正直言うと、ストーンヘンジは思っていたよりも小さかったです。笑

がっかり、とまではいきませんが、期待しすぎるとその下をいってしまうかもしれませんので過度の期待はNGですね!笑笑

そして、僕はストーンヘンジ以上に周りの風景がとても素晴らしかったと感じました。

この日は晴れたり曇ったり雨が降り出したりと、2,3月のイギリスらしい変わりやすいお天気だったのですが、晴れたタイミングで周りの草原を見渡したときの清々しさは本当によかった、、!!

「これぞイギリスの田舎!」というかんじでとても満足のいく景色でしたね!

 

では、ストーンヘンジからソールズベリーへ向かうバスからの写真をご紹介します!

綺麗な芝生です。
羊!
畑に見えなくもないけど、、何だろうか。
本当に綺麗な田舎風景です。
茶色が混じってして”畑”感が増した気がしますね。
町が見えてきました!

 

スポンサーリンク

 

ソールズベリー(Salisbury)について

続いてはソールズベリー(Salisbury)について取り上げていきます。

前述した通り、ストーンヘンジへ行く際に多くの方が通ることになるであろう町がソールズベリーです。

フランスでいう、「レンヌ(Rennes)」と「モンサンミッシェル(Mont-Saint-Michel)」と同じような関係ですね。

 

ソールズベリーは、街を北から南へ流れるエイボン川と、街の南西からエイボン川に合流するナダー川という2つの水源を持ち、古くから水に恵まれてきた町です。

町の起源は鉄器時代にまで遡ると言われ、確認できる最古の名所は古代ローマ帝国が呼んでいた「ソルヴィオドゥナム(Sorviodunum)」という名。

その後、ノルマン人が”Searesbyrig”や”Seresberi“と呼ばれる城を建て、
ウィリアム1世(ウィリアム征服王)が記録させた世界初の土地台帳「ドゥームズデイ・ブック(Domesday Book)」には”Salesberie”という名前で記されています。

ソールズベリー(Salisbury)の音は古くから続いたものの名残というわけですね!

ちなみに、ノルマン人が建てた城があったとされる場所は現在オールド・セーレムと呼ばれ、市街地から距離はありますが、町の名所の1つとなっています。

「セーレム」は「ソールズベリー」を略したものだそうで、”Salesberie”とラテン語特有の語尾”um”を合わせたものではないかと考えられています。

魔女裁判で有名なアメリカの「セイレム(セイラム)」とは特に関係はないですよ!

桜、、かな?

 

そして、、
オールド・セーレムとのソールズベリー二大名所の双翼を担うとともに、ソールズベリーのシンボルとも言えるのがソールズベリー大聖堂(Salisbury Cathedral)です!

 

ソールズベリー大聖堂(Salisbury Cathedral)について

ソールズベリー大聖堂(Salisbury Cathedral)は、1220年に建設が開始され、まず大聖堂が、続いてファサード、尖塔の順で完成していきました。

ちなみにこの尖塔は今でもイギリスで最長の尖塔です。

また、大聖堂のチャプター・ハウス(Chapter House)と呼ばれるもともと図書館だった部屋には、現存する4つのマグナカルタの写本のうちで最良の状態のものが保管されています

さらに、大聖堂の時計(Salisbury Cathedral Clock)は1386年から現在まで時を刻み続けており、世界で最も古い現役の時計として知られています。

このように、歴史的にも重要な品が揃っているのがソールズベリー大聖堂なわけですね!

  

マグナカルタについて

こちらはレプリカ。

ここで、マグナカルタについても少し触れておきます。

マグナ・カルタは”Magna Carta”と書くラテン語の言葉。

英語ではthe Great Charter of the Libertiesと書かれ、この直訳が自由の大憲章となります。

マグナカルタは、1215年にイングランド国王ジョンに対し、貴族と都市が王権の制限や貴族特権の獲得、都市の自由、さらには国民への不当な権利(自由、生命、財産など)侵害の禁止などを認めさせた憲章です。

世界史の勉強などでは
”とにかく素晴らしい画期的なもの!”
みたいに扱われることもありますが、厳密に言うと市民の立場でつくられたというわけではなく、あくまで、主に貴族たちが自分たちの権利の確保のために国王にほぼ強制した文書なのです。

ですが、イングランドは当時から「議会制度」が非常に発達していた国。

この議会に一定の力を集めることで、同時期の他のヨーロッパ諸国のように貴族がやりたい放題にならなかったのかもしれませんね!

そして今日では、マグナカルタの制定は立憲主義(「法による支配」を良しとする考え)の出発点と考えられており、加えて”非成典憲法”であるイギリス憲法の一部にも位置づけられています。

 

ソールズベリー大聖堂の様子

それでは、写真とともにソールズベリー大聖堂をみていきましょう!

ちなみに、ソールズベリー大聖堂は、塔のツアー以外は無料で見学できます!

ちょっとレタッチを変えて。
中庭
チャプター・ハウス。図書館の役割を担っていたとは思えないステンドグラス。
本物はこの中に。ラテン語で、しかもすごく小さな字で書かれていました。
中には係の方がいて、何が書いてあるのか説明してくれます。
モノホン・マグナ・カルタは撮影禁止です。
身廊に入りました。
入口として使われていた扉です。
奥の方を見るとこんなかんじ。かなり天井が高いですね。
室内に水が湧き出てる飾りが、、!
さすが、水が豊富な町ですね!
バイブオルガンがずらっと並んでいます。
床には何かが刻まれています。
入口の方を見ます。
再び最深部。とても荘厳な雰囲気です。
廊下に戻ります。
礼拝堂のような部屋です。
ステンドグラスがすごい。。
こちらの石碑もかなり凝っていますね。
天井の模様です。
またステンドグラス。おしゃれです!
外に出てきました!
写真でご紹介は以上です!

おまけ。町の様子です。

 

 

スポンサーリンク

ストーンヘンジ・ソールズベリーのまとめ

ということで、今回はストーンヘンジソールズベリー、さらにソールズベリーの町シンボルソールズベリー大聖堂をご紹介してきました。

ストーンヘンジは言わずもしれた有名観光スポットですが、その経由地であるソールズベリーはそれほど立ち寄る人が少ないかと思います。

しかし、コンパクトな町はイギリスの田舎町を満喫するにはもってこいですし、
ソールズベリー大聖堂の圧巻の佇まい、荘厳な身廊とパイプオルガン、そしてマグナ・カルタは一見の価値が大いにあります!

ある意味”穴場スポット”となっていますので、ストーンヘンジへお越しの際はぜひソールズベリーの町でも時間をつくってみてくださいね!