みなさんこんにちは!旅狼かいとです。

今回ご紹介していく偉人は源義経になります!

鎌倉幕府初代将軍「源頼朝」の異母弟にして配下一番の武将だったにも関わらず、その頼朝によって命を落とした”悲劇のヒーロー”として知られる義経。

『義経記(ぎけいき)』として語れ、幼名の「牛若丸」や「遮那王」の名も知られるほどの歴史上の人物ですが、生い立ちや成長ぶりに謎が多く、それも合間って平安・鎌倉を代表する歴史ロマンの人物としても人気を集めていますよね!

そんな源義経の生涯を、今回はご紹介していきます!

  

スポンサーリンク

誕生から青年期にかけて 〜立志〜

源氏二十一流の一つ清和源氏から派生した河内源氏の筆頭「源義朝(よしとも)」の九男として牛若丸の幼名とともに生を受けた源頼朝。

母は、当時九条院の雑仕女ながらも絶世の美女と謳われていた「常盤御前」と伝えられています。

牛若丸は、幼少時代から時代に翻弄されることになります。

平治元年(1159年)、平清盛を筆頭とする平氏中心の政治に反旗を翻した「平治の乱」において、父・源義朝は敗死してしまいます。

平治の乱の中心人物であった義朝の係累として刑に処されるはずだった牛若丸でしたが、母・常盤御前と2人の同母兄「今若」と「乙若」と共に大和国(奈良県)へなんとか逃げ延びることとなりました。
(この際、常盤御前と平清盛の間に密約があったとも言われています。)

その後、母・常盤御前は都に戻り一条長成(いちじょうながなり)と再婚、兄の今若と乙若は出家して僧として生きることになる中、牛若も11歳のときに遮那王(しゃなおう)の稚児名とともに鞍馬寺へ預けられました。

学問僧として成長することを期待され日々勉学に励む遮那王でしたが、ある日、鞍馬寺の僧正ガ谷天狗との運命の出逢いを果たしたのです。

牛若丸と天狗の出会い_鞍馬寺・僧正ガ谷

これを契機に、学問に励みながらも天狗から兵法も学び始めた遮那王。

すっかり”武”の道に目覚めた遮那王は、『義経記(ぎけいき)』では京都の一条堀川に住んでいたという「鬼一法眼(きいちほうげん)」から『六韜』の兵法を盗み学んだとも伝えられるほどになります。

結局、僧になることを拒否して鞍馬寺を出奔した遮那王。

『義経記』では、父・義朝の最期の地である尾張国にて自らの手で元服したと伝えられおり、その際、源氏ゆかりの通字である「義」の字と清和源氏の源流である「源経基」の「経」の字をとって実名を義経と名乗ったと伝えられています。

晴れて源氏の性を名乗ることとなった義経でしたが、当時は後ろ盾一人いないただの一武人にすぎませんでした。

そんな義経は、奥州藤原氏の最盛期を築いた三代目宗主藤原秀衡(ひでひら)を頼って平泉にくだります。

一見、義経は奥州藤原氏と縁もゆかりもないように見えますが、実は、秀衡の舅で政治顧問でもあった藤原基成が、一条長成の従兄弟の子だったのです。

一条長成、誰か覚えていますか?

そう、牛若丸の実母の再婚相手ですね!

運命とは本当に不思議なもので、その細い縁をたどって、義経は生涯もっとも支援を得ることになる有力者の元へ赴くことになるのです。

  

兄・頼朝の片腕として 〜栄光〜

平安時代後期、朝廷・天皇家との関係を強化していたのは、平清盛を筆頭とする平家一門でした。

そんな平家からの政権奪回を密かに図っていたのが、後白河法皇でした。

頼朝と義経の父・源義朝とともに平治の乱で平家側と対立していた後白河法皇。

源氏についたと思えば一時は平家との院政も敷き、その度に追放の憂き目にあってきたのですが、、

この男、なかなかどうしてしぶとく、未だ政権奪取を諦めていなかったのです。
(ある意味、後白河法皇は源平合戦を、そして義経と頼朝の対立を影でかき回した人物ともいえます…笑)

