みなさんこんにちは!旅狼かいとです!

今回のブログでは、日本の平安時代を代表する偉人「安倍晴明をピックアップ!

平安を代表する天文学者でありながら、非常に優秀な陰陽師でもあった安倍晴明。

その高い能力と謎めいた半生から現代でも文学やマンガ、アニメなどのモチーフにもなることが多い人物です。

そんな安倍晴明に加え、ここでは晴明最大のライバルとして登場する「蘆屋道満」についてもお届け!

平安のロマンを彩る二人を大特集していきます!

   

スポンサーリンク

安倍晴明とはどんな人物??

安倍晴明像_晴明神社
写真引用先:晴明神社 境内案内

安倍晴明の出生については明確な記述が残っていません。
(それゆえのミステリアスさ、そして人気なのでしょうが…!笑)

安倍晴明は、大膳大夫(だいぜんしき/おおかしわでのつかさ)の「安倍益材(あべのますき)」、あるいは淡路守の「安倍春材」の子とされていますが、各種史書では『竹取物語』にもその名が登場する右大臣「阿倍御主人(あべのみうし)」(阿倍普勢(あべのふせ)とも)や遣唐使として唐に渡った文化人「阿倍仲麻呂」の子孫とする説話も残されています。

安倍晴明を祭神として祀る「晴明神社」の見解としては、晴明は孝元帝(こうげんてい)の皇子「大彦命(おおびこのみこと)」の子であるということになっています。

いずれにしても、安倍晴明の出生は謎多き、ということですね。

幼少時代についても確かな記録は残されていませんが、どうやら陰陽師の賀茂忠行(かものただゆき)・保憲(やすのり)父子のもとで天文道と陰陽道を学んだと伝えられています。

安倍晴明の記述については晴明が40歳ごろのものからみられるようになっており、その頃には朱雀天皇から村上、冷泉、円融、花山、一条に至る6代の天皇に側近として仕えていたといわれています。

村上天皇の時代には遣唐使とともに唐へ渡り、城刑山にて伯道仙人の秘術を受け継がれ、帰国後これを元に日本独特の陰陽道を確立したと伝えられています。

そして、この日本独自の陰陽道からさらに晴明独自の陰陽道につながっていると考えられています。

天皇家からの信頼は、当時59歳の晴明が皇太子師貞親王(もろさだしんのう、後の花山天皇)の命で那智山の天狗を封ずる儀式を行なったところからさらに篤くなったといわれており、実際、この出来事以降の記録に晴明が占いや陰陽道の儀式を行った様子が多く見られるようになります。

花山天皇が退位した後も、一条天皇や藤原道長といった貴族世界の重鎮たちの信頼を集め続け、晴明についての記述が道長の日記『御堂関白記』や藤原実資の日記『小右記』にたびたび記されています。

中には、
一条天皇が急な病に伏せったときに晴明が禊を奉仕したところ、天皇の病がたちまち回復した
寛弘元年(1004年)7月、深刻な干魃が続いたため晴明に雨乞いの五龍祭を行わせたところ、一気に雨が降り、これを一条天皇は晴明の力によるものと認め被物(かずけもの)を与えた
といった、晴明の神がかりな陰陽道の能力が垣間見える記述も残されています。

陰陽師として名声を極めた晴明は、天文道で培った計算能力をかわれて税収を把握・監査する主計寮に異動し、主計権助を務めます。

その後、左京大夫(さきょうのだいぶ)、穀倉院別当、播磨守などの官職を歴任し、位階は従四位下にまで昇りつめました。

これは、出身・家柄が重視される時代においては非常に稀な出世です。

さらに、晴明の2人の息子安倍吉平(あべのよしひら)と安倍吉昌(あべのよしまさ)もまた父の跡を継ぐ形で天文博士や陰陽頭に任ぜられており、安倍晴明は安倍氏を、自身一代で師である賀茂氏に並ぶ陰陽道の一族として地位を確立したのでした。

  

安倍晴明の何がすごいの??

安倍晴明_晴明神社

上述のように、史実における安倍晴明は平安時代において陰陽道に関して卓越した知識を持った陰陽師であり、貴族のみならず朝廷や天皇家からの信頼も篤かったといいます。

実際、当時の最先端の学問(=呪術と科学)であった「天文道」や占いなどを体系としてまとめた思想としての陰陽道を一代のうちに完成させ、のちの安倍家の発展に非常に大きな貢献を残したことからも、晴明のずば抜けた才能を見てとることができます

また、晴明の死後、晴明を重用していた一条天皇が「安倍晴明は稲荷神の生まれ変わりであった」としたのです。

こうした晴明の素晴らしい陰陽師の能力や陰陽道による実績、さらには天皇家の扱いから次第に神秘化され、死後数多くの伝説的逸話となったと考えられています。

中でも江戸時代中期の浄瑠璃芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)において語れれる、安倍晴明の母は信田の森に棲む「葛の葉」という白狐であるというお話が有名ですね!

