今回はイギリス / ロンドンの世界遺産「ロンドン塔(Tower of London)」についてご紹介!

イギリス国内、そしてロンドン市内に数ある観光地の中でも重厚な歴史と非常に多くの見所を秘める観光名所です。

僕自身、このロンドン塔が初めての「一人でお金を払って入場しての観光」でした!

今思い出すと、チケットを買うのにすごい緊張したなぁ。。

と、僕の中でも思い入れが強い観光地ですので、いつも以上にたくさんの情報をお届けしますよ!!

 

ちなみに僕は、「ロンドン塔」という日本語訳の呼び方よりそのまま発音する「タワー・オブ・ロンドン」と呼ぶ方がかっこよくて好きです!

 

スポンサーリンク

ロンドン塔(Tower of London)について

まずはロンドン塔の概要や歴史をご紹介します。

 

タワーブリッジの程近く、ロンドンのイースト・エンドに建てられている「ロンドン塔」こと”Tower of London“。

正式名称は
女王(国王)陛下の宮殿にして要塞であるロンドン塔Her(His) Majesty’s Royal Palace and Fortress of the Tower of London)」
とかなり仰々しい名前が付いていますが、この名前は伊達ではなく(笑)、現在でも儀礼的な武器などの保管庫や礼拝所などとして機能しています。

 

11世紀後半にウィリアム征服王ウィリアム1世)が現在の「ホワイト・タワー」を、ロンドンを守る「要塞」として建てたのが始まりで、
以降、国王が居住する宮殿としてだけでなく、造幣所や銀行、天文台、さらには王立動物園までも兼ねていた時期もあるほど様々な用途で使用されてきました。

 

そんなロンドン塔で最も有名であると言ってよいのが「監獄」としての機能

王や王族、王妃や政治家など数々の歴史的人物が投獄・拷問・処刑された歴史を持ちます。

中でも残酷だったのが、
エドワード4世の二人の幼い王子エドワード5世とヨーク公リチャードの暗殺と、
ヘンリー8世の2番目の王妃アン・ブーリンの処刑と言われています。

エドワード5世とヨーク公リチャードについては、
父エドワード4世の死後ロンドン塔に連れ込まれ、それ以降行方不明となったのですが、それから約200年後に二人の子供の骸骨が発見されたことで暗殺(処刑)されていたことが発覚。当時王位を簒奪したリチャード3世が首謀者だと考えられています。

後者のアン・ブーリンは姦通罪などの罪で処刑されたのですが、
これはヘンリー8世が男子を産まないアンと別れ別の女性と結婚するためにきせた濡れ衣であったとされており、ロンドン塔内で目撃される幽霊情報の多くは「首から上がない女性」、つまりアンの亡霊だと言われています。

ですがアンの処刑については、ブーリン家がまわりからあまりよく思われていなかったこと、そしてアン自身も過剰な政治介入によって政敵が多かったそうで、積もり積もった色々なものがヘンリー8世の結婚騒動で「冤罪を着せられての処刑」にまで至ったのでしょう。。

ちなみにヘンリー8世は、結婚関連で他にも宰相トマス・クロムウェルやキャサリン・ハワードなど多くの人物を処刑しています。
こちらは何らかの不義があったとされていますが、それでも歴代の王の中では残虐な人間だったそうですね。

 

話をロンドン塔に戻すと、「ロンドン塔のワタリガラス」も非常に有名。

これは、チャールズ2世がロンドン塔に棲みついたカラスを駆除しようとしたところ、「カラスがいなくなるとロンドン塔が崩れ、ロンドン塔を失った英国が滅びる」と予言されたこと、

そしてこれに、アーサー王伝説において、アーサーが魔法でワタリガラスに姿を変えられてしまったというお話から「ワタリガラスを殺す事はアーサー王への反逆行為」と言われ、古くから不吉な事が起こるとされていることが加わり、

今日に至るまで「レイヴンマスター」と呼ばれる役職の王国衛士によって一定数が養われています。

 

他にも、史上最大のカラット数3106カラットを誇るダイヤモンド「カリナン」が保管されていたり、

かつての衛兵姿をしたガイドさん「ビーフィーターヨーマン・ウォーダー)」を見ることができたり、

数々の武器や武具を見れたりと、とにかく見所満載です!

beefeater“と書き「ビーフィーター」と読みます。
これはかつて、給料をお金ではなく牛肉(beef)でもらっていたことに由来するそう。
「beefを食べる人(eater)」ですね!

 

 

ロンドン塔の見所

ではでは、そんなロンドン塔に実際に行ってきた様子をご紹介していきます!

