みなさんこんにちは!観光情報サイト「旅狼どっとこむ」の旅狼かいとです!

今回は英語力を少しでも楽しく伸ばしたいという方へ、

英語を勉強するにはどのVOD(動画配信サイト)がオススメか

VODで英語を勉強するメリット・デメリット

リアル英会話塾のメリット・デメリット(VOD勉強との比較)

という3つのテーマを軸に記事をお届けしていきます!

最近多くのところで紹介されている動画配信サイトでの英語学習ですが、僕も実際に体験してきた一人です。そんな体験談を踏まえつつ、ここでは英語の勉強にフォーカスした動画配信サイトの比較とオススメのVODをご紹介します。

後半では、動画配信サイトを利用する勉強法のメリット・デメリット英会話スクールを利用するメリット・デメリットもそれぞれを比較しながらお話ししていますので、ぜひ最後までご覧いただき、あなたの英語学習に活かしてみてください!


英語を勉強する動画配信サイト(VOD)はどれがいい?

映画やアニメを利用した具体的な方法はコチラの記事で見ていただくとして、さっそく「どの動画配信サイト(VOD)が最も英語学習に向いているのか」をそれぞれを比較しつつお話していきます。

英語学習にオススメの動画配信サイトと条件

英語学習に向いている動画配信サイト(VOD)

HuluやNetflixなどの動画配信サイト(VOD)を利用して英語を勉強する上で”極力”必要なのは、「英語字幕が表示できる」ことです。

勉強方法を読んでいただいた方であればお分かりかと思うのですが、動画サイトを使った勉強法で最も大切なのは「英語音声+英語字幕で視聴すること」です。ですので、英語字幕が表示できるかどうかが非常に大きなポイントとなります。

この条件から考えると

「Hulu」>「Netflix」>「Disney+」>>「U-NEXT」≒「Amazonプライムビデオ」

というオススメ順になります。

それぞれの動画配信サイトごとに、この順位となる理由とサイトの特徴をお話していきます。

Huluの評価

英語学習に向いている動画配信サイト(VOD)-Hulu
画像出典:Hulu公式サイト
GOOD

海外ドラマ・海外映画のランナップが全VODで最も豊富と言われており、英語字幕機能もついているため「動画で英語学習」には一番オススメ
2週間の無料期間で英語字幕が見れる作品やHuluそのものの使用感を知りつつ、「そもそも海外映画で英語を勉強するのはどういう感じか」を確かめられる
・ブラウザでもアプリでも、条件検索のしやすさといったコンテンツそのものの使いさすさもGood

BAD

・日本のコンテンツ、特にアニメのラインナップは弱い印象なので、Hulu一つに「英語学習+αの楽しみ」を求めるのなら若干悩みどころとなる

Hulu

Netflixの評価

英語学習に向いている動画配信サイト(VOD)-Netflix
画像出典:Netflix公式サイト
GOOD

「Netflixオリジナル作品」のクオリティがドラマ・アニメのジャンルを問わず高く、吹き替えや字幕の言語が豊富(中には中国語やポルトガル語が使用されている作品もある)
・「キッズアカウント」と呼ばれる誰でも視聴可能な子供向けコンテンツが、英語学習初心者にはピッタリのレベルで非常に使いやすい
・『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』や『PSYCHO-PASS』、『フェアリーテイル』など日本のアニメでも英語吹き替えと英語字幕が実装されている作品があるため、日本のアニメで英語学習もできなくはない
※ただし、Netflixのオリジナルアニメ以外は「英語字幕が日本語の直訳」なのが注意点(この点への対応策は後述します)

BAD

・アプリやブラウザの検索機能が弱く、Huluと比べると使いにくい
・「英語学習に使いやすい作品数」という意味では、Huluよりもラインナップは劣る

👉 Netflixを公式サイトでみてみる

Disney+の評価

英語学習に向いている動画配信サイト(VOD)-Disney+
画像出典:DTIMES.JP
GOOD

取り扱っているディズニーやピクサー、マーベルやスターウォーズの作品は他のVODでは配信されていないことがほとんどなので、英語学習に使いたい作品がこの中にあるのならぶっちぎりでオススメできる(Disney+は英語音声・英語字幕に対応しています)
ディズニーやピクサーのアニメは子供向けの表現でかつしっかりとした発音になっているため、英語初心者〜中級者の方にはレベル的にオススメできる

BAD

・ラインナップ以外の作品は”ない”と言ってよいレベルで、かつサイトのコンセプト上恐らく今後も追加される可能性が低いため、これらの作品に興味がないのなら使う理由がほとんどない

But!

