オックスフォードの中心街から、バスに揺られること約30分。
そこには、広大な敷地に都会の喧騒とは無縁の宮殿と庭園が存在します。

中世の街並みが残る閑静なオックスフォード郊外の中に佇む、イギリス公爵家の宮殿と庭園は、まさに圧巻の一言。

今回は、そんなブレナム宮殿(Blenheim Palace)についてご紹介します!

 

スポンサーリンク

ブレナム宮殿(Blenheim Palace)について

ブレナム宮殿は、マールバラ公ジョン・チャーチルが当時の女王アンから下賜されたものです。

これは、ジョンが率いるイギリス軍が、スペイン継承戦争においてドナウ川ほとりの小さな村で繰り広げられた「ブレンハイム(Blenheim)の戦い」で、宿敵フランスを破った功績によるもの。

現在の「”ブレナム(Blenheim)“宮殿」の名前はこの戦いからとったものなのですね!

 

ちなみに、実際にジョンがアン女王から下賜された褒美は、宮殿そのものではなく土地と宮殿の建設費用だったそうでで、

こののち、建設を進めていくのですが、費用がまわらなくなったり建築の過程で建築家たちとの対立があったりと一悶着あったそうです。。

 

ともあれ、ジョンの功績によってブレナム宮殿は以後チャーチル家の居城となり、
ナチス・ドイツと戦った首相で知られる「ウィンストン・チャーチル(Winston Leonard Spencer-Churchill)」が誕生した宮殿となります。

このエピソードでブレナム宮殿の存在を知った、という方も多いのではないでしょうか。

世界中でも非常に有名なお話ですよね!

 

ブレナム宮殿は、イングランド内にある「宮殿(Palace)」と名のついた建物の中で唯一英国王室に所有されていないもの。
そしてその広さは、王室関連の館を除くと英国最大です。

宮殿は本館と柱廊でつながった2つの翼棟からなるイギリス・バロック様式から成り、部屋数はなんと200以上!

建築家ジョン・ヴァンブラの設計により17年の年月をかけて完成されました。

宮殿内には、ウィンストン・チャーチルが生まれた部屋はもちろんのこと、公爵家の豊かな生活を垣間見ることができる豪華絢爛な展示物が目白押しですよ!

世界遺産には、1987年に文化遺産として登録されています。

 

 

ブレナム宮殿の庭園

ブレナム宮殿の魅力を語る上で忘れてはいけないのが庭園です。

ブレナム宮殿には大きく分けて2つの庭園が設置されています。

建設当時名を馳せていた、宮廷画家にして庭師のヘンリー・ワイズによって設計された英国式庭園と、
18世紀中頃になってランスロット・ブラウンによって造られた風景式庭園です。

 

英国式庭園(イギリス式庭園)

宮殿の目の前にある庭園こそが、イギリス式庭園とも呼ばれる英国式庭園です。

この場所は特に「ウォーター・テラス」と呼ばれているのですが、噴水とバックの宮殿が実にお洒落な並び。

季節によって様々な花を鑑賞できるのも見所ですよ!

 

また、宮殿の”裏庭”とも呼べる広大な敷地を歩くこともできます。

所々に小さな庭園やバラ園があることに加え、最奥には巨大迷路やちょっとした遊び場がある「プレジャー・ガーデン」や、「バタフライファーム」もあります。

ミニ機関車で移動もできるため、小さなお子さんからご老人までみんなで楽しめる”お庭”ですね!

 

風景式庭園

風景式庭園は、“ケイパビリティ”・ブラウンこと、ランスロット・ブラウンによって10年以上の歳月をかけて設計・造園された庭園です。

こちらは宮殿の正面に位置することから”前庭”とも呼べる庭園なのですが、庭園というよりもはや公園。笑

ホントにそれくらい広く、実際、庭園としてはイギリスでは最大級の大きさを誇っています。

 

そして、ここだけで一日中過ごせてしまうほど素晴らしい場所でもありました!

