今回は、いつ来てもたくさんの人で賑わっているロンドンのトラファルガー広場(Trafalgar Square)周辺をご紹介です!

この広場にいる人は観光客、待ち合わせ、大道芸とそのお客さんと、人々の様子も様々で、地区としてはウェストミンスターにあたり、政治演説をする人が多いことでも有名です。

さらに、広場に併設するイギリスが誇る美術館ナショナルギャラリー(National Gallery)についてもちょっぴり触れていきますよ!

 

スポンサーリンク

トラファルガー広場(Trafalgar Square)について

トラファルガー広場(Trafalgar Square)は、1805年の、イギリス艦隊がフランス・スペイン合同艦隊と相対した海戦「トラファルガーの海戦(Battle of Trafalgar)」の勝利を記念して造られた広場で、そのシンボルとなっているのが中央のネルソン記念柱です。

何と高さは約46メートルということで、写真を撮るのがもう大変。笑

 

トラファルガーの海戦はナポレオン戦争期の戦闘においては最大規模で、この際イギリスに敗れたフランスは海上戦力の大半を失い、その後の戦局に大きな影響を与えた海戦です。

そしてこの海戦でイギリス艦隊の指揮をとったのがホレーショ・ネルソン(Horatio Nelson)です。

ネルソンはこの戦いの中で命を落とす事になりましたが、彼が戦闘開始時に発した信号旗の掲揚
England expects that every man will do his duty(英国は各員がその義務を尽くすことを期待する)
は名文句として後世に残されています。

ちなみにトラファルガーの海戦の前にも、「ナイルの海戦」と呼ばれるエジプトでの戦闘においてネルソンはフランス軍に勝利しています。

この敗北によってナポレオンはヨーロッパへの帰路を絶たれエジプトに孤立しただけでなく、東方進出の野望も打ち砕かれる結果となり、フランス軍にはある種の「ネルソン恐怖症」が広がっていたとか。

これがネルソン提督のトラファルガーの海戦に少なからず影響しているのは間違いないですね!

 

そんなネルソン提督の記念碑の周りを囲んでいるのが巨大な4頭のライオン像。沈没した戦艦の大砲から造られたというこの銅像もかなりの迫力。

多分大人でもまたがれます。笑

また一説には、このライオンをもとに日本の百貨店「三越」の前にあるライオン像が造られたとか。。

人と比べるとその大きさがわかります、、!

 

広場の左右には大きな噴水もあり、憩いの場としても人気が高い理由がよくわかります。

最寄駅は地下鉄チャリング・クロス駅(Charing Cross Station)です。

これはセイレーン?笑
後ろに見える宮殿のような建物が「ナショナルギャラリー(National Gallery)」です!
噴水。
もうちょっと引くとこんなかんじ。

 

トラファルガー広場の様子をご紹介

ここまでの写真以外でもトラファルガー広場をご紹介していきます。

ナショナルギャラリー側から。
ネルソン提督の記念碑以外にも広場には銅像が置かれています!
ブレブレですが奥にビッグベンが見えますよ!
こういう写真や夜の写真はやっぱり一眼レフの方がいいよなぁ。。
ネルソン提督の記念碑、ライオン、そしてビッグベンの3点セット!

ここまの夜の写真は、フットボールの試合観戦へ行くために友達と待ち合わせをしていた時の写真でした!

 

👇試合の生観戦の様子はこちらをチェック!👇

 

ここからはお昼どき、しかも土曜日の様子です!

こういうところに絶対いるのが「浮きヨーダ」ですね。笑
一番いい位置で大道芸!
ナショナルギャラリーの階段から。
この人の量!

ちなみに、僕はここでミサンガ売りのおじさんに声をかけられたので話していると、そのまま会話の流れで腕にミサンガを巻かれ、なんと10ポンド持ってかれました!笑

今となっては良い思い出ですし、その時はぼったくりだなんて全然思わなかったのですが(なんて鈍感。。笑)、気軽に声をかけてくる人ほど注意ですよ!

イギリスは観光客に対しても比較的安全な国ですが、人の多いところではスリにはご注意くださいね!

いいですか!ポケットに貴重品は入れないこと!!

 

👆この教訓はスペインでスマホをスられた話をご参考あれ。。👇

 

 

ナショナルギャラリー(National Gallery)について

では次に、トラファルガー広場に併設しているナショナルギャラリー(National Gallery)をご紹介していきます。

といっても、当時の僕は美術品に関しては全くといっていいほど造詣がなく、相当なミーハーでした。。

、、ので、たったの3枚しかご紹介はできません。

次に行ったらもっとしっかりレポートします!!

  

まずはナショナルギャラリーの説明から。

ナショナルギャラリーはトラファルガー広場に併設する美術館で、日本語では「国立美術館」とも訳されます。

政府がイギリス国民のために購入した38点の作品をもとに1824年に設立され、13世紀半ばから1900年までの作品を2300点以上所蔵しています。

ナショナルギャラリーのコンセプトが「多くの人に美術品に触れてほしい」ということから、特別展を除いて入館は無料となっています。

ナショナル・ギャラリーは少しずつ拡張されながらてきており、現在の建物が3代目。建設当時のまま残っているのはトラファルガー広場に面するファサードのみだそうですよ。

それでも建物が手狭で収蔵に限界があったため、1897年にイギリス美術専用の分館としてテート・ブリテン(Tate Briten)(建設当時の名前は「ナショナル・ギャラリー・オブ・ブリティッシュ・アート」)が建設されました。

テート・ブリテンについては、近代・現代の美術品を扱うテート・モダン(Tate Modern)などの美術館とともに、現在では国立美術館ネットワーク「テート」の一部をなしていますね! 

