みなさんこんにちは!旅狼かいとです。

この記事では、城崎温泉でぜひ泊まりたいオススメ旅館をご紹介していきます!

風情溢れる大正風の温泉街と、その中に佇む7つの温泉を巡る「外湯巡り」が見どころの城崎温泉。

その風景はもちろんのこと、

兵庫県の中でも日本海に面する但馬地方に位置する城崎温泉では、通年楽しむことができる「但馬牛」、そして冬場の名物「松葉蟹」を楽しむことができる”味覚”の温泉地でもあるのです!

今回はそんな城崎温泉の中でも、ちょっとお高くても素敵な時間を過ごしたい…」というあなたに向けて、オススメの旅館をご用意しました

厳選した7つの旅館、ぜひご覧ください!

城崎温泉の観光案内はこちらからどうぞ!

  

スポンサーリンク

1. 西村屋本館

写真引用先:西村屋本館

開湯1300年の歴史をもつ城崎温泉の中でも、江戸時代の安政年間に創業開始という歴史を持つのが西村屋です。

西村屋本館は、情緒豊かな温泉街を歩いた先に位置しており、目印は古き良き大門と、文化財にも登録されている別館「平田館」。

「これぞ温泉旅館…!」と言わしめるほど歴史を感じさせる重厚な佇まいをしています。

34の客室はすべてが庭園に面する和様式。

部屋の浴室のみならず、竹藪の中のあずまやを模した「吉の湯」や中国風の「福の湯」といった趣向をこらした3つの内湯も用意されています。

もちろん、絶品の料理と伝統を感じさせる温かいおもてなしであなたの旅を彩ります。

城崎随一の歴史に裏打ちされた最高の滞在を、あなたにお届けします

  

2. 西村屋ホテル招月庭

写真引用先:西村屋招月庭

西村屋の伝統を継承しつつもモダンさを兼ね備えたホテルが、西村屋ホテル招月庭です。

城崎ロープウェイからさらに先に進んだところに佇むホテル旅館は、温泉街の喧騒とは無縁の地

森林に包まれた庭園と露天風呂は、あなたの疲れを癒すのに最良の温泉となるでしょう。

もちろん、西村屋が誇る食とおもてなしは本館とまったく同じものを提供してくれます

城崎の自然の中、伝統とモダンが融合したホテルでのびのびと穏やかなひとときをお過ごしください

  

3. 三木屋

写真引用先:三木屋

活気あふれる城崎温泉温泉街の湯の里通りに佇むのが、昭和2年創業の「三木屋です。

文豪「志賀直哉」が湯治のために過ごした宿であり、ここで名作短編「城の崎にて」が生まれたのは有名な話

国の有形文化財に認められた木造建築と300坪の日本庭園の風情はそのままに、2013年末にロビー・ダイニングや大浴場はリニューアル。

歴史ある日本旅館にいながら、現代の利便性は失わない、そんな令和時代にふさわしい旅館となりました。

かつての志賀直哉と同じように気の向くままに読書を楽しむもよし、大切な人との時間を味わいながら浴衣姿で心ゆくまで外湯巡りを満喫するもよし。

どんな目的であっても、あなたの滞在を心からおもてなします

  

4. 山本屋

写真引用先:山本屋

大谿川の流れと石造の橋が織りなす城崎温泉の”顔”ともいえる風景は「柳通り」で見ることができます。

そんな柳通りに面して立つのが、山本屋になります。

城崎温泉街の旅館の中でも屈指の立地を誇る老舗旅館では、但馬の美味を知り尽くした料理長がふるまう海の幸と山の幸の日本食フルコース、そして、山本屋で醸造された麦芽100%本格地ビールを堪能することができます。

さらに、「浴衣と下駄姿」という正装による温泉街・外湯巡りを一層想い出深いものにしていただくために、山本屋では100着以上の色浴衣が用意され、女将や仲居さんが着付けのお手伝いもしてくれます。

