今回ご紹介するのは、ロイヤルファミリーことイギリス王室の王族たちが住まうバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)です!

現在のイギリスの女王であるエリザベス2世が住まい、執務などを行っている場所になります。

バルコニーにロイヤルファミリーが揃ってお出ましになると、決まって世界的にもニュースになりますね!

また、衛兵交代でも非常に有名な観光地でもあり、数ある宮殿の中でも、現在のイギリス王室の第一宮殿にあたるのがこのバッキンガム宮殿です。

 

スポンサーリンク

バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)の歴史

では、まずはバッキンガム宮殿の歴史から。

 

バッキンガム宮殿の歴史は、1703年にバッキンガム公ジョン・シェフィールドが自らの邸宅として建てた「バッキンガムハウス(Buckingham House)」から始まりました。
この邸宅は、完成した当初はレンガのみで造られた質素な邸宅だったそうですよ。

王族が使い始めたのはジョージ3世の代から。
彼が王妃シャーロットと子供たちのために邸宅を譲り受けて私邸としてしたのが始まりです。

そしてジョージ3世の次の王ジョージ4世が、レンガ造りだったバッキンガムハウスを12年の歳月をかけてルネサンス様式からネオクラシック様式に全面改装します。

ジョージ4世本人はバッキンガム”宮殿”となった邸宅の完成を見ることなく亡くなってしまいますが、
続くヴィクトリア女王がそれまでのセント・ジェームズ宮殿からバッキンガム宮殿に移り住み、それ以降バッキンガム宮殿はイギリス王室の公式の宮殿となりました。

 

舞踏会場や音楽堂、美術館に図書館など、実に様々な設備が用意され、部屋の総数はなんと775部屋にも及びます。

宮殿に勤務する人は約450名で、年間の招待客は4万人にもなるそう。

そんなにお付き合いがあるなんて、1日に何人が招待されているのだろう。。笑

個人的な一番の驚きは、浴室が78もあることですね。笑笑

加えて、王(女王)が在宅の場合は宮殿の屋上に王室旗が掲げら、不在の場合はイギリス国旗が掲げられています。

イギリス王室旗
出典:アマゾン

 

そしてこのバッキンガム宮殿の一番の見所はイギリス衛兵の交代式ですね!

兵は外周護衛の近衛兵で、「グレナディアガーズ (Grenadier Guards)」 「コールドストリームガーズ (Coldstream Guards)」「スコッツガーズ (Scots Guards)」「アイリッシュガーズ (Irish Guards) 」「ウェルシュガーズ (Welsh Guards)」というの5つの連隊が、
4月~7月まではほぼ毎日8月~3月では2日に1回ずつ11:30から交代式を行います。

中でも王(女王)の誕生日に挙行される最も盛大な交代式は「トルーピング・ザ・カラー (Trooping the Color)」と呼ばれ、より特別なものとなるそうですよ!

そしてこの記事を書いている4月21日が、2019年現在イギリス女王であらせられるエリザベス2世の誕生日でした!!

これは本当に偶然すぎてびっくりです!!

この誕生日でなんと93歳となられます。
とても93歳には見えませんよね!!

これはイギリス史上最高齢の君主であり、同時に、存命する在位中の君主の中で世界最高齢でもあります。

在位は1952年2月6日からで、現在68年目

こちらもイギリス史上最長在位の君主であると同時に、存命の君主では世界最長の長期在位君主となっています。

もうとんでもないです。

 

イギリス王室とイギリス王(女王)について少し話をすると、イギリス王(女王)の原則君臨すれども統治せずは有名な言葉ですよね!

イギリス王(女王)はイギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)以外にも、
カナダオーストラリアニュージーランドをはじめとするイギリス連邦王国(コモンウェルス・レルム)に属する16の国の王(女王)でもあります。

イギリス以外の国では王(女王)の役目は「総督」が代理しており、彼らもまた「君臨すれども統治せず」の原則に従っています。

 

「君臨すれども統治せず」の原則は、イギリスの国家元首について言及する際にセットで出てくることが多いですが、実は大元の発祥はポーランドなのだそう。

それをのちにイギリスが完成させたということなのですね!

