みなさんこんにちは!旅狼かいとです!

この記事でご紹介していくのは上賀茂神社です!

賀茂神社」として上賀茂神社の南に位置する下鴨神社とともに「古都京都の文化財」の一部として世界文化遺産に登録されている上賀茂神社。

京都最古とも言われるその歴史から「京都の隠れた最強パワースポットなんて呼ばれ方をしている上賀茂神社なのですが、、

実際に足を運んでみると、僕も本当に不思議な雰囲気を感じたのです…!!

まさに個人的には激オシ…!!な、京都の中でも屈指の歴史と神性を誇る上賀茂神社について、歴史や見どころ、アクセスなどの旅行の際に知っておきたい情報をお届けしていきます!!

 

スポンサーリンク

上賀茂神社の歴史

見どころをご紹介する前に、今回はまず上賀茂神社の歴史をご紹介していきます!

歴史を知っておいた方が、見どころの説明が理解しやすいので…!

正式名称を「賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)」という上賀茂神社は、第四十代天皇である天武天皇の時代には建立されていたといわれるほどの歴史を持ちます。

これは、平安時代から日本の中心地であった京都の中でも最古の歴史となります。

上賀茂神社の創建については諸説ありますが、ここでは社伝として伝わる『山城國風土記逸文』の『賀茂舊記』に記されている内容をご紹介します。

神代にまで遡った太古の昔、天上で雷鳴が轟き、一本の丹塗矢(にぬりのや)が降ってきました。

その後わずかばかりか経った頃、「玉依比売命(たまよりひめのみこと)」玉櫛媛」「玉依姫」とも)が賀茂川の上流で身を清めていると、川上より丹塗矢が流れてくるのを見つけます。

不思議に思った玉櫛媛は丹塗矢を持ち帰り、丁重に床に祀りました。

その晩、眠っていた玉櫛媛は矢に込められた力によって懐妊し、一人の赤子を産みます。

御子神(みこがみ)」と呼ばれることとなる赤子はすくすくと成長し、やがて元服(現代でいう成人)を迎えた際、玉櫛媛の父(つまりは御子神の祖父)であり一族の長でもあった「賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)」が、数多の神々を招いて七日七夜の祝宴を催します。

いまだに父の存在が不明な御子神に対し、賀茂建角身命は「父と思う神に盃をすすましめよ」と尋ねて盃を渡します。

すると御子神は、「我が父は天津神(あまつかみ)なり」と声高に言い放ち盃を天上に向けて投げると、天井を突き破って雷鳴とともに天へ昇ってしまいます。

(「天津神」というのは日本神話における天上の世界「高天原(たかあまはら)」に住う神々のこと。)

あまりに突然の別れから、残された玉櫛媛は息子の御子神に再び会いたいと願い続けます

そしてある夜、玉櫛媛の夢に御子神が顕れ、「吾れに逢はんとは、天羽衣・天羽裳を造り、火を炬き鉾を捧げ、又走馬を餝り、奥山の賢木を採りて阿札に立て、種々の綵色を垂で、また葵楓の蔓を造り、厳しく餝りて吾をまたば来む」とお告げを伝えます。

玉櫛媛はすぐにその神託に従って、神迎の祭を執り行いました。

するとお告げの通り、立派な成人の姿となった御子神が神山(こうやま)に降臨したのです。

この御子神こそが上賀茂神社の祭神である「賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)であり、玉櫛媛が執り仕切った賀茂別雷大神を迎えるための祭を行った場所が、上賀茂神社の起源とされているのです。

(ちなみに、玉櫛媛を懐妊させた丹塗矢の正体は「火雷大神(ほのいかづちのおおかみ)」や「大山咋神(おおやまくいのかみ)」であるとされています。)

写真引用:上賀茂神社公式HP 上賀茂神社について 御神話

創建後の上賀茂神社は、玉依比売命(玉櫛媛)の兄「賀茂玉依日古命(かもたまよりひこのみこと)」を祖とする賀茂一族の氏神を祀る神社として、「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)(下鴨神社)」とともに「賀茂神社(賀茂社)」と総称され、朝廷からの崇敬を受けることになります。

(ちなみに、「下鴨神社」こと「賀茂御祖神社」の祭神は、上賀茂神社の祭神「賀茂別雷大神」の母である「玉依比売命(玉櫛媛)」と祖父である「賀茂建角身命」です。)

上賀茂神社は、延暦13年(794年)の平安遷都後には「皇城鎮護の神社」として一層の崇敬を受けることとなり、大同2年(807年)には神社における神階の最高位である「正一位」を受けました。