老若男女、誰もが城崎温泉を最大限楽しめるようおもてなししてくれるのが、山本屋の魅力です。

  

5. 炭平別邸 季ト時

写真引用先:炭平別邸 季ト時

温泉街の玄関口である城崎温泉駅から柳通りへ向かって最初に見える外湯が、地蔵湯です。

そんな地蔵湯の隣に立つ現代的伝統風な建築物こそが、「炭平別邸 季ト時になります。

外観の雰囲気からは想像がつかない、まるで別世界のような大胆かつ独創的な空間がつくられているのが、季ト時最大の魅力

自由に楽しめる書籍やドリンク、フリーイートコーナーが設置されており、風情ある城崎温泉を季ト時でしか味わうことのできない雰囲気の中で満喫することができます。

もちろん、2種類の貸切温泉やスパ、フードセラピーメニューを軸とした食も抜かりはありません。

心と身体を内と外の両方から、リラックス&デトックスさせることができるコースが用意されています。

一日6組限定だからこそ実現可能なおもてなしの数々

「”普通”とは趣の異なる温泉街の体験」がしたいというあなたにピッタリのホテル旅館となっています。

  

6. 大西屋 水翔苑

写真引用先:大西屋 水翔苑

城崎温泉街のはずれに佇む旅館大西屋水翔苑

開湯伝説に関わるコウノトリの墨絵に迎えらる玄関から先には、”履物”という概念は存在しません。

なんとここ大西屋水翔苑は全館畳敷きとなっており、滞在中は常に素足でくつろげるのが最大の特徴となっています。

開湯から千余年の歴史を誇る城崎温泉で伝統の数奇屋造りのお屋敷で過ごすひとときでは、まるでかつての”日の本”にタイムスリップしたかのような感覚を味わうことができるのです。

露天風呂とジャグジー、さらにはサウナを完備した内湯、そして和室・離れ・洋室・シングルルームと一人一人のニーズに合わせたお部屋は、あなたの旅の疲れを癒すのにピッタリ。

旅館中央に広がる中庭は旅館の風情を一層惹き立たせ、あなたの心の疲れを癒してくれるでしょう。

  

7. 城崎 円山川温泉 銀花

写真引用先:城崎 円山川温泉 銀花

穏やかな表情に時に冬の荒々しさを見せる日本海へと流れ出る円山川

城崎の奥座敷」と呼ばれるゆたかな流れの右岸に、旅館「銀花は位置しています。

背後には山々のおだやかな稜線が続く城崎温泉郷でもひときわ静寂な土地に佇む銀花。

2,000坪という広大な敷地面積を誇りながら、そこに用意されたのはわずか18室のみという贅沢な空間をつくりだしているのが最大の魅力

すべての部屋についてる檜の展望風呂をはじめ、円山川の川面と星空を楽しめる露天風呂、その内側に位置するのびやかで広い内風呂、そして趣の異なる2つの貸切風呂が用意されており、伝統の城崎温泉の外湯めぐりのみならず、城崎の大自然をも堪能することができます。

一泊のみならず二泊・三泊と城崎でゆったりと羽を伸ばしたいあなたに、特にオススメの旅館です。

旅館へはJR城崎温泉駅から送迎バスがあります(電話にて予約必須)

  

スポンサーリンク

城崎温泉のオススメ旅館 まとめ

今回は、城崎温泉のオススメ旅館をご紹介してきました!

この記事でご紹介したのは数ある名旅館の中でも選りすぐりの7つですので、もちろん城崎温泉にはまだまだ素敵な旅館が数多く立ち並んでいます。

同じ温泉地であったとしても、旅館によってその旅と滞在は大きく変わるもの。

ぜひ、大切な人との時間に、あるいは、自分へのご褒美に、城崎温泉を選んでみてください。

そして、その魅力に気づいた方は何度も城崎温泉を訪れ、あなただけの楽しみ方を発見してみてくださいね!

👆城崎温泉の観光案内はこちらから!