今回は北の旧帝大、北海道大学札幌キャンパスの紅葉をご紹介!

大学でありながら札幌市内の観光地の1つでもあり、休日を中心に日々国内外を問わず多くの観光客が訪れています。

特に、夏のポプラ並木秋のイチョウ並木は北大二大観光地!

ということでそんな北海道大学ですが、、一応母校でして、、、(笑)

今回ご紹介するのは、在学中の朝の時間に、新しく買ったカメラの試し撮りのために撮影したものです!

ですので、あまり観光案内という感じではないということを先に断っておきます!笑笑

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

北海道大学の紅葉

ともあれ、日本最北の旧帝大・北海道大学こと「北大」の紅葉をご紹介していきます!

 

おそらく、ほとんどの観光案内とは逆、今回は北のほうから入っていきます!笑
(というのも、家がこっちですので笑)

学生からは「十八条門」と呼ばれる場所ですが、特に門という門はありません!笑

進んでいくとまずあるのが高等教育推進機構、通称「教養棟」。
その前に並ぶ木々の紅葉。

まだ先の方が色づいているにとどまっていますが、これはこれで良いコントラストですね!

 

メインストリートを見るとこんな感じ!
だいぶ色づいてきています!

反対側からも

 

ちなみに、校舎の方へ行くとこんな感じ。

この先へさらに進むと牧場トレーニングセンター、そして恵迪寮があります。

今回はここまでしか進みませんが、観光でお立ち寄りの際は進んでみても面白いですよ!

 

北海道に来て一番驚いたのはカラスがやたらと大きいこと!

写真だとわかりにくいかもしれませんが、本州のカラスと比べてひとまわり大きい気がします。

ここで生物の法則を確認できるとは思わなかった。。笑
(寒い地域ほど体が大きくなるという「ベルクマンの法則」です!)

 

さて、メインストリート(北大生は「メンスト」と呼びます!)に沿って南へ進むと、右手に工学部棟が見えてきます!

ちなみに工学部は北大で最も多くの学生を抱える学部。
当然、学部棟も一番大きいです!

噴水には、雪が降る期間はブルーシートがかけられます

空を仰ぐと色づいた木々が覆ってきます!

同じところをスマホ(iPhone)で撮るとこんな感じ。

やはりアップの写真はカメラに軍配ですが、手軽に鮮やかな写真を撮るならスマホでもよい気がします!

 

校舎の前には多くの植物が植えられています!

こちらもスマホの写真
ここが工学部棟の端

 

葉っぱの後ろから撮ってみる。

レタッチのよってだいぶ色が変わる。。
まだまだです。

 

工学部棟の前から見たイチョウ並木

ここから見るのが一番綺麗だと思います!!

完璧に色づくのはもう少し先のようです
アップして傾けてみる。そうでもないな。笑

 

並木については最後にとっておきます!

ここは一度通りすぎ、メンストをさらに進んでいきます。

すると見えてくるのが大野池

こちらも、一番見頃の時期なら池の周りが綺麗に色づきます!

この角度、実際見るともっと綺麗!おすすめです!!
池はこんな感じ

 

池を後にして進みます。

レストラン前。このレストラン、果たして何人の学生が使ったことがあるのだろうか。。笑
中央食堂の前の、松、、?

 

次に見えてくる見所は博物館

 

メインストリートの端まできました!

この左の樹、葉でぎっしりと覆われているんですよね〜〜!

樹のところからメインストリートを見るとこのように見えます!

南(正門側)の方が色づきが早いですね!
最初に見た教養棟前からよりこっちから見た方が綺麗ですね!

 

こちらが観光地として有名な「古河講堂」です!

昭和の雰囲気が強く残った、北大の中でも特別な建物。

こういう雰囲気の建物、個人的にとても好きです。

 

古河講堂の少し先を見ると中央図書館があります。

日々多くの学生が勉学に励んでいます。

 

そんな中央図書館の正面にあるのが「中央ローン」と呼ばれる緑の広場です!

キャンパス内にちょっとした緑があるのはとても気持ちが良いです!!

「サクシュコトニ川」と呼ばれている小さな川
水のせせらぎが、夏場は特に心地よいです!
小さな滝も

もちろん紅葉も!

かなり赤々と色づいていて綺麗でした!
「赤」というより「緋」という色合いです!!

 

中央ローンは正門から入れば一番最初に目に入る場所です。

ということで、ここでUターンして並木のほうへ戻っていきます!

 

1 2