みなさんこんにちは!旅狼かいとです!

今回のブログは、国内旅行・四国エリアのオススメ観光名所です!

スマホゲーム『Fate/Grand Order』5周年企画”under the same sky”で紹介された名所に沿って、各都道府県を代表する名スポットをお届けしているこの企画。

次に行く旅行先に迷っている人へ、ちょっぴり穴場感のある四国の見どころを大紹介!

今だからこそ行きたい、四国の魅力をご覧あれ!!

  

スポンサーリンク

剣山(徳島県)

西日本第二の標高を誇る徳島の「剣山」。

1955mという高峰ながら、山開きを迎えるる4月下旬から雪で一般の人は入山できなくな11月末に運行している剣山観光登山リフトを使えば、標高1420mの見ノ越駅から山頂まで比較的気軽にトレッキングを楽しむことができることが特徴です!

初心者にも優しいコースからちょっぴり山慣れした人のための上級者コースまで、自分の体力やレベルに合った4つのコースが用意されており、「天地一切の悪縁を断ち、現世最高の良縁を結ぶ」という言い伝えで知られる「大劔(おおつるぎ)神社」のパワースポット目当てでも登りやすいことも人気を集める秘訣。

四季折々の高山ならではの植物や風景を楽しみながら山登りを満喫できる剣山。

周囲は背の低い草木ばかりなので眺望が開けて見えますし、何より山頂の「次郎笈」へ向かう尾根の風景は圧巻の一言!

実は剣山には、「屋島の合戦」で敗れた平家一行が幼い安徳天皇を連れて落ちのびてきた、とか、渡来してきた古代イスラエル人がソロモンの秘宝を埋蔵した、といった数々のミステリアスな伝説が語り継がれてもいるのです。

4つの登山コース使い分ければ、剣山のさまざまな景観や伝説を知ることもできるのも醍醐味!

いつ訪れても異なる顔を見せてくれる剣山。

四国へ訪れた際は、ぜひ足を運んでみてくださいね!

剣山観光登山リフトの観光案内情報

登山口の見ノ越駅(1,420m)から西島駅(1,750m)までを約15分で結ぶリフト。

西島駅からは4つのトレッキングコースで剣山の山頂を目指すことができる。

運行期間と時間

2020年4月11日(土曜日)~11月23日(月曜日・祝日)

運行時間:平常9時00分~16時30分(GW、夏期、10月の土日祝日は8時00分~16時30分)

※天候その他により変更されることがあります。

料金

往復

大人:1900円

小人:900円

片道

大人:1050円

小人:520円

アクセス

電車・バスの場合

JR阿波池田駅近くの阿波池田バスターミナルや大歩危駅などの停留所から見ノ越駅へのバスが発着。途中下車・途中乗車可能。

土日祝日運行:2020年8月1日(土曜日)~11月23日(月曜日・祝日) 

毎日運行:2020年8月1日(土曜日)~8月31日(月曜日)、10月1日(木曜日)~11月3日(火曜日・祝日)

自家用車の場合

徳島市中心部→国道438号線(神山町~美馬市木屋平)経由:車で約120分

徳島自動道 美馬IC→国道438号線(つるぎ町貞光)経由:車で約90分

徳島自動道 井川池田IC→国道32号線・国道439号線経由:車で約120分

見ノ越駅に駐車場有り

FGO “under the same sky”情報

ピックアップサーヴァント

アタランテ

担当絵師

輪くすさが

掲載新聞

徳島新聞

  

道の駅 小豆島オリーブ公園(香川県)

小豆島(しょうどしま)」は、瀬戸内海に浮かぶ香川県の離島です。

素麺、醤油、佃煮、胡麻油、オリーブなどの生産が盛んな小豆島。

特に地中海に似た瀬戸内海特有の気候を活かしたオリーブ生産で有名で、日本国内でのオリーブ栽培発祥地として知られているのですよ!

そんなオリーブを活かした島興しも盛んで、小豆島随一の人気スポットが道の駅 小豆島オリーブ公園、そして2019年に開園100周年を迎えた小豆島オリーブ園ですね!

特に「道の駅 小豆島オリーブ公園」は、海を見下ろす小高い丘に約2,000本のオリーブ畑や約120種のハーブが栽培されている道の駅で、シンボルの純白の風車や実写版『魔女の宅急便』の撮影で使用したセットそのままの雑貨ハーブカフェなど、インスタ映え間違いなしのフォトジェニックな施設が満載!

風景を満喫するのはもちろんのこと、クラフト体験や宿泊も可能な観光スポットとなっています!

他にも、日本三大奇景のひとつに数えられる景勝地「寒霞渓(かんかけい)」や、1日に2回だけ干潮時になると海の中から現れ「この砂の道を大切な人と手をつないで渡ると願いが叶う」といわれる”恋の道”「エンジェルロード」など、見どころ盛りだくさんの小豆島!

沖縄や小笠原などの離島もいいですが、、

手が届きやすいところにもこんなに素晴らしい離島があるのです!!

小豆島へのアクセス情報

小豆島へのアクセスは”船旅のみ”というのも魅力の一つです!!