・ただし、「スター」の番組としてディズニー系以外の海外映画やドラマ、日本のアニメも多数配信されており、「メインはディズニーやマーベルで、たまに他の映画やアニメも見る」というのも可能(全配信番組の数はAmazonプライムビデオよりも多いです)

👉 Disney+を公式サイトでみてみる

U-NEXT

英語学習に向いている動画配信サイト(VOD)-U-NEXT
画像出典:三階ラボ
GOOD

・ラインナップは、海外作品についてはHuluと同レベルとの評価国内作品については一番のコンテンツ数で、全見放題番組の数ならダントツの業界No.1
・それでいて電子書籍の読み放題もついているため、一つのVODで日々のコンテンツを完結させたい方にはかなりオススメ
・使い勝手を31日間の無料体験で確認できる

BAD

英語字幕の機能がないので、U-NEXTを使って英語を勉強したい方はこの後ご紹介する手段で英語のセリフ文章を他で準備する必要がある

depends on the person

・月額2,189円がかなり強気の料金設定だが、毎月1,200円分のポイントで還元される仕組みになっているため月額は実質990円(ということになっている)

Amazonプライムビデオ

英語学習に向いている動画配信サイト(VOD)-Amazonプライムビデオ
画像出典:Amazon公式サイト
GOOD

・Amazonプライム会員であればサービスの一環として使用できるため、Amazonの宅配サービスを利用している方であればかなりコスパ良く利用できる

BAD

ごく一部の作品にしか英語字幕の機能がないので、Amazonプライムビデオを使って英語を勉強したい方は、基本的にはこの後ご紹介する手段でセリフの文章を他で準備する必要がある(『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズはなぜか英語吹き替え・英語字幕に対応している笑)
・今回紹介しているVODの中で作品数は最も少ない

Amazonプライムビデオで英語字幕を表示する方法

英語学習にAmazonプライムビデオを使う方法_拡張機能-Subtitles for Language Learning

「Amazonプライムビデオ」の場合は、Google Chromeの拡張機能「Subtitles for Language Learning (Prime Video)を使えば英語字幕を表示しながら映像を見ることが可能です。その場で単語の意味を見ることもできるので、英語学習では使い勝手が良い拡張機能と言えるでしょう。

ただし、画面の内容と字幕のタイミングが合っていないことがほとんどなため、画面横にスクリプト一覧を出しながら見る必要があります。これをどう感じるかが、それぞれの使用感の違いに繋がると思います。

👉 Amazonプライムビデオを公式サイトでみてみる

英語字幕がない作品を使いたい方へ

英語学習に向いている動画配信サイト(VOD)-英語字幕の探し方

「U-NEXT」や「Amazonプライムビデオ」をどうしても利用したい方や、「Hulu」や「Netflix」で英語字幕がない作品をどうしても英語学習に利用したい方は、自分で英語のセリフを入手する必要があります。

これは意外と簡単で、ネットで「〇〇(作品名) script」と英語で検索するとだいたい出てきます。

出てくる作品には日本のアニメ作品も含まれており、同じように英語で検索すると出てくるものがほとんどです。「Netflixで日本のアニメを英語で見ながら勉強に使いたい」という方もぜひ活用してみてください!

👉 『Violet Evergarden』を調べるとこんなサイトが出てきます

比較と結論

英語学習に向いている動画配信サイト(VOD)-Hulu・Netflix・ディズニー+の比較

では改めて、VODを利用して英語勉強をしてみたい方へオススメの動画配信サイトについてまとめます! 基本的には英語字幕がVOD内で使えるHuluNetflixDisney+の3択になります。

【No.1:Hulu】
とりあえず選べば間違いないオールラウンダー

【No.2:Netflix】
英語以外の言語にも触れたい方日本のアニメを利用したい方あえてNetflixオリジナル作品で英語学習に挑戦したい方にはオススメ

【No.3:Disney+】
ディズニーピクサーマーベルなど特定の作品が見放題で観たい方はHuluよりオススメ

このあたりは自分がどういった作品を使いたいかが重要になってくるので、イメージを持って勉強に取りかかると良いでしょう!