この「君臨すれども統治せず」の原則には日本の天皇も従っていますので、イギリスの女王陛下の役割は日本の天皇の役割をイメージすれば良いかと思います!

イギリスにおける敬称は、
男王が”His Majesty”、女王、あるいは男王の妻が”Her Majesty”、
王子が”His Royal Highness”、王女が”Her Royal Highness”となります。
そして、”Royal”を抜いた”His(Her) Highness”でそのほかの王族を指します。

ちなみに、本人に向かって呼びかけるときは”Your Majesty”、”Your Highness”になります。

それぞれ日本語だと、「陛下」、「殿下」と訳されますね!

yourやhis、herといった所有格が使われるのは、「恐れ多くて本人の名前や役職で呼ぶことなどできない」というところからきているようで、majestyは「威光、威厳」、highnessは「高い、高貴」ということ。

つまり、”His(Her) Majesty”は「彼のご威光」、”Your Majesty”は「あなた様のご威光」という風になるわけです。

ちなみにのちなみに、”Yes, my Lord.”の”Lord”は「主人、卿」と役職や役割そのものを表す言葉なので”my”なわけなんです!

 

 

バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)の様子

バッキンガム宮殿の歴史と敬称のちょっとしたうんちくのあとは、実際にいってきた写真をご紹介しましょう!

 

学校終わりにスタバに寄って、どこに行こうか考えるところからスタート!
そうなんです。実はバッキンガム宮殿は予定していなかった訪問なんです!笑
けどこの無計画さが、むしろ留学中のひとり旅って感じでよかったと思います♪
“Kaito”と名乗ったはずなのに。。
自分の発音の悪さをこんなところで痛感。笑

 

バッキンガム宮殿の最寄駅はヴィクトリア駅(Victoria)です。

降りたら道なりに10分くらい歩けばバッキンガム宮殿に到着します。

駅近く
左の塀の向こう側はもう敷地内です
城門
宮殿前の門。とにかく大きい!
柵の間から
別の門。少し柄が違いますね!
正面から
宮殿の方から見ると、真ん中に大きな像があります。
これは大英帝国時代を象徴する女王ヴィクトリアの記念碑です!
像の周りはみんなの憩いの場にもなっています!
像の方から見た宮殿。
逆光!!笑
全体像
最後に横から

 

 

スポンサーリンク

バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)のまとめ

ということで、今回はイギリス王室ゆかりのバッキンガム宮殿について書いてきました!

衛兵交代の時間にはこの写真の比にならないくらいの人で溢れるそうなので、ゆっくりと宮殿や併設のロイヤルガーデン「セント・ジェイムス・パーク(St. James’s Park)」を観たいなら、むしろ何もない時間に来るのも良いかもしれませんね!

ウェストミンスターへも徒歩圏内と、他の観光地と合わせて見ることでうまく時間を調整してみてください!

 

 

おまけ ウェストミンスターチャーチ(Westminster Charch)

この日はバッキンガム宮殿から徒歩でウェストミンスターへ向かったのですが、その途中にあったウェストミンスターチャーチ(Westminster Charch)とそこへ至るまでの道とともにさっとご紹介します!

 

普通の住宅地だけど、なんかオシャレだと思ったんだろうね〜
名物の赤い電話ボックス!
次第に赤茶色のレンガ造りの建物が多くなってきました!
すごく歴史を感じます!!
こちらは不思議な柄とデザインの建物!
何かの撮影で使えそう。。
ウェストミンスターチャーチ(教会)です!
赤茶色のレンガ造りがいい雰囲気を醸し出していますね!
ちなみに、観光地として有名なウェストミンスター大聖堂(Westminster Cathedral)は別です!

 

そして、ウェストミンスター宮殿(国会議事堂)(Palace of Westminster、House of Parliament)ウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)についてはこちらをご覧くださいね!👇👇