みなさんこんにちは!旅狼かいとです!

今日はついに、、

縄文杉トレッキングの日でした!

屋久島の象徴、一番の目玉といってもよい縄文杉に行くことができたので、

今回はそのトレッキングの様子を中心にお届けしていきますよ!

屋久島ひとり旅もいよいよ本番、ですね!

縄文杉トレッキングの詳しい観光案内はコチラから!

  

スポンサーリンク

縄文杉トレッキングへ、いざ!

「初めての屋久島トレッキング&縄文杉初心者はツアーの方が良いという口コミ」

から、今回はオプショナルツアー(アクティビティツアー)に参加しました。

オプショナルツアーはアクティビティ ジャパンで予約!

そして朝の集合時間は、、なんと4:30!

ただ、ホテルまで迎えに来てくれるプランだったので、そこはとてもありがたかったです!
(バスは観光バスで、いくつかのグループが乗合で登山口へ向かいます)

屋久島観光_縄文杉トレッキング
ちょうど日の出の時間です!
屋久島観光_縄文杉トレッキング
スタート地点!最初はトロッコ道を行くので、ウォーミングアップがてら整備された道を歩きます。

ツアーは4人のグループ。

僕たちのグループ、そして他のグループを見ると、年齢や登山歴を見てグループ分けされているように見えましたが、、詳細はわかりません。。

  

縄文杉へ!行きの様子

ということで、、縄文杉へ向けていざ出発です!

屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道
このように、ガイドさんを先頭に隊列を組んで進みます。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道の苔
途中、ガイドさんが屋久島の植生や特徴、見どころやウンチクなんかを話してくれつつ進んでいきます。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道の花崗岩
ガイドさんの運もやはりあるとは思いますが、、僕たちは本当に素敵なガイドさんに恵まれたと思います!
とにかく「屋久島が好きなんだなぁ」というのが伝わってくるような方でした!

縄文杉までは途中いくつか分かれ道があるものの、ほぼ一本道です。

寄り道・休憩を入れて、ゴールの縄文杉までは片道4時間半〜5時間歩きます。

屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道
序盤はこういう手すりなしの道も。調子に乗って歩くと本当に危ないですので注意!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道からの風景
朝の屋久島!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道からの風景
これこそまさに悠久の自然…!!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道
トロッコ道も真ん中を歩かないと滑ります。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道の屋久杉
おお〜!と僕たちは言っているけれど、ガイドさんは「これよりすごいのがこの先ごろごろあるよ」と。笑
屋久島ハンパない。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道
苔むす森、的なところ!屋久島は一年中雨が降っていると言われるくらいなので、こうして苔たちの楽園とかしています。
そしてこれが、屋久島らしい風景を形成してくれているのです!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道からの風景
この風景は本当に清々しかった!やばいですすごいです屋久島。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道の村跡
こちらは最後の屋久島にあった村の跡地。屋久杉は家の材木としてとても優秀だったため、かつては伐採され、上納されていました。毎回森の奥へ行くのは大変なため、森と港の中継地に村が形成されたということだそう。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道
屋久島の特徴としてはもう一つ、花崗岩が地表表面に出ているということです。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道
土壌の上に植物は生えるのですが、屋久島では花崗岩の上に植物が生えています。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道
それが可能となっている理由が、苔と屋久杉なのです。
なんと屋久島では、花崗岩の上に生えた苔や、折れたor伐採された屋久杉が土壌がわりになっているのです!
まさに屋久島ならではの植生ですよね!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道
トロッコ道の一番の風景はこちら!途中、トイレがあるところで撮影できますよ!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道
この橋とか、高所恐怖症の人は結構頑張らないとだと思います…!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道からの風景
梅雨時期のこの晴天は本当に嬉しい!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道_屋久杉
ちなみに「屋久杉」に分類されるためには、
・標高500m以上に自生している
・樹齢1000年以上である
という条件となっています。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道
1000年前って、、
1020年というと、ちょうど平安時代、藤原道長が政権を握っていた時代です。なってこった。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道の自然
屋久島に自生する杉のうち「屋久杉」に分類されないものは「小杉」と呼ばれます。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道の自然
まぁ一般的な杉の寿命が500年と言われているようですから、小杉であってもベテランになるとすでにすごいのですが。。笑
屋久島観光_縄文杉トレッキング_ 山道と屋久杉
といいつつ、トレッキングコースはトロッコ道を抜け山道に突入しました!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_ 山道と屋久杉と自然
参道は特に、木の根がびっしり。ガイドさんのアドバイスとしては、
「岩の上を歩かないと滑るからね」
とのことでしたよ!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_ 山道と屋久杉
なぜ屋久杉の樹齢がここまで伸びるのかというと、
雨が多い環境に適応するために樹脂分が多いからだそう。
油が多いことで腐りにくくなり、丈夫なまま長い時間立っていられるということです。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_ 山道と屋久杉と青空
こちらは10年ほど前に屋久杉が折れたところから見える青空。
「翁杉」と呼ばれていた屋久杉だそうで、次の日はあたりに杉の匂いが充満していたということですよ。
命を感じますね。。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_ 山道と自然

