今回ご紹介するのは、フランスの観光地の中でも群を抜いて人気なモンサンミッシェル(Mont Saint-Michel)です。

フランスの観光地ランキングの上位常連組の1つ。

半島の先端に位置する孤島の上に立ち並ぶ修道院を中心とした建物と街は、まさに”陸に浮かぶ孤島”!

満潮時は文字通りの”孤島”となり、まるで海に街が浮かんでいるよう。

その神秘的な風景を一目見ようと、いつ何時も世界中から多くの観光客が集まります。

 

スポンサーリンク

モンサンミッシェル(Mont Saint Michel)の歴史

ではまず、モンサンミッシェルの歴史からご紹介していきます。

 

モンサンミッシェル(Mont Saint-Michel)」はフランス語で「聖ミカエルの山」という意味で、
その名の通り修道院ができるきっかけになったのが大天使ミカエル(フランス語でサン・ミッシェル(Saint-Michel))というわけです。

708年(なぜこんなはっきりわかってるのかがちょっと怪しいけど。。笑)、
アヴランシュというの町の司教だったオベールの夢に大天使ミカエルが登場し、「あの岩山に聖堂を建てよ」とお告げを命じます。

しかし、オベール司教はただの夢だとしてお告げを信じません。

二度目も同じ展開で、オベールは一向にお告げを信じようとしません。

そんなオベールに対して、さすがの大天使様も激オコ!
三度目の正直と言わんばかりにミカエルは勝負に出るのです!

なんとなんと、オベールの頭に指を突っ込むという荒技を見せるのであります!

そして起きたオベールはびっくり、なんと自分の頭に穴が空いているではありませんかっ!

そうしてお告げは本物だと気付き、現在の地に修道院を建てることを心に決めるのでした。

よかったね、ミカエル。笑

この時ミカエルが指示した岩山は、オベールの時代よりさらに昔に生きたケルト人が「トンブ山」と呼んで崇拝していた場所でした。

ミカエルはオベールに対し
「天から露が降りた場所を乾かして、そこに聖堂を建てよ」
とお告げを伝えます。

オベールはお告げに従い、指示された場所に小さな聖堂を建てます。

するとびっくり!
それまで陸続きだったその場所は一夜にして海に囲まれる孤島となったのです!

このような歴史を経て、聖地としての「モンサンミッシェル」が始まったのでした。

 

8世紀から9世紀にかけて、フランスを含むフランク王国はカロリング朝のカール大帝により最盛期を迎えますが、9世紀ごろからは国家の弱体化が進みます。
こうした状況の中、王国の西沿岸に位置するモンサンミッシェルはノルマン族のバイキングの襲撃や略奪の被害にあうようになります。

他の僧院では危機が迫ると、貴重な聖遺物や聖遺品を持って逃げてしまうのがほとんどでしたが、モンサンミッシェルの修道士たちは島を見捨てることなく聖ミカエルへの信仰を守り続けました。

その後ノルマンたちはセーヌ河沿いに住み着き、カトリックへの改宗を条件にバイキングの首領ロロはフランス王から「ノルマンディー公」として認められ、正式に領土が与えられました。
この後、この地域は「ノルマンディー」と呼ばれるようになり、この地名が今なお使われているというわけですね!

 

そして11世紀になると、ノルマンディー公ギヨームがイングランドを征服してノルマン朝を開きます。
ギヨームはイングランドでは「ウィリアム1世」と名乗ります。(今日では「ウィリアム征服王」の名でも知られていますね。)

この時代以降、モンサンミッシェルはイングランドとフランスの対立や小競り合いに巻き込まれるようになります。

そしてついに14世紀、英仏の百年戦争が勃発。

モンサンミッシェルは修道院としての機能を停止し、要塞としてのはたらきを持つようになります。

海からは多くのイングランド軍が攻め込んでくるものの、干満の差と潮流の激しさが助けとなって、モンサンミッシェルはそれほど被害を受けることなくこの戦争を乗り切ります。

砲台跡がありましたよ!

 

するとモンサンミッシェルで祀る聖ミカエルへの信仰が盛んになり、モンサンミッシェルへの参拝者が増えていくことになります。

しかしこの時代、現代ほど気軽にモンサンミッシェルへ足を運ぶことはできませんでした。

ここノルマンディー地方のサン・マロ湾はヨーロッパの中でも随一で干満の差が激しいことで知られており、
さらに当時は、当然島への陸続きの道などなく、移動中に潮の満ち引きに巻き込まれてしまう人も多かったようです。

モンサンミッシェルへの巡礼は、まさに命懸けだったわけですね。。

 

