というわけで、、スマホをスられましたーーー!!笑笑

やられた。。

何がショックって、、

スマホの写真が全て消えてしまったこと!!!!!!

 

というのも、現在スペインにいまして年末年始をフランス・スペインで過ごしていたのです!!

当然その様子をあげるつもりでしたのに。。。

幸いにも、観光地の写真はほぼカメラに納めていますので問題ないのですが、移動だったり動画だったりはスマホだったのでご紹介できません。。。。

いや〜〜〜

ホント悔しい、悔しいけど、、

これをネタにするしかない!!笑

 

ということで、実際にマドリードでスリに遭ったからこそ書けるあれこれをご紹介していこうと思います!笑

 

スポンサーリンク

まず大前提として…

このスペインは、僕にとって12ヶ国目の訪問でした。

過去にはスペインよりもっと治安が悪いと言われている国や地域に行ったこともあります。

「俺は旅慣れしている」

そう。

この慢心こそが、最大の落とし穴だった。。

  

僕がスマホをスられたのは午後19時半ごろ。

そして僕がスられる6時間ほど前、つまり、お昼12時半ごろ、
弟がスマホをスられていたんです!

つまりは兄弟揃ってスマホをスられたわけなのですが。。笑笑

ともあれこのとき僕がどう思ったか。

「俺は大丈夫だろ!」

  

慢心です。
慢心王です。

 

とまあ、この「慣れ」から来る「変な自信」によって足元をすくわれたわけです。

  

 

マドリードの治安について

今回のマドリード訪問は、2018-2019年越しフランス&スペインの最終目的地でした。

そして、マドリードに来るまでは終始問題なし!

「まっさかマドリードで〜!」

と思っていました。

まあ、これも慢心ですね。笑

  

なんとなく、その国の「首都」って、安全なイメージだったんです。
こういうイメージの方、他にもいらっしゃるかと思います。

日本の東京、タイのバンコク、イギリスのロンドン、エジプトのカイロ。
そして、スペインのマドリード。

ですが実際にデータを見ると、人口が多い地域ほど犯罪率が高い傾向にあるんです。

日本を例にしても、犯罪率を上から並べると、

大阪
愛知
福岡
京都
兵庫
埼玉
東京

山形
長崎
岩手
秋田

となっています。

そして、経済成長が遅れている国ほどその傾向は顕著になります。

ケニアに行った際は、「首都のナイロビはとにかく気をつけろ」と言われましたし、データでもわかりますので興味がある方はみてみてください。

  

そしてスペイン🇪🇸。

一人当たりGDPはEU28ヶ国中13番目。

これをどう捉えるかは人によるかもしれませんが、日本人に人気のヨーロッパの観光地の中では、これは下位に当たると言って良いです。

加えて、スペインの目と鼻の先にはアフリカ大陸。

当然、アフリカからの移民の多くは、ここスペインに入りますよね。

フランスやバルセロナに比べマドリードには、イスラム系と言いましょうか、褐色の北アフリカ系の人が確かに多かったです。

つまり、パリから南下を続けてマドリードに来た僕たちにとって、最も警戒するべき土地だったわけ。笑

僕が愛用している地球の歩き方にも、「軽犯罪には要注意」という文字が。。

created by Rinker
¥1,836 (2019/06/16 13:25:16時点 楽天市場調べ-詳細)

ということで、日本人にも人気のマドリードですが、
軽犯罪多発地帯であると認識しておきましょう!!

 

 

どうスられたのか(被害の手口)

では、実際に遭った手口をご紹介。

完全ステルス

はい。

弟が被害に遭ったのは完全にステルス、つまり、まったくわかりませんでした。笑

これには、スネークもびっくりです。

 

バルセロナからマドリードのアトーチャー駅に移動してきて、駅を出て写真を撮ったのが最後、
そこから5分ほど歩いてホテルに到着した際に、なくなっていることに気づきました。

途中、信号待ちや、僕のキャリーのタイヤが壊れていた関係で道で立ち止まったりしたのですが、いつスられたのかもうまったくわからなかったです。

というか、なんなら「知らない間に落としたのかも」とさえ思うレベル。

ですが落とせば気づきだろうし、散々ポケットに入れて歩いてきたのにここで落としたのいうのは考えずらいですから。

おそらく駅構内か、駅を出たところで目をつけられていた可能性が高いです。

「街に踏み込んだときからもう狙われている」なんて、逆になんか、ちょっとワクワクしますが、、!!笑笑

 

ぶつかってGet!

