京都・嵐山、隣に曹源池庭園や雲龍図で有名な天龍寺が並ぶ場所に位置するのが宝厳院になります。

宝厳院は、春と秋の期間限定公開でのみ入ることができる寺院で、この2つの時期に、春の青紅葉と秋の色に染まった紅葉を楽しむことができます。

紅葉の名所が多い京都・嵐山の中でも、とりわけ秋の時期は一気に注目度が高まる名所中の名所なのです!

そんな”もみじの庭”とも呼べる庭園をもつ宝厳院について、今回はお届けしていきます!

 

スポンサーリンク

宝厳院について

宝厳院は、隣に立つ天龍寺の塔頭(たっちゅう)寺院のひとつになります。

この宝厳院は近代に入って何度か移転をしている珍しい寺院で、室町時代に建立された当初は、現在の京都市上京区(二条城や京都御所のあたり)に位置し、広大な境内を有した寺院でした。

応仁の乱によって一度は焼失するものの、豊臣秀吉より再建され、徳川幕府にも明治時代に至るまで保護されます。

その後、天龍寺塔頭弘源寺境内に移転し、2002年に現在の天龍寺のお隣、この嵐山の地に移転・再興しました。

宝厳院の一番の見所は?」と聞いたら、ほとんどの人が獅子吼(ししく)の庭と答えるでしょう!

室町時代に中国に二度渡った禅僧・策彦周良(さくげんしゅうりょう)によって作庭され、嵐山の景観を取り入れた借景回遊式庭園となっています。

江戸時代に出版された京の名園ガイド「都林泉名勝図会(みやこりんせんめいしょうずえ)」にも登場しているという、400年近く守られ続けてきた名庭なのですよ!

獅子吼」とは、「獅子が吼えて百獣を恐れさせる」というところから「仏(釈迦、ブッダ)が説法する」という意味だそうで、公式ホームページ曰く、
庭園内を散策し、鳥の声、風の音を聴く事によって、人生の心理、正道を肌で感じ、心が大変癒する庭
だそうです!

その名の通り庭園には、人間界の苦しみや救い、釈迦如来のもとで説法を拝聴する姿や厳しい修行の様子が、入口付近の「三尊石」や「苦海」、「獣石」、そして、「鯉が滝を登ると龍に化す」という中国の故事「登竜門」を表現した「瀧門瀑」などの名がついた石や岩で表現されています。

皆が推す秋の紅葉がとても美しい宝厳院ですが、これら石による表現や庭園のシンボルとも言える「獅子岩」など、庭園のいたるところに石を用いた”遊び”が散りばめられているのもこの庭園の魅力です。

かつての貴族遊びのごとく、庭園内をゆったりとまわりながら庭園の解釈を考えるというのも良いかもしれませんね!

そんな宝厳院、冒頭でも軽く触れましたが、実はいつでも拝観できるわけではないのです!

一般公開となるのは春と秋の年2回だけとなっていて、春の特別拝観(3月中旬~6月下旬)では爽やかな青紅葉を、秋の特別拝観(10月初旬~12月上旬)では鮮やかな紅に染まった紅葉を楽しむことができます。

“期間限定”っていうのがまた、宝厳院の風景の貴重さをググッと押し上げていると感じるのは、、僕だけでしょうか…!笑

 

 

宝厳院を歩く

ということで、宝厳院へ実際に行った際の様子をご紹介していきましょう!

今回は11月中旬の秋の限定公開期間の風景をお届けです!