とにかく雰囲気が最高なんだ。。

 

僕が行ったのが3月の平日ということもあってか、人が少なかったのもよかったですね。

天気にも恵まれて、、とにかく本当にいいところだったなぁ。。

 

一見すると、もともとあったように見える草原や森、そして湖や滝はすべて人工的に作られてたもの。

「自然にできる自然の様子を、いかに自然に見せながらも人にとって理想の自然に見せるか。」
という発想のもと、つくられたそうですよ
(”自然”の文字が多いのはご容赦ください。笑)

 

広さの話に戻ると、この庭園の広さは、なんと2000エーカーもあるのです!!

と、言われてもよくわかりませんよね。笑

「2000エーカー」=「約809万平方メートル」=「809ヘクタール」=「245万坪

うん、わからん。

ということで、東京ドーム(4.67ヘクタール)に換算すると、173個分!!

うん。わからんな。。笑

とにかく、、めっちゃ広いということ!!笑

 

宮殿の目の前の湖だけでも十分見応えがありますし、先へ進むと石造りの橋があったり滝があったりと、どこを歩いても自然を楽しむことができます。

その中には、『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』に登場した木もあるんですよ!

木は「ハリーポッター・ツリー」と呼ばれているようで、また、周囲の木々はヨーロッパ最古のオークの木々だそうです。

木の雰囲気が特徴的ですし、周りの木々や目の前の湖の風景から、”ハリポタファン”や”ハリポタオタク”を名乗るのならぜひ見つけてほしいですね〜

ちなみに僕は、
「あれ?あそこってもしかしてハリーポッターに出てきたやつじゃね?」
と思って調べたところ、見事に当たっていたというタイプです笑

こういうまさかの発見は、旅の中での楽しみの1つですよね~~

 

庭園の様子は、この後じっくりと写真をご覧くださいね!!

 

 

ブレナム宮殿の実際の様子

では、実際に撮ってきた写真とともにブレナム宮殿を詳しくご紹介していきます!

バス停から一直線の道を歩くと、入場口が見えてきます。
道には野鳥たちが。。
すでに大自然の様相を呈しています。。!
入り口から堂々とした雰囲気です。。!

 

まず見えるのは「風景式庭園」です。

上でもご紹介した通り、めちゃくちゃ広いです!!

これが人工物とはとても思えませんよね。。
パノラマ、、道がおかしくなるんだよなぁ。。
宮殿を見るとこんな感じ。
本当にのどかなところ何ですよね〜〜!
道も一直線。この辺りが、言われてみれば”人工物感”を感じるところでしょうか。
まあ、”言われないと”わかりませんが!笑
3月上旬ということでまだまだ寒い時期でしたが、陽射しがとても暖かい1日でした。
その分写真は、完全に逆光です。笑
逆光とかアップの写真は、やはりスマホには限界がありますね〜。
石造りの橋です!ここの雰囲気はおしゃれだったなぁ。
先に見えるのが記念碑。
まだまだ先へ行けますが、今回は時間の都合でここで引き返します。。
「最古のオーク・フォレスト」と言われる森林を撮ったのですが、、ここも逆光。。
ここが「ハリーポッター・ツリー」です!
『不死鳥の騎士団』を観たことがあれば見覚えがあるかも、、!
戻ってきました!
日中の風景式庭園はここで見納めです。

 

次はいざ、宮殿へ!

と言っても、今回の宮殿内の訪問はかなり足早でしたので、チャーチル首相関連のものは何もありません。。。笑
(僕の興味も、どちらかというと庭園にあったもので。。)

ですので、最低限のご紹介となってしまうことをはじめに述べておきます。

入場口は時計塔でもあります。
中庭
当時は絵画や芸術といった文化にはほとんど関心がなかった俺。笑
絵の写真はこれだけの上に、何の写真なのかまったくわかりません。。
ブログ書くことを意識せずにまわっていたのもありますね。
天井と窓、そして壁に立っている石像がおしゃれです!
部屋、ですね、、!
写真の撮り方が下手くそ。笑
パイプオルガン!
この佇まいは本当に美しかったです!!
1891年に第8代目侯爵夫婦が設置したものだそうです。
「弾く」よりも「飾る」ことに重きを置いているとしか思えないのだが。。
石像と数多の本!
本棚には、本が落ちたり持ち去られたりすることのないように檻にも似た扉がつけられています。
こんなたくさんの本に囲まれて暮らせるなんて、、羨ましい。。
ここはミニ教会でしょうか。
まさに”白亜”、アルビオンです。。

 

外に出るとあるのが「ウォーター・テラス」こと英国式庭園です!

