今回お届けするのは、イギリスの南西部、イングランドの中央部に位置するバース(Bath)という町です!

「バース」と一言聞いて、「ああ、イギリスのね!」となる方はそこまで多くないと思います。

「バース」とググると最初に出てくるのは、野球選手の「ランディ・バース(Randy William Bass)」や「バースデイ(Birthday)」の「バース」ですからね。笑

日本ではあまり馴染みがない町ですが、実はバースはイギリス国内では有数の観光地で、なんとロンドンに次いで観光客数の多い都市なのです!

そんなバースへ実際に行ってみたので、その様子とともにバースの町をご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

バース(Bath)の歴史

冒頭でもご紹介したように、「バース(Bath)」はイングランド中央部に位置するイギリス有数の観光地で、町にある3つの源泉から湧き出る温泉で非常に有名です。

バースの町に関する最古の記録は、古代ローマによって「ブリタニア」として支配されていた2世紀頃のもので、「温泉の町」として発展していたというもの。

バースの温泉はさまざまな病気に効用があると考えられていたそうで、”テルマエ(thermae)”好きなローマ人にとっては願ってもない土地だったのでしょうね~!

温泉自体は、バースの地がローマに支配される以前から土着の民族であるケルト人によって利用されていたと考えられており、ケルト人は温泉(温泉源)を信仰の対象としていたともされています。

 

ちなみにバースの町は、ローマ時代には”Aquae Sulis”と、アングロ・サクソン人には温泉にちなんで”Baðum”などと呼ばれていたそうです。

このことから、
“Bath”という町の名前が「お風呂」を意味する単語”bath”の語源となった
とよく言われていますが、
実際は、『温泉があるから付いた地名である』という説の方が有力視されているそうですよ。

それでも、『町の名前が言葉の語源になった』の方がロマンは感じますよね!
“ローマ”だけにっ!
“ローマ”だけにっっ!!

 

はい。歴史のお話に戻りましょう。笑

ブリタニアがローマ帝国の支配から独立した後、バースのローマ様式の浴場は破壊され、温泉の文化は一時期は廃れますが、地元民の温泉の利用は続けられていたようです。

そんなバースが温泉地として再びスポットが当てられたのは、エリザベス1世の時代。

そして、その後の18世紀の「ジョージアン時代」と呼ばれる時代に、ロンドンの貴族や富裕層の保養地として大規模に再開発がなされました。

バースに到着して町の中心へと歩いていくと、おそらく統一感のある建物群に目を惹かれると思います。

これらの建物は、バース周辺の地域で採れた”はちみつ色”の石灰岩「バース・ストーン」によって建てられたもので、その多くが「ジョージアン時代」に建てられた建築物なのです。

石造りのはずなのに”柔らかみ”を感じさせるこの街並みが、第二次世界大戦後の再建を経て、現在でも町に歴史を伝えてくれているのですね!

バース・ストーンでつくられた「世界一美しい集合住宅」こと「ロイヤル・クレッセント」!

 

近代に入って、温泉は1978年に一度閉鎖され、その間は温泉施設跡を見ることしかできませんでしたが、2006年に市内中心部に源泉を利用した総合スパ施設サーメ・バース・スパ(Thermae Bath Spa)がつくられ、再びバースの地で温泉を楽しむことができるようになりました!

加えて、1987年に町全体が世界遺産に登録されています

町そのものが観光地になるなんて、ホントにすごいです!

でもこれって、ヨーロッパの国々だと聞く話ではありますよね。

それだけ昔ながらの街並みを保存しているってことですから、この辺はヨーロッパ諸国の文化保存の意識の高さが伺える素敵なところです!

日本でも、今残っている歴史ある街並みは大切にしていきたいものですね!!

 

ロンドンからバースへ!(アクセス)

今回はちょくちょく町の様子や僕の観光の流れを挟んでいこうと思います。

ということで、まずはロンドンからバースの町へ向かった際の紹介から!