 

最寄りの駅はタワー・ヒル駅(Tower Hill)。

降りて少し歩くとロンドン塔に着きます。

 

ちなみに、駅のすぐ横には「ロンドン・ウォール(London Wall)」があります。

これは3世紀ごろにローマ帝国によって築かれたもので、当時「ブリタニア」と呼ばれていたこの地域の州都ロンディニウムを囲っていたとされています。

 

ロンドン・ウォールをあとにし、ロンドン塔の方へ進んでいきます。

ロンドン塔の正面に出てきました!

チケットを購入して入場口である「ミドル・タワー(Middle Tower)」へと進みます!

テムズ川をまたいだ向こう側はビル群になっています。
一際高いビルが『ザ・シャード(The Shard)」。
イギリス国内で最も高い建物で、現代ロンドンの象徴です!
奥にはタワーブリッジ!
ミドル・タワー!

入場と言っても敷地内へ入るだけで、中にはいくつかの大きな建物があります。

そのそれぞれに展示物が並べられているというかたちになっています。

ジュエル・ハウス(Jewel House)。
その名の通り、王冠や王笏といった数々の宝物が展示されています。
中でも目玉は「アフリカの星」の異名をもち、史上最大のカラット数を誇るダイヤモンド「カリナン」です!
ジュエル・ハウスの前には砲台と衛兵も
こちらが「ホワイト・タワー(White Tower)」。
数々の「血」の歴史を見てきた、元は要塞、のちの宮廷となった建物。
建物の中では当時を再現したショート劇も
当時を再現した部屋
こちらはステンドグラス。
この辺りはヨーロッパの他の建物同様、宗教的な雰囲気を感じますね!
防具や武器の展示も。
当時の僕は写真これしか撮らなかったみたいなのですがかなり数と種類はあったと記憶しています!笑
空き缶などのリサイクルでつくったドラゴン、のはず!笑
何だろう、どらごん、って感じ。笑

お次は外壁を歩いてみます!

こういう写真は撮っている。笑
外壁はテムズ川沿いですので、こんな感じでタワーブリッジを眺めることができます!
カラス!
ちなみに、同じ「カラス」を表す「レイブン(raven)」と「クロウ(crow)」の違いは、
レイブンは大型で尾の形が楔型、クロウは小型で尾の形が扇型
なのだそう。
イギリスのカラスは「レイブン」です!そして日本のカラスは「クロウ」だそうですよ。
川とは別の方向も。
こちらは何だか組み合わせが面白いです!
こちらは別の外壁
お土産屋でこのチェスボードに一目惚れして、危うく買いそうになったんだった。笑
戻ってきました

 

敷地内の写真は以上!

写真はこれしかないのですが、見所はかなりありました!

特に、拷問器具の展示なんかは思わずゾッとしてしまいましたね。。
(確かホワイト・タワーの地下にあったはずです!)

 

次にロンドン塔の周囲をぐるっとまわってみます。

テムズ川沿いに出てくるとタワーブリッジが一望できます!

さらに引き気味に
ザ・シャードをはじめとする対岸のビル群
横から
こちらも有名な”Traitor’s Gate”。
「裏切り者の門」ですね!
当時はテムズ川から舟に乗ってこの門をくぐり、監獄としてのロンドン塔に連行されていました。
「この門をくぐったら二度と外へは出られない」と言われていたそうで、
実際、この門をくぐって生きて出てきたのはエリザベス1世だけだと言われています。。
うって変わって、こちらはライオンの像。
動物園の名残、ということでしょうね!
この角度が一番”城塞感”が出る気がする
ひょっこりザ・シェード
ぐるっと裏側まできました。
先にタワーブリッジが見えますね!

このまままっすぐ進めばタワーブリッジに向かうことができますよ!

 

👇テムズ川沿いをぐるっとしてみた様子👇

 

最後にチケット売り場の近くの売店で買った「フィッシュ&チップス(Fish and Chips)」!

これがイギリスでの初フィッシュ&チップスということで、多分一人でウキウキしてました。笑

よく、「本場のフィッシュ&チップスはまずい」と言われているので僕も覚悟していたのですが、全然そんなことなく、サクサクジュージーで美味しかったですよ!!

“Chips”はイギリス英語で「ポテト」のこと!

 

 

スポンサーリンク

最後に

ということで、ここまでご紹介してきました「ロンドン塔」いかがでしたでしょうか?

「塔」というよりは「城塞」の世界遺産。

ブリテンの歴代王朝に関わる宝物から血なまぐさい負の歴史まで、ある意味歴史の「明と暗」、「光と闇」を感じられる場所。

お隣のタワーブリッジと合わせて、一日中ロンドンの歴史を堪能できること間違いなしですよ!!