入って最初に出迎えてくれるのが、苦海三尊石獣石瀧門瀑といった石によって表現された世界です。
これについては行く前に解釈を頭に入れておくことをおすすめしますよ!
激流の滝を登り切った鯉が龍となったという伝説が由来の言葉「登龍門」を表している「瀧門瀑」。
この石は、禅宗の修行僧の心の支えであると同時に修行へ励むためのシンボルでもあるそう。
この石庭全体で、「獅子の咆哮に諭されたことで苦海を渡り、釈迦如来のもとに説法を拝聴しに行く獣(十二の干支)」を表現しています。
苦海は全体に広がる丸石で、釈迦如来は三尊石で、獣は獣石で表しており、舟に似せた石によって苦海を渡りきれない諸人のための舟も表現し、すべての生命に釈迦如来の説法を聴いてもらう準備をしているとも言われています。
石庭を横目に進むと、いよいよ紅や黄、橙に染まった木々とご対面!
色づき始めのこの時期ならではのコントラスト!
こういうちょっとした塔(?)はアクセントになって画になりますね〜
こんなところも撮ってみる。
カメラを手にしていると何でもかんでも撮りたくなるんだよなぁ。。笑
この緑と紅葉のコントラスト、僕は大好きです!!
境内(庭園)最奥の本堂まで来ました。
今回は本堂にははいりませんでしたが、本堂のまわりは一面の紅葉とはまた違った雰囲気でとても心地よい場所でした!
記事のアイキャッチにもしているこの写真が、今回の宝厳院訪問の中では一番のお気に入り。
“日本らしさ”って言葉だとなかなか表現できませんが、こういう雰囲気のことを言うのが一つだと思うのです。。
水音も雰囲気づくりに一役買っていたなぁ。。
名残惜しさを残しながら本堂を後にし、獅子吼の庭を進みます。
獅子吼の庭で見ておきたい名岩の一つが、向かって左の大岩「碧岩」です。
碧岩は、約2億年前の海底に堆積した微生物やプランクトンが水圧によって押し固められてできた「岩石(チャート)」で、非常に硬いのが特徴です。
嵯峨野・嵐山では、大堰川上流や有栖川上流、龍安寺の山手から産出されていました。
芝の雰囲気も良いですね〜
天気のも恵まれて、本当によかった…!
そしてそして、こちらが宝厳院におけるもう一つ名岩「獅子岩」です。
その名の通り獅子に形が似ていることから名付けられた大岩で、岩の性質は碧岩と同じチャート(岩石)です。
まさに、”獅子吼”の庭におけるシンボルのような存在と呼べるでしょう!
本堂横の茶室、、のような庵のような、、平屋建ての建物が奥に見えますね!
こういう雰囲気、ホントいいよなぁ。。
岩と紅葉、そして青空。
色づき始めたもみじトンネル、ってところですね!
紅葉と竹、これも多くの寺社仏閣で見れるコントラスト!
真っ赤な紅葉と竹の対比も見たいなぁ。。
茶室の「青峰軒」です。
左は「宝厳院垣」。庭園ともそろそろお別れです。
受付(庭園出入り口)前の「モミジのトンネル」。
自撮りなんかしたら絶対映える!

 

宝厳院の観光案内

拝観期間

春と秋の特別拝観時のみ

2019年秋は、10月5日(土) ~ 12月8日(日)

夜間特別拝観(ライトアップ)

2019年は、11月8日(金) ~ 12月1日(日)

拝観時間

9:00~17:00(最終受付は16:45)

夜間特別拝観(ライトアップ)

17:30~20:30(最終受付は20:15)

料金

庭園

大人:500円(夜間公開時間帯は大人600円)

小中学生:300円

本堂(庭園拝観料に加えて別途必要)

大人:500円

小中学生:300円

本堂には、洋画家・田村能里子さんによる本堂襖絵「風河燦燦 三三自在(ふうがさんさん さんさんじざい)」が展示されています。

紅葉の見頃

色づき始め:11月上旬

見頃:11月中旬~12月上旬

観光のおすすめ時間

午前中

アクセス

嵐電嵐山駅 から徒歩3分

市バス 嵐山天龍寺前 から徒歩4分

 

 

 

スポンサーリンク

宝厳院のまとめ

ということで、ここまで京都の嵐山から宝厳院をご紹介しました!

本当に、期間限定公開にふさわしい見応え抜群の庭園でした!

今回の訪問は、秋の紅葉の色づき始めの時期。

この時期はこの時期で、緑と紅、黄や橙の美しいコントラストが楽しめますし、紅葉の見頃の時期になると一面真っ赤なもみじに染まった獅子吼の庭を堪能できます。

もみじに彩られた風景以外にも、岩を使って「獅子吼」を表現した一角や、碧岩と獅子岩という2つのシンボル的名岩、そして、個人的にNo.1のお気に入りとなった本堂周辺など、見どころも満載な宝厳院。

秋の紅葉、綺麗な景色をただ楽しむだけでなく、自分だけの見方・感性を持って見て歩き、新たな発見し、自分だけの楽しみ方で満喫していく。

そんな旅の楽しみ方を再確認させてくれた場所にもなりました。

皆さんもぜひ、春・秋の時期には宝厳院へと足を運んでみてください。

そして、自分だけのお気に入りの場所・風景を見つけてみてください!

きっとその暁には、新たな発見があること間違いなしですよ!!

 

☝️宝厳院のお隣に立つ天龍寺について。こちらも要チェック!☝️