みなさんこんにちは!旅狼かいとです!

今回は、屋久島の「白谷雲水峡」の観光案内をお届けします!

何を隠そう、この白谷雲水峡こそが、

「もののけ姫の森」で知られる「苔むす森や、

屋久島の森を一望できる「太鼓岩へのトレッキングコースなのです!

縄文杉トレッキングと双璧をなす、屋久島随一の観光名所です!

このブログではそんな白谷雲水峡の見どころはもちろん、

トレッキングの際に役立つモデルコースやルート、行き方・アクセスに持ち物・装備、

さらにはガイドのありなしについて詳しくお話ししていきます!

屋久島観光を計画中の方はぜひご覧になっていってください!!

  

スポンサーリンク

白谷雲水峡のコース

白谷雲水峡のコース_屋久島の観光案内

まずは白谷雲水峡のコースをご紹介!

白谷雲水峡には、大きくわけると以下の3つのコースがあります!

  1. 太鼓岩往復コース(片道2.5~3時間)
  2. 奉行杉コース(片道1.5~2時間)
  3. 弥生杉コース(往復1~1.5時間)

「行きは太鼓岩コース、帰りは奉行杉コース」

というふうに組み合わせることもできますので、

あくまで便宜上のコース名と思ってください!

太鼓岩往復コース

白谷雲水峡・もののけ姫の森_太鼓岩コース_屋久島観光のオススメ

太鼓岩往復コースを一言でいうと「これぞ白谷雲水峡の王道コース!」ですね!

白谷雲水峡のトレッキング=太鼓岩往復コースといってもよいほど、

これが王道のコースになります。

「もののけ姫の森」で有名な「苔むす森」も、この太鼓岩往復コースの途中にありますよ!

ただ正直、体力に自信がない方や足腰が弱い方は、ゴールの太鼓岩までは少し厳しいかもしれません。

というのも、

苔むす森から先、太鼓岩を目指すコースは結構急な山道になっているからです。

白谷雲水峡_苔むす森から太古岩_ガイドなし_屋久島案内

苔むす森まで行った際の自分の体の状況に合わせ、先を行くか引き返すかを考えましょう。

ちなみに、、

苔むす森から太鼓岩までだけで、片道45~60分ほどありますので注意してください。

白谷雲水峡_太鼓岩_屋久島観光のオススメ

「苔むす森から太鼓岩まで片道30分」と紹介している人は、

実際に自分で登ったことがない人か、相当足腰が強い人(+まわりの風景に目もくれず進んでいる)だと思いますね。笑

白谷雲水峡マップ_太鼓岩

  

奉行杉コース

白谷雲水峡・もののけ姫の森_奉行杉コース_屋久島観光のオススメ

奉行杉コースは一言でいうと、「屋久島の自然を堪能したいのならこのコース!」です!

苔むす森に勝るとも劣らない”屋久島らしい森”の風景を堪能できるのが最大の特徴です!

ただ、奉行杉コースは「健脚向け」といえるコースでもあります

というのも、

途中で多くの沢を渡る必要があり、アップダウンも激しい山道だからです。

特に、前日や当日の朝~午前中に雨が多く降った時は、情報をしっかりと確認して沢の増水に注意しましょう。

また、モデルコースの地図では「苔むす森」や「太鼓岩」まではいきませんが、

太鼓岩往復コースとの合流地点から両者を目指すことはもちろん可能ですよ!

なので、

「行きは太鼓岩往復コース、帰りは奉行杉コース」

なんて選び方もOK!(というか、僕がこの方法で往復しました!)

基本的には太鼓岩往復コースを選択する人が多く奉行杉コースを利用する人は少なめですので、

足腰に自信がある方、より屋久島の自然を満喫したい人にはうってつけのコースです!

  

弥生杉コース

白谷雲水峡_川と青空_屋久島観光のオススメ

弥生杉コースを一言でいうと、「どんなご家族・グループでも楽しめる安心コース!」です!

比較的歩きやすい石の道や整備された木の階段がほとんどのコースで、

距離2㎞、時間にして往復1時間ほどで歩くことができる「初心者向け」となっています。

弥生杉コースの場合はスニーカーでも問題ありませんし、

コースも短いので、時間がない方にもちょうどよいでしょう!