Hulu



動画配信サイトで英語を勉強するメリット・デメリット

映画・ドラマ・アニメを使用した英語勉強法_メリットとデメリット

ここからは、動画配信サイトで英語学習をすることのメリットとデメリット、さらに、動画サイトを利用した学習法とは“対の関係“となる英会話塾のメリットとデメリットを挙げていきたいと思います。

メリット

まずは、動画サイトで英語を勉強することのメリットです。

いつでもどこでも英語に触れることができる

映画・ドラマ・アニメを使用した英語勉強法_メリット_いつでもどこでも英語に触れることができる

動画サイトを利用して英語を勉強する一番のメリットが、「スマホさえあればいつでも英語に触れることができる」という点でしょう。

スマホやタブレット、パソコンなど動画再生機能を有したデバイスと通信環境があればどこでも動画を視聴できますし、事前にダウンロードしておけば、文字通り“デバイスさえあれば“再生が可能となります。

通勤・通学時間や待ち合わせのちょっとした時間に英語に触れられるというのは、画期的なアイディアですよね!

自分が好きな作品で英語を勉強できる

映画・ドラマ・アニメを使用した英語勉強法_メリット_自分の好きな作品で勉強できる

「自分が好きな作品で英語に触れることができる」ということも、動画サイトを利用する大きなメリットです。

学校や塾では、仮に映画やドラマを使ったとしても自分が好きな作品が使われるとは限りませんし、シーンだって選ぶことはできないでしょう。対して動画サイトやBlu-ray・DVDを利用すれば、「英語字幕あり」「英語音声あり」という条件はつくものの、その中からなら好きな作品の好きなシーンを選ぶことができます。

どんな勉強でも一番大切なのは、「楽しむこと」ですからね!

シーンごと表現を覚えることができる

映画・ドラマ・アニメを使用した英語勉強法_メリット_シーンを印象付けることができる

映画やドラマは、当然ながら常に場面が展開していきます。その中で、フレーズや単語などをシーンに結びつけて覚えることがしやすいのもメリットです。

こういう場面ではこういう言い方をするのか」「今までこんな表現は知らなかった」など、イメージしやすいからこそ印象に残りますし、それがそのまま表現暗記のきっかけになります。

それに付随して、“リアルで生きた表現”に触れることができるのも、動画で英語を勉強することの良い点ですね! 参考書での勉強だとどうしても作られたシーンになってしまいますし、発音もきれいなものしか聞くことができません。

実際の会話を想像してみてください。参考書や問題集のようなシーンできれいな発音で聞けるわけがないのです。ですので、「リアルな場面」を想像してインプットができるのは、とても良い機会となります。

繰り返し見て聴けるので真似しやすい

映画・ドラマ・アニメを使用した英語勉強法_メリット_繰り返し聞いて言える

英語に限らず、言語学習で最も大切なのことは「話すこと」や「口に出して言うこと」だと言われています。

動画を使えば自分が納得できるまでセリフを聞くことができますし、録音した自分の発音と比べることもできます。何より、キャラクターのセリフの方が英会話塾の先生よりも“真似たくなる”と思うのは、、僕だけでしょうか。笑

塾に比べると遥かに安い

映画・ドラマ・アニメを使用した英語勉強法_メリット_費用が安い

英会話塾は相場でも月々1万円近くかかるのに対し、今回オススメしたHuluは月1026円、NetflixとDisney+は月990円です。昨今話題のオンライン英会話であったとしても、月々数千円はどうしてもかかってしまいます。

おまけに他の作品も楽しめるのですから、これほどお得なことはありませんよね!

Hulu

デメリット

逆に、動画サイトで英語を勉強する上でのデメリットはどんなところにあるのでしょうか?

習慣化しにくい可能性がある

映画・ドラマ・アニメを使用した英語勉強法_デメリット_習慣化しにくい

これは、最大のメリットである「好きなときに英語に触れることができる」の“裏”にあたるデメリットです。つまり、「いつでもできる」ということには「いつまで経ってもしない」可能性が秘められているということです。

「移動時間や隙間時間にできる」とは言っても、それができたら苦労しないのが人間というものです。強制感もないので、結局動画サイトを利用しないということが起こり得ます。