さらに弘仁元年(810年)以降の約400年にわたっては、伊勢神宮の「斎宮」に倣った「斎院」が置かれ、皇女が斎王として奉仕した歴史も持ちます。

(伊勢神宮の「斎王」や「斎宮」というのは、天皇の代替わり毎に置かれた天照大神の「御杖代(みつえしろ、神の意を受ける依代)」として伊勢神宮に奉仕する役割を持つ未婚の皇女のことです。)

以降長きにわたって皇室からの崇敬を受け続けた上賀茂神社は、明治時代の近代社格制度においても伊勢神宮に次ぐ官幣大社の筆頭とされ、明治16年(1883年)には勅祭社に定められました。

このように、上賀茂神社は創建当初から現代に至るまで朝廷・天皇とは切っても切り離せない由緒ある神社なのです!

  

上賀茂神社の見どころ

ではここで、上賀茂神社へ観光したら絶対にハズせない見どころをご紹介していきます!

一の鳥居

一の鳥居_上賀茂神社

上賀茂神社に到着して最初に出迎えてくれる鳥居が「一の鳥居」です!

境内への入り口に相応しい佇まい。

この鳥居をくぐった先が神域への道である」といわんばかりの真っ直ぐな参道も印象的ですね!

神馬舎

神馬舎_上賀茂神社

神馬(しんめ)」というのは神さまが騎乗する馬として神聖視される馬のことで、神社に奉納されたり祭事の際に登場したりという役割を担います。

神馬の種類は白馬であることが多く、ここ上賀茂神社の神馬「神山号(こうやまごう)」も白馬です。

神山号は基本、日曜祝日と大きいお祭りのある9時半~15時に出社しており、ニンジンをあげたり「神馬お守り」や「神馬みくじ」といったこのときにしか手に入らないものが授与されています。

僕が行った際は残念ながらお留守の日でしたので、、

ぜひ神馬がいらっしゃるときに予定を合わせて行ってみてください!

式年遷宮

式年遷宮_上賀茂神社・二の鳥居と境内

“見どころ”というわけではないですが、上賀茂神社特有の催し物として「式年遷宮もここでご紹介しておきます。

式年遷宮」とは、20年に一度、境内自体はそのままに社殿や神宝をはじめとする境内の”中身”すべてを一新し、祭神に新しく清浄な境内や社殿へと遷ってもらうための儀式になります。

もともと伊勢神宮で行われていた式年遷宮を奈良時代に上賀茂神社でも行うようになったのが始まりとされ、平成27年(2015年)に第42回の式年遷宮が行われました。
(伊勢神宮の式年遷宮も今なお行われています。)

江戸時代までは式年遷宮のたびに社殿を造り替えていましたそうですが、現在は社殿の多くが国宝や重要文化財に指定されているため主に社殿の檜皮葺屋根の修復を行うことで遷宮としています。

ともあれこの式年遷宮のおかげで、境内が他の場所に移ることなく、創建当初の姿に限りになく近い形で今なお現存することが可能になっていると考えられています。

これが上賀茂神社が京都最古であっても創建当時の土地に建ち続け、パワースポットたり得る理由の一つなのですね!

細殿と立砂

細殿と立砂_上賀茂神社のシンボル

二の鳥居をくぐり社殿が並ぶ境内中心部に入ると正面に見えるのが、上賀茂神社のシンボル「細殿(ほそどの)」と「立砂(たてすな)になります!

細殿は、天皇や斎王が参拝する際に装束を整えたとされる場所で、控えめながらも美しい外観が非常に印象的。

そして、細殿の前に整えられた立砂は、祭神である賀茂別雷大神が玉櫛媛の祭に応えて雷鳴とともに降臨したとされる「神山(こうやま)」をかたどったもので、つまりは”祭神の依代”となっています。

左右で対に立っているのは陰陽道に基づくものだそう。

ちなみに、この立砂は清めの塩や盛り塩のルーツになったともいわれているのですよ!

