今回は日本人から絶大な人気を誇る観光地フランス、そして首都パリの観光情報をお届け!

実際に行ったからこそわかる、”ちょっぴり”お得に旅行できる方法やコツをお届けしますよ!

 

スポンサーリンク

パリ・ミュージアムパスを活用しよう!

パリに2日間以上滞在する方ミュージアムパス(Museum Pass)がおすすめです!

パリ市内とパリ郊外の観光地で使えるフリーパスで、「”ミュージアム“パス」という名前ですが、美術館や博物館だけでなく多くの人気のある名所や史跡などの観光地でも使うことができます

ルーヴル美術館」や「オルセー美術館」はもちろん、「エトワール凱旋門(Arc de Triomphe)」や「ノートルダム大聖堂」(燃えてしまいましたが、、)でも使えますし、郊外でいうと「ヴェルサイユ宮殿」や「フォンテーヌブロー」でも使うことができます。

大きな利点は2つ

パリの観光地は、ハイシーズンは並ぶことが”当たり前”と化すのですが、入場の列に並ぶ前にチケット購入の列にも並ばなければいけません。

そんなチケット購入の手間を省き、待ち時間を短縮することができることが1つ目。

2つ目は、単純に“節約”になるということですね!

こちらが僕が利用した2日券。

シャルルドゴール空港の到着ロビーパリ市内の観光案内所各美術館のチケット売り場などで購入が可能で、種類は2日券4日券6日券の3種類。

それぞれ€48€62€74です。

使い方は、裏面に使用開始日と名前を記入し入場の際に各チケットの代わりに見せるだけ

バーコードを読み取ってくれるのでそれでOK!

使用開始日が「30日、12月、(20)18年」。
苗字、名前の順です。

 

使うかどうかは各々の観光プランによりますので、まずは事前にどこに行くか予定を立てましょう!

そして、その場所すべての入場料の合計とミュージアムパスの値段を比べ、どちらが安いか確認しましょう。
(よっぽどゆっくりと観光しなければお得になるはずです!)

行く(行きたい)場所がミュージアムパスの利用が可能かどうかのチェックも忘れずに!

ミュージアムパスが利用可能かどうかは市販の各ガイドブックに載っていますし、ミュージアムパスの公式ページにも掲載されているので参考にしてください。

created by Rinker
¥1,836 (2019/08/23 00:29:26時点 楽天市場調べ-詳細)

☝️僕が愛用する地球の歩き方☝️

 

注意事項としては、すべての観光地で利用できる訳ではないということ。

パリのシンボル「エッフェル塔」やオペラ座「パレ・ガルニエ」への入場には使えません。

そして、使用期限は連続した日にちとなることです。

僕の例を挙げると、2018年12月30日に利用開始としている2日券なので、使用できるのは12月30日と31日の2日間となります。

パリの美術館は月曜日か火曜日が休館となっているので、日程によってはうまく組まないとお目当の目的地に入れない可能性もありますよ!  

 

 

美術館は無料日を活用しよう!

ルーヴル美術館やオルセー美術館などの大きい美術館は、毎月の第一日曜日がなんと無料開館日となっています!
ルーヴル美術館は10〜3月のみ

もし月の第一日曜日にパリにいられるなら大チャンス!

ぜひ活用してくださいね!

ただしほぼ間違いなく混雑すると思いますので、一番のお目当には朝一番で行きましょう!

 

 

朝一番に行こう!

上に書いた一番のお目当には朝一番で行きましょう!は、何も第一日曜日の美術館だけではありません。

特に夏場や年末年始などのハイシーズンでは、入場だけで数時間待つことも覚悟しなければいけません。

例えば、僕たちの年末パリでは、ヴェルサイユ宮殿で驚異の3時間(笑)ルーヴル美術館で1時間弱待ちました、、!

ノートルダム大聖堂に関しては、1時間以上待つと言われそのあとの予定を考慮して泣く泣くカットしています。。

待ち時間は、当然、開館・開場から時間経つほど長くなります。

ですので「これだけは見たい!」という場所やその中にそういったものがあるところへは一番最初、しかも開場時間に到着するように向かいましょう!

 

 

地下鉄は回数券 or 乗り放題券を使おう!