『蘆屋道満大内鑑』は安倍晴明の伝説を元にしてつくられた作品で、ここで登場する「神がかった陰陽道の才を持つ子」という晴明像が、現代における安倍晴明の人物像に強く影響しているといわれています。

ほかにも、歴史物語の『大鏡』や『十訓抄』、説話集の『今昔物語集』や『宇治拾遺物語』などに晴明の奇跡にも近い神秘的な逸話が記載されています。

そして、安倍晴明の能力として有名なのが、セーマン(晴明桔梗、五芒星とも)」という呪符を用いた陰陽道や、「青龍」「勾陣」「六合」「朱雀」「騰蛇」「天乙貴人」「天后」「大陰」「玄武」「大裳」「白虎」「天空」の式神「十二神将」を自由に駆使したという呪術ですね!

こういった、もはや物語の登場人物とも呼べるようなお話こそが、人々にロマンを与え、安倍晴明という人物をより一層魅力的に映し出しているのでしょうね~!!

  

蘆屋道満とはどんな人物??

蘆屋道満_FGO
写真引用先:Fate/Grand Order

安倍晴明のお話は一度これくらいにして、、

お次は、晴明の最大のライバルと語られる「蘆屋道満(あしやどうまん)についてご紹介していきます。

平安時代の陰陽師兼呪術師として知られる蘆屋道満。

道摩法師(どうまほうし)」として、そして安倍晴明最大のライバルとして知られる蘆屋道満ですが、こちらもまた晴明に並び劣らず謎の多い人物ですね

活躍したとされる平安時代の文献ではその名がほとんど見られないこと、道摩法師と蘆屋道満は別人であるという説も存在するなど、実はそもそも実在したかどうかもはっきりとわかっていない人物なのです。

(宮本武蔵の最大のライバルといわれる「佐々木小次郎」が実在したか定かではない、という歴史に似ています…!)

江戸時代の地誌『播磨鑑』によると、蘆屋道満の出身は播磨国岸村(現兵庫県加古川市西神吉町岸)とあり、「晴明のライバル」というイメージは道満が登場する江戸時代までのほとんどの文献でそのように記述されていることから。

後世になって安倍晴明が伝説化されるとともに蘆屋道満も伝説化していき、今では日本各地に「蘆屋塚」や「道満塚」、「道満井」といった遺跡が数多く残っています。

そんな晴明のライバルたる道満ですが、その記述のほぼすべてで「正義の晴明」「悪の道満」という扱いをされているのもまた特徴です。

ということで、ここからは安倍晴明と蘆屋道満のエピソードをいくつかご紹介していきます!

『簠簋内伝金烏玉兎集』(ほきないでんきんうぎょくとしゅう)

安倍晴明が幼少のとき、蘆屋道満と内裏で「争い負けた方が弟子になる」という呪術勝負を持ちかけたといいます。

その場に居合わせた帝は、みかんを15個入れた長持を二人には見せずに持ち出させ、「中に何が入っているかを占え」というお題を与えます。

まずは道満が長持の中身を予測し、「みかんが15個」と答えます。

対する晴明は、「鼠が15匹」と答えたのです。

まわりでこの勝負の様子を見ていた大臣や公卿たちは安倍晴明が予想を当てられなかったと落胆します。

しかし長持を開けてみると、なんと中からは鼠が15匹出てきたのです。

この結果、約束通り道満は晴明の弟子となったのでした。

その後、遣唐使として派遣され唐の伯道上人のもとで修行をしていた安倍晴明。

そんな晴明の留守中、蘆屋道満は晴明の妻と不義密通をしていました。

そして晴明が唐から帰国後、道満は晴明に命を賭けた呪術による対決を申し込みます。

このとき道満は、晴明が伯道上人から授かった書を盗み見て身につけた呪術を用い、晴明を殺害したのです。

しかし、第六感で晴明の死を悟った唐の伯道上人が来日し、呪術で晴明を蘇生させ道満を斬首。

晴明は師から継いだ書を発展させ、日本における陰陽道の発展に貢献したのでした。

ちなみに、このときの「書」というのが『簠簋内伝金烏玉兎集』そのものであるとされているのですが、これは晴明の死後に編纂されたという説が有力となっています。

つまり、これはあくまで物語、という線が濃厚のようですね…!

『宇治拾遺物語』 御堂関白の御犬晴明等奇特の事(巻14の10)

ある日、藤原道長が可愛がっていた犬が主人の外出を止めようとしていました。

愛犬のあまりの必死な様子に驚いた道長は晴明にことの仔細を占わせると、晴明は「式神の呪いがかけられそうになっていたのを犬が察知したのだ」と伝えます。

そして、「こんな呪術を知っているのは道満以外いない」と考え、晴明は蘆屋道満を捕らえるよう道長に伝え、道満は囚われの身となりました。

そしてその後、道満は生国播磨に流罪となったのです。

この逸話については、『十訓抄』や『古事談』にも同様の説話が収録されており、当時語られていた物語、あるいは本当にあったお話、、とも考えられますね!