  

見どころ「ウィルソン株」に到着!

縄文杉への途中で最大の見どころともいえるのが、このウィルソン株です!

屋久島観光_縄文杉トレッキング_ウィルソン株
人が10人くらい入れる屋久杉の切り株なのですが、、
屋久島観光_縄文杉トレッキング_ウィルソン株
このように見上げると空洞になっています。
これをある角度から見ると、、
屋久島観光_縄文杉トレッキング_ウィルソン株
なんとハートに見えるのです!!
これは絶対に観光客が集まる、わけです。笑
屋久島観光_縄文杉トレッキング_湧き水
ちなみに、屋久島トレッキングの際はこのような湧き水や沢の水を汲んで水分補給します。
普通に美味しいですし、なんだか自然を感じている気がして楽しいですよね…!!

  

“名前持ち杉”を巡りならが、縄文杉へ!

ウィルソン杉をはじめ、屋久杉の中にはいくつか特徴的な名前を持ったものもあります。

縄文杉までの途中はそういった”名前持ち”の杉をみたり、まだまだ尽きないガイドさんのお話を聞けました!

屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
ウィルソン株をあとにすると、少しずつ霧がかってきました。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
縄文杉が見えなくなってしまうかもしれないけれど、雰囲気はこちらもまた良いですよね!
という感じで進んでいきます。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
休憩中にカメラを構える。行きの写真はほとんどスマホのカメラで撮影しています。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
雰囲気が出てきましたね〜
屋久島観光_縄文杉トレッキング_大王杉
こちらが「大王杉」です!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_夫婦杉
そしてこちらが「夫婦杉」。ふたつの杉の枝がくっついてしまったことからこう呼ばれています。
杉が手を繋いでいるなんて、ロマンチックですね〜
屋久島観光_縄文杉トレッキング_ヒメシャラ
褐色の木は、杉が大好きなヒメシャラ。苔と共存する屋久島の植生の中では非常に異質で、脱皮して樹皮に苔などがつかないようにしています。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_触れる屋久杉
こちら、世界遺産エリアで唯一触れることができる屋久杉です。命を感じます。パワーをいただきましょう!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_昼食
ここでお昼ご飯です!屋久島の大自然の中でのお弁当。格別!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
縄文杉までももうほんの少し!雰囲気も出てきましたね!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_オッこと主
最後の”ネームド”、小杉ではありますが、「乙事主」と呼ばれているそうです!
頭を入れて写真を撮れば、あなたもサンとアシタカの気分を味わえる、、かも!?

  

ついに到着!縄文杉!

ついに到着!縄文杉です!

樹齢は、少なく見積もっても2000年以上、長い場合は3000年以上ともいわれる屋久杉の”ボス”ですね!