フランス、特にパリは地下鉄メトロ(Métro)や電車(RER)、バスなどの移動手段が整備されており、日本と同じような感覚で利用することができます。
(もちろん、スリ対策は必須ですよ!)

 

👇軽犯罪のお話はこちらのマドリードでの体験談をご参照ください。。👇

 

パリのメトロは距離に関わらず全線均一料金

バスとRERについてもパリ市内であれば料金は変わりません。
(おそらくゾーン1の中のみだと思います。)

メトロとRERの乗り換えも、改札をでなければ何度でも可能と、かなり便利!

そんなパリの交通網をより使いやすくするのが回数券乗り放題券

通常の1枚の切符は”Ticket t+“という名前で、Ticket t+の10枚綴りが「カルネ(Carnet)」という名前で自動券売機で売られています。

10枚は1人で使う必要はないので、2人で5回、5人で2回の乗車に使うことも可能です!

均一€1.90の”Ticket t+
こちらはRERを利用したときのもの。パリ郊外にあるアウトレットモール”La Vallée Village”へ行ったときのもの。”VAL D’EUROPE“はその最寄駅、”PARIS”が市内(ゾーン1)を表しています。

 

乗り放題券は2種類。

パリ・ヴィジット(Paris Visite)」と「モビリス(Mobilis)」。

それぞれ切符のおもて面に名前と使用(開始)日を書いて使います。

パリ・ヴィジットについては1日券以外にも2,3,5日券があり、さらに凱旋門などの観光地の割引券が付いてきます。

両者共通の注意点としては、ゾーン指定があるということ。

乗り放題となるのはあくまで自分で指定したゾーン内のみとなります。

それより外のゾーンへ行くと別途料金が発生しますので注意です。

どちらも自動券売機で購入が可能です。

が、パリ・ヴィジットについては観光地の割引券をもらう必要があるので、有人券売所で買う方が手間が省けると思います。

 

ご自身の観光プランにしたがって、一番安く住む移動方法を探してみてください!

 

 

食事はケバブ!

実は、ケバブ(kebab)はフランスで一番馴染みのあるファーストフード

ガイドブックによっては「一度は食べておこう!」と書いてあるほどなんです。

実際街を歩いているとケバブ屋さんが結構な数並んでいます。

パリ以外の町はなおのこと多かった印象ですね。

レストランに入ると、基本的にはどんなに安くても€10はかかってしまいます。

ちなみに、シャンゼリゼ通りのレストランではこのテーブルに乗っているものでなんと€100(約12,500円)でした。。

お金を気にしなくて大丈夫な旅行ならなんの問題もないのですが、
学生さんなど旅費を気にする方は、まず食費から削ると思います。

けど何か食べないといけない。

そんなときの「ケバブ」な訳です!!

パリでも€6~8でお腹が膨れるくらい食べれますし、地方の都市なら€5ほどで食べれるお店もありました。

僕たちは1週間ほどフランスに滞在していましたが、うち3,4日はケバブが夕飯でした。笑

おすすめは「ポテト付きのケバブ」!
(フランスでもポテトは”chips“とイギリス英語の呼び方でした。)

フランスでの夕食ならこれが一番コスパが良いと思います!

ケバブ in ポテト
こっちはケバブ with ポテト
飲み物がつくセット販売をしているお店も多いです。

  

  

移動は自分で手配する!

これは都市間の移動がある方限定のお話。

詳しくは、フランス国内の移動手段の予約方法をまとめた👇こちらの👇ページで解説しています!

手間はかかりますが、ツアーや代行サービスよりは安くすみます。

何より、”自分の力で旅行している感”を味わうことができます!笑

これは人によって変わってくる感覚だと思いますが、僕はこの感覚が大好きなので自分で手配しています。

何と言えばいいか、、

そうですね、“自分で旅行をつくる楽しさ”ですね!!

これを味わいたい方はご自身で手配することをおすすめします!

 

 

スポンサーリンク

最後に…

ということで、今回は僕がフランスを旅行した際に感じた、”ちょっぴり”お得に旅行できるコツをご紹介してきました。

ご自身の旅行プランに合わせ、ぜひ参考にしてみてくださいね!

そして、あなただけのフランス旅行を楽しんでくださいね!!