小さなお子さん、あるいは、おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に歩くこともできそうです。

本格的なトレッキング、というよりは、

屋久島の自然を感じつつ、ちょっとしたハイキング、みたいな感覚で楽しむことができると思いますよ!

  

白谷雲水峡の見どころ

それでは、白谷雲水峡の見どころをご紹介していきます!

苔むす森(もののけ姫の森)

白谷雲水峡_晴わたる苔むす森_屋久島観光のオススメ

白谷雲水峡の二代スポットの一つ、「苔むす森」ですね!!

もはや、この苔むす森に行くための白谷雲水峡といっても過言ではないですよね!

ジブリ映画「もののけ姫」のモデルとなった場所で、「もののけ姫の森」とも呼ばれます

白谷雲水峡_霧がかる苔むす森_屋久島観光のオススメ

実は、ここまでの道のりとこの先の道にも苔むした風景はあるのですが、

特にこの苔むす森が木々と苔とのコントラストが抜群なのです!

白谷雲水峡_苔むす森と岩と沢・もののけ姫の森_屋久島観光のオススメ

「月に35日雨が降る」と言われる屋久島の気候と、それに適応した木々と苔たちが織りなす、

まさに屋久島のシンボル的観光スポットです!

  

太鼓岩

白谷雲水峡_太鼓岩・もののけ姫の森_屋久島観光のオススメ

白谷雲水峡の二代スポットのもう片割れ!

それが太鼓岩です!

白谷雲水峡のトレッキングのゴール地点ともいえる太鼓岩。

最大の見どころは、岩の上から眺めるパノラマビューです!

白谷雲水峡_太鼓岩のパノラマ・もののけ姫の森_屋久島観光のオススメ

屋久島の大自然を、文字通り”全身で”感じることができる絶景。

本当に、、生涯、死ぬまでには一度見てほしい風景が広がっていました…!!
(写真だとこの感動が伝わらないのが本当に悔しい…)

また、2人以上で行けば断崖の岩の上に立っている写真も撮れちゃいますので、

太鼓岩を存分に味わってほしいです!
(こういうところだけが、ひとり旅のネガポイント。。)

なお、ハイシーズンの場合はこの岩に人が殺到します。

順番にゆっくりと写真撮影や風景を楽しみましょう。

そういうのが嫌な方は、早朝のオフシーズンを狙うしかない!

白谷雲水峡_太鼓岩と屋久島の森・もののけ姫

今回僕は、まさにその条件に当てはまり、

しかも天気も快晴ということで…!

屋久島の神様が導いてくれました…!!

白谷雲水峡_太鼓岩のパノラマ縦・もののけ姫の森_屋久島観光のオススメ

上述したように、

苔むす森〜太鼓岩までの道のりは、少々険しい山道になります。

ご自身の体力や足腰の状態と相談して登るようにしましょう。

  

さらに、太鼓岩往復コースと奉行杉コースごとに紹介します!

さつき吊橋

さつき吊橋」は太鼓岩往復コースと奉行杉コースの分かれ道にあたり、

太鼓岩往復コースのスタート地点にもなる橋です。

この巨大な吊橋もまた、白谷雲水峡の名物。

いよいよ…!という気持ちをつくらせてくれますよ!

  

くぐり杉

白谷雲水峡_くぐり杉_もののけ姫の森_屋久島の見どころ

くぐり杉」はその名の通り、

ぽっかりと空洞になった幹のところを歩いて下をくぐることができる杉のこと。

倒れた樹木の上に若い木が成長し下の木は腐ってしまったために、このような形となっています。

ちなみに、、

このように倒木に新たな木々が生えることを「倒木更新」といいます。

白谷雲水峡_くぐり杉の脚_もののけ姫の森_屋久島の見どころ

くぐり杉のように足のように幹が空いているのは、

ほぼすべてが倒木更新によって成長した樹木となります。

倒木が腐らずそのままになっていると(これは腐りにくい屋久杉ならではですが)、

上の木の根が倒木を締めつけているように絡み合っている樹木が見られます。

まさに生命が続いていることの証、森の力を感じられるポイントですね!!

