今回ご紹介するのは、富士五湖が一つ「山中湖」です!

白鳥の湖」とも呼ばれる、富士五湖の中でも人気が高い観光スポット!

今回はそんな山中湖について書いていきます!

 

スポンサーリンク

山中湖の基本情報

面積は6.57km2と、富士五湖の中では最大の面積を誇ります。

湖面の標高も富士五湖の中では最も高い位置にあり、日本全体でも第3位。

逆に、水深は富士五湖の中で最も浅い13.3mであり、標高と合間って気温が低くなれば全面凍結することもあるそうですよ!

全面凍結まではいかなくとも部分的に湖面が凍ることは多く、その際はワカサギ釣りを楽しむことができます!

 

山中湖は相模川(山梨県では桂川と呼ばれる)の源流で、富士五湖で唯一天然の流出河川を持った湖です。

(河口湖は人口の河川を引くことで川に繋がれており、他の3つの湖は河川による水の流出入はありません。)

 

冒頭でご紹介した「白鳥の湖」の由来は、白鳥が生息していることから!

「見れたらラッキー!」というほど珍しいわけでもなく、湖の周りの砂浜でも比較的高い割合で見ることができますよ!!

(僕たちも実際に白鳥を見ることができました!写真は後半にご紹介しますよ!)

 

 

山中湖の楽しみ方!

観光地として非常に人気がある山中湖には、年間約400万人の観光客が訪れます。

次はそんな山中湖での楽しみ方をご紹介!

 

遊覧船

山中湖観光船が運営する遊覧船が「白鳥の湖」!

「白鳥の湖」は遊覧船の名前です。笑

湖では定番の楽しみ方ですね!

富士五湖最大の湖を白鳥と共にゆっくりと堪能するだけでなく、そこから日本一の富士の山を眺められるとは、、!!

贅沢なひと時になること間違いなしです!

白鳥の湖
山中湖遊覧船 富士汽船株式会社ホームページより)

  

マリンスポーツ

SUP!

こちらも広さを最大限に生かした水のレジャーですね!

ウェイクボードバナナボートといった定番から、フライボードSUPなど今話題のものまで、数多くのマリンスポーツを楽しむことができます!!

ウェイクボード!
フライボード!
「水圧で空を飛ぶ!」ってやつ!

 

そしてマリンスポーツの後は、、BBQ!ですね!!

湖で遊び、湖畔の砂浜でバーベキュー!

いいですね〜

青春ですね〜〜

ということで、夏の山中湖には水着は必須ですね!!

 

GAKUROKU MARINE
山中湖 中央ボード&マリーナ
かつらやボートハウス
など、多くのマリンスポーツ店があります!

こういったお店は、冬場はワカサギ釣りを開催しているところも多いですね!

 

サイクリング

山中湖の湖岸には、湖を一周するようにサイクリングロードが敷かれています

距離は約15km!

湖と富士山を片手に見ながらサイクリング、一度はしてみたいですね〜!

 

マリンスポーツ同様、様々なところでレンタサイクルが行われていますので、ウェアや水分等の準備をしていけば楽しめそうですよ!

※画像はイメージです(笑)

 

釣り

山中湖にはブラックバスが放流されており、バス釣りを手軽に楽しむことができます!

そして前述の通り、冬場はワカサギ釣りを楽しむこともできます!

一年を通して釣りを楽しめるというのは、釣り好きにとってはたまらないポイントですね!

 

 

山中湖周辺の観光スポット

ここまでは山中湖での楽しみをご紹介してきましたが、ここでは山中湖周辺の観光スポットをご紹介します。

せっかく山中湖にまで来たのですから、もう一歩足を伸ばしてみましょう!

 

山中湖 花の都公園

山中湖の北西、後述の忍野八海と山中湖の間に位置するのが「花の都公園」です!

その名の通り、一年中四季折々の花々を眺めることができます

そして最大のポイントは、それらの花畑のバックに富士山が見えるということ!

