イギリスはロンドンのテムズ川(River Thames)。

市を流れる川の岸には、遥か昔のローマ時代にブリタニアの州都「ロンディニウム」が築かれた際に利用されたほどの歴史を持っています。

今回はそんなテムズ川沿いの中でも「イーストエンド(East End of London)」と呼ばれる地域をご紹介!

タワーブリッジ(Tower Bridge)からセントポール大聖堂(St. Paul)までの間をご紹介!

東端のタワーブリッジからテムズ川沿いを歩いていき、その様子を一緒に載せていきますよ!

 

スポンサーリンク

タワーブリッジ(Tower Bridge)

まずご紹介するのはタワーブリッジ(Tower Bridge)!!

1894年に完成したタワーブリッジは、当時発展していたロンドン中心地の東端(”East End of London“)に船の進行を妨げないようにという配慮のもと建てられた跳ね橋で、
今では「ロンドンの玄関口」とも呼ばれるシンボルとなっています。

南岸最寄駅のロンドン・ブリッジ駅(London Bridge)から向かいました!
対岸のロンドン塔(Tower of London)
EFという留学スクールを利用していました!
今回はそのツアーです

 

完成後初期はイギリスの専売特許とも言える”蒸気機関”によって、跳開部の端に水圧を掛けることでシーソーの原理を利用して開閉していました。

この技術が実用されたのはこのロンドンブリッジが世界で初めてで、19世紀のイギリスの繁栄を象徴しているとも言えますね!

 

両岸のタワーを上部で結んでいる空中通路は、もとは跳ね橋が上がっているときでも歩行者が渡れるようにと造られたそうですが、
上に登らず橋が戻るまで待っている人がほとんどだったそうで、完成後すぐに閉鎖されてしまいます。

タワーと空中回廊

しかしロンドンの観光地化が進み、1982年に展望台兼展示場としてリニューアル!

プールオブロンドン(Pool of London)」と呼ばれるテムズ川沿いの様子を川のど真ん中から一望できますし、一部がガラスの床となっているというアトラクション性(?)もありますよ!

チケットを購入し、エレベーターで登ります。
ちなみに、「エレベータ」はイギリスだと”lift”です!
映像で歴史をたどれます
西側!一際高いのが「シャード(The Shard)」!
ロンドンの新たなシンボルです!
セントポール大聖堂も見えます!
こちらは東側。
どちらかというと工業地域。
左奥に見えるのがビジネス街「カナリーワーフ(Canary Wharf)」ですね!
透明の床はこんな感じ。
曇っているせいか、ハラハラ感はあまり、、笑

 

もちろん、上に登らずとも十分景色は楽しめますよ!!

西側
シャード!
砦感を感じる、、!
東側はこんな感じ。
確かに、タワーブリッジが「市街」と「郊外」の境という感じですね。
西側のパノラマ

 

跳ね橋が上がる頻度は、以前に比べると減りはしましたが、それでもまだまだ現役。

これだけの規模の跳ね橋はなかなかお目にかかれませんので、訪問した際は見所の多いテムズ川沿いをゆっくりしながらタイミングを図りたいものですね!笑

 

ちなみに『ロンドン橋お・ち・た~♪』で有名な「ロンドン橋」は別ですのでご注意を!!

 

ということで、このままロンドン塔へ向かいます!

渡り終えるところ

 

 

スポンサーリンク

ロンドン塔(Tower of London)

Tower of London、確かに日本語にするとロンドン塔なのですが、誰もが抱くのは
「塔じゃなくね?」
という感想だと思います。笑

「塔」というよりは「要塞」や「城塞」に近いですし、実際、11世紀後半にウィリアム征服王(ウィリアム1世)は「要塞」としてこのロンドン塔を建築しました。

以降、国王が居住する宮廷の機能を有することになりますが、ロンドン塔はそれ以外にも様々な用途で使用されます。
例えば、造幣所や銀行に天文台、さらには王立動物園までをも兼ねていた時期もありました。

これは多分、動物園の跡地、あるいは名残でしょうね!

 

そんなロンドン塔で最も有名と言ってよい役割が「監獄」としての要塞。

王本人や王族、政治家に王妃など数々の歴史的人物が投獄・拷問・処刑されてきた、まさに”血なまぐさい歴史”を持ちます。

処刑された人物の幽霊の目撃情報もあるくらいで、そういった力をお持ちの方は何か感じるかもしれませんね!
(僕は幸か不幸かからっきし。。笑)

この日は雲の感じも相まって”ダーク”な雰囲気に、、!

 

そんな歴史をもつロンドン塔、
他にも「神聖なワタリガラス」や「王朝の宝物や武具」、さらには「世界最大のカラット数を誇るダイヤモンド」
などなど様々な話題があります!

ということで、ロンドン塔については別途個別にまとめていますのでこちらをご参考にしてください!

正直ここだけで十分一日過ごせる、見所満載の世界遺産ですよ!!

 

ということで、テムズ川ウォーキングは再び南岸を目指します。

今度は北からタワーブリッジを渡ります!
戻ってきました!

 

 

スポンサーリンク

 

1 2