屋久島観光_縄文杉と霧の自然
以前はもう少し近くから見れたそうですが、枝が折れる可能性があるということで展望台が後ろに下げられてしまったとのことです。
屋久島観光_縄文杉と霧の自然
まぁこの大きさの枝が折れたらひとたまりもないですからね。。
屋久島観光_縄文杉と霧の自然
ガイドさんに撮ってもらった写真
屋久島観光_縄文杉と霧の自然
縄文杉は、正面からだけでなく左右からも見ることができます!
屋久島観光_縄文杉と霧の自然
正面からとは全然違った雰囲気ですよね!
屋久島観光_縄文杉と霧の自然
霧がかっているのもまた良いですね!
屋久島観光_縄文杉と霧の自然
ちなみにこの縄文杉、実は屋久杉の中では”落ちこぼれのブサイク”なんです。
屋久島観光_縄文杉と霧の自然
というのも、ここまでの道中にある屋久杉のほとんどは伐採されてしまっているのですが、この縄文杉は形が歪であったために伐採を免れていたというのです。
屋久島観光_縄文杉と霧の自然
それが今では日本が誇る世界遺産ですから、本当におもしろいものですよね〜!
屋久島観光_縄文杉と霧の自然_メドューサ杉
縄文杉の展望台近くには、こんな杉も立っています。
屋久島観光_縄文杉と霧の自然_メドューサ杉
個人的にはこっちもすごく好きでした!
ちなみにこういう形の杉は”メデューサ杉“と呼ばれているみたいですよ!
屋久島観光_縄文杉と霧の自然
写真ではわかりにくいですが、とにかく大きいのが縄文杉。
屋久島観光_縄文杉と霧の自然
屋久島観光_縄文杉と霧の自然_メドューサ杉
屋久島観光_縄文杉と霧の自然
しっかりとパワーをいただきました!
屋久島観光_縄文杉と霧の自然
下山します!

   

霧の中、帰路へ!

縄文杉をあとにし、来た道を戻っていきます!

登ってきたのと反対なので、当然帰りは下りがメイン。

だいたい行きよりも30分近く早くなるとのことです。
(つまり帰りは4時間〜4時間半くらい)

屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
霧が濃くなってきました!この雰囲気こそ屋久島の真骨頂!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然

縄文杉のところでは霧がおジャマでしたが、、

森を歩くとなると、この雰囲気の方が”屋久島らしさ”があってたまらなかったですね…!

まさに”もののけ姫”の世界観!!

屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
ちなみに、もののけ姫の森“と呼ばれる「苔むす森」へは明日行く予定です!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
縄文杉と苔むす森を一日でまわるのは可能ではありますが、
一日縄文杉まで歩いた身としてはオススメはしません。”ガチな健脚コース”ですよ、多分。笑
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
根の上は歩かないように、と言われたが、この道は、、笑
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
これも腐らない屋久杉ならではの道ですね!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
いろいろなグループを追い抜いていきます。かなりペースが早かったっぽいですね、僕たち。笑
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
苔と緑。本当に屋久島ならではなんですよね〜
屋久島観光_縄文杉トレッキング_夫婦杉
夫婦杉のところまで戻ってきました!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
さっきサラッと書いてしまいましたが、実は世界遺産登録されているのは、屋久島の一部だけ。ここがちょうどその境目です。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_大王杉
大王杉!こちらも樹齢は2000年以上。
ちなみに、縄文杉や大王杉の樹齢がアバウトなのは、切って年輪を確認することができないから。
あくまで見た目の高さや太さ、DNA調査による推定だからです。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
休憩スペースに戻ってきました。
軽食もあると、こういう小休憩でエネルギー補給ができるのでオススメです。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
そういえば、、
今まで装備のことを言っていませんでしたね。笑
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
写真を見ていただくとわかると思うのですが、装備はしっかりとした登山用のものを用意しましょう。最低でも、トレッキングシューズと雨具上下、500mlの水分、昼食は必須です。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
特に靴はトレッキングシューズを必ず準備しましょう。ツアーのプランによってはレンタルも可能ですよ!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_ウィルソン株
そうこう言っている間に、ウィルソン株まで戻ってきました!一応もう一度中でハートを撮影しておきました!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_切り株と苔
休憩がてら、切り株と苔を撮影。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_切り株と苔
たっぷりと水を含んでいるのが屋久島らしい。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_切り株と苔
まさに屋久島の植生を支えるのが、この苔たちなのです。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
帰りの山道では一眼が大活躍!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
とにかく撮影しまくりました。笑
(しすぎて選定に時間がかかった。。反省。)
屋久島観光_縄文杉トレッキング_山道と霧の中の自然
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道
トロッコ道まで戻ってきました!もう半分もありません!