この一枚画は本当に見事としか言えない!!

季節によって様々な風景が楽しめるというのもまた素敵ですね!

まさに“日本ならでは”の楽しみです。

花の都公園 ギャラリー

 

パノラマ台

眼下に山中湖、そして正面に富士山を望むことができるビューポイント!

山中湖から三国峠へ向かう県道の途中にあるので、車で観光をされる方はぜひ立ち寄ってみてください!

山中湖村 観光公式ガイドより

 

忍野八海

富士山の伏流水が湧き出る地がこの忍野八海!

国指定の天然記念物名水百選、さらには山梨県の新富嶽百景に選定されており、
2013年に世界遺産に登録された「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一部にもなっていますね!

 

「八海」という名前は、富士講の人々が富士登山を行う際に8つの湧泉を巡礼し水行した「八海めぐり」からきています。

数多く存在する湧水池から“八”つの泉としたのは、「八」を尊ぶ仏教思想からと考えられています。

ちなみに、「富士講」というのは富士山とその神霊への信仰を行う宗教的団体の一種だと思えばよいです!

そしてその富士講では忍野八海を「富士山根元八湖霊場」、略して「元八湖霊場」と呼んでいるそうで、これが正式名といえそうですね!

 

信仰対象の富士山を登る前の水行、すなわち身を清めるための水として使われていることからもわかるように、古くから忍野八海の水は澄み渡るほどに美しい水として大切にされてきました

これは、富士山からの雪解け水が地下の溶岩でできた層でろ過されることで生み出される水なのです!

👇富士山周辺の水源については別記事でまとめています!👇

 

こういう自然と宗教などの文化のつながりは、
なんだかロマンがあっていいですね~~

ちなみに8つの泉のそれぞれには「竜王」が奉られており、各々ものすごくかっこいい名前がついています!

催し物としては、この「八大竜王」を祀る「八海祭り」が毎年8月8日に執り行われます。

 

日本を代表する文化の一部、一度は行っておきたいです!!

、、が、近年は観光地化の影響で水質悪化が懸念されているそうですので、マナーはしっかり守っていきましょう!

忍野村観光協会 富士忍野高原 おしのナビ
忍野村公式ホームページ

 

 

山中湖の様子

ではでは、最後に実際に足を運んだ際に撮った写真をご紹介していきます!

 

まずは湖の様子から!

穏やかな湖ですね〜

 

少しすると白鳥たちが寄って来てくれました!!

夫婦かな?
それとも親子??

めちゃくちゃ姿勢いいな。

おおー!!ファンサービス精神が旺盛な子だ!!

 

こちらは、白鳥にあげていたエサを文字通り「死に物狂い」で獲りにくる魚たち。

陸に上がってますからね。笑

ねえ君たち、そんなにほしいのかい、、?笑

 

浜辺をあとにして車でぐるっと湖岸を走っていると、ギリギリ富士山が雲の隙間から、、!

この日はあいにく”いい感じに”雲に隠れっぱなしの富士山でした。。笑

シャッターを切るのが少し遅かった!
けど、空色と雲のコントラストは個人的にお気に入りです!

 

 

スポンサーリンク

終わりに

ということで、今回は山中湖をご紹介してきました!

ご紹介した見所以外にも、楽しめるところはまだまだありますし、周辺には温泉ハングライダーを体験できるところがあったりと、山中湖とその周辺だけでも一日遊び尽くすことができます!

 

また、山中湖の周りはキャンプ場や合宿場が多く、観光や遊びのみならず、
会社や学校の研修や部活・サークルのスポーツ合宿などにも利用できるという、まさにオールラウンドな活躍をみせてくれます!

 

美しい白鳥たちも間近で見ることができますし、荘厳な富士の山を様々な角度、そして四季折々の花々と共に見ることもできます!

どんな形でも富士山を楽しむことができる山中湖、ぜひ一度足を運んでみてください!!