『峯相記』(ほうそうき、ぶしょうき)

あるとき、藤原道隆(藤原道長の先代の摂政関白)の嫡男である藤原伊周(ふじわらのこれちか)は、父の地位であった関白を争う政敵である藤原道長に対し、蘆屋道満に依頼して道に呪物を埋める呪詛をかけました。

しかし道満の呪詛は、道長が信頼を寄せていた安倍晴明によって看破されてしまいます。

結局、道満は播磨国に追放され、その地で没したと伝えられています。

浄瑠璃・歌舞伎『芦屋道満大内鑑』(あしやどうまんおおうちかがみ)

ここまでお話してきたように、安倍晴明と蘆屋道満が登場するお話ではほぼすべてといってよいほど、「善の晴明」「悪の道満」という描かれ方をしています。

しかし、江戸時代に活躍した竹田出雲の浄瑠璃(およびそこから派生した歌舞伎作品)である『芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)』では例外的に、蘆屋道満が善人として描かれているのが特徴です
(先行の作品との差別化を図りあえて道満を善人として登場させたのではないかと考えられています。)

芦屋道満大内鑑』は、安倍晴明の出生譚である安倍保名と葛の葉の物語と、忠孝の士である芦屋道満が父殺しの悲劇を経て法師陰陽師となる経緯が並行して語られる、「親子の愛情」というテーマのもと描かれた作品となっています。

上でもちょこっと触れたように、葛の葉」は伝説上の安倍晴明の母で、実は白狐だったという美女

この伝説から、安倍晴明が稲荷神と同一視されているとも考えられています。

『芦屋道満大内鑑』のテーマに即していうと、「葛の葉の物語」が母子の、「道満の物語」が父子の情愛を描く対称的な構造となっているのも特徴です。

全5段の構成ですが、明治以降は全段省略なしの通し上演が行われた記録がなく、通し上演と名がついていても3段目全部とその前後が省かれるのがほとんど

そして、この3段目の主役となるのが、何を隠そう芦屋道満なのです…!

結局ここでも不遇な扱いを受けてしまう道満なのですね。。笑

近年は4段目の前半部「狐(子)別れの段」と「蘭菊の段」(「道行信太の二人妻」の前半部)のみの上演が多く、その際の道満は「通りがかりの良い人」的な端役であるため、もはや作品の題名がなぜ『芦屋道満大内鑑』なのかがわかりにくくなってしまっています。

そのため、4段目以外の上演がほぼない歌舞伎では『葛の葉』という題名のもと上演することも多くなっています。

ちなみに、『芦屋道満大内鑑』に登場する『葛の葉』のお話のもととなっている本来の「葛の葉伝説」では、蘆屋道満はしっかりと悪人として描かれています。笑

  

そもそも陰陽道と陰陽師って??

晴明神社_晴明井

ということで、ここまで安倍晴明と蘆屋道満についてご紹介してきました。

なんだか晴明びいきがすごすぎて道満の不遇っぷりがちょっとかわいそうになってきますが。。笑

それはともかく、、

ここまで読んできてそもそも陰陽道とか陰陽師って実際何なの?と感じていた方もいるのではないでしょうか?

日本における「陰陽道」というのは、日本の律令制において占いや天文、時間についてや暦の編纂を担当する部署「陰陽寮(おんようりょう、おんようのつかさ)」で学ばれていた”技術”になります。

〇〇道」という言葉、今の僕たちからするととあまり馴染みがなく、ともすれば「思想や宗教体系の一つ」みたいなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、今風にいうと「〇〇学」に近いニュアンスになり、主に技術体系を指す言葉になります。

実際、陰陽寮では陰陽道の他にも暦を作成するための学問だった「暦道」や天文現象の異常(天文異変/天変現象)を観測・記録し、地上への影響について研究する「天文道」なども教えられていました。
(もっとも、当時の「天文道」はほとんど占いに近く、現代の科学的天文学とは程遠い学問だったそうですが。)

そんな陰陽道、起源は中国の春秋戦国時代に現れた学者・学派「諸子百家」の一つ「陰陽家(いんようか)にあるとされています。

陰陽家の考え方は「世界の万物の生成と変化は陰と陽の二種類に分類される」という「陰陽思想」にあり、この陰陽思想が夏・殷(商)王朝時代から周王朝時代に「万物は木・火・土・金・水の五行からなる」とする「五行思想」と組み合わさり陰陽五行思想として完成します。

