というわけで、、スマホをスられましたーーー!!笑笑

やられた。。

何がショックって、、

スマホの写真が全て消えてしまったこと!!!!!!

 

というのも、現在スペインにいまして年末年始をフランス・スペインで過ごしていたのです!!

当然その様子をあげるつもりでしたのに。。。

幸いにも、観光地の写真はほぼカメラに納めていますので問題ないのですが、移動だったり動画だったりはスマホだったのでご紹介できません。。。。

いや〜〜〜

ホント悔しい、悔しいけど、、

これをネタにするしかない!!笑

 

ということで、実際にマドリードでスリに遭ったからこそ書けるあれこれをご紹介していこうと思います!笑

 

スポンサーリンク

まず大前提として…

このスペインは、僕にとって12ヶ国目の訪問でした。

過去にはスペインよりもっと治安が悪いと言われている国や地域に行ったこともあります。

「俺は旅慣れしている」

そう。

この慢心こそが、最大の落とし穴だった。。

  

僕がスマホをスられたのは午後19時半ごろ。

そして僕がスられる6時間ほど前、つまり、お昼12時半ごろ、
弟がスマホをスられていたんです!

つまりは兄弟揃ってスマホをスられたわけなのですが。。笑笑

ともあれこのとき僕がどう思ったか。

「俺は大丈夫だろ!」

  

慢心です。
慢心王です。

 

とまあ、この「慣れ」から来る「変な自信」によって足元をすくわれたわけです。

  

 

マドリードの治安について

今回のマドリード訪問は、2018-2019年越しフランス&スペインの最終目的地でした。

そして、マドリードに来るまでは終始問題なし!

「まっさかマドリードで〜!」

と思っていました。

まあ、これも慢心ですね。笑

  

なんとなく、その国の「首都」って、安全なイメージだったんです。
こういうイメージの方、他にもいらっしゃるかと思います。

日本の東京、タイのバンコク、イギリスのロンドン、エジプトのカイロ。
そして、スペインのマドリード。

ですが実際にデータを見ると、人口が多い地域ほど犯罪率が高い傾向にあるんです。

日本を例にしても、犯罪率を上から並べると、

大阪
愛知
福岡
京都
兵庫
埼玉
東京

山形
長崎
岩手
秋田

となっています。

そして、経済成長が遅れている国ほどその傾向は顕著になります。

ケニアに行った際は、「首都のナイロビはとにかく気をつけろ」と言われましたし、データでもわかりますので興味がある方はみてみてください。

  

そしてスペイン🇪🇸。

一人当たりGDPはEU28ヶ国中13番目。

これをどう捉えるかは人によるかもしれませんが、日本人に人気のヨーロッパの観光地の中では、これは下位に当たると言って良いです。

加えて、スペインの目と鼻の先にはアフリカ大陸。

当然、アフリカからの移民の多くは、ここスペインに入りますよね。

フランスやバルセロナに比べマドリードには、イスラム系と言いましょうか、褐色の北アフリカ系の人が確かに多かったです。

つまり、パリから南下を続けてマドリードに来た僕たちにとって、最も警戒するべき土地だったわけ。笑

僕が愛用している地球の歩き方にも、「軽犯罪には要注意」という文字が。。

ということで、日本人にも人気のマドリードですが、
軽犯罪多発地帯であると認識しておきましょう!!

 

 

スポンサーリンク

どうスられたのか(被害の手口)

では、実際に遭った手口をご紹介。

完全ステルス

はい。

弟が被害に遭ったのは完全にステルス、つまり、まったくわかりませんでした。笑

これには、スネークもびっくりです。

 

バルセロナからマドリードのアトーチャー駅に移動してきて、駅を出て写真を撮ったのが最後、
そこから5分ほど歩いてホテルに到着した際に、なくなっていることに気づきました。

途中、信号待ちや、僕のキャリーのタイヤが壊れていた関係で道で立ち止まったりしたのですが、いつスられたのかもうまったくわからなかったです。

というか、なんなら「知らない間に落としたのかも」とさえ思うレベル。

ですが落とせば気づきだろうし、散々ポケットに入れて歩いてきたのにここで落としたのいうのは考えずらいですから。

おそらく駅構内か、駅を出たところで目をつけられていた可能性が高いです。

「街に踏み込んだときからもう狙われている」なんて、逆になんか、ちょっとワクワクしますが、、!!笑笑

 

ぶつかってGet!

こちらは僕が遭ったパターン。

お昼にスマホをスられ、落としたかもしれないという一縷の望みにかけて午後は捜索活動をしたいという弟の願いを聞き入れ探し回ったのですが、、

当然出てくるはずもなく。

その後は完全にふてくされてしまった弟をホテルに残し(笑)、僕は一人でマドリードの街を散策。

プラド美術館を堪能し、街の雰囲気も味わったところでホテルへの帰路を歩いている途中、“いい感じの雰囲気”の裏路地を発見!

Google Mapを見ると、ついでにホテルまでの近道でもある!

そうして路地に入って周囲を確認し、カメラを構えると、後ろから「どんっ」。

“Sorry”

と言って僕はすぐに脇にそれます。

見てみると、褐色の北アフリカ系の男の人。

すぐに通り過ぎていくと思いきや、なんと絡んできます!

”Hey”

そういって自分のジーンズの裾を指差し、なにやら言ってきます。
汚れたとかなんとかだと思いますが、とにかく近づいてきて僕の足を軽く蹴ってきます。

「これ、やばいやつじゃないか。。」

本当に、マンガのように「ゾクッ」っとしたのを今でも覚えています。
その時は割と「命的な意味で」やばいと思いました。笑

とにかくパスポートと財布は死守せねば。

それだけは頭の中に浮かんできて、どうにかやり過ごすようごまかします。

すると男。急に笑いかけてきて、向かいの建物を指差し、
“Play soccer game, there!”

はい?
もう意味がわからない。

もしかして、麻薬の勧誘とか?
また色々な思考が巡ります。

ただ、とにかく付いて行ってはいけないことくらいはわかる。

自分がなにを言ったのか全然覚えていませんが、男の人は”Ok”と言って去って行きます。

ふぅ、何もなくてよかった。。

そう思い、再び路地を進み、地図を見ようとポケットに手を入れると、、

「っ!!!!」

その瞬間、すべてを悟りました。

“Bloody hell!!!!”

こんなにもすらっとイギリス英語のスラングが出てきたのはちょっと嬉しかったですが、ともあれやられたわけです。

 

と、ストーリーが長くなりましたが、この流れを分析します。

まずは、弟の駅周辺時同様、目をつけられていた可能性があります

途中人通りの多い道や広場を通っていますし、その度にカメラを構えて写真を撮り、スマホで地図を見ていましたからね。

そして僕は、人通りの少ない路地に入ります。
お相手にしては願ったり叶ったりでしょう!笑
カモが自分から危険なところに足を踏み入れたのですから。笑

あとは自然な感じで後ろからぶつかり、そのスキにポケットからスマホを拝借!
のはずだったのだと思います。

しかしここで問題が。

一発で盗れなかった。

僕はこの日、裾の長いチェスターコートを着ていましたから、これが邪魔をしたのだと思います。

ですが、狙いを定めた以上盗らなくては。

ということで、日本人との距離を詰め、足元に注意を向けさせておいてスマホをスる。

無事盗り終えたら勘付かれる前にズラかる。

 

こんな流れでしょうか。

とにかく言いたいのは、ぶつかられたときはポケットとカバンに注意!!!

ということですね!

 

1 2