そんな中、後白河法皇の第三皇子「以仁王(もちひとおう)」が平氏追討の令旨を発布します。

自身も挙兵したものの早々に平氏側に情報が漏れてしまいあえなく戦士してしまいますが、この令旨を聞き届けた源頼朝木曾義仲(源義仲)が各地で挙兵したのです。

そして、治承4年(1180年)8月17日、兄・源頼朝が流刑地であった伊豆国で平家討伐のために挙兵したとの一報を受けた義経は、幕下に入ることを望み兄のもとに馳せ参じることを決意します。

一度は強く引き留めた秀衡でしたが、佐藤継信・忠信兄弟をはじめとする数十人の信頼できる者たちを義経に同行させ、送り出しました。

義経は富士川の戦いで勝利した頼朝と黄瀬川の陣(現在の静岡県駿東郡清水町)で涙の対面を果たします。

義経、そして源範頼(のりより)という信頼できる二人の弟を幕下に加えた頼朝は、これ以降、二人に遠征軍の指揮を委ねるようになり、自身は本拠地の鎌倉に腰を据えて東国の経営に専念することができるようになったのです。

その頃、頼朝と同じ時期に挙兵した木曾義仲は、京都から平清盛をはじめとする平家一門を都落ちに追い込み、西国へと追放することに成功します。

しかし、中央政権に返り咲いた後白河法皇が平家追放の最大の功績者としたのは、源頼朝でした。

さらに後白河法皇は、頼朝に「寿永二年十月宣旨(じゅえいにねんじゅうがつのせんじ)」を下します。

これは実質、頼朝による東国支配権を公認した証となりました。

写真引用:Wikipedia 源義仲

もちろん面白くないのは木曾義仲。

一度は後白河院を幽閉し、頼朝・後白河法皇側との戦いを有利に進めていた義仲でしたが、この戦いの中で活躍したのが、まだ名が知られていなかった義経だったのです。

劣勢の中、各地で味方を引き入れた義経・範頼の軍は宇治川の戦いで志田義広を破って入京し、さらに敗走した義仲を粟津の戦いで討ち取ったのです。

上洛した義経に命じられた次なる任務は、この源氏内での権力争いに乗じて西国で力を取り戻しつつあった平氏一族の追討でした。

三草山の戦いで夜襲によって平資盛らを撃破し、一ノ谷の戦いでは精兵70騎を率いてのちに「鵯越の坂落とし(ひよどりごえのさかおとし)」と呼ばれることとなる、峻険な崖から一気に騎馬で駆け降りる奇襲によって平氏側の本陣に大打撃を与えることになります。

この一戦によって、義経の名は一気に日本中に轟くことになったのです。

このまま西国の平氏討伐を続ける予定だった義経ですが、伊賀・伊勢で起きた三日平氏の乱の平定のため一度京都に戻ることになり、西国へは鎌倉から範頼が赴くことになります。

しかし範頼の遠征軍は、兵糧と兵船の調達に苦しみ思うような進軍ができない状況が続いていました。

このままでは平家討伐の好機を逃すと判断した義経は、頼朝ではなく後白河法皇から許可を取り、暴風雨の中を少数の船で出撃します。

通常3日かかる距離を数時間で到着し、讃岐国に位置する平氏の重要拠点だった屋島を奇襲し、山や民家を焼き払うことで大軍に見せかける作戦で平氏を敗走させたのでした。(これが「屋島の戦い」ですね!)

そのまま平氏一族を西に追い詰めていった義経は、ついに範頼とともに壇ノ浦の戦いで勝利を収め、平氏を滅ぼしたのでした。

のちに「義経の八艘飛び」と語られる身軽さで海上の戦場を駆けまわった義経は、壇ノ浦でも功績を讃えられることになり、後白河法皇からの勅令とともに、平氏一門が自分たちの皇位の正当性を示すために持ち出した三種の神器のうち、璽(勾玉)を奉じて京都に凱旋しました。

  