本気で英語を身につけたいのであれば、ある程度の出費は覚悟してでも英会話スクールやオンライン英会話を取り入れた方が、やはり確実性は高いです。

ただ観て聞いているだけでは“しっかりとした“英語力は身につかない

映画・ドラマ・アニメを使用した英語勉強法_デメリット_ただ聞いているだけではいけない

ディクテーションをしたり使われている単語や文法を逐次まとめていたりと、“ガチ”で動画を利用して英語を勉強している場合は別ですが、あくまで会話を聴くのが動画を利用した勉強法のメインです。

ですので、リスニング力や“なんとなく“の表現は身につきますが、TOEICTOEFLなどの検定に必要な文法知識や単語力は身につかない可能性があります

試験対策をするのであれば、しっかりと机に向かう“正攻法”の勉強法がやはり一番です。

プログリット(PROGRIT)

     

リアル英会話塾のメリットとデメリット

リアル英会話塾のメリット

では、対面で授業を行うリアル英会話塾のメリットとデメリットをお話していきます。

メリット

まずはメリットから!

“生の”発音を聞き“生の”会話をすることができる

リアル英会話塾のメリット_生の会話ができる

対人で学習できる塾の最大のメリットが、“生の”会話ができるという点でしょう。

どんなにリアルに近い作品を使ったところで、画面越しのお話であることに変わりはありません。対して、英会話塾などリアルな環境で英語を学べば、必ず「リアルな会話」を経験することができます

言葉である以上、身につけ使いこなすには「実際に話す」ことが何よりも不可欠なのです。

「決まった時間に通う」ことで、英語に触れる習慣をつけやすい

リアル英会話塾のメリット_習慣化しやすい

これは“強制されること“の良い面ですね。独学だと「今日はいいかな」「仕事やらないと」というように何かと理由をつけてやらない可能性が出てきますが、スクールに通ったりオンライン英会話の予約を入れれば否が応でも英語に触れることができます

サボることもできますが、「もったいないからな」とか「先生に申し訳ない」「休むなんて恥ずかしい」と、気持ちが流れにくいのも塾に通うメリットです。

ダメ出し(発音における指導など)を受けることができる

リアル英会話塾のメリット_指摘がもらえる

一人で独学していると、間違った発音をしていたり勘違いしたまま表現やフレーズを覚えたりしてしまう可能性がありますが、塾ではそれを直接指導してくれるプロがいます

客観的に自分を見てくれる人というのは、何かを上達させる上では非常に大切な存在ですからね!

学習内容(カリキュラム)が決められており、効率的な学習が可能

リアル英会話塾のメリット_カリキュラムがある

学習塾や英会話塾では、上達のために最も最適化されたカリキュラム体系的な指導方針が組まれています。それによって「今日はこれをしよう」と勉強以外のことを自分で考える必要がなくなります

自分は勉強に専念できる上でよりよいプランを得られるのですから、それに越したことはありません。

学習仲間ができる(かも)

リアル英会話スクール・学習塾のメリット_勉強仲間ができる

先生と一対一の個人指導だと別かもしれませんが、グループ授業なら生徒同士でコミュニケーションをとることがあるでしょう。

同じ「英語を学びにきた仲」なら共通する話題の一つや二つはあるはずですから、新しい人間関係をつくるには向いている環境なはずです。塾に通う英語学習の+α要素ですね!

デメリット

では、英会話塾のデメリットはどんなところにあるでしょうか?

受講料が高い

リアル英会話塾のデメリット_費用が高い

受講料・授業料が高いこと、やはりこれが学習塾・英会話塾最大のデメリットですよね。。

ここばかりは個人によって感覚が異なるでしょうからなんとも言えませんが、少なくとも月々数万円はかかるでしょうから、決して安い額ではありません。

ただその分「覚悟が決まる」とも考えられますし、お金は「払った分の価値に見合っているか」が重要です。そういった視点も持った上で費用面は考えたいですね。

塾に通う手間がかかる

リアル英会話塾のデメリット_通うための時間がかかる

こちらも、学習塾や英会話スクールに通うことの最大のデメリットとなりうるポイントです。ただでさえお金がかかる英会話塾の受講料にさらに移動費がかかる場合がありますし、何より移動時間が必要になります。

ただ、このデメリットは「職場からの帰り道の塾に通う」ことや「移動時間にできることを用意する」などの対策で対処可能でもあります。工夫次第ではメリットにも変えられる可能性もありますから、ここもアナタの考え方次第ですね!