 

電車でロンドンからバースへ向かう場合に利用するのは「パディントン駅(Paddington)」です。

バースの到着駅は”Bath Spa“という駅になります。

“Bathgate”という駅もありますので、個人で予約して行く方は注意です。

ロンドンの”Paddington“からバースの”Bath Spa“までは、片道約1時間半の旅路になります。

ちなみにバスだと3時間弱かかるみたいですね。

何番線から出るかは出発数十分前にならないとわからないので、早めに行って電光掲示板の前で待っていましょう!

 

駅に着いた様子がこんな感じ。

「めっちゃ人多いじゃん!」
と驚いたのですが、
この日はたまたま、市内でマラソン大会があるとのことでした!

 

 

バースの見どころ

ではでは、イギリス屈指の観光地であるバースの見どころをご紹介していきますよ!

 

ローマン・バス(The Roman Baths)

ローマン・バス(The Roman Baths)は、バースの町を”温泉で有名”たらしめている、市内No.1の観光地!!

ローマン・バス(The Roman Baths)は、紀元前1世紀頃にローマ人によって建てられた大浴場です。

浴場内には、当時の浴場では珍しいプールがついていたほか、
「温泉の効力は神の力」だと考えられていたことから、浴場内には知恵と工芸そして、戦の女神である「ミネルヴァ神」の神殿もあったそうですよ。

実際に行ってみると、温泉だけでなく、当時の様子を再現した劇のようなものをしていたり、多くの展示物があったりします。

展示物は、ローマン・バスの歴史はもちろんのこと、バースの町についてもありましたし、他にも、ミネルヴァの胸像やゴルゴンのレリーフ、さらには、温泉に投げ込まれたコインまでもがありました。。!

昔から、人は水が溜まったところに祈りを込めてコインを投げ入れていたみたいですね。。

古代ローマに関する歴史的建造物としては、北ヨーロッパ随一の保存状態と言われるほどですので、イギリス観光としてのみならず、歴史好き、特にローマ史好きの方にも楽しんでいただけると思いますよ!!

 

写真でローマン・バス!

では、写真で詳しくご紹介していきましょう!

まずは外観から。

温泉とは思えないほど立派な建物。これだけで歴史を感じます。。

温泉!

この色、『千と千尋の神隠し』の”薬湯”を思い出しませんか??

温泉を囲む石像たちの紹介です。

すぐ横のバース寺院(バース・アビー)も立派です!

下に降りてきました。

博物館は地下にありますよ。
源泉、でしょうか?!
入りたい。。
入りたい。。。
一番大きな浴場以外にも何箇所か小さめのお風呂もありましたよ!

 

バース寺院(バース・アビー、Bath Abbey)

ローマン・バスの隣に位置するのがバース寺院(バース・アビー、Bath Abbey)

ローマによってつくられたローマン・バスを勘定に入れないと、バースの町では一番古い歴史を持ちます。

史上初めて統一イングランドの王となったエドガー王が、993年に戴冠式を行った教会として有名です。

建物内部の、扇が広がったような模様の天井と、80%が窓で覆われている壁が最大の特徴で、その様子は「イングランド西部の灯火」と讃えられるほど。

また、西の壁のファサードには「天国への梯子」と呼ばれる梯子を登る天使の彫刻が施されており、こちらも見所の1つとなっています。

 

写真でバース寺院!

ではでは、バース・アビーことバース寺院の写真もご紹介していきます!

今回は中へは入らなかったので外観のみのご紹介となること、あらかじめご了承ください。。

西の壁のファサードです!
左右の梯子のに見えるのが「天国への梯子」です!
ぐるっとまわって正面です!
外から見ても窓がおしゃれですよね〜
こちらは、帰りがけに改めて立ち寄ったときの写真。

 

町を散策!

次にご紹介するロイヤル・クレッセント(Royal Crescent)までは少し距離があったので、その際街を歩いた様子もご紹介します!

ここがメインストリートのようなかんじでしたね!
横道はこんなかんじ。
なんとなく撮ったところ、だと思う。笑
沿道ではたくさんの人がマラソンの応援をしていました。
マラソンのコースを外れると一気に人の気配がなくなります。
とても綺麗な街並みです!