  

七本杉

白谷雲水峡_霧と七本杉_もののけ姫の森_屋久島の見どころ

7本の枝が手を伸ばしているように広がっていることからこの名がついた「七本杉」。

かつて強風によって幹が折れたその先端から枝が伸びたことで、

まるで空を覆うように手を伸ばしているような独特な姿となったと考えられています。

遠目から見るとまわりの雰囲気と合間って、どこか神秘的な雰囲気を感じる屋久杉です!

  

奉行杉

白谷雲水峡_奉行杉_もののけ姫の森_屋久島の見どころ

「奉行杉コース」の名前の由来にもなっているのが「奉行杉」ですね!

白谷雲水峡で最大の屋久杉。

その迫力を間近で感じることができるのも、白谷雲水峡のコースの魅力の一つですよ!

ちなみにここからの杉はすべて、奉行杉コースで見ることができる”ネームド”たちです!

地図の中央上の方の杉たちです!

  

二代大杉

白谷雲水峡_二代大杉_もののけ姫の森_屋久島の見どころ

さつき吊橋(トレッキングスタート地点)から奉行杉コースを歩き始めると最初にあるのが、「二代大杉」になります!
(苔むす森から向かうと一番最後の屋久杉となります!)

白谷雲水峡の中では奉行杉につぐ最大級の屋久杉で、倒木更新の証である根元の空洞が特徴的です。

他の屋久杉に比べるとそこまで知名度はありませんが、結構迫力満点で見どころですよ!
(競合が特徴的すぎるってやつですね。笑)

  

三本足杉

白谷雲水峡_三本脚杉_もののけ姫の森_屋久島の見どころ

その名の通り「3本の足」のようにずっしりとした構えなのが「三本足杉」です!

思った以上に”3本足”なのが本当にびっくり。

倒木更新によるものなのでしょうが、まるで巨大生命体の脚のようです。

この杉自体はまだ若い(といっても数百年)そうですが、それでも屋久島の植生だからこそ生まれる風景ですよね。

「三本足」っていう艦、ガンダムシリーズに出てきそう。

  

三本槍杉

白谷雲水峡_三本槍杉_もののけ姫の森_屋久島の見どころ
※多分三本槍杉、、という写真です。

斜めになった幹の上に3本の屋久杉が並んでいるという非常に珍しい形をした「三本槍杉」。

1本の倒木に2本の杉が倒木更新することで、合計3本の幹が伸びているということが、観察するとわかります。

倒木が腐らずそのまま残り続けたパターン、ということでしょう。

まさに、油分が豊富な屋久杉だからこその樹木なのですね!

屋久島の植生はコチラで紹介しています!

  

二代くぐり杉

さつき吊橋(トレッキングスタート地点)から奉行杉コースを歩き始めるとゴールにあたるのが、「二代くぐり杉」です!
(苔むす森から向かうと一番最初の門となります!)

この二代くぐり杉は、

倒木更新によってできた根の脚の上に、切り株更新によってケヤキが伸びているという、

かなりかわった樹木になっているのですよ!
(実質三代の樹木ですね!)

縄文杉トレッキングの途中にあるウィルソン株同様に、切り株の中から空を仰ぎ見ることができますよ!
(残念ならがこちらはどの形にも見えませんが。。笑)

ちなみに、、

二代くぐり杉周辺の風景が、個人的には一番”もののけ姫の森”感を感じました…!

白谷雲水峡_奉行杉コースの脚杉_もののけ姫の森_屋久島の見どころ

太鼓岩・苔むす森からの帰りにここだけにだけ寄って、また太鼓岩コースに戻る

というだけでも全然良いと思います!

それくらい、このエリアはオススメですね!!

白谷雲水峡_奉行杉コース杉_もののけ姫の森_屋久島の見どころ

  

その他、奉行杉コースで見られるおもしろ樹木

※名前は僕が勝手につけたものです。もし良ければあなたも見つけてみてください!

太古の竜の遺骸

白谷雲水峡_太古の竜の遺骸_もののけ姫の森_屋久島の見どころ

左の苔に覆われた木、口を開いた竜に見えませんか??

  

宇宙生物(ガウナ)

倒木に絡まるように伸びている茶色樹木。

これは「ヒメシャラ」という木で、苔をまったく樹皮に付けないのが特徴です。

なんだか宇宙から飛来した謎の生物感がありませんか?
(「ガウナ」という名前は『シドニアの騎士』を観ればわかるはず…!)