こちらは僕が遭ったパターン。

お昼にスマホをスられ、落としたかもしれないという一縷の望みにかけて午後は捜索活動をしたいという弟の願いを聞き入れ探し回ったのですが、、

当然出てくるはずもなく。

その後は完全にふてくされてしまった弟をホテルに残し(笑)、僕は一人でマドリードの街を散策。

プラド美術館を堪能し、街の雰囲気も味わったところでホテルへの帰路を歩いている途中、“いい感じの雰囲気”の裏路地を発見!

Google Mapを見ると、ついでにホテルまでの近道でもある!

そうして路地に入って周囲を確認し、カメラを構えると、後ろから「どんっ」。

“Sorry”

と言って僕はすぐに脇にそれます。

見てみると、褐色の北アフリカ系の男の人。

すぐに通り過ぎていくと思いきや、なんと絡んできます!

”Hey”

そういって自分のジーンズの裾を指差し、なにやら言ってきます。
汚れたとかなんとかだと思いますが、とにかく近づいてきて僕の足を軽く蹴ってきます。

「これ、やばいやつじゃないか。。」

本当に、マンガのように「ゾクッ」っとしたのを今でも覚えています。
その時は割と「命的な意味で」やばいと思いました。笑

とにかくパスポートと財布は死守せねば。

それだけは頭の中に浮かんできて、どうにかやり過ごすようごまかします。

すると男。急に笑いかけてきて、向かいの建物を指差し、
“Play soccer game, there!”

はい?
もう意味がわからない。

もしかして、麻薬の勧誘とか?
また色々な思考が巡ります。

ただ、とにかく付いて行ってはいけないことくらいはわかる。

自分がなにを言ったのか全然覚えていませんが、男の人は”Ok”と言って去って行きます。

ふぅ、何もなくてよかった。。

そう思い、再び路地を進み、地図を見ようとポケットに手を入れると、、

「っ!!!!」

その瞬間、すべてを悟りました。

“Bloody hell!!!!”

こんなにもすらっとイギリス英語のスラングが出てきたのはちょっと嬉しかったですが、ともあれやられたわけです。

 

と、ストーリーが長くなりましたが、この流れを分析します。

まずは、弟の駅周辺時同様、目をつけられていた可能性があります

途中人通りの多い道や広場を通っていますし、その度にカメラを構えて写真を撮り、スマホで地図を見ていましたからね。

そして僕は、人通りの少ない路地に入ります。
お相手にしては願ったり叶ったりでしょう!笑
カモが自分から危険なところに足を踏み入れたのですから。笑

あとは自然な感じで後ろからぶつかり、そのスキにポケットからスマホを拝借!
のはずだったのだと思います。

しかしここで問題が。

一発で盗れなかった。

僕はこの日、裾の長いチェスターコートを着ていましたから、これが邪魔をしたのだと思います。

ですが、狙いを定めた以上盗らなくては。

ということで、日本人との距離を詰め、足元に注意を向けさせておいてスマホをスる。

無事盗り終えたら勘付かれる前にズラかる。

 

こんな流れでしょうか。

とにかく言いたいのは、ぶつかられたときはポケットとカバンに注意!!!

ということですね!

 

 

スリに合わないためには??(対策)

さて、ここまでマドリードの治安と実際の手口について書いてきましたが、、

それでもやっぱり、スペイン行きたいですよね〜!!

ということで、僕なりに軽犯罪対策をまとめてみました!

 

ポケットに入れない

今回スられた僕も弟も共通点があります。

それが、、

スマホをジーンズのポケットに入れていたこと!

いやこれ、海外旅行の時はしてはいけないこと上位のことなのですが、ポケットに入れて2週間近く乗り切っていたのでついつい忘れていました。。

スマホで地図を見ながら移動するという方も多くいると思いますが、そういった方もポケットには入れないこと。

ではどうするか?

サブバックを持ちましょう!!

斜めの肩掛けバックやウエストポーチですね!