頼朝との対立 〜暗転〜

写真引用:Wikipedia 源頼朝

頼朝最大の敵であった平家を見事滅亡に追いやった義経でしたが、頼朝の反応は思いもよらぬものでした。

なんと、本拠地である鎌倉へ入ることが許されなかったのです。

これにはいくつかの複合的な原因が考えられています。

①頼朝が、義経が功績を独占しようとしていると考えたため

頼朝は、平氏追討の任の際に義経の補佐を務めた梶原景時から「義経はしきりに追討の功を自身一人の物としている」と記した書状を受け取っていました。

このことから、義経に対する不信感が募っていったといいます。

そもそも義経は、絶対の命令者である頼朝から遣わされた梶原景時の意見を聞かず、独断で作戦を進めていたと言われています。

実際、義経が活躍した戦いは少数による「奇襲」が多く、これは逆にいえば、義経が独断専行したゆえの戦い方であったと考えられているのです。

②他の武将たちとの軋轢があったから

義経は、頼朝の意思を確認することなく頼朝の配下の武将たちに命令・成敗を行っていたといわれています。

当然、「頼朝の配下」として戦っている武将たちには心良くはうつりません。

また、義経は主に西国の武将たちとともに平家討伐の任を遂行しました。

これによって、頼朝からの恩恵を期待して戦いに参加していた東国の武将たちの功績が減ってしまったのです。

頼朝を通さずの越権行為、そして結果として西国の武将たちの戦功が大きくなってしまったことは、頼朝の鎌倉政権の基盤となるべき東国の御武将たちの不満噴出につながります。

こうなってくると、頼朝が、義経を冷遇することが自身の支配体制・政治基盤を確立するための最善の手段と考えるのも、無理はない話ですよね。

加えてここには「たとえ腹違いであっても血を分かつ兄弟として”同等の立場にあることを望んだ”義経」と、「正統な正室の子であり源氏をまとめる”絶対的な頭として存在したかった”頼朝」の考え方の違いも大きく影響したといわれています。

③頼朝の許可なく後白河法皇から冠位や貴族の身分をもらったから

頼朝は源氏一族内での序列に混乱が起きないよう、自身の承諾がない限り源氏の者が朝廷の官職に就くことを許可していませんでした。

しかし義経はこの決まり事を破り、後白河法皇にいわれるがまま冠位を受け取ってしまいます。

これは、いまだ官位を与えることができない地位にいる頼朝の存在を揺るがす事態でした。

また、壇ノ浦の戦いにて義経が捕虜とした「平時忠」は、かつて平家政権で軍事部の中心を担いながら平清盛と勢力を争うほどの人物で、後白河法皇との関係も深い人間でした。

そんな平時忠の娘「蕨姫」を、義経は娶ったのです。

このときの義経の真意は謎のままなのですが、これはかつて政権の中心部にいた人物の地位を継ごうとしていると思われてもなんら不思議はない行為です。

後白河法皇から目をかけられ、西国を中心とする武士たちの信頼を集めんと見えるこれらの行動は、武家政権の確立を目指す頼朝にとって脅威以外の何ものでもなかったでしょう。

④三種の神器のひとつである「草薙剣」を取り返すことができなかった

天皇の証として代々引き継がれてきた「三種の神器」。

平家一門は都落ちの憂き目にあった際でも、当時幼少ながら天皇に就いていた「安徳天皇」の身とこの三種の神器だけは死守せんと連れ出しています。

それほどまでに、当時の考え方では「三種の神器を持つものこそが政治の中心人物」と解釈されていたのです。

三種の神器は「八咫鏡(やたのかがみ、神鏡)」「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま、神璽)」「草薙剣(くさなぎのつるぎ、宝剣)」の三種の宝なのですが、そのうち草薙剣が、義経が壇ノ浦の戦いで平氏を追い詰めた際、安徳天皇と共に海底に沈んでしまったのです。

これは、安徳天皇の母方の祖母であり平清盛の正室でもあった二位尼(平時子)が、自身の身に草薙剣と八尺瓊勾玉をくくりつけ、当時8歳の安徳天皇を抱きかかえて入水したと伝えられています。

一見すると、これは滅亡を免れないと悟った平家側の最後の抵抗のようにも見えますが、十全の準備が整わぬまま開戦した義経にも非があったといわれているのです。
(実際、義経は結果を急ぎすぎるところがあったと考えられています。)