そんな信仰が長く続けばよいのですが、、

16世紀の宗教戦争の際はカトリック側の拠点に使われため、プロテスタント側と激しい戦闘が行われたり、
18世紀のフランス革命後は「海のバスティーユ」として監獄として使われたりと、時代の波に呑まれます。

 

それでも幾たびの戦火を乗り越え、現在のモンサンミッシェルの姿にたどりつくわけですね。

そんな激動の歴史を持つモンサンミッシェル 、観光地化によって島と陸とを結ぶ堤防がつくられますが、これによって潮の流れがせき止められ、島の周囲の急速な陸地化が問題となってしまいます。

そのため現在は、環境への配慮から橋が架けられており、そこを渡ることで島へ行くことができます。

 

 

モンサンミッシェル の見所

では、実際に僕たちが歩いた道に沿って見所をご紹介していきます!

訪問順にご紹介していきますので、内容が前後する箇所もあります。その辺はご容赦ください。

 

まずは、モンサンミッシェル用の道の駅のようなところからシャトルバスに乗ります。

そして降車したところがここ!

ちなみにここが終点で、手前の橋の始まりのところや、さらに遠くの見晴台でも降車できますよ。

馬車!お姉さん、攻めますね〜
道の駅との往復は馬車でも可能!ちなみにこちらは、別途料金がかかりますよ。笑
向かっていきます!
圧巻!
鳥が随分と多いんです
入場!

 

入ると最初に出迎えてくれるのはプラールおばさんのオムレツ屋(La Mère Poulard)です!

モンサンミッシェルの名物は「オムレツ」と「バタークッキーなのですが、その発祥となったのがこのプラールおばさん。

精進料理しか食べることができない修道女たちに、食材が十分に届かないモンサンミッシェル内でも取れる卵とチーズ、そしてバターを使ってつくったオムレツを振舞っていたそうです。

ちなみに、かつては修道女の”まかない”のような立ち位置だったオムレツですが、現在では高級料理さながらの地位にまで登りつめています。笑

食べておきたい一品ですが、もしかしたらお財布と相談。。となってしまうかも!笑

 

頂上の修道院へは大きな一本道です。

一応この道がメインストリートと呼ばれています。

ホテルもあるにはありますよ!
メインストリートはかなり細い、、!
ブルターニュ名物の木造建築。
ここはノルマンディーですが、お隣ブルターニュの影響も少なからずあったようですね。
メインストリートにはご飯屋さん(オムレツ屋さん)が多く並んでいた印象ですね!
ここがメインストリートの一番上かな!
展望台!周りは本当に海です!

 

最後の階段を登って修道院へ入っていきます!

チケット売り場へ入ります
チケット売り場を抜けるとこんな感じ

 

最初に見えるのは「修道院付属教会(Eglise Abbatiale)」です!

一番高いところにいるのが黄金の聖ミカエルですね!
中はこんな感じ。
レンガ造りの雰囲気がそのまま残っているというのがなんだか素敵です!
聖堂の前は広場になっています。
いい景色!
なんだけど、、やっぱ「晴れていれば…」とは思ってしまう。
霧!
鳩さん

 

大聖堂をあとにして再び建物内部を進んでいきます。

中庭!
島なのか陸なのか、もうなんなのかわからなくなってくる。。笑
こちらは食堂として使われていたお部屋
神々しい。。
扉。おしゃれだと思って撮ったやつ。
年末だったけどまだクリスマス仕様でした。笑
この辺は”城塞感”がすごいですね!

 

続いて入るのがサン・マルタン礼拝堂(Chapells St-Martin)

上に立つ教会を支える役割を担うとともに、完成した11世紀からの姿をとどめている歴史的にも非常に重要な場所です。

柱が立ち並ぶ部屋
小さな礼拝堂がいくつもありました
なんだがお洒落な模様も。。!

 

こちらも有名な水車大車輪(Grande Roue)ですね!

この水車の働きによって高いところにものを運んでいたとか。

近づくとかなり大きい

 

こういう階段の雰囲気がなんともたまらん
なんとなく屋根裏部屋のような雰囲気を感じた部屋
ここが最後の部屋。
騎士の間」と呼ばれるこの部屋は修道士たちの執務室として使われていました。

 

外に出てきました!
おお!人気者ではないか!!
餌ゲット!
ひょっこり
姿勢がよすぎる。俺も見習おう。
見つめ合う二人。違う、一人と一羽か。
羽ばたいていった。。
と思ったら、あんなところに建物が!
これは「サントベール礼拝堂」というオベール司祭を祀った礼拝堂。
「オベール司祭」、上の歴史の部分で紹介したモンサンミッシェルの最初の修道院を建てた人ですね!
そこ登るんですか?!