この角度が一番おしゃれ。
運河ような湖のような。。
ヴェルサイユ宮殿のようですね!

 

👇宮殿と庭園がお好きな方は、ブレナム宮殿と同じく、広大な庭園をもつフランスの「ヴェルサイユ宮殿」についても読んでみてくださいね!👇

 

宮殿の”側面”にまわり、”裏庭”のような庭園へと参ります。

一面の緑、、!
春夏になると、花々が咲き誇るのでしょうね〜〜!
これ、C-3POに見えません??
小ぢんまりとした”お庭”も素敵です。
ここ、一応庭園ですよ。笑
何だか年季を感じる木が立っていました。
噴水、かな?
庭園の奥の方には羊が放し飼いにされています。
不思議な形の木ですよね〜
庭園を”渡り”ます!
遠目で見ても圧巻の佇まい!
白い点が羊です!
道は続くよどこまでも。。
“渡ってきた”道はこちら。
隙間から。

 

ここから、庭園をぐるっと一周しました!

ここ、「失楽園」みたいな悲壮感が漂ってますが、バラ園です。笑
やはり庭園は春とか夏に来るのが一番楽しめそうです。。
もちろん、その分人も多くなるのは間違いないですが、、!
戻ってきました!

 

お次は「プレジャー・ガーデン」へ向かいます!

宮殿からは少し距離があります。

僕は歩きましたが、ミニ機関車も動いているのでそちらを使ってみても楽しめそうでしたよ!

オックスフォードの街を模したミニチュアですね。
こちらがプレジャー・ガーデン!
この巨大迷路が最大のレクリエーションスポットです!
Let’s go!!
ちょくちょく橋があるので上から写真を撮ることもできますよ!
いい感じ!
ゴールの石像!
大きなチェス盤が、、!
「魔法使いのチェス」を思い出しますよね!
アスレチックも!
このすぐ近くに「バタフライファーム」もありますよ!
興味がある方は立ち寄ってみてくださいね!
プレジャー・ガーデンを後にします。
不思議な木だよなぁ。。
こういう木々を見てると、確かに魔女とかを信じてみたくなるような気もします。

 

ということで、そろそろお別れの時間です。。

名残惜しくて、最後もやたらと写真を撮りました。笑

バイバイ!!
出口の門。
何だろう、ブリーチがふと頭をよぎりました。

 

スポンサーリンク

 

ブレナム宮殿の周りは閑静なイギリスの田舎町でしたよ!

街並みだけで十分見応えがあります。

裏道のようなところ。

どことなく、『耳をすませば』に出てきそうなかんじがしたなぁ。

 

 

バス停を目指します。

バス停正面の様子。

 

バスの車窓から。

途中の道。オックスフォード郊外の町の雰囲気を楽しむことができますよ!
オックスフォードの町に入りました!

 

オックスフォードの町に到着しました!

電車まで少し時間があったので、ベーグル屋さんに立ち寄りました!笑
クリームが濃厚で美味しかったです!

行きに通った運河。

あっという間の1日でした。。

何だろう、こういう行きと帰りで同じ道を通っているのに全然雰囲気が違うのっていいですよね〜!

この時の楽しい想い出も相まって、ちょっぴり切なさも感じます。。

帰路です!

ロンドンのパディントン駅に到着!

「オックスフォード & ブレナム宮殿」の旅もここまでです!!

 

 

スポンサーリンク

ブレナム宮殿のまとめ

ブレナム宮殿、いかがでしたでしょうか??

イギリス公爵家の宮殿、そして、広大な庭園は本当に見事です。

僕のおすすめは、“前庭”こと風景式庭園です!

ちなみに、”前庭”とか”裏庭”とか言っているのは僕が勝手に感じた感想です。笑

 

今回は時間の関係ですべてをまわることができなかったので、次はオックスフォードに数泊してもっとゆっくりまわりたいものです。。

皆さんも、オックスフォードを訪れた際は一歩足を伸ばし、
都会の喧騒を忘れられるブレナム宮殿で穏やかな時間を堪能してみてくださいね!!

 

👇最後にはオックスフォードの様子もちらっと載せました。
そんなオックスフォードについての記事はこちらです!👇