  

トレッキング時に絶対に守るべき注意点

白谷雲水峡_苔むす森から太古岩_もののけ姫の森_屋久島案内

ここで、白谷雲水峡の太鼓岩往復コースと奉行杉コースを行く人へ、

絶対に覚えておかないといけない注意点をお話しします。(割とマジで大事です。)

①目印を常に意識して歩こう

まず一つ目は、目印について知っておく必要があるということです。

白谷雲水峡のトレッキングコース(順路)には、

ピンクの紐が木に括られています。

白谷雲水峡_トレッキング_ガイドなし_屋久島案内

これを辿るのが正しいコース。

太鼓岩往復コースの途中と奉行杉コース全般は、普通に山道を歩きます。

コースは整備されていないため、油断していると本当に迷います。
(というか、僕は迷いかけました。。)

白谷雲水峡_奉行杉コース_もののけ姫の森_ガイドなし屋久島案内

ですのでこのピンクの目印は、

身につけない命綱といっても良いほどに大切なものなのです。

必ずこの目印を常に追いかけて進みましょう。

特に、沢を渡るとき・広いところに出たときに道を見失いがちです。

注意してください。

  

②沢の増水には細心の注意を

白谷雲水峡_奉行杉コースの沢_もののけ姫の森_ガイドなし屋久島案内

二つ目の注意点は、沢の増水

白谷雲水峡のトレッキングコースにはいくつか沢があり、

苔むす森や太鼓岩へ行くには、最低でも必ず1本は越えなければいけません。

白谷雲水峡_太古岩コースの沢_もののけ姫の森_ガイドなし屋久島案内

沢といっても、要は川です。

前日・午前中に雨が降れば、水量は増えていきます。

実際、大雨の翌日などは増水によって通行止めになることもあります

白谷雲水峡_奉行杉コースの大沢_もののけ姫の森_ガイドなし屋久島案内

屋久島は変わりやすい天気なので、

常に最新の情報を取り入れ、トレッキングコースの状況を見極めながら進みましょう。

観光協会のTwitterが一番わかりやすいと思います!

また、前日・当日の雨の状況によっては、

苔むす森より先が通行禁止になることもあります。

白谷雲水峡_苔むす森から太古岩_もののけ姫の森_ガイドなし屋久島案内

こちらも観光協会のTwitterなどで情報を随時確認しておきましょう。

  

ガイド(ツアー)のあり・なし

白谷雲水峡_霧がかる苔むす森_屋久島観光のオススメ

ここからは、白谷雲水峡の観光全般についてのお話をしていきます!

まずは、ガイド(ツアー)の有無についてです。

結構悩む方が多いと思いますし、実際、僕もつけるかどうかはギリギリまで悩みました。

そこで、実際に行ってみた人間の意見としていくつかのパターンに分けてお話ししていきます。

①過去に屋久島トレッキングを経験した or ガイド付きのトレッキングに参加した

白谷雲水峡_晴わたるもののけ姫の森_ガイドなし屋久島観光のオススメ

過去に屋久島トレッキングを経験した人

あるいは、ガイドつきのトレッキングにすでに参加したことがある人

この方々は、ガイドはいなくても大丈夫だと思います。

経験したのが縄文杉トレッキングだけだったとしても、

縄文杉トレッキングの際の植生のお話や歩き方・注意点を守れば、

白谷雲水峡も同じように楽しむことができますし、歩くことが可能なはずです。

かえって自分たち(あるいは一人)のペースで100%進むことができるので、

ガイドつきとは違ったおもしろさを感じられるはずですよ!

白谷雲水峡_もののけ姫の森_ガイドなし屋久島観光のオススメ

ちなみに僕は、

1日目:ガイド付きツアーで縄文杉トレッキング
2日目:ガイドなしで一人で白谷雲水峡トレッキング

で旅行し、最高にうまくいったと自負しています…!

白谷雲水峡_晴わたる太古岩と屋久島の森_ガイドなし屋久島観光のオススメ

もちろん、上述の注意点やこれから書くアクセスなどには気をつけましたが、

それを込みにしても、白谷雲水峡は自由度の高いプランニングが可能なので、

それを自分で組める楽しさもまた良かったです!