 

ロイヤル・クレッセント(Royal Crescent)

ということで、ロイヤル・クレッセント(Royal Crescent)にやってきました!

ここまでご紹介してきたローマン・バスとバース寺院はバースの古代・中世の歴史を物語る名所でした。

対してこのロイヤル・クレッセントは、バース、ならびにイギリスの近世・近代の歴史を物語る名所になります。

道を行くと、”ROYAL CRECENT”の文字が、、!

 

冒頭の歴史の部分でお話ししたように、18世紀に入ってバースは保養地として開発が進みます。

そんな時代に、イギリスの建築家であるジョン・ウッド親子が8年の歳月をかけて建てた「世界一美しい集合住宅」と呼ばれる建築物がロイヤル・クレッセント(Royal Crescent)です。

パッラーディオ様式という、古代ギリシア・ローマの神殿建築から着想を得て、その対称性や奥行き、価値観に基づいた建築様式を採用しているのが特徴です。

「クレッセント(Crescent)」は「三日月」の意味で、その名の通り三日月を連想させる巨大な半楕円形の集合住宅は、左右対称のカーブを描きながら地上3階、地下1階の30の邸宅が連なっています。

一番端の1号室は博物館ナンバーワン・ロイヤル・クレッセントとして一般に開放されており、
ロイヤル・クレッセントが建設されたジョージアン王朝時代の階級社会の歴史や様子を垣間見ることができます。

 

正面には、ロイヤル・クレッセントに抱かれるように緑一色の芝生が広がっています!

この正面からの写真もお気に入りです^ ^

ロイヤル・クレッセントを写真に収めるのはもちろんですが、暖かく晴れた日に青空の下、世界一美しい集合住宅に見守られながらこの芝生ゆっくりとくつろいでみたいものですね~

犬くん(ちゃん)も走り出したくなります!!
おしゃれなオブジェも。
木にはリスが!
ナイスポジション!
まわりの住宅もお洒落ですね〜
駅の方へ戻ります!

 

サーカス(The Circus) 

ちなみに、、
駅やローマン・バスからロイヤル・クレッセントに向かった場合に、ロイヤル・クレッセントの手間で通るサーカス(The Circus)も、同じくジョン・ウッド親子が建てた集合住宅です。

こちらは少し小ぶりですが、周囲360°をバース・ストーンの美しい建物に囲まれてみると、なんだか不思議な気分になりましたよ!

長方形の窓がズラリと並ぶ様子は圧巻です!
車も輪になって停まっています。笑
この電灯好き。

 

駅の方へ戻ります!

では、来た時と同じように再び町を散策した様子をご紹介していきます!

 

バースの町は、ローマン・バスやバース寺院がある中心部から離れると坂が多くなります。

そんな町を埋め尽くす”はちみつ色”のバース・ストーンでできた住宅地。

本当に町を歩いているだけで、”バース”という町を堪能することができました!

この雰囲気はぜひ味わってみてほしい。。!!

坂を見上げる。
イギリスでは車を路上に停めるのが当たり前の文化みたいですね。
坂を利用して地下にあたるところにも入り口が。
坂の上から。裏道と、正面の丘に並ぶ街並みが素敵でした。
スマホのカメラだとこれが限界か。。
大きな道路を囲むのもバース・ストーン。
だいぶ下ってきた。
町全体の統一感がとても素晴らしかったです!!
“SCHOOL”とあったので学校でしょうか。。?おしゃれすぎる校舎ですね〜!
中心部に戻ってきました。
駅前には尖塔が印象的な教会が建っています!
こちらは駅前の公園。最後の最後に晴れてくれました!

 

 

行きたかったところ!

ここからは時間の関係で泣く泣くカットした、本当は行きたかったところをご紹介します!

実際に行って見てきた感想はありませんが、「バースの見どころ」として多く取り上げられる場所ですよ!