カバンの口がチャックやマジックテープで完全に閉まるものにしましょう。

僕はカメラを持っていく関係で、カメラバックに財布とパスポート、ガイドブックを入れています。

そしてその中にスマホも入れておく!

いちいち出し入れするのは手間ですが、盗まれた後の手続きの方が面倒なので、その辺は我慢しましょう。。
(これは自分への戒めでもある。笑)

どーーーしてもポケットに入れておきたい方は、ポケットに手を突っ込んでおけばいいかも。笑

 

人通りの少ない道、細い道には入らない(べき)

旅行慣れしてきたり、ちょっと冒険したいという方はやりがちなこととして、
「ちょっとこの道通ってみよ〜う」
が挙がると僕は思っています。笑

やるな、とは言いません。

僕もこういうの、したいタイプですから。笑笑

ですが、、

一人でしない!!

夜はしない!!

これを改めて痛感しました。

夜の方がこういう道って、魅力的なんですけどね〜〜!

わかる、すごくわかるんだけど、なるべくしないことをオススメしますよ!!

どーーーしても夜に通りたいのなら、ツレを付けるか、最大の警戒態勢をしくことですね!
(貴重品は持たない、まわりに気を配っていることを見るからに感じさせる、など。笑)

 

最新機種を持ち歩かない

これは人によるかもしれません。

僕たち兄弟は、この時まだ最新バリバリだったiPhoneⅩを持っていました。

それを街中で取り出しまくっていたのですから、確かに目にはつきますよね笑

もし最新機種を持って海外へお出かけの際は、カメラなどの最低限の使用に控え、

以前使っていた機種を、レンタルWi-Fiに繋いだりSIMフリーにしてSIMカードを購入しましょう!

「前に使っていたスマホなんてないよ」
という方は、警戒を厳にするしかないです!笑

それか、お金に余裕があったり、頻繁に海外に行くのなら海外用のスマホを購入するのも良いかもしれませんね!

  

 

もし被害に遭ってしまったら…(対応)

さて、ここまで対策等書いてきましたが、それでも被害に遭ってしまうこと、あります。。

そんなときどうするか、それをご紹介します。

 

まずは開き直る!!

おい、精神論を聞きたいわけではない!!

わかっています。

が、せっかく海外に来たのですよね?
次、いつ来れるかもわからないですよね?

なら、それも想い出にしてしまえば良いのです!!

さすがにパスポートを盗まれたのなら、こんな悠長なことは言ってられませんが、スマホくらいならまた買えばいいじゃあないですか。

盗まれたことをウンウン悔やんだり、挙句その日の予定を棒に振って探し回るなど、僕からしたらナンセンスの塊です!

何しに来たんだよ!

スマホがないと観光できないのかよ!!

てかもうそのスマホないんだから、無いなりの方法を考えろよ!!!

畳み掛けましたが、これは本心です。

実際盗まれてみて、確かにテンションは落ちました。

ですが盗まれてしまった場合、できることはほぼ無いと考えてください。

落とした可能性もある?

なら一度、通った道を探してみてください。

それでなければもう見つかりません。

血も涙もないかもしれませんが、「見つかったら奇跡」という可能性にかけるより、
その分観光をエンジョイしてやった方が絶対に生産的ですし、気持ちも晴れます!

空元気でもいいじゃあないですか!

楽しむために海外に来たのでしょう!?
なら楽しみましょう!!

 

警察で盗難届をもらう

保険や携帯会社の保証がきく場合は盗難届が必要になりますので、開き直った次は警察署を探しましょう!

“Where is the nearest police office?”

と、ホテルの受付などで聞けば教えてくれます!

同行者のスマホの地図で探しても出てきますが、実際に人に聞いた方が早いですよ!
(僕も弟が盗まれた後、はじめは僕のスマホで探しましたがよくわかりませんでした。笑)

場所がわかったら早速向かいます。

入りづらいと思いますが、少なくともマドリードの警察官の方々は好意的でしたよ!

入ったら

“Can I have theft report?”

と言いましょう!

theft report“は「盗難届」の意味。
最悪この言葉だけ覚えていけば、多分大丈夫。警察官の方も慣れています。笑

書類に名前やパスポート番号などの基本情報、被害に遭ったもの、場所や時間を記入します。
場所を書かなければいけないので、ガイドブックなど情報がわかるものを持っていくことをオススメします。

書き終わったら受理のハンコをもらい、手続き完了です!