 

壁沿いを歩くと迫ってくる迫力があります。
進んでいくと、修道院入り口前の階段に出ます!
メインストリートの方へは降りず、来た道とは違う方へ!
町が見えて来た!
家々と干潟。
ここが島の上なのだと再確認。
なかなか見ることができない光景だと思いますよ!
お墓もあって、本当にここに人が住んでいたってことなんですね〜
驚きとロマンによるワクワクが同時に湧いてきます!
後ろを見上げると水車に繋がるレールが!
こちらはスズメが集まっていた木。
なんの木なのかな?
いい目をしている。
??!?!?!
あら
あらら
あららら〜
見上げた全体像
階段を降りると、、
そこは最初のメインストリートであった。

 

再びメインストリートを登ります!

ここで昼食ブレイク!

多くのお店は、ネットに繋げばメニューを多言語で見ることができます。

もちろん日本語も含まれていますので、フランス語がわからなくても大丈夫!

ちなみに、「オムレツ」は”Omelette”とそのまま書きますのですぐにわかると思いますよ!

お店はここ!
オムレツのセットを注文。
ふわっふわでとても美味しかったですよ!!

 

お腹がふくれ休憩もできたところで、お土産を購入し、城外へ戻ってきました。

このまま帰ってもレンヌでTGVを待つことになるしもったいない。

ということで、周りを散策することに。

画像の水たまり付近はぐっちゃぐちゃですが、そこを越えてしまえばだいぶ足元が固まっていましたよ。笑
進行方向はこんな感じ。
本当になにもない!
そんな干潟を奥へ進んでいきます!
ちょっと探検気分になってきてます。笑
建物が立ち並ぶのがよく見えます
正面からミカエル
この角度だとまた違く見えるよなぁ
振り返るとこんな感じ。
え、まじか。笑
端まできた!
この角度も好き。
浮き!
浮き with モンサンミッシェル
戻ってきた!
橋を下から見るとこんなに長いんですね〜!
徒歩で橋の端まで向かいます!
レースを入れるやつ
ここからが今回の最遠!
〇〇Pと呼ぼう
吸い込んで、、
ハッッッ!!!
掴んで、、
ジャンプ!!

 

ということで、今回の訪問の様子を書いてきました。

時間の関係でライトアップまでいることができなかったのがちょっと悔しいですね〜

夜までいたいという方は、一泊するのをおすすめしますよ!

 

  

  

モンサンミッシェルへの行き方(アクセス)

歴史は理解した、見所もわかった!

ということで、最後にパリからモンサンミッシェルへの行き方、アクセスご紹介します!

 

まずはパリ(Paris)から(パリじゃなくてもいいけど。笑)レンヌ(Rennes)、あるいはドル・ド・ブルターニュ(Dol-de-Bretagne)へ向かいます。

この際は時間重視の方はTGVという新幹線、金額重視という方はバスを使うことになると思います!

 

👇TGVとバスの予約について、詳しくはこちらで解説しています!👇

それぞれの都市に着いたら、モンサンミッシェル行きのバスに乗り換えます。

一応レンヌとドル・ド・ブルターニュ以外からもバスは出ているみたいですが日本語での情報はかなり少ないので、基本的にはこの二都市のどちらかとなるはずです。

そして、ネットや旅行本の解説や紹介では、レンヌからの紹介が多い印象ですね!

レンヌ、あるいはドル・ド・ブルターニュからモンサンミッシェルへ向かうバスもレンヌ発着の方が本数が多いので、
前後の予定との兼ね合いなど特別な理由がなければレンヌを利用することをおすすめします! 

レンヌの街そのものも1つの観光地ですから、ついでに見てまわるのもありですよ!!

 

👇レンヌについてはこちら!👇

 

バスの券は当日取ることになります。

レンヌは北口の東側にチケット販売所があるのでそこを利用します。

入ったら目的地ごとに整理券を取る必要がありますので、”Mont-Saint-Michel”と書かれたボタンを押し、券を発行します。

ちなみに英語は全然問題なく通じました!

夏のハイシーズンなどお客さんが多い時期は増便されるそうですが、不安な方は前の日はレンヌに泊まり、朝一の便で向かうことをおすすめしますよ!

途中の道

  

  

スポンサーリンク

最後に

以上、ここまでモンサンミッシェルをご紹介してきました!

本当に島の上に街があって、
「これが浮いたら…」とか「これが海を移動したら…」とか考えるとなんかすごくワクワクしました!

島の上には多くのおみやげ屋さんやレストランが並んでおり、名物のオムレツは”インスタ映え”はもちろんのこと味も素晴らしかったです!

「フランスといえばここ!」
と言っても過言ではない、期待を裏切らない圧巻の佇まい。

イギリスとフランス、さらには宗教の歴史が詰まった魅惑の孤島、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか??