みなさんこんにちは!旅狼かいとです!

今回ご紹介するのは、上賀茂神社とともに賀茂神社を成す世界遺産「下鴨神社」についてです!

京都最古の歴史を誇るといわれる賀茂神社は、いまだ成立の詳しい経緯がわかっていないほど。

しかし、「葵祭(賀茂祭)」といった“形”は脈々と受け継がれてきており、まさに“日本ならではの信仰“が息づく神社なのです。

そんな賀茂神社の“下半分を担う“といえる下鴨神社の境内には、

霊験あらたかな女性守護の信仰をもつ摂社や、
天地開闢を担った神様を祀る縁結びの社があったりと、

ここにしかないパワースポットが満載なのです!!

京都開拓以前から広がる森や、一年で一時期にだけ湧く不思議な清水など、信仰とともにある自然もまた格別の雰囲気。

見どころ満載・パワーもりもりの下鴨神社の魅力や観光案内を、この記事でどどんとお届けしていきます!

下鴨神社へ観光を考えている方はもちろん、「次の京都旅行、どこに行こうかなぁ~」と考えているあなたにもオススメの記事です!

  

スポンサーリンク

下鴨神社について

下鴨神社境内_楼門と舞殿

正式には「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」という名がついている下鴨神社。

鴨川を上流の方へと行ったところにある上賀茂神社(賀茂別雷神社)と合わせて賀茂氏の氏神を祀る「賀茂神社(賀茂社)」と総称され
古都京都の文化財」の一部としてユネスコの世界文化遺産にも登録されているのですよ!

本殿には、上賀茂神社の祭神である賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)の母「玉依姫(たまよりひめ、玉櫛媛とも)」と、玉依姫の父(賀茂別雷命の祖父)の「賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)」が祀られています。

下鴨神社は、賀茂川と高野川という2つの川の合流点から一直線に伸びた参道とその正面に配した神殿という直線的な配置になっているのが最大の特徴です。

境内には、鳥居や舞殿、本殿といった従来の神社としての見どころもちろんのこと、
女性を護る美麗の神社「河合神社」縁結びの社「相生社」干支を司る「言社(ことしゃ)」といったさまざまな摂社がパワースポットとしてたてられているのも非常に大きな魅力です!

また、「糺の森(ただすのもり)」や「御手洗池(みたらしいけ)」といった下鴨神社特有の自然の名所が見られるのも観光ポイントですよ!

  

下鴨神社の見どころ

ではではお次は、そんな下鴨神社の見どころをご紹介していきます!

糺の森

下鴨神社・糺の森

糺の森(ただすのもり)は、下鴨神社への参拝者を最初に出迎えてくれる森です。

下鴨神社を守る鎮守の森(社叢)でありながら、京都市内唯一の自然の森でもある糺の森。

現在では、京都開拓以前の古代山背の原生林の面影を伝える貴重な森となっています。

応仁の乱の際に森の約7割が焼失したという記録が残されていることから、本来はもっと広く、また様々な植生を有していたとも考えられており、

その雰囲気や歴史の深さから名の通り「自然のパワースポット」としても有名ですね!

「糺の森」の「ただす」が何に由来するのかという点については諸説あり、

「偽りを糺す(厳しく問いただす)」という意味だとする説、
賀茂川と高野川の合流点であることから「只洲」から転じたとする説、
清水が湧き出ることから「直澄」としたという説、
多多須玉依姫(神武天皇の母の方)の神名に由来するという説

などなど、実に多くの説が存在しています。

それだけの説がありながらいまだ謎が多いということからも、糺の森を含めた下鴨神社や上賀茂神社の歴史がどれだけ古いかということを感じることができますね…!

  

相生社

下鴨神社・相生社

下鴨神社が「縁結びの神社」と紹介される理由のひとつが、この「相生社(あいおいしゃ)」にあります。

楼門の前に立っており、「夫婦が仲睦まじいこと」という意味の「相生」という名の通り、縁結びのパワースポットとして知られていますよ!

下鴨神社本殿に祀られる「玉櫛媛(玉依姫)」にも縁結びのご利益があるのですが、相生社の祭神は「神皇産霊神(かみむすびのかみ)になります。

この神皇産霊神が、こと縁結びについては絶大な霊験を持つというわけで、下鴨神社の相生社が古くから信仰を集めているのです…!

産霊神(むすびのかみ)」とも呼ばれる神皇産霊神は、『古事記』において、天地開闢の際に高天原に現れた「別天津神」の中でも最初の天地創造に関わった「造化の三神」の一柱として描かれている神さまなのです。

「地の生産・生成」という「創造の神」であり、「男女の”むすび”」における「女」を象徴する神でもあります。

産霊神は宇宙の生成力を神格化したものともされ、「産(ムス)」は「苔がむす」の“ムス“と同じく「生成」の意味をもち、「霊(ヒ)」は「日」や「火」と同じの意味、つまり、「霊妙な物」を表わす語と考えられています。

小難しい言葉を並べましたが、、

とにかく、相生社では日本の神様の中でも格別の神様を祀っているということなのです!!笑

そんな神皇産霊神の霊験の現れであると伝えられているのが、お社のすぐ近くにある連理の賢木(れんりのさかき)です。

このご神木は、二本の木が途中から一本に結ばれているという不思議な木で、昔から「下鴨神の七不思議」の一つに数えられています。

同じように、古代から糺の森に立っていたとされており、現在の連理の賢木はなんと4代目。

代を次いで糺の森に連理の賢木が生まれてくるというのがいっそう不思議さをましており、これは神皇産霊神の霊験の現れだ、ともいわれるほど。

このように、知れば知るほどパワースポットであることがわかる相生社…!

実は、“正しいお参りの仕方“というものが存在するのです。

それがこれ!

下鴨神社の公式サイトの画像ですので、ぜひこのお参り方法を参考にして良縁を手に入れちゃってくださいね!

  

河合神社

下鴨神社・河合神社

河合神社は下鴨神社の摂社として古くより祀られ、女性守護」としての信仰を集める神社として有名ですね!

河合神社の祭神の玉依姫は、「玉の様に美しい」と称えられるほどの美貌の持ち主だったという逸話から「美麗の神」としての信仰が深く、ここから河合神社は「女性守護の社」とされているのです。

ちなみに、、
「“河合神社の祭神の“玉依姫」は「初代天皇である神武天皇の母」と紹介されますが、
「“下鴨神社の祭神の“玉依姫(玉櫛媛)」は「賀茂別雷命の母」であり、また、神武天皇の皇后(初代皇后)の媛蹈鞴五十鈴媛(ひめたたらいすずひめ)の母、つまり、神武天皇の義理の母なのです。

微妙に、違うんですよね。

どうやら「タマヨリビメ(ヒメ)」という名は「神霊が依り憑く巫女」という意味を持っているようで、『古事記』や『日本書紀』には何人か「タマヨリビメ」の読み方をする女性(女神)が登場するのです。

僕が調べた限りでは、神武天皇の母の玉依姫は「玉依毘売」などと、下鴨神社の祭神の玉依姫は「玉櫛媛(たまくしびめ)」や「建玉依比売命(たけたまよりひめのみこと)」などと書かれることで区別されている節がありました。

この河合神社の祭神についても、「玉依姫」の混同によって、本来は“玉櫛媛の“玉依姫を祀っていたはずが、いつの間にか“玉依毘売“の玉依姫を祀ることになったというのは大いに考えられると、僕は勝手に考察しています。笑

ともあれ、、

“河合神社の“玉依姫が女性守護のご利益を有していることには変わりありませんからね!

下鴨神社・河合神社_鏡絵馬

そんな河合神社の一番の見どころは、「鏡絵馬」になります!

手鏡の形をした絵馬に顔の模様が入っているという見た目で、
この鏡絵馬に自分が普段使っている化粧品でメイクをし、裏に願い事を書くという祈祷方法ですです。

鏡絵馬に自身の綺麗な表情を描いて願いを託すことにより、外見だけでなく内面も磨いて美しくなっていただくという、文字通り“美麗“を祈願できる絵馬となっています。

(ちなみに、メイク道具を持っていなくても、備え付けの色鉛筆で鏡絵馬のお化粧をすることができますよ!)

そして、メイクと願いを書き終えたら、本殿の祭壇にある鏡に姿を映しに行くのが習わしだそう!

また、鏡の前には「御白石(おしらいし)」という白い石が置いてあり、白い肌になるようにと美白を願って手を触れるとご利益がいただけるといわれています。

加えこの河合神社は、『徒然草』と『枕草子』とならぶ「古典日本三大随筆」に数えられる『方丈記』を記した「鴨長明に関係の深い神社にもなります。

鴨長明は、下鴨神社と河合神社の神事を統率する禰宜「鴨長継」の次男として生まれたことから、幼少期をこの地で過ごしていたといわれているのです。

現在では、河合神社の境内に長明が晩年過ごしたといわれる建物を再現した「方丈の庵」が展示されていますよ!

  

言社

下鴨神社・言社_大國さま

楼門をくぐり舞殿の横を通ってむかるのが、言社(ことしゃ)になります。

地元の方々からは「大國さん」とも呼ばれ親しまれている言社

大國さまというのはすなわち大国主命のことであり、この神様は「日本という国を創った」という、まさに日本神話における中心的存在なのです。

そんな言社には

一言社:大国魂命・顥國魂命
二言社:大国主命・大物主命
三言社:大己貴命・志固男命・八干矛命

と、3つにわけられた7つのお社が立っており、さらにこの7つそれぞれに十二支(干支)が祀られているのが特徴です!

あなたも大國さんにお参りしつつ、ご自身の生れ年の守護神にも願いを託してみては…??

  

御手洗池

下鴨神社・御手洗池と水占い

御手洗川」とも呼ばれる御手洗池(みたらし池)は、パワースポットが集う下鴨神社の中でも最上位に神聖な場所といえます。

というのも、、

なんと土用の丑の日のころになると池の周りや川底から膝がつかるほどの清水が湧き出てくるのです!

とある時期にだけ湧き水が生じるということで、相生社の連理の賢木と同じく「下鴨の七不思議」の一つにも数えられている隠れ名所なのですよ!

御手洗池に湧き出る清水に足をつけると疫病や脚気にかからないと伝えられており、
そのためか、毎年5月15日に行われる「葵祭(賀茂祭)」の主役である斎王代が、祭りの前日に禊をする場所でもあるのです。

下鴨神社・御手洗池と境内

また、
無病息災を祈って池に脚をつける「足つけ神事(御手洗祭)」が、例年土用の丑の前後5日間にわたって行われるほか、
立秋の前夜には、みたらし池の中央に50本の斎串(イグシ)を立てて裸の男たちがそれを奪い合うことで安産や商売繁盛を祈願する「矢取りの神事(夏越神事)」も行われます。

さらには、祭りだけでなくみたらし池の清水を利用した「水占い」ができるのも、昨今の下鴨神社の名物となっていますね!

ちなみに、、
「みたらし団子」はこの御手洗池の湧きあがる水泡の姿を団子にかたどったことが発祥である、という説もあるのですよ!

  

下鴨神社の観光情報

下鴨神社・糺の森_観光情報

拝観時間

夏時間 5:30~18:00

冬時間 6:30~17:00

無休

料金

境内無料・自由散策

御祈祷

1万円~(9:00~16:00、当日受付のみ)

特別拝観「大炊殿(おおいどの)」の拝観

初穂料500円(中学生以下無料、10:00~16:00)

下鴨神社境内_太鼓橋と紅葉

紅葉の見頃

色づき始め:12月上旬

見頃:12月上旬~12月中旬

桜の見頃

3月下旬~4月上旬

下鴨神社境内_太鼓橋と鳥居と桜

アクセス

京阪・叡山電鉄出町柳駅より徒歩12分

京都駅方面より、市バス4番・205番で下鴨神社前、もしくは糺ノ森前

神社西側に駐車場あり

  

スポンサーリンク

⇨次ページ 下鴨神社の歴史と祭神について!さらに実際に訪れた様子もご紹介!!

  

1 2