いよいよ、このときがやってきました。

半年にも及ぶ城崎温泉でのリゾートバイトが終わりを迎える時です。

始まりがあれば必ず終わりもあるというもの。

そんなわけで、“城崎温泉での“リゾートバイト記事としては今回でラストとなります!

今回のブログでは、長かったようで短かった6ヶ月を振り返りつつ、3月末の城崎温泉で見られた桜の様子も併せてご紹介していきますよ!

   

👆前回のリゾバ特集はこちら!

  

スポンサーリンク

城崎温泉でのリゾートバイトを振り返る

赴任当初

まずは、城崎温泉でのリゾートバイトを振り返っていきます!

赴任したのは10月頭。

正直なところ、赴任当時のことはほとんど覚えていません。笑

強いて言えば、赴任初日に早く着きすぎて山登りをしたことくらいですね!笑笑

中番(裏方)業務は当然初めてでしたし、それどころか、旅館で働くということも初めてでしたから、仕事を覚えるのでいっぱいいっぱいだったのかもしれません。
(加えて、このブログを書くなど、自分のやりたいことも同時に進めなければいけませんでしたからね。笑)

その中でも、城崎温泉の温泉街を観光したり、京都にひとり旅してみたりと、バイトのない日もかなりアクティブに活動していたと思います。

新しい環境への「不安」みたいなものは、なかったとは言いませんが、かなり少なかったとは感じています。
(それが自分で思う、僕の良さだと考えているので!笑)

職場の人間関係に恵まれたのも大きかったですね!

同じ時期から赴任した派遣さんが他にいたこと、社員さんの多くが20代前半〜中盤と年が近かったこと。

この2つが、今回のリゾートバイト環境に素早く慣れるための大きなポイントだったのは間違いないと感じています。

  

11月からのカニシーズン

城崎温泉をはじめとする日本海側では、11月中頃〜3月は「カニシーズン」と呼ばれる地元近海で獲れるカニ(松葉蟹)のシーズンとなり、この時期に合わせてお客さんも増えます。
(この時期に人手が足りなくなるので、こうして「リゾートバイト」という名の派遣社員を募集しているのでしょうね。)

当然出勤日は多くなり、はじめはきっかり8時間だった一日の出勤時間も、三十分、一時間、一時間半と次第に長くなっていきました。
(今回のリゾバは、8時間以上の残業代は25%アップでついていました。)

確かに忙しくはありましたが、想定内っちゃ想定内だったので、特に不満はありませんでしたね。笑

朝と午後の出勤の間の2〜3時間の休憩時間はほぼしっかりと確保されていたので、その時間にブログを書いたり写真を編集したりもできましたから。

ただ一つ、苦言、のようなものを挙げるとしたら、「大晦日と元日の出勤」ですね。。

サービス業をしているのなら「絶対に休めない日」なのはわかっていましたが、やはりこの2日は休みたいと思いました。笑

特に理由はないのですが、なんだろう、精神的な部分、みたいな?笑笑

ともかく、「今回のリゾートバイトが人生で最初で最後の年末年始出勤だ」と思ってやり通しましたね!笑

逆に、今回自分が年末年始に働いてみて、今までこの期間に旅行やご飯を食べに行ってサービスを受けられていたことに感謝の念が湧きましたし、これからは一層の感謝の気持ちとともに、サービスを受けていこうと思うようになりました

結局のところ、人っていうのは自分で体験・体感するのが一番ですし、そうしないと実感できない、相手の気持ちには立てないものなのかなと感じましたね。笑

2月に入ると、僕の他の2名の派遣さんは契約満了で退社し、いっきに人手が不足することに。
(中番のリーダーによると、人事が新しい人を採るのを渋っていたとかなんとか。。)

仕事内容的にも、「派遣社員以上正社員以下」みたいになってましたね。笑

   

新型コロナウイルスの影響が目に見えるようになってきた3月、狂い始める予定

遂にあと一月というところまできた3月、それまで「完全に他人事」だった新型コロナウイルスの影響が、城崎温泉にも手を伸ばしてきました。

社員さんや地元のバイト高校生によると、「兵庫県は地方によってぜんぜん特徴が違っていて、他の地方はまるで他県のような感覚」なんだそうで、兵庫県南部の神戸や姫路で新型コロナウイルスの感染者が増えてきていても、北部の但馬地方では「まだ遠くのことだね」くらいな感覚でいました。
(僕は地元の人じゃないけど、まわりの感覚に同化してましたね。笑)

それが次第に、「朝食バイキングの時、係はマスク着用」になり、「お客さんのキャンセルが相次ぐ」ようになり、「バイキング休止、全員会食」になり、ついには「出勤日の減少」につながっていきました。

時給換算の僕にとっては、出勤日が減ることはまさに「良いこと50、悪いこと50」というかんじでしたね。

単純に自分の時間が増えるという良い面と、出勤が減って直接的な収入が減るという悪い面。

少なくともこの時点では、この程度の話でした。

そんなこんなで、3月末になって次の派遣先を決めようとすると…

なんとなんと、、求人がないではないか!!