 

サーメ・バース・スパ(Thermae Bath Spa)

上の歴史のお話でもちょこっと触れた、2006年にバース市街にオープンした近代的な要素も取り入れつつも伝統的な英国式も織り交ぜた総合スパ。

サーメ・バース・スパ(Thermae Bath Spa)」は日本語にすると「温泉・温泉・温泉」なんです!
(”Thermae”は「サーメ」と読んでいますが、これは「テルマエ」を英語読みしたものですね!)

まさに「温泉好きの、温泉好きによる、温泉好きのため温泉」となっているわけです!

※写真はめちゃくちゃイメージです。

中でも一番人気は、「ルーフトップ・プール」という名前の屋上にある露天風呂!

バース市街の美しい街並みを、ローマ人も楽しんだ天然温泉に入りながら眺めることができるなんて、贅沢すぎますね!!

僕も次に行ったときはゆっくりと入りたいものです。。

👇詳しくは公式ページで!👇
https://www.thermaebathspa.com/

 

アセンブリー・ルーム(Assembly Rooms)

ロイヤル・クレッセントやサーカスと同じく、ジョン・ウッド(の息子)が設計を担当した建造物。

18世紀に貴族たちが保養地としてバースに訪れるようになって以来、紳士淑女の社交場として舞踏会やお茶会などが催されました。

当時の様子が色濃く残る内装や、地下にある「ファッション・ミュージアム」では、イギリスの華やかな貴族文化に触れることができます。

時期によっては、様々なテーマで特別展示も行われており、また、日本語の音声案内が無料で借りれるそうですよ!

イギリスやヨーロッパの貴族文化に興味を持つ人はもちろんのこと、ファッション・ミュージアムではドレスの試着ができるので、女性のみなさんは特に楽しめるのではないでしょうか!

もちろん、エスコートする男性陣もね!笑

 

サリー・ランズ(Sally Lunn’s)

引用:Sally Lunn’s 公式ホームページより

バースの町で、「バース寺院」の次に歴史のあるのがパン屋さんなんです!

それがサリー・ランズというパン屋さん。

サリー・ラン・バン」という、フランスのブリオッシュが変化して今の形になったとされるバースの名物です!

見ているだけでヨダレが垂れてきます。。!
引用:Sally Lunn’s 公式ホームページより

 

また、バースの名物には「バース・バン」という、キャラウェイの実をのせてミルクと砂糖を使って焼き上げたパンも挙げられています。

意外にも、バースの名物はパンなんです!
バースに来たらパンを食べましょうね!!

かく言う僕は、サリー・ランズを探していたのですが結局よくわからず、一番見栄えがよかったパン屋さんでパンを購入しました!笑

 

というのも、この日の目的地はバースだけじゃなかったので!

というか、バースは”ウォーミングアップ”みたいなもので、午後の目的地こそ本命でしたので!

その本命こそ、グラストンベリーです!!

この日はお昼頃までバースを観光し、午後はグラストンベリーへ行きました!

ということで、バースの続きは、後日あげるグラストンベリーの記事でご紹介します!!

パン屋さんの外観。
パンは移動の電車内でいただきました!

  

  

スポンサーリンク

バースのまとめ

今回は、温泉の町で知られるイギリス屈指の観光地バースについてご紹介してきました!

ローマ時代から湧き続ける温泉はもちろんのこと、イギリス貴族の社交場となった近世・近代の街並みも素晴らしいものがありました。

本当に、石造りのはずなのに”柔らかさ”を感じるんですよね〜〜!

そして、ここまで町の建物に統一感があり、その様子が今でも見ることができるというのは、なかなか類を見ないのではないでしょうか。

町全体が世界遺産なのも頷けますね!

ロンドンからのアクセスも電車一本ですので、イギリスやロンドン観光に訪れた際は、ぜひバースの町まで足を伸ばしてみてくださいね!!

 

そして、バースの後に行ったグラストンベリーについてもぜひご覧くださいね!

個人的には一番の”推し”ですので!!

バイバイ、バース!
そしていざ、グラストンベリーへ!!

 

👇グラストンベリーについてはこちらから!👇