30分ほどで終わると思いますので、面倒臭がらずもらっておいた方が、帰国後の手続きがスムーズかと思います。

かく言う僕は、今回に限って保険に入っておらず、ソフトバンクの保証も海外での窃盗被害は対象外でして、使い道はなかったのですが。。笑

 

ともあれこれで、やることは完了です!

盗まれたのがパスポート出なければ、気持ちのショックはあれど開き直って時間を有効に使うことをオススメしますよ!!

 

 

スポンサーリンク

最後に…

ここまでマドリードでの出来事について書いてきましたが、勘違いしないでくださいね、

マドリードが嫌な街だと言ってはいないですよ!!

むしろ、雰囲気は大好きです!!

マドリードって、意外と観光地が少ないというか、美術館巡りにサッカー、闘牛にフラメンコと、「誰でも楽しめる!」みたいなのがあまり多くないんです。

その分、街そのものを楽しむ!って感じだと思います。

広場でのんびりしたり、市場をまわったり。

「散策もしたし、ちょっとお茶でもしようか?」
なんて言って、ゆっくりしたい街ですね!

 

人についても、確かに軽犯罪には要注意ですが、それはほんの一部。

実は僕、マドリードのATMでクレカが吸い込まれてしまって、そのまま出てこなくなってしまっていたんです!笑

その時、後ろに並んでいた老夫婦が、銀行に電話してくれて対応を訊いてくれたんです。

幸い、ボタンをすべて長押ししていたらなぜか再起動がかかり無事回収できたのですが!笑

このように、親切な方々だって当然います。

 

とにかく言いたいのは、

何があっても楽しむ精神を忘れないでいただきたい!!

「開き直る」のところでも書きましたが、楽しむために旅行をしているのですから、その根っこを忘れないで、街や観光地を堪能してほしいですね!!

 

というわけで、今回はここまで!

みなさんの旅の安全を祈っております!

  

  

[おまけ1] あってよかった!シリーズ

おまけとしてここでは、

スマホを盗まれた我々兄弟が「あってよかった〜〜!!
となったもの、

そして、
「これやっとけばよかった〜〜!!」
となったことをご紹介します!

 

まずはあってよかったシリーズから!

前に使っていたスマホ

上の対策のところでも少し触れましたが、僕は以前使っていたiPhone6sをiPodがわりに使っています。

当然、電波を拾っての使用はできませんが、Wi-Fiに繋げばネット使用はもちろん、SNSの使用だってできます。

兄弟揃ってスマホがなくなっていたので、本来なら誰とも連絡が取れなかったはずなのですが、このスマホにインスタをおとし、メッセージを送ることができました。

さらに、僕たちは次の日にレアル・マドリードの試合を観に行く予定で、そのチケットはeチケット。
スられたスマホのウォレットに入れていたんです!

それも、チケットをダウンロードするためのメールをiPhone6sで開き、再度おとすことで、無事観戦することができたんです!

つまり、、

このiPhone6sがなかったらレアル戦を観ることができなかったのです!!

これは本当に大きかった。

はっきり言って、レアル戦を観るためにマドリードに来たようなものでしたから。
観れないってなったら、本当にスマホを寄付しに来たようなものです。笑笑

というわけで、予備のスマホ!

これを用意しておくと、「何か」あったときに役立つかもしれませんよ!!

 

LINEをインストールしたパソコン

これも事前準備というか、日頃使っているかどうかが大きいかもしれません。

上で書いたiPhone6s、確かにツイッターやインスタ、フェイスブックでのやり取りはできますが、
LINEは、、となると、引き継ぎをしていないでしょうから、すべてのデータが消し飛ぶ可能性があります。

そうなったら本末転倒です。笑

そんなときに活躍したのがパソコン!

僕は日頃からパソコンを使うので、パソコンでLINEを使えるようにしています。
そして、そのパソコンを旅行にも持っていきます。

さすがに街中でパソコンを開きはしませんが、これならホテルのWi-Fi下でLINEでのやりとりが可能となります!