この陰陽五行思想が5~6世紀ごろ日本に伝わり、独自の発展を遂げたものが「陰陽道」です。

推古天皇や聖徳太子の時代に仏教思想が取り入れられたことは有名な話ですが、実はこのとき陰陽五行思想も中国・朝鮮半島から伝わっており、聖徳太子の冠位十二階や十七条憲法にもその思想が反映されているのです。

平安時代に入って「陰陽道」という日本独自の呼称になる前から、陰陽思想の考え方や占いは古代日本人に受け入れられてきたのです。

聖徳太子後の時代の出来事で言うと、天文学や遁甲の達人であり陰陽五行思想にも造詣の深かった天武天皇が、676年に陰陽寮や日本初の占星台を設置します。

この頃から、陰陽寮に属し陰陽道に関わる者を「陰陽師」と呼び始めたとされています。

ちなみに初期の陰陽寮(陰陽師たち)は、天体観測や暦・時の管理と陰陽五行に基づく論理的な分析によって、純粋な占筮(せんぜい)や占星、地相(現在で言う「風水」のようなもの)による予言を行なっており、神祇官や僧侶のような宗教的な儀式・祭儀、そして呪術はほとんど行なっていませんでした。

それでも、朝廷・宮中における吉日選定や、土地・方角などの吉凶を占うことで遷都の際などには重要な役割を果たしていたのです。

そんな陰陽道が現代における「魔術」的なイメージに近くなったのは、平安時代に入ってからです。

延暦4年(785年)に起きた藤原種継の暗殺事件

首謀者として考えられた十数人が死罪や流罪に処されたのですが、その全容が明らかとなることはついにありませんでした。

そんな流罪に処された者の一人に、皇族である早良親王(さわらしんのう)もいました。

無念のうちにこの世を去った早良親王。

すると、早良親王の死後、時の天皇であった桓武天皇の身辺に禍ごとが頻発したために、「これは親王の祟りではないか」と世の中に恐れが広がります。

結局、怨霊におびえ続けた桓武天皇は長岡京から平安京への遷都を決意したのですが、この祟りや遷都に端を発し、それまで影響力の小さかった御霊信仰が朝廷・貴族社会に広まり、悪霊退散のために呪術によるより強力な恩恵を求める風潮が強くなったのです

これを背景に、日本の古神道に加え有神論的な星辰信仰や霊符呪術のような中国由来の道教色の強い呪術にも注目が集まるようになります。

そして、もともと朝廷や貴族に重用されていた陰陽道もまた呪術的な色合いが強まり、加えて宗教のような要素も帯びるようになったと考えられているのです。

その後も陰陽道は影から朝廷の政権運営に関わっていき、加えて安倍晴明や蘆屋道満といった謎多き卓越した陰陽師も生まれたということで、今日に至るまである種の”平安ロマン”という形で語り継がれることになるのです。

ちなみに、陰陽道・陰陽師は室町時代後期以降、日本が戦国の世と化すあたりまで政治と密接な関わりを持つことになります。

「武」がものをいう時代においては、確かに占いや呪いというものが廃るのは納得ですよね。

   

安倍晴明を祀る神社「晴明神社」

晴明神社_門と境内

ここまでご紹介してきた安倍晴明と蘆屋道満、そして二人に密接に関わる陰陽道。

実は安倍晴明を祭神として祀る神社があるのです。

それが、京都の「晴明神社です!

境内の至るところに現在は神社の社紋となっている「晴明桔梗」こと「五芒星」が記されており、他の神社とは異なる不思議な雰囲気を感じる場所になっていました。

また近くには、渡辺綱と鬼女の伝説や晴明の式神伝説、死者の復活などといった怪異譚が多く語られてきた”曰く付き”スポット「一条戻橋もあり、パワースポットとしても有名な地域なのです。

安倍晴明に興味を持っているという方は、ぜひ京都の晴明神社にも足を運んでみてください!!

👆晴明神社についてはこちらから!

   

スポンサーリンク

安倍晴明と蘆屋道満 まとめ

晴明神社_鳥居と晴明桔梗・五芒星

ということで、今回は平安を代表する陰陽師「安倍晴明」と「蘆屋道満」、さらに陰陽道と陰陽師についてご紹介していきました!

日本史に馴染みがない方でもこうしてさまざまな文化や歴史を知ることで、現代の作品や旅行・観光の楽しみ方が増え、深みが増すと思います。

もちろん、これは海外の歴史や文化でもそうですよね!

その時代や国の文化を見ても歴史の様子を紐解けるというのが、文化史のおもしろいところです。

あなたもぜひ、旅行前にはその場所の文化や偉人、歴史なんかに興味を向けてみてください!

きっと思わぬ発見、自分の趣味や新たな興味に繋がること間違いなしですよ!!

   

👆関東のパワースポットなら、三峯神社がイチオシ!!