   

帰還まであと一歩!屋久島の大自然を感じながらトロッコ道をいきます!

トロッコ道からは、ガイドさんの粋な計らいなのか、順番に先頭を歩かせてもらいました!

屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道
前に誰もいないと、本当に探検している気分です…!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道
次回からはガイドなしでも楽しめそう。

本来ならばまっすぐ登山口に戻る予定なのですが、バスが乗合の関係で他のグループを待つことになるということで、

プランにはない寄り道をすることに!

屋久島観光_縄文杉トレッキング_川べりで黄昏れる寄り道
屋久島を流れる数少ない川べりで休憩。
屋久島観光_縄文杉トレッキング_川べりで黄昏れる寄り道
足を突っ込むとめちゃくちゃ気持ち良かったです…!文字通り、ここまでの疲れが吹き飛ぶくらいでした!!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_川べりで黄昏れる寄り道
本当はエメラルドグリーンだそうですが、この時期は雨が多く濁ってしまっていました。
それでもう嬉しい寄り道でした!!

川での休憩を挟んで、最後の人歩き!

屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道からの風景
岩と山と空と。この風景はいつ何度見ても最高ですね!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道と橋
この道を先頭で歩けたのが地味に嬉しい。笑
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道とサル
なんと野生のサルにも遭遇!手を出したり不用意に近づかなければ、向こうからは何もしてこないとのことです!
屋久島観光_縄文杉トレッキング_トロッコ道からの風景
いよいよ終着です!!

ゴールの様子の写真は、、

動画で撮ることに夢中になっていた+達成感

で完全に忘れていました。笑

それくらい久しぶりに頑張って歩いたともいます。

もちろん、その頑張り以上のものを見られましたから、今日はもう大満足の一日でした!!

   

スポンサーリンク

一日の締めはお散歩と夕ご飯!

トレッキングは終わりましたが、一日はまだ終わりません!

ホテルに送迎してもらい、明日以降の食事と今日の夕ご飯を求めて港の方へ向かいます。

屋久島の夜
6時半くらいでしたが、全然日が沈む気配がないです。笑
屋久島の夜
離島あるある。ネコがいっぱい。
屋久島の夜
山には雲がかかっています。あそこにいたのか〜と思うと、本当に不思議な気分になります。
屋久島のレストラン
安房港のスーパーで買い物を終え、ホテル近くのレストランで夕食をとります!
屋久島_とびうおのひつまぶし
屋久島名物はとびうおだそう。こちらのお店の一番人気「とびうおのひつまぶし」をいただきました!
屋久島グリーンホテルへの帰還
お腹もふくれて大満足の一日でした!!

ということで、今日の旅日記はこれで以上になります!

この後は写真と動画の整理をしていました。

なんとかブログとYouTube投稿もスムーズにやりたい…!!

ではまた明日、お会いしましょう!!

  

👆4日目、苔むす森と太鼓岩、白谷雲水峡の様子はコチラ!

    

屋久島ひとり旅 3日目の移動記録
屋久島ひとり旅 3日目の移動記録