高松港から

土庄・池田・草壁各港へフェリーで約60分、土庄港へ高速船で約35分

高松港へは高松駅から徒歩約10分

高松東港から

坂手港へジャンボフェリーで約70分

高松東港へは高松駅からバスで約10分

神戸港新港から

坂手港へジャンボフェリーで約180分

神戸港新港へは三宮駅(兵庫県)からバスで約5分、徒歩で約20分

日生(ひなせ)港から

大部港へフェリーで約65分

日生港へは日生駅(岡山県)から徒歩約2分

姫路港から

福田港へフェリーで約100分

姫路港へは姫路駅(兵庫県)からバスで約25分

各港の場所はこちらの地図を参照ください!
画像引用:小豆島観光協会 アクセス

FGO “under the same sky”情報

ピックアップサーヴァント

宮本武蔵

担当絵師

こやまひろかず(TYPE-MOON)

掲載新聞

四国新聞

  

道後温泉本館(愛媛県)

有馬温泉、草津温泉、別府温泉、城崎温泉などなど…

日本を代表する温泉地は数あれど、温泉名所を語る上で愛媛の「道後温泉」をハズすことはできませんよね!!

日本三古湯にも数えられ、古代からの名湯である道後温泉。

足に傷を負い苦しんでいた一羽の白鷺の傷が温泉に足をつけたところ完全に癒えたという「白鷺の伝説」で知られ、聖徳太子も訪れたと伝えられており、さらには現存する日本最古の和歌集『万葉集』にも記述が見られるほど。

そんな道後温泉街最大の見どころは、温泉街の中心地になっている「道後温泉本館」ですね!

日本文化の積み重ねを感じさせる重厚な外観が特徴的で、温泉に入らずともその見た目だけで海外の人々までもを魅了する建造物です!

温泉街には、ほか2つの「椿の湯」と「道後温泉別館 飛鳥乃温泉」という外湯をはじめ、お土産屋や食事処が立ち並んでいます。

旅館街や歓楽街と、エリアが大きくわかれているのも道後温泉街の特徴。

坊っちゃん』の舞台に道後温泉をえがいた夏目漱石や正岡子規など、多くの文人墨客も訪れた道後温泉。

四国を観光した際は必ず訪れたい名所中の名所ですね!!

道後温泉へのアクセス

電車の場合

松山駅 から路面電車で約25分

飛行機の場合

松山空港 からリムジンバスで約40分

自家用車の場合

川之江I.C 経由で松山道 松山I.C から約20分

道後温泉本館の観光案内情報

開館時間

6:00~23:00

料金

大人:420円

子供:160円

FGO “under the same sky”情報

ピックアップサーヴァント

ジャガーマン

担当絵師

蒼月タカオ

掲載新聞

愛媛新聞

  

桂浜(高知県)

桂浜は、高知県・浦戸湾口の龍頭岬と龍王岬(上龍頭岬と下龍頭岬)の間に弓状に広がる海岸線一帯の観光名所です。

浜辺に沿うように茂る松林と砂浜、そして激しく打ち寄せる海とが、どこか静かに厳かに調和する見事な景勝地として、高知随一の人気を誇っています。

古くから月の名所として知られている桂浜。

「月の名所は桂浜…」と高知の伝統民謡「よさこい節」にも唄われており、中秋の名月の夜には毎年、文芸を語りながら酒を酌みかわす「名月酒供養」が開催されています。

そんな桂浜はこの地区一帯で桂浜公園となっており、公園には竜王宮(海津見神社)桂浜水族館などの名所が立ち並んでいます。

その中でも絶対にハズせないのが、坂本龍馬像です!

亀山社中(のちの海援隊)の成立、薩長同盟の斡旋、そして暗殺という、”幕末ヒストリー”には欠かすことのできない土佐を代表する人物こそが坂本龍馬ですよね!

そんな龍馬の銅像が、ここ桂浜に立っているのですが、、

“FGO under the same sky”のイラストに登場しているのは、「天誅の名人」と謳われ、後世では「人斬り以蔵」と呼ばれることになる「幕末の四大人斬り」の一人「岡田以蔵」です。

岡田以蔵もまた土佐出身の人物で、坂本龍馬から勝海舟の護衛を頼まれたというエピソードがあります。

FGOではかなりコミカルに描かれている岡田以蔵と坂本龍馬の関係性ですが、史実ではいったいどうだったのか、、

このように、ゲームやマンガなどから史実・歴史へ興味が繋がり、さらには歴史や人物に関わり深い場所への関心に繋がると、旅行もより楽しくなること間違いなしですよ!

桂浜公園の観光案内情報

開場時間

開門6:00、閉門22:30

アクセス

バスの場合

とさでん交通バス

南はりまや橋 から 桂浜行の終点まで 約30分

MY遊バス

JR高知駅 から 五台山(高知県立牧野植物園、竹林寺)経由、桂浜まで約70分。

車の場合

JR土讃線高知駅から約30分 

有料駐車場あり(8:30~18:00)

普通・軽自動車:400円(普通車500台ぶん完備)

タクシー:160円

自動二輪:50円

FGO “under the same sky”情報

ピックアップサーヴァント

岡田以蔵

担当絵師

lack

掲載新聞

高知新聞

  

スポンサーリンク

四国の穴場名所紹介 まとめ

ということで今回は、FGO under the same skyで紹介された四国の名所をご紹介してきました!

日本の中でも特有の気候や地形を有する四国地方。

この四県ならではの風景や文化が見られること間違いなしです!

正直、国内旅行の行き先としては遅れをとってしまいがちな地域ではありますが、、

だからこそ、自分たちのペースでのんびり気ままに、そしてのびのびと各名所を満喫できることが、四国の最大の魅力ではないでしょうか!

穴場だからこそ、みんながまだ知らない名スポットを発見できる喜びも感じられることでしょう!

ぜひあなたも、次の旅行先に四国を選んでみてはいかがでしょうか…??

👆北の自然を満喫したい方へはこちら!!