みなさんこんにちは!旅狼かいとです!

今回の京都紅葉特集でご紹介するのは「天授庵」です!

秋の紅葉が見頃を迎えたシーズンには、美しい秋色に彩られる2つの庭園が見どころとなる南禅寺の塔頭のひとつになります。

「京都の紅葉の名所」の中では紹介されることは多いですが、意外と知っている人は少ないという、まさに「知る人のみぞ知る隠れ名所」と言えます…!

いったいどんな場所なのか、天授庵の魅力や観光案内をお届けしていきます!!

   

👆南禅院についてはこちらの記事をチェック!!

   

スポンサーリンク

天授庵の歴史

天授庵_紅葉の枯山水庭園

まず、天授庵は「南禅寺」の塔頭のひとつになります。

南禅寺といえば、石川五右衛門の名言「絶景かな、絶景かな!」で知られる三門や琵琶湖疏水水路閣で有名な京都有数の名所ですよね!

そのため、天授庵の立地は南禅寺の境内という好立地なのですよ!
(今までスルーしていた方もきっといるはず!!笑)

そんな天授庵、建立されたのは1339年(歴応2年)になります。

当時「龍安山禅林禅寺」という名前だった現在の南禅寺の開山である「無関普門(大明国師)」の遺骨を納めた塔所として建てられました。

無関普門の跡を継いで2代目住職となった規庵祖円(きあんそえん)に師事していた「虎関師錬(こかんしれん)」という僧が光厳上皇の勅許を得て建てた天授庵。

その際の文言は
塔の名を「霊光」、庵の名を「天授」と授かった
と伝えられており、、

なんかもうカッコ良すぎるのだが。笑

天授庵_紅葉の枯山水庭園

そんな天授庵も南禅寺や同じく南禅寺の境内に立つ南禅院と同様、戦国時代の動乱期に一度は荒廃・衰退してしまいますが、1602年(慶長7年)に武将であり歌人でもあった「細川幽斎」によって再興されました。

細川幽斎の手によってかつての姿を取り戻した天授庵は、その後現在に至るまでその趣深い姿を伝え続けています。

天授庵には、枯山水の方丈庭園(東庭)南北朝時代に造られたとされる池泉回遊式の書院南庭という趣の異なる二つの庭園が広がっており、一度に趣向の異なる日本の伝統的な庭園を味わい楽しむことができるのが最大の魅力ですね!

   

天授庵へ実際に行ってみた!

天授庵_散り紅葉と苔の茅葺屋根

ではではここから、天授庵の見どころを実際に足を運んできた様子とともにご紹介していきます!