三種の神器や安徳天皇の身柄を自身の支配体制確立のための”手札”に加えんと考えていた頼朝にとって、たとえ平家を討ち滅ぼした功績があったとしても、この事態は”失態”に映ったのでしょう。

  

追われる身となった義経 〜落魄〜

鞍馬寺・九十九折参道

以上、様々な要因がもとで頼朝から冷遇を受けることとなった義経。

父・義朝から巡り巡って義経の愛刀となっていた源氏の名刀「薄緑(うすみどり)」(「膝丸」とも)を箱根神社に奉納し敵対の意思がないことを示し、自身の心のうちを綴った手紙「腰越状(こしごえじょう)」を頼朝に送るなど、はじめは頼朝との衝突を避けようとしていた義経ですが、もはや頼朝との仲を修復することは不可能と考え、頼朝との決別を決意します。

最初、義経は後白河法皇を頼り、渋る法皇から頼朝討伐の院宣を得ることに成功します。

しかし、いち早く義経の動向を察知した頼朝の計略によって、義経に賛同する者は想定を大きく下回ってしまいます。

その世情をみてか、後白河法皇が今度は義経追討の院宣を出したことから立場が一転。

義経は、「平氏討伐の英雄」から「朝敵として追われる身」となってしまうのです。

  

奥州藤原での最後 〜終焉〜

中尊寺_義経最後の地

朝敵として日本全土で追われる身となった義経でしたが、それでもわずかな縁を伝ってなんとか逃げ延びる旅を続けます。

はじめは九州を目指すものの、嵐と追討にあい失敗、続いて吉野山に身を潜めるもののここでも追討を受け、妾の静御前とはここで別れてしまいます。

その後もわずかな支持者や反鎌倉派の者たちに匿われながら逃亡生活を続けた義経ですが、ついに万策が尽きてしまいます。

そんな義経が最後に頼ったのが、”遮那王”として鞍馬寺を出てから初めて”源義経”として身を寄せた奥州藤原氏でした。

金山による莫大な資金力と朝廷との良好な関係から、源氏・平氏両一族から一目置かれていた奥州藤原氏。

しかし、三代目当主の藤原秀衡は、いづれ頼朝の力が奥州にも及ぶと考えていました。

そんなとき、聞きつけた義経の亡命の知らせ。

一度は送り出した義経を、秀衡は頼朝への抵抗のための最後の切り札として快く迎え入れたのでした。

しかし、義経に協力的だった秀衡は病に倒れてしまいます。

秀衡は息子たちに、義経を主君にして頼朝に最後まで抵抗するよう言い遺し、この世を去りました。

はたして秀衡の願いは、息子「泰衡(やすひら)」には届きませんでした。。

頼朝の圧力と政治的な駆け引きにより、泰衡は義経と対立。

平泉の衣川館において、弁慶をはじめとするわずか十数人の義経一向に対し、泰衡は約500の兵をもって襲撃します(のちの「衣川の戦い」)。

家臣たちが決死で殿をつとめたものの、もはやここまでと悟った義経。

最後は「持仏堂」に立て篭もり、妻と娘を刺したのちに自らも切腹し、最期を遂げたのでした。

  

源義経について まとめ

ということで、今回は源義経についてご紹介してきました。

そのストーリーから平安・鎌倉の”悲劇のヒーロー”ともいわれる義経ですが、「判官贔屓(ほうがんびいき)」という言葉が存在するように、客観的に分析すれば義経にも非があった部分があることがわかりましたね…!

何より武の道を極めた義経でしたが、政治の道では頼朝に及ばなかったという点、そして何より、当時の人々の心を掴みきれなかったことが、頼朝と義経の違いでしょう。

ただ、こうした英雄的人物の悲劇的なストーリーがいつの時代も人々を魅了するのもまた事実。

史実は史実、物語は物語としてわけて考えてみるのも、歴史や雑学、偉人伝の楽しみ方なのかもしれませんね!

👆牛若丸ゆかりの地、鞍馬寺の観光案内はこちらから!