  

②屋久島以外でのトレッキング経験はあるが、屋久島ははじめて

白谷雲水峡_もののけ姫の森の神秘_ガイドなし屋久島観光のオススメ

トレッキング経験はあるが、屋久島ははじめてという方

このパターンが一番難しいのですが、、基本的にはガイドは不要だと思います。

縄文杉トレッキングであればガイドはほぼ必須ですが、

白谷雲水峡はそこまで距離があるトレッキングではありません

白谷雲水峡_もののけ姫の森と沢_ガイドなし屋久島観光のオススメ

トレッキングにおける基本的な注意事項を知っており、

屋久島ならではの目印や沢の増水の情報をしっかり持っているのであれば

ガイドがいなくても問題はないかと思います。

奉行杉コースを行く人、太鼓岩まで行く人が、

「”もし不安なら”つけるとより安心」

くらいと思ってください。

  

③トレッキングがはじめてで屋久島も初

白谷雲水峡_もののけ姫の森と霧_ガイドなし屋久島観光のオススメ

トレッキングがはじめての人で、かつ縄文杉トレッキングも含め屋久島観光も初であれば、

たとえ苔むす森までであったとしてもガイドがいるとより安心です。

植生など、屋久島についてもお話もききながら先に進めると思いますので、

ただ風景を楽しむ以上におもしろい見どころや写真撮影の方法を教えてもらえるはずです!

白谷雲水峡_もののけ姫の森と植生_屋久島観光

白谷雲水峡では基本的に沢の水を汲むのですが、

それも自分たちだけではじめてやるとなるとちょっと不安ですよね。

歩き方もよくわからないと思いますので、ガイドをつけることをオススメしますよ!

  

はじめて屋久島へ行く人へ、オススメのプランニング

ということで、はじめて屋久島へ旅行する方へオススメのプランニングをご紹介します!

白谷雲水峡_苔むす森_もののけ姫の森_屋久島観光プラン

初日:屋久島到着
2日目:ガイド付き縄文杉トレッキング
3日目:ガイドなし白谷雲水峡トレッキング
4日目以降:各々のプランニング(観光終了もよし、車で屋久島一周もよしです!)

で旅程を組むのがオススメです。

縄文杉トレッキングよりも白谷雲水峡の方がガイドなしで行きやすいので、

ガイドがほぼ必須の縄文杉トレッキングに先に参加し

屋久島の植生や屋久杉についてのウンチク、トレッキング時の注意点、歩き方などを聞いておき、

それを活かす形で白谷雲水峡トレッキングは個人で行くと、

一番満足度が高い旅程になるのではないかと感じました!

白谷雲水峡_苔むす森の道_もののけ姫の森_屋久島観光プラン

というのも上にも書いたように、、

僕がまさしくこのプランで進めて大成功だったと自負しているので…!!笑

  

白谷雲水峡へのアクセス

ということで、お次は個人で行く場合の白谷雲水峡へのアクセスをご紹介します。

白谷雲水峡へのアクセス

白谷雲水峡へ行くには、

レンタカー・路線バス・タクシー

の3つの方法があります。

レンタカー

白谷雲水峡へのアクセス

縄文杉トレッキングとは異なり、白谷雲水峡の登山口には駐車場があります
(しかも無料!)

なので、レンタカーやフェリー経由のマイカー移動が可能となってきます。

メリット

・帰りの時間に縛れないので、自由度の高いトレッキングが楽しめる。

・雨に濡れてもすぐに着替えられる

・下山時のことを気にする必要がないので、トレッキング時の荷物が少なくてすむ

デメリット

・ハイシーズンは駐車場が早く満車になるため、早めに到着する必要がある。

・停められないと山を戻らないといけないのでかなり面倒だと思います。。

  

路線バス

白谷雲水峡へのアクセス_路線バス_屋久島の風景

行きも帰りも、一日4本の運行です。

屋久島の大きな2つの町「宮之浦」と「安房」のうち、

白谷雲水峡に近いのは「宮之浦」になります。
(縄文杉トレッキングに近いのは「安房」の方。)

始発は、宮之浦港からは8:10宮之浦からは8:13発で、

白谷雲水峡には8:45に到着予定です。

安房から向かう場合は、

安房を7:34に発するバスに乗り、宮之浦より手前の「小原町」で乗り換えになります。

宮之浦で乗り換えようとすると、万が一バスの時間が前後した場合に乗り違えてしまうので、

必ず「小原町」で乗り換えるよう注意しましょう。

帰りの最終は16:10発

これを逃すとタクシーを呼ぶかヒッチハイクするしかなくなるので気をつけましょう。

白谷雲水峡へのアクセス_路線バス_小原町
こちらが「小原町」のバス停です!