楼門と本殿

楼門_上賀茂神社

細殿、授与所、手水舎を過ぎると、本殿・権殿に通じる門楼門が現れます。

境内そのものはこぢんまりとしている上賀茂神社においては大きな建造物であり、美しい朱塗と相まって強い存在感を放っています。

そして、祝い事や祭りの際に本殿の隣に刺さっているのが、玉依比売命(たまよりひめのみこと)が川から持ち帰ったという創建の伝説に関わる丹塗矢になります。

本殿_上賀茂神社

言われてみればこの伝説、桃太郎に似たお話の始まりなんですよね。

まさか、、桃太郎もこの上賀茂神社に関わっていたりして…。

片岡社

片岡社_上賀茂神社

楼門のすぐ近くに「片岡社」と呼ばれる社があります。

片岡社には、上賀茂神社が創建されるきっかけとなった人物「玉依比売命(玉櫛媛)」が祀られています。

玉櫛媛は上賀茂神社の祭神である賀茂別雷大神の母なのですが、同時に女性の守護神ともされており、縁結びの神様としても知られています。

この御利益には、なんと『源氏物語』の作者である「紫式部」もあやかりに来たとか…!

京都最古のパワースポットの女性の守護神ですから、まさに由緒正しき縁結びの社といえますね!

八咫烏みくじ

八咫烏みくじ_上賀茂神社名物

上賀茂神社の名物といえば、、この「八咫烏みくじ」です!

八咫烏の中におみくじが入っているユニークなおみくじで、八咫烏はそのまま持ち帰って置物として日々の生活を見守ってくれるのです!

ちなみに、八咫烏(やたがらす)とは日本神話に登場する三本足のカラスで、初代天皇「神武天皇」の東征の際に熊野国から大和国への道案内をし、神武天皇を無事導いたとされています。

この八咫烏、実は玉櫛媛の父であり賀茂氏の始祖である「賀茂建角身命(かもたけつねのみこと)」の別姿なのです。

賀茂建角身命は下鴨神社(賀茂御祖神社)に祀られているのですが、賀茂神社の中心としての上賀茂神社にもその所以が残っているということなのですね!

渉渓園とならの小川

渉渓園とならの小川_上賀茂神社

境内の南東が小さな林のようになっている上賀茂神社。

ここは渉渓園(しょうけいえん)と呼ばれる庭園で、平安装束に身を包んだ歌人たちが庭園を流れるならの小川に杯を流しながら和歌を詠む「賀茂曲水宴」などの祭事が行われていました。

実際、百人一首にも詠まれたほどの場所ですから、その穏やかなせせらぎは平安当時から愛されていたのですね。

また、ならの小川は古くから禊の場としても知られてきています。

渉渓園・ならの小川の近くには三の鳥居もあるので、ここから境内を抜けていくのもよいかもしれませんね!

桜の名所としての上賀茂神社

桜の名所・斎王桜と御所桜_上賀茂神社

パワースポットとしての見どころが強すぎるがゆえにあまり季節ごとにはフィーチャーされない上賀茂神社ですが、、

もちろん、季節ごとの見どころも存在します!

そのうち春の名物「桜」の名所としての見どころが、一の鳥居から二の鳥居までの参道横にある樹齢150年の「斎王桜(紅八重枝垂れ桜)」と白い花を広げる「御所桜です!

「斎王」というのは、天皇の代替わり毎に置かれた天照大神の「御杖代(みつえしろ、神の意を受ける依代)」として伊勢神宮に奉仕する役割を持つ未婚の皇女のこと。

伊勢神宮の斎王は「斎宮」とも呼ばれ、これに倣った「斎院」が上賀茂神社におかれ皇女が斎王として奉仕した歴史から、上賀茂神社においても斎王が重要な存在とされるようになりました。

その伝統になぞらえて名付けられた桜というわけですね!

まさに斎王、皇女の美しくも上品な佇まいが、上賀茂神社の桜の特徴です!

春と楼門_上賀茂神社

 

上賀茂神社の社祭「葵祭」

写真引用:上賀茂神社公式HP 賀茂祭(葵祭)

上賀茂神社最大の見どころと言われるのが、京都三大祭りにも数えられる「葵祭になります。

かつては賀茂祭と呼ばれていたこの祭りは、平安時代から続く日本でも最古の部類に入る祭りで、正一位に据えられた大同2年(807年)に勅祭とされています。

葵祭(賀茂祭)の起源は、玉依比売命(玉櫛媛)が息子である賀茂別雷大神を迎えるために行った祭りであるとされています。

この玉櫛媛が行った祭りの際、玉櫛媛が夢の中で「葵楓(あおいかつら)の蔓(かずら)を装って祭をせよ」と賀茂別雷大神からお告げを受けて葵を用いたところから、
賀茂祭においても社殿に葵を飾り、祭の奉仕者が葵を身に付けるようになったみたいですね!