そんな中で、手を替え品を替え、あれやこれやとやって富山への次の赴任が決まったものの、結局、一度実家に帰省した直後の4月頭に「やっぱりなしに…」という結果に。。

一抹の不安を残しながらも、とりあえず城崎温泉でのリゾートバイト(派遣社員)業務は無事終了。

少なくとも、今回の旅館での派遣期間は、人に恵まれ、環境にも恵まれ、良い経験を積むことができたと思っています!

   

   

スポンサーリンク

   

Reゾバのこれから

現在、新型コロナウイルスの影響で世界中の皆さんの多くが、在宅業務・テレワークとなったり出勤できなくなっているかと思います。

そんな世界情勢に、僕もしっかりと巻き込まれてしまった形になりましたね。。笑

当初は、この一年、あるいは二年くらいは、リゾートバイトによって日本中を転々としてくつもりだったのですが、、
日本・世界の現状から、急遽予定を変更しました。

ひとまず、この流れでのリゾートバイトはこの城崎温泉で終了とします

コロナの影響をもろに受けていると言える観光業。

そこに直接的に関わるリゾートバイト。

いつ収束するかもわからないため、ただでさえ求人のない派遣業界の中でもさらに求人はない状態です。

ですので、この先リゾートバイトを続けていくのは困難だと結論づけました。

これからさらに日本各地を巡っていくのは本当に楽しみでしたし、その予定のもと題名に「城崎温泉編」と書いていたわけですからね。。笑

正直、ホントにホントに残念なのですが、、
実は、この先2、3年をみて立てていた計画からしたら、むしろ「今でよかった」といえるタイミングでもあったのです。
(これについてはまだ、ここでは書きません。。)

マイナス・ネガティブなことをいかにポジティブに変換できるか。

これは、どこで生きていく上でも何をしていく上でも、大切な行動指針だと思いますからね!

ともかくそんなわけで、『Reゼロから始めるリゾバ生活』はここで一度打ち切りとなります。

またいつか、復活したいと自分の中では考えていますし、このブログ自体はまだまだ続いていきますので、これからもどうぞよろしくお願いしますね!!

   

👆城崎温泉の観光情報はこちらから!

   

   

桜花開く城崎温泉

こんな世界情勢ですが、桜にとっては何吹くぜか。

暖冬の影響で例年より早い開花を全国的に迎え、ここ城崎温泉でも3月末に花開いた桜たち。

そんな春の訪れを、記事後半となるここからはご紹介していきますよ!

暗い気持ちでいても仕方ありませんからね!

パーっと、写真でお花見といきましょう!!

   

桜の蕾と最後の温泉街巡り

まずは、城崎温泉でのリゾートバイトも残すところあと数日となった3月末、昼休みの時間を利用して城崎温泉を撮影した際の様子です!

家のベランダから見える裏山。この風景も見納めです。。
実は、「せっかくだから半年の変化を何か残したいな」という思いから、ほぼ毎日、ベランダからと玄関前からの風景を撮影していました。
まだ何もしていないのですが(笑)、近いうちに何か形にしたいと考えています!
赴任先のホテルの、従業員用の裏道(的なところ)から。
見る人が見れば、どこで働いていたかわかる一枚です。笑
ホテル前から。
この日は天気も良く、春を感じられる一時となりました!
桜は開花間近の蕾の状態。
満開の桜はもちろんのこと、こういう状態の桜もこうして見ることが今までなかったなぁと感じましたね。
一部咲いているところも。
うんうん!“春“を感じます…!
ここが満開になったらさぞ綺麗なのだろう…!!
学校と桜。このマッチングよ。
桜の中に紛れていた白い花。これは桜なのか、それとも他の花なのか。。
「望遠+縦写真」がわかってきた、、気がする。。

ここまで天気の良い中での温泉街は、今回ではこれが最後でしょう!
(天気予報からそうなるだろうと思ってたし、実際そうなりました。。)

名旅館「三木屋」の前から。
温泉街の一角に佇む「四所神社」。
上賀茂神社のような「ここだ感」は感じませんでしたが、雰囲気はとても好きでした。
(山の中とかにあったら、きっと本とかパソコンを持って通っていたと思う。。)
城崎温泉街一番の見どころ!
最後だから言いますが、こだわると“良い写真“が撮りにくい観光地でした…笑
たまたま電車が通ってくれたので。
温泉街を抜けると広がる広野。
ここもすごく好きな場所でした。

水辺の好きなところがあれば、山の好きなところもある。

ということで、当然の如く最後の山登りへ…!