天授庵_紅葉
天授庵、早速真っ赤なもみじが出迎えてくれます!!
天授庵_紅葉
これぞ日本の秋!ですね!
天授庵_書院と紅葉のフォトスポット
入場するとそうそう天授庵No.1のフォトスポットが…!!
天授庵_書院と紅葉のフォトスポット
書院の入口側から奥nの庭園側をみると、ちょうど縁側の大きなガラス戸を額縁のようにして真っ赤な紅葉が…!!
天授庵_書院と紅葉のフォトスポット
これはホント、洒落ていますよねっ!!
天授庵_散り紅葉と苔山
早々のフォトスポットをあとにし、境内を進みます。
天授庵_紅葉の枯山水庭園
最初に見えるのは東庭の枯山水庭園です。
天授庵_紅葉の枯山水庭園
天授庵は結構「紅葉の名所」として名が通っていますので、ピーク時の時間帯だと人だかりもできがちですね。
天授庵_紅葉の枯山水庭園
おぉぉ〜〜!〜!
天授庵_紅葉の枯山水庭園
紅葉ももちろんですが、石が敷かれ苔で飾られた庭園そのものもなかなかの見応えです。
天授庵_紅葉の枯山水庭園
天授庵_紅葉の枯山水庭園
天授庵_紅葉の枯山水庭園
松?だと思うのですが、一本立っている緑も印象深かったですね!
天授庵_紅葉の枯山水庭園
枯山水庭園から池泉回遊式庭園へと移動します!
天授庵_書院と紅葉
書院を横目に進んでいきます。
天授庵_順路の橋
なんかこういうの、好き。笑
天授庵_書院と紅葉
ガラス障子に紅葉が映り込んでいます!
もう少しうまく撮れたかなぁ。。
天授庵_書院と紅葉
最初の写真を、今度は庭園側から覗いてみます!
天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園
南庭に到着しました!
天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園
こちらはなんとなく、南禅院に似た雰囲気です。
天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園
天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園
天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園
池の反対側にやってきました。ゆったりとした時間が流れいます。。
天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園
南禅院に比べると木々で空が覆われていない分、開放感を感じますね!
天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園
天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園
池に紅葉が映り込んでいます。ライトアップのときならもっと綺麗に写っていそうですね…!!
天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園
ちょっと暗い感じもむしろ良い雰囲気を引き立てているように感じましたよ!
天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園
変な石(?)がありました。
こちらも。笑
意図して置いているのでしょうか…??
蓮の葉も浮いています。
なんだろう、一気に仏教感が増す感覚。
天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園
幽玄、という表現がピッタリな色合いだと思いませんか…?!
天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園
再びアングルを低めに。。
天授庵_池泉回遊式庭園の鯉
鯉もたくさん泳いでいました。
天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園
ということで、池泉回遊式庭園でした!
天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園
書院を背景に、もみじを。。
(ここも結構人だかりができていたフォトスポットです!)
天授庵_紅葉の枯山水庭園
天授庵_紅葉の枯山水庭園
枯山水庭園を最後に見納めて、、
天授庵_紅葉の枯山水庭園
天授庵、お邪魔しました…!!

ということで、最後に夕陽に彩られた南禅寺をかる〜く散策して、この地を後にしました!

夕焼けの南禅寺・三門
夕焼けに染められた三門。これ、実際にみたらめちゃくちゃ綺麗でした…!!
夕焼けの南禅寺・三門
南禅寺・南禅院・天授庵。
秋の京都旅行では外せない名スポットでした!!

   

天授庵の観光案内

天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園

拝観時間

3/1~11/14(春・夏・秋)

9:00~16:45(受付終了は16:15)

11/15~2/末(冬)

9:00~16:30(受付終了は16:00)

休日

11/11午後~11/12午前中

その他、臨時行事のある時

夜間特別拝観(ライトアップ)

新型コロナウイルス感染防止のため、2020年は中止と発表されています。

料金

500円

ライトアップ:600円(日中料金とは別途)(2020年は中止)

天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園

紅葉の見頃

色づき始め:11月上旬

見頃:11月中旬

観光のおすすめ時間

早朝~午前中

アクセス

地下鉄蹴上駅 から徒歩10分(南禅寺境内の一部)

駐車場 50台(南禅寺の駐車場)

   

スポンサーリンク

天授庵のまとめ

天授庵_紅葉の池泉回遊式庭園

ということで、今回は京都は南禅寺に位置する天授庵についてお届けしてきました!

同じく南禅寺の境内にたたずむ南禅院と同じく、南禅寺の喧騒がまるで別世界のことのようにひっそりとしつつも、鮮やかで艶やかな小世界となっていました。

入って早々の書院越しの風景といい2つの庭園の紅葉といい、個人的にはかなり好みの雰囲気だっただけに、意外と歴史があっさりしていてちょっと残念ですね。。

ですがそのぶん、余計なことを考えず、純粋に景色や風景を堪能することができたと思います!

たまにはこういう楽しみ方も良いものですね~!

ぜひ皆さんも、この天授庵はもちろんのこと、他の名所や穴場スポットでも自分だけの楽しみ方を見つけてみてくださいね!!

   

👆天授庵が気になったあなたには、、南禅院もオススメです!!