このエピソードから、「賀茂祭」は「葵祭」とも呼ばれるようになったといわれています。

玉櫛媛のお話に加え、北東の杜に二葉葵が群生していることが理由となって葵が上賀茂神社における重要な植物として扱われていると考えられがちなのですが、実は「葵」という言葉そのものにも重要な意味があるのです。

というのも、「葵」という言葉は、古くは「あふひ」と読み、「ひ」は「神霊」を意味していました。

つまり、「葵」とは「神と逢うこと」や「神と逢う日」を指す言葉でもあったのです。

この言葉の意味も相まって、上賀茂神社の神紋として扱われると同時に大切に守られてきたと考えられますよね!

写真引用:上賀茂神社公式HP 上賀茂神社について 御神話

話を葵祭に戻しましょう。

葵祭最大の見どころは、全行程で約8kmにも及ぶ京都御所から下鴨神社(賀茂御祖神社)を経て上賀茂神社(賀茂別雷神社)に至る道のりを、色とりどりの平安装束で装った人々の行列が練り歩く路頭の儀(ろとうのぎ)でしょう!

もともとは玉櫛媛が息子である賀茂別雷大神を再びこの現世に迎えるために行なった祭を模していた賀茂祭でしたが、弘仁元年(810年)に上賀茂神社に斎院がおかれるようになると、斎王が賀茂祭に祀られ祭りに奉仕するようになります。

ここから、建暦2年(1212年)に斎院制度が終わりを迎えるまでは斎王が路頭の儀における中心的な役割・存在を担うこととなります
(現在の葵祭では斎王に代わる「斎王代」がその役目を果たしていますよ!)

そんな葵祭、平安時代の頃は、上賀茂神社境内(社頭)における祭儀は一般の人々にはほとんど公開されていなかったそうですが、御所から上賀茂神社への行装は見ることができたそう。

なので、皇族・貴族たちは牛車を並べたり檜皮葺(ひわだぶき)の桟敷を設け、一般の人々は京の住民のみならず地方から上京してきた人々もつめかけ、街は大きな賑わいを見せていたといわれています。

この様子は、『源氏物語』をはじめとする平安時代に書かれた日記や物語などの書物にも記されているほどなのですよ!

写真引用:上賀茂神社公式HP 賀茂祭(葵祭)

賀茂祭は室町時代中頃から衰退してしまい、応仁の乱以降は京の町の混乱とともに完全に廃れてしまいます。

その後約200年の時を経て、江戸時代の元禄7年(1694)に上賀茂・下鴨両神社、朝廷・公家、幕府の協力によって祭が再興され、明治時代に入るまで執り行われました。

明治時代初期に一時期の中断を経て、明治17年(1884年)に明治天皇によって、春日大社の春日祭と石清水八幡宮の石清水祭と共に「日本三勅祭」の一つとして三度祭儀が再開されることとなりました。

毎年5月15日に行われる「葵祭」こと「賀茂祭」。

僕もぜひ一度、観てみたいものです…!!

  

上賀茂神社の観光情報

拝観時間

5時30分~17時(祭典等により変更有り)

楼門、授与所は8時から。

国宝本殿の特別参拝

午前10時から午後4時(土日・祝祭日は4時半まで)

料金

境内無料(自由散策)

国宝本殿の特別参拝

初穂料:大人1名様500円(同伴者も家族が中学生以下の場合は無料)

※夏期(7月6日~9月30日は大人1名様600円 小学生300円)

桜の見頃

4月上旬~4月中旬

アクセス

JR京都駅より

・4系統上賀茂神社行き → 終点「上賀茂神社前」下車すぐ

・9系統西賀茂車庫行き → 「上賀茂御園橋」下車→徒歩3分

地下鉄烏丸線 北大路駅より

・37系統西賀茂車庫行き → 「上賀茂御園橋」下車→徒歩3分

・北3系統京都産大行き → 「御園口町」下車→徒歩1分

・駅から徒歩約20分

地下鉄烏丸線 北山駅より

・4系統上賀茂神社行き → 終点「上賀茂神社前」下車すぐ

・徒歩約15分

京阪出町柳駅より

・4系統上賀茂神社行き → 終点「上賀茂神社前」下車すぐ

阪急大宮駅より

・46系統上賀茂神社行き → 終点「上賀茂神社前」下車

自家用車

・JR京都駅から約30分

・地下鉄烏丸駅から約20分

・地下鉄北大路駅から約10分

駐車場は6:00 ~ 22:00

※出庫は24時間可能

※30分毎100円を境内維持管理協力金として30分ごと100円(繁忙期は1回500円となります。)

   

スポンサーリンク

⇨次ページ 上賀茂神社のモデルコース!実際に行ってきた様子!

1 2