城崎温泉の中では、職場の次に通ったところですね、ここ。笑
せっかくなので、カメラの練習も兼ねて。
なんか神秘的じゃない?!
ここもなんか“神秘感”を出したかったところ。
最後の挨拶に参りました。
この日のこの時は、日差しの差し込み方がちょうどよかったんだよね!
ここにも春が訪れていますね!
はい!この景色!!
ここを見つけたときの衝撃は今でも覚えていますね!!
上からの温泉街は、まるで住宅街です。笑
まぎれる桜の木。
日本海も眺めることができます!
半年間ありがとう。
本当に何も知らずに来て、たまたま見つけた秘密基地みたいな場所でした。

   

最後の出勤、からの夜桜ショット

ここからは最後の出勤後、街へとくり出した(笑)際の様子です!

くり出したと言っても、ひとりカメラを持って行っただけなのですが。。
たった数日でここまで咲き誇る桜。
嬉しいような、ちょっと寂しいような。。
夜の温泉街は今日で最後。
ぐるっとまわって戻ります。
城崎温泉で桜を綺麗に見ることができるのは、「木屋町通り」ですね!
一番目を見張ったのは、大谿川に映り込む桜と木々です!
これは本当に鏡のようでした…!
ここが一番凄かったなぁ。
写真で少しでも伝われば…!
この窓のかんじ、よかったなぁ。。
ということで、最後の夜の城崎温泉でした!

    

桜に見送られ…さらば、城崎温泉

城崎温泉最終日。

荷物の集荷を済ませ、寮の鍵の返却も済ませ、出発の時です。

キャリーをゴロゴロと引いていましたが、満開といって良いほどの開花をしている桜を相手に、もちろんカメラのシャッターは切っていきます!!

ちょうどホテル近くから、大谿川に沿って桜並木が続いています。
このどんよ〜りとしたかんじが、“いかにも城崎温泉っぽく“てむしろ笑えましたね!
ホテル近くで一番“良い雰囲気”で写真が撮れた薬師橋です。お世話になりました。。
桜見たさに、メインの通りではなく木屋町通りを選びました。
“カメラの遊び方”
ここは昼でも夜でも楽しめますよ!!
「ありがとうと、さようなら。」
撮りに撮った温泉街。
次来るときは、もう少し力をつけてきます!
“水辺のお気に入り場所“が最後の場所。
またここにきた時、“何が”“どれくらい”変わっているか、とても楽しみです…!!
ちなみにこれが、最終日に一番仲良くしてもらった社員さんから頂いたワインとおつまみセットです!
ありがたやぁ。。

    

    

スポンサーリンク

城崎温泉リゾートバイト特集 最後のまとめ

ということで、今回は“ひとまず”最後のリゾートバイト記事を書いてきました!

半年で15回、一月あたり2〜3記事。意外と書いていたなという印象ですね。笑

実際にリゾートバイトをしながら書いていたブログという意味では、リアリティはある方だったと思っています。
(たまに「温泉繋がりで『千と千尋』を観た!」とか、「志賀直哉の『城の崎にて』を読んでみた!」みたいなのもありましたが。笑)

「リゾートバイトとは?」とか、「リゾートバイトの良し悪し」とか、「リゾートバイト、ぶっちゃけどうなの??」みたいなところについては、また後日、別記事に書いていこうと思っていますので、気になる方はそちらもご覧くださいね!!

ではでは、『Re:ゼロから始める異世界生活』さまより名前を(もちろん勝手に)借りていた、“Re:ゼロから始めるリゾバ生活”記事はこれにて一度お別れ。

とても多くの意味で、たくさん勉強になり、大きく貴重な経験となった半年でした!

リゾートバイトで関わってくださった方々に、そして、ここまでの記事を読んでくださった方々に、この場を借りて感謝を申し上げます。

ありがとうございました!!

   

👆リゾバ特集の題名の命名元『Re:ゼロから始める異世界生活』もぜひご覧ください!

   

👆ここからの足で向かった、京都の桜観光の様子はこちらから!!

    

👆今段階で、リゾートバイトについて一番“生の使える情報”が載っている記事です!