メリット

・一番安い

・帰りの運転を気にしないですむので、かえってトレッキングに専念できるかも

・帰りの時間を死守しないといけないという縛りは、計画をしっかりとねらないといけないきっかけになるので、逆に安全面では良い面もある

デメリット

・急な天気の変化で下山しなければいけなくなった際に、バスを待つ必要がある

・最終のバスの時間を気にしてトレッキングをする必要があり、初心者や運動になれていない人はペース管理が難しいかもしれない

・行き帰りのバスの時間を計画しないといけないので、そういうのが手間な人は面倒
(旅の計画立てが好きな人は、むしろメリットになるかも)

屋久島交通のバス時刻表はコチラ

タクシー

白谷雲水峡へのアクセス_タクシー_憩いの大岩

いつでもどこでも便利なタクシー。

その代償は、もちろんお代で頂戴します。

メリット

・時間に縛れない

デメリット

・高い

・予約しないといけないのがバスに比べると手間
(とはいえ、バスも計画を立てないといけないのでそれほど変わらない手間かもだけど)

  

白谷雲水峡への持ち物・服装

最後に、白谷雲水峡へ行く際の持ち物や装備についてお話します!

白谷雲水峡_苔むす森の道_もののけ姫の森_持ち物

白谷雲水峡をトレッキングする際の服装と持ち物は、

普通にトレッキングする際の装備であればまず安心です。

縄文杉トレッキングに行ったことがある、前の日に行ったという人は、

同じ服装、同じ装備でいけばまず困ることはありません。

季節に合わせた服装、レインコート、昼食、水分500mlは必須で、

おやつや登山用ポール(トレッキングストック)があるとより安心です。

水も500ml一本でOK。

途中の沢で新鮮な水を汲むことができますよ!

白谷雲水峡_太鼓岩コースの沢_もののけ姫の森ガイド

また、実際に登った24歳男性の意見としては、、

「晴れた時間」に「太鼓岩往復コース」で「苔むす森まで」であれば

普通の運動の準備だけでもなんとかなると感じました。
(観光協会の方が見たら怒りそうですが。。)

山道とはいえそこまで急なことはありませんし、

縄文杉トレッキングに比べると距離もありません。

比較的気軽に参加できると思います

とはいえ、途中に必ず沢を通る必要があるので、

普通の靴だと浸水することは覚悟する必要があります。笑

それが嫌な人は、素直に防水機能付きのトレッキングシューズを履きましょう

👆KEENのトレッキングシューズが、お手頃価格で歩きやすいと思います!

釘を刺しておきますが、

この気楽なトレッキングが許されるのは

「晴れた時間」に「太鼓岩往復コース」で「苔むす森まで」

の場合に限ります。

「奉行杉コース」と「苔むす森~太鼓岩」の道は、

文字通り険しい「山道」になります。

奉行杉コース、あるいは太鼓岩に行く予定の方は、

しっかりとした服装とトレッキングシューズを準備しましょう。

  

スポンサーリンク

白谷雲水峡 まとめ

白谷雲水峡_もののけ姫の森_屋久島観光まとめ

ということで、今回は屋久島から白谷雲水峡の観光案内をお届けしてきました!

屋久島に行ったら誰もがみたいであろう「苔むす森大自然のパノラマビューを楽しむことができる「太鼓岩が二代名物であり、

途中の道のりでもその風景を堪能できるトレッキングコース。

何度も言いますが、「奉行杉コース」と「苔むす森~太鼓岩」山道の「迷いやすさ」は他のトレッキングコースに比べると桁が上がりますし、

なんなら縄文杉コースよりも大変な道のりになりますので、

この2つのコースに挑むことを考えている人は計画に余裕を持ち、しっかりとした準備で向かってくださいね!

それができれば、、

屋久島の素晴らしい自然があなたの目の前に広がることを保証しますよ…!!

  

👆縄文杉トレッキングだけでなく、屋久島への持ち物・観光のオススメコース・日程もご紹介しています!!