いつの間にやら英語を「させられている」感覚に陥る可能性がある

リアル英会話塾のデメリット_気持ちとモチベーション

こちらは“強制されること”のデメリットの面ですね。いつの間にか「英語を学ぶこと」から「塾に通うこと」が目的となってしまう恐れがあります。

これは無意識に感じている場合もあるため、ふとしたときに「あれ?なんで英語を勉強しているんだろう?」みたいなことになりかねません

これはどんな方法でも同じですが、「なぜ英語を学ぶのか」というモチベーション、そして何度も言うように「楽しむこと」は決して忘れてはいけませんよ!

基本的なプラン(週一や週二)では定着に時間がかかる(結局、自分で自学する必要がある)

リアル英会話スクール・学習塾のデメリット_自分で勉強する習慣が結局必要

中学生から(最近は小学生から?)英語に触れ、基本的にはほとんどの人が中学・高校の6年間英語に触れる日本人。

冷静に考えてください、6年間ですよ⁈ それだけの期間で英語に触れておきながら日本人の英語定着度がこんなにも低い理由の一つは、「英語に触れる間隔が開きすぎているから」だと言われています。

「6年間触れてはいるけど毎日触れているわけではないし、一日触れても一時間くらいでは結局身につかない」ということです。

リアル英会話塾のデメリット_気持ちとモチベーション

極端な例を挙げるとわかりやすいと思います。

同じ「半年間英語に触れた」という事実があっても、「半年間アメリカに留学して英語しか話さない環境にいた」のと「半年間、週一の英会話塾に通っていただけ」なら、前者の方が英語が話せるようになっているのは当然です。

これと同じ状況を英会話塾にもいうことができます。つまり、“本気で“英語を身につけたいと考えている人は、”毎日英語に触れる“くらいの気概がなければいけないということです。

そのためには、塾に通う頻度を高めるか、塾に通った上で自分での自学も行う必要があります。前者はリアルな話、金銭的な余裕がなければ厳しいでしょうし、そこまでするなら留学も視野に入れるべきです。そして後者の場合なら、はじめから自分で映画やドラマを使うなり市販の教材を使うなりの独学でもよいのではないか、という話になる。

もちろん、塾に通うことで「英語を学ぶ・英語に触れる習慣づくりのきっかけ」ができるのは間違いないでしょう。その場合は塾に依存しすぎないことが必要になってきますので、どちらにしても「自分で自分を律する力」は必要になるのです。

    

英語学習にオススメのVODとメリット・デメリット まとめ

英語学習に向いている動画配信サイト(VOD)とメリット・デメリット_英会話塾・スクールとの比較

ということで今回は、
・NetflixやHuluなどの動画配信サイトの中で一番英語学習に向いているVODはどれか
・動画配信サイトを利用した英語勉強法のメリット・デメリット
・英会話塾との比較とスクールのメリット・デメリット

をご紹介してきました。

いろいろ書きましたが、正直に言ってしまうと同じ事柄でも見方や人によって「どう感じるか」は変わってくるものです

授業料一つとっても、それを「妥当な料金」だととる人もいるし「他にやり方があるのだから払う必要はない」と捉える人もいる。「塾に通う時間があるくらいなら自分でやりたい」と考える人もいれば「移動時間にできることがあるから構わない」と思う人もいる。

誰がどう言おうと、最後は自分の性格や生活習慣に合う方法をとるのが一番です。それを忘れることなく、その上で今回ご紹介したオススメの動画サイトやコチラの記事で紹介している英語の勉強法が少しでも役立ってくれれば幸いです。

そしてどんな方法でも、“楽しみながら”英語に触れることだけは忘れないようにしてください! 何度も言うように、これが継続しながら定着させるための一番の秘訣ですからね!

     

【おまけ】純粋に動画配信サイト(VOD)を探している方へ

ひとまず英語の勉強は関係なしで、まずは映画やドラマ、アニメを観たいと言う方には「U-NEXT」が一番オススメです!

ラインナップは、海外・国内、ドラマ・映画・アニメ関わらず非常に豊富で、しかも書籍やマンガ、雑誌まで読み放題というボリュームになっています!

言い方は悪いかもしれませんが、、動画視聴と書籍読み放題のサービスとしては「Amazonプライムビデオ+Kindle Unlimited」の上位互換みたいなイメージです。笑

Hulu同様、U-NEXTにも無料期間があるので、気になる方は「U-NEXT」もぜひ体験してみてくださいね!