話をナショナルギャラリーに戻しますと、ここには世界でも最高レベルの評価を受けている海外が揃っており、手狭なのがむしろ濃密な時間を過ごすために一役買っている感もあります。

 

ではではここで、唯一写真に納めた3枚をお納めください。。

まずはゴッホ(Vincent van Gogh)の「ひまわり(Sunflowers)」!
これはさすがの僕も知っていました!笑
日本語では「ゴッホ」と発音しますが、英語で彼の名前を呼ぶときは「ヴァン・ゴォー」に近い発音になるそうですよ!
これは『世界の果てまで行ってQ!!』の通称「出川イングリッシュ」コーナーで勉強させてもらいました。笑
個人的には、ちょうど留学へ行く前に『名探偵コナン』の劇場版『業火の向日葵』を観ていたせいもあり、この「ひまわり」だけは見ておきたかったというのもありますね!笑
ゴッホのくだりはこちら!

 

お次はフェルメール(Vermeer)の「ヴァージナルの前に立つ女(A Young Woman Standing at a Virginal)
題名は知りませんでしたが、絵は有名ということで僕も知っていました!
最後はこの肖像画。
うん、だれ?笑
この写真に限って説明の文を撮っておらず、結局誰だかわからないという、、。
「すっごい綺麗な絵だなぁ」と思って撮ったことだけは覚えています!笑

 

さすがにこれでは何なので、絵画の紹介をしている他のブロガーさんで個人的に素敵だと思った方のリンクを貼っておきますね!

特に2人目の方は有名どころ以外の作品を紹介してくださっていてとても面白いですよ!

https://welove.expedia.co.jp/destination/europe/uk/26585/

https://gotrip.jp/2018/02/86780/

 

 

トラファルガー広場周辺をちょっぴりご紹介!

最後に、トラファルガー広場とナショナルギャラリーの周囲の見所を軽くご紹介します!

 

ナショナルギャラリー側へ進むとあるのがレスター・スクエア(Leicester Square)
周囲には劇場や映画館が並び、中央にあるシェイクスピア像がシンボルです。

一応、シェイクスピア像。

さらに進んで行くとソーホー(Soho)という地区に入り、そこにあるのが中華街となっています。

国旗?のようなものが集合している柱がありました。

 

そしてそして、、
ロンドンの中心部に位置するトラファルガー広場の近くはロンドン随一のショッピング街となっているのです!

ピカデリー ・サーカス (Piccadilly Circus)とそこから伸びるリージェント・ ストリート (Regent Street)には、
イギリスを代表するファッションブランド「バーバリー(Burberry)」や「極度乾燥(しなさい)」のロゴで有名な「スーパードライ(Superdry)」、イギリスの老舗紳士服店「オースティン・リード(Austin Read)」などの店舗が並んでいます。 

ピカデリー・サーカス。
StockSnapによるPixabayからの画像)
うま!

 

個人的には道を少し入るとあるサヴィル・ロウ(Savile Row)に行ったときが一番テンションが上がりました!!

「背広」の語源になったと言われており、紳士服店が整然と並ぶ通りは、スーツ好き、イギリス紳士好きにはたまらないスポットです!

映画『Kingsman』の紳士服店はSavile Rowに実際にあるお店”HUNTSMAN”がモデルとなっています。
引用先:HUNTSMAN 公式ホームページ

 

さらに進んでいくとあるのがオックスフォード・ストリート (Oxford Street)

リージェント・ストリート以上の数のお店がズラッッッと並んでおり、ロンドン、イギリスだけでなく世界中からショッピングを楽しむために訪れる人々で毎日賑わいをみせています。

見れば聞いたことくらいはあるだろうお店が勢ぞろいしている中でも、庶民的デパート「セルフリッジ(Selfridges)」やイギリスの老舗ブランド「マッキントッシュ(Mackintosh)」などが人気を集めているそうですよ!

まさに、「これぞヨーロッパ!」「これぞイギリス!」という町並みは歩くだけでも楽しめますし、せっかくのイギリス、お買い物もEnjoyしたいものですね!!

 

 

スポンサーリンク

トラファルガー広場とその周辺のまとめ

ということで、ここまでトラファルガー広場ナショナルギャラリー、そしてピカデリー・サーカスオックスフォード・ストリートといったショッピング街をご紹介してきました。

ロンドンの人々の日常に触れながら美術品を楽しみ、そしてショッピングを楽しむ!

これだけで素晴らしい1日です!

加えて、目玉観光地のウェストミンスター宮殿(国会議事堂)やビッグベン、ウェストミンスター寺院からも近く、うまくまわれば1日でまとめきれると思います。

観光地としての優先度は下がってしまうかもしれませんが、何とか時間をつくって一度足を運んでみてほしいところです!!

スーツ好きの皆さんは、サヴィル・ロウ(Savile Row)、ですよ!!

 

👇ウェストミンスターの観光情報はこちらから!👇