「LINEしか知らないけど連絡を取らないといけない、、!」
そんな場合もあるかと思います!

予備のスマホに比べて荷物になるのでオススメはしませんが、旅行中も頻繁に連絡を取る可能性がある方は一考の価値はあると思いますよ!!

  

[おまけ2] やっておけばよかった…シリーズ

写真のバックアップ

これは切実!!

特に、こうして文字と写真で観光地をご紹介することを生業の一つにしている人間としては致命的な失態です!!

これに関しては自分の意識の甘さを反省。

これについては、そもそも訪問してからすぐに投稿していなかったのも問題でしたが。。

まあこれは僕個人の反省ですが、

今の時代スマホで写真を撮るという方はとても多いはず。

そしてバックアップを取っていなかったら、、、
はい、すべて消えます。笑笑

こうなっては遅いというのを本当に痛感しましたので、ぜひ訪問先でもバックアップを取っておくことを強くおすすめします!!!

iPhoneユーザーの方で特に設定をいじってなければ、Wi-Fi環境下で自動的にiCloudに保存されるはずですが、
iPhoneユーザーでない方や設定がそうでない方、iCloudの容量が上限に達している方はおそらくバックアップされません。
(アンドロイドでも自動バックアップがあるかもだけど)

そんな場合の対応策!

わかりやすいのは、iCloudの容量を増やすことですね!

初期の5GBまでは無料ですが、おそらくここには簡単に達してしまうでしょう。

次の容量は一気に50GBまで伸び、料金は月130円!!
年で見ても1560円です!

これくらいなら払ってもよい気がしませんか?

海外のみならず、日常生活の中でスマホを紛失したりデータが消えてしまうことだってありますから、その最低限の対策にもなります!

次のグレードはその4倍で200GB!
料金は月400円。年で4800円。

僕は現在このプランなのですが、これはだいぶ余裕があります。笑笑

スマホの一部の写真とバックアップデータ、そしてパソコンの一部のデータを保存しています。

このプランは、普段写真を撮りまくったりパソコンに書類などのデータを保存しまくったりしている方向けだと思いますね!

普段使いであれば50GBで大丈夫のはずです!!笑

ちなみに200GBの上が最大の2TB。笑

もう説明はしませんよ。笑笑

 

そして、クラウド上にバックアップというものだともう一つ、
Amazon Photo“があります!!

Amazon Prime会員限定という縛りはありますが、写真と動画の保存が可能です!

気になる内容ですが、基本料金は0円!!
プライム会員の一サービスして展開されていて、写真の容量は無制限という大サービスっぷり!!!

プライム会員としてログインさえすれば他の端末でも入ることができるため、万が一紛失しても新しいスマホでも写真を見ることができます!

動画は5GBまで無料で、それ以上必要な場合は別途追加料金が必要ですが、
それでも十分なサービスだと僕は思いますね!!

プライム会員費用は月400円で、年会費として一括払いすれば3900円になります。

最近はPrime VideoやPrime readingもかなりしっかりしてきていますので、他のサービスと合わせて入会してしまうのは大いにアリです!!
(Musicは相変わらず渋いです。。笑)

 

ゲームのバックアップ(復元方法の確認)

こちらもバックアップ系ですが、スマホゲームのバックアップ、あるいは復元について!

ゲームによってバックアップ方法は異なるでしょうが、多くは「プレイヤーID」かそれに類似した情報がほぼ必須となっており、逆にこの情報さえあれば復元が可能となることが多いですね!

あるいはスマホデータそのものを先ほどのクラウドなどにバックアップしておき、復元するという方法。

ただしこの復元の方法は、僕の体験からするとゲームによっては復元しないものもありますので過信はよくないです!

ですので、やはり確実な方法は各ゲームが指示する引き継ぎ・復元方法をチェックしておくことですね!

特にゲームをプレイしていなかったり、思い入れがないという方はまったく心配することはないですが、

「消えたら発狂するーーー!!」
みたいな方は一考してみてくださいね!笑笑

 

ということで、

あってよかったのは、予備のスマホパソコン

やっとけばよかったのは、バックアップ

です!!

もしも、もしもの万が一、僕たちと同じ羽目になっても、皆さんはどうか絶望しないよう、